馬券 購入。 競馬のボックス買いと流し買いについて解説|競馬予想・競馬情報ならJRA

JRAダイレクト馬券の買い方&購入方法(パソコン)

馬券 購入

競馬の基本 競馬はやってみたいけど周りに知っている人がいない、馬券を買うのは初めてだと難しそう…という方は、実際には結構多いと思います。 まずここでは基本的に押さえておくべきことや馬券の買い方について、わかりやすく説明していきます。 競馬場へ行ってみよう 日本で開催される競馬には中央競馬と地方競馬の二つがあり、このページでは中央競馬について解説していきます。 中央競馬には全国に札幌(北海道札幌市)、函館(北海道函館市)、新潟(新潟県新潟市)、福島(福島県福島市)、中山(千葉県船橋市)、東京(東京都府中市)、中京(愛知県豊明市)、京都(京都府京都市)、阪神(兵庫県宝塚市)、小倉(福岡県北九州市)と10カ所の競馬場があり、主に土曜日と日曜日に開催が行われています。 ただし、各競馬場によって開催時期が異なりますので、中央競馬を運営するで確認してみてください。 競馬場では朝10時頃から夕方の16時頃まで、一日に通常12レース行われます。 3か所の競馬場で開催されているときは最大36レース行われます。 JRAのホームページを確認して、まずは開催している最寄りの競馬場へと行ってみましょう。 実際に馬券を買ってみよう 競馬場へ着いたら、いざ馬券を買ってみましょう。 馬券を買わなくても観戦できますが、実際に購入してレースを見た方がはるかに楽しめます。 まず買うレースを決めますが、その際に競馬新聞やスポーツ新聞があった方がスムーズに購入できると思います。 レースの馬券発売には締切時間(競馬場では発走2分前)があるので、注意して購入してください。 生でレースを観戦 それでは馬券を買ったレースが始まります。 スタンドに座って見るもよし、コースに近づいて見るもよし、競走馬が疾走するスピード感や競馬場全体の臨場感に驚くことでしょう。 買った馬券を片手に、お目当ての馬を応援してみましょう。 ゴール前まで興奮すること間違いなしです。 馬券の的中は大きな魅力 買っていた馬券が見事に的中したとします。 その際には競馬場に備え付けられている自動払戻機に入れて、払戻金を受け取ることができます。 実際に馬券を的中させることが競馬の大きな魅力のひとつです。 馬券の買い方 これまでは競馬場での馬券の購入〜払い戻しまでの大まかな流れを説明しましたが、ここでは実際の馬券の買い方を紹介します。 馬券を買う際には大きく2つの方法があり、発売されている場所へ買いに行く方法とインターネットでの購入があります。 競馬場で馬券を購入 競馬場には備え付けの自動発売機があり、現金で馬券を購入することができます。 実際に競馬が開催されていない競馬場でも購入可能です。 各フロアに置いてあるマークカードに記入し、自動発売機に入れることで馬券を受け取ることができます。 また、窓口でマークカードを係員に渡すことで馬券を購入できる場所もあります。 WINS(ウインズ)で馬券を購入 全国の各地区には馬券を購入できるWINS(ウインズ)と呼ばれる場外馬券発売所があります。 各地区のWINSやアクセス方法についてはJRAホームページのをご参照ください。 インターネットで馬券を購入 競馬場やWINSに行かなくてもインターネットによる馬券の購入方法があります。 パソコンやスマートフォンなどインターネット接続できる端末から気軽に馬券が買えます。 インターネット投票には、対応した銀行の口座が必要となりますが、詳細はJRAホームページのを参考にしていただければと思います。 馬券の種類・特徴を知ろう! ここでは馬券の種類やその特徴について簡単に説明します。 馬券は単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単、WIN5(インターネット投票限定)というように多くの式別に分かれています。 では、それぞれの馬券について説明していきます。 単勝 単勝はもっともシンプルな馬券で、どの馬が勝つのかを当てる馬券です。 馬番号で指定します。 複勝 複勝は3着までに入る馬を当てる馬券です。 出走馬が5頭以上の場合に発売され、7頭以下の場合は2着までが的中となります。 こちらも馬番号で指定します。 枠連 出走馬が9頭以上の場合に発売され、1着と2着になる馬の枠番号の組合せを当てる馬券です。 1着と2着の着順は関係ありません。 馬連 出走馬が3頭以上の場合に発売され、1着と2着になる馬の馬番号の組合せを当てる馬券です。 1着と2着の着順は関係ありません。 馬単 出走馬が3頭以上の場合に発売され、1着と2着になる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券です。 着順通りに当てる点で馬連よりも難易度が高い馬券です。 ワイド 出走馬が4頭以上の場合に発売され、3着までに入る2頭の組合せを馬番号で当てる馬券です。 1〜3着までの着順は関係ありませんが、3着同着の場合に3着どうしの組合せは的中とはなりません。 3連複 出走馬が4頭以上の場合に発売され、1着、2着、3着となる馬の組合せを馬番号で当てる馬券です。 1〜3着までの着順は関係ありません。 3着まで当てないといけない点で難易度は少し高めといえます。 3連単 出走馬が4頭以上の場合に発売され、1着、2着、3着となる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券です。 3連複と違って3着までを着順通りに当てなくてはいけないため、難易度はかなり高めです。 しかし、高配当になりやすい傾向があります。 WIN5 JRAが指定する5つのレースすべての1着馬を当てる馬券です。 主に日曜日に実施され、各競馬場のメインあたりが対象レースになります。 難易度は非常に高いですが、払戻金は最高で6億円と夢のある馬券です。 的中者がいない場合は、次回へ繰り越しされる「キャリーオーバー」となります。 馬連ではそれぞれの馬番号の組合せなので、18頭立ての場合は最大で153通りとなります。 また、馬連とワイドの比較では、馬連が上位2着までの馬番号の組合せを当てるのに対し、ワイドは指定した2頭が3着までに入れば的中となる点で買いやすいといえるでしょう。 ただし、ワイドは的中しやすい分、オッズが低くなる傾向があります。 的中馬券の払戻方法 ここでは馬券が的中した際の払戻方法について説明してきます。 競馬場・WINSでの払戻方法 レースが確定し、自分が購入した馬券が的中していることを確認したら、競馬場・WINSに備え付けの自動払戻機の場所へ向かいましょう。 機械の前に立つと音声で案内してくれます。 それに従って、馬券を払戻機の中に投入すると自動的に配当が計算されて払戻金が出てきます。 なお、自動払戻機での払戻しは100万円未満の場合で、100万円以上の大口での払戻は専用窓口での払戻しとなります。 100万円の束にはそれぞれの競馬場・WINSの帯封がされており、高額払戻者のステータスともいえる代物です。 インターネットでの払戻方法 インターネット投票で馬券が的中した場合は、レース確定後すぐに「購入限度額」に反映されます。 まだレースが残っている場合は、増えた残高分で別のレースの馬券を購入することができます。 この章のまとめ 実際に馬券を買ってみると、当然ながら外れることもあります。 最初は比較的当たりやすい複勝やワイドを買って的中したうれしさを感じるのですが、1日トータルで見るとマイナスになるのはよくあることです。 競馬用語で購入金額よりも払戻金が少ないことを「トリガミ」と言います。 例えば1000円分馬券を買って的中したのに700円しか戻ってこない場合に使いますが、そういった場合はレース選択もしくは馬券の種類を間違っているケースが多いです。 馬券においては「オッズ」が非常に重要な要素で、自分で買う馬券がどのくらいの払戻しになるか、予測しなければいけません。 自分が買いたい馬の情報やオッズはどこで手に入れればよいか。 間違いや誤った情報が多い中で、正確で馬券を買うために役立つさまざまな情報を提供しているのがJRA-VANです。 JRA公式データを使った競馬ツールやスマートフォン向けのアプリなど多くの競馬ファンに愛用されています。 まずはをのぞいてみましょう! では、次からはそれぞれの馬券の特徴や実践的な買い方について説明していきます。

次の

はじめての方へ 電話・インターネット投票 JRA

馬券 購入

自動発売機 競馬場や場外馬券売場(ウインズ・エクセル、J-PLACE等)に行き、マークカードに買い目を記入し窓口や自動発売機で購入します。 券として発行してもらえるので、「馬券を買っている」という実感がもてますし、外れても思い入れのあるレースや競走馬の場合には記念にとっておくこともできます。 有人窓口・自動発売機のどちらでも購入できますが、操作に慣れてしまえば自動発売機のほうが手続きも早く混雑も少なくて便利です。 重賞レースは混みますので、締切時間がきて買えなくなるなんてことがないように、時間には余裕を持って購入しておきましょう。 一部の窓口では、マークカードの記入が困難な方のために「口頭窓口」が用意されており、買い目を口頭でスタッフに伝えて馬券を発券してもらうシステムもあります。 競馬場で買う は、・・・・・・・・・の各競馬場の窓口・自動券売機で購入できます。 競馬開催日は入場料がかかります(場外発売時は無料)。 馬券が買えるのは20歳以上ですが、競馬場への入場に年齢制限はありませんので保護者同伴であればお子さんも連れていくことができます。 イベントが開催されていたりキッズコーナーも充実していますので家族連れで訪れる方も多いです。 ウインズ・エクセルで買う 競馬場が遠くて行けない方のために、各地にと呼ばれる場外発売所が用意されていてます(一部地方競馬場内にあります)。 入場は無料です。 施設内には大型ビジョンなどが設置されていますので映像でレースを楽しむこともできます。 エクセルは入場料金や指定席料金などが必要な有料施設となり、館内全席がエクセルフロア、もしくはウインズ内の一部がエクセルフロアとなっている場所があります。 専用シートが用意されており、モニター数、自動発売・払戻機も充実しているので、ゆったりと馬券購入、競馬観戦を楽しむことができます。 女性やカップルでも快適に過ごせるようになっています。 馬券は基本的に100円単位で購入できますが、ウインズ・エクセルによっては500円単位、1000円単位での購入となります。 馬券の販売と払戻しを目的としているため、20歳未満の方は残念ながら入場できないようです。 J-PLACEで購入する は各地方競馬によって運営されており、JRAより委託されて馬券の発売・払戻等を行っています。 発売されるレースや発売時間が各J-PLACEよって違いますので注意が必要です。 また、システムもJRAとは異なるため、「J-PLACE」で購入した馬券は「J-PLACE」でしか払戻できません。 入場は無料です。 インターネットで購入 競馬場やウインズまで馬券を買いにいけない人でも、インターネット・携帯電話を使用して自宅や外出先からでもカンタンに馬券を買うことができます。 JRA主催の全国のレースをすべて100円から買うことができ、単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5と9種類の馬券全てに対応しており、WIN5、地方・海外競馬もしたい方は申し込み必須です。 20歳以上の方なら入会金・年会費無料で誰でも申し込み可能です。 会員ページにログインし、メニューより馬券購入はもちろん、出馬表やリアルタイムで更新されているオッズ、レース結果、払戻金の確認など各種情報やデータをチェックすることができます。 パソコンで購入する(IPAT・パソコン方式) パソコンからインターネット専用投票サイトにアクセスし、競馬場やレースを選択することで馬券を購入できます。 専用ソフトなどは不要です。 一般電話・ADSL・CATVなど回線の種類は問いません。 スマートフォンで購入する(IPAT・スマートフォン方式) 「iOS」または「Android」搭載のスマートフォンからスマホ専用投票サイトにアクセスすれば、スマートフォン用に最適化されたサイトで感覚的な操作で購入が可能です。 専用アプリ等はありません。 ブラウザやセキュリティなどの各種設定状況によって利用できない場合があります()。 携帯電話で購入する(IPAT・携帯電話方式) 携帯電話のウェブ機能(iモード・EZweb・Yahoo!ケータイ)からインターネット経由で馬券購入が可能となります。 オッズや馬体重などの情報も取得できます。 また「IPAT携帯アプリ」を利用すれば「オッズ投票」が可能で、一度に投票できる件数も50件となります。 PHSおよび一部の携帯電話は利用できません(SoftBank3G端末の場合は、より対応機種を確認してください)。 携帯アプリでは、地方・海外競馬は購入できません。 プッシュホン電話で購入する(ARS方式) 競馬場やウインズまで馬券を買いに行けない、インターネットもできない方は、このプッシュホン電話を利用しましょう。 WIN5、地方・海外競馬は購入できません。 プッシュ信号の出る電話機(固定電話・公衆電話・携帯電話)でボタン操作により馬券を購入できます。 指定の番号にダイヤルし、音声ガイダンスに従って、ピッポッパッとプッシュボタンを押すだけのカンタン操作です。 聞き取りやすい「ゆっくりモード」もあるので安心して利用できます。 外見がプッシュホン式の電話機であっても電話回線がダイヤル回線という場合もありますので、NTT(116)などでご確認ください。 また、PHSおよび一部の携帯電話からはご利用になれません。

次の

JRAダイレクト馬券の買い方&購入方法(パソコン)

馬券 購入

馬単で馬番「1番、2番、3番、4番」の馬をボックス買いした場合の買い目• もし3連単で「1番、2番、3番、4番」の4頭をボックス買いすると、買い目は計24点になります。 ボックス買いでは、マークした馬(枠)から2頭が2着以内(枠連、馬連、馬単)、2頭が3着以内(ワイド)、3頭が3着以内(3連複、3連単)に入れば、馬券は的中になります。 また、同着があった場合、枠連、馬連、馬単での2着馬同士や、ワイド、3連複、3連単で3着馬が2頭以上含まれる組み合わせは不的中となります。 なお、ボックス買いの対象になる馬券式別は、2頭(枠)、または3頭の組み合わせに投票する枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単の6種類です。 「組み合わせ」のある馬券が対象になりますので、1頭1頭投票する単勝や複勝にボックス買いはありません。 馬券のながし買いとは? 「ながし買い」とは、「軸」に据える馬を1頭、または2頭(3連複、3連単のみ)決め、その軸馬と、相手に選択した馬との組み合わせを購入する方法です。 馬券の「軸」にする馬を決め、その「軸馬」と「相手」に選択した馬との組み合わせを購入するのが「ながし買い」です。 「軸」に据える馬は1頭、または2頭(3連複、3連単のみ)で、「組み合わせ」を購入するため、単勝や複勝にながし買いはありません。 枠連の場合は馬番ではなく枠番で選択します。 また、順番通りに当てる馬単と3連単では、軸馬を1着、2着、3着(3連単のみ)のいずれかに据えます。 3連単で軸2頭の場合は、その2頭の着順が重ならないように選択します。 「ながし」馬券をマークカードで購入する際はいずれも青のカードで、馬券式別によって「連複ながし」(枠連、馬連、ワイド、3連複)か、「連単ながし」(馬単、3連単)の面に記入します。 3連複の軸1頭で、軸を1番、相手に2〜5番を選択した場合• 馬単マルチで1番を軸、相手に2〜4番を選択した場合• 3連単マルチで的中するのは3連複と同じです。 ただし、馬単や3連単には「順番」があるため、相手の数が多いと、馬連や3連複に比べ買い目が大幅に増えるので注意が必要です。 特に「3連単軸1頭マルチ」は、相手がわずか4頭でも36通りにもなります。 馬券を買うなら「ながし買い」と「ボックス買い」どちらがおすすめ? 「ながし買い」に適しているのは、軸馬を決めやすいレース。 「ボックス買い」は軸馬を決めづらくても、馬券候補全体の頭数を絞りやすいレースに適しています。 ながし買いに適したレースは? 「ボックス買い」と「ながし買い」にはそれぞれにメリットとデメリットがあり、レースによっておすすめの買い方は異なります。 まず、ながし買いに適しているのは、軸馬を決めやすく、相手が絞りづらいレースです。 軸馬は馬連なら「2着以内に入る確率が高そうな馬(1頭)」、3連複なら「3着以内に入る確率が高そうな馬(1頭または2頭)」。 馬単や3連単なら「1着になる確率が高そうな馬」がいるときに利用するのが一般的です。 ただ、出走馬の中に「詰めが甘くて勝てそうにはないけれど、2着になる確率は高そう」という馬がいれば、馬単や3連単の「2着ながし」を買う手もあります。 また、相手候補を数頭に絞れるレースであれば、ながし買いにはせず1点1点マークして(緑のカード)、買い目ごとのオッズに応じて購入金額を調整するほうが良いでしょう。 ボックス買いに適したレースは? 一方、ボックス買いに適しているのは、ながし買いとは逆のパターン。 「軸に据えられるほどの馬はいないけれど、有力馬は数頭に絞れる」というレースです。 ボックス買いでは、買いたい馬すべての組み合わせを購入するため、軸馬を決められないレースでも、選択した馬が1〜2着や1〜3着を占めさえすれば、馬券は的中します(ワイドは1〜3着のうち2頭)。 ただし、ボックス買いはながし買いに比べ、買い目の点数が増えやすいというデメリットがあります。 「軸馬が見つからず、有力馬も絞りづらい」というレースでは、買い方を変えるのではなく、馬券そのものの難易度を落とし、1〜3着に入る馬のうち1頭を当てる複勝(7頭立て以下では1〜2着)や、2頭を当てるワイドがオススメです。 「確率」を考えて買い方や馬券式別を選ぶ ここまでの説明の中で「1着になる確率」「2着以内に入る確率」など、何度か「確率」という言葉が出てきました。 よく「競馬に絶対はない」と言われますが、どんなに予想上手な人でも、レース前にわかるのは「勝つ馬」ではなく「勝つ確率が高いか低いか」なのです。 たとえば、2018年の中央競馬全レースで、単勝1番人気馬が勝った割合(勝率)は31. 8%でした。 ファンが「このレースでもっとも勝つ確率が高い」と考えた馬でさえ、3分の2以上は敗れているのです。 これが2番人気馬なら勝率は20. 5%、3番人気馬は13. 3%、そして4番人気になると10. 1%と、10回に1回しか勝てなくなります。 一方で、1番人気馬が2着以内に入る確率は51. 1%、3着以内に入る確率は63. 7%ありました。 果たして、自分の選んだ軸馬は本当に勝つ確率が高いのか。 ツキがなければ、1着の軸に据えた馬が写真判定の末ことごとく敗れてしまう、という日もあるものです。 軸馬にあまり自信が持てないレースならば、ながし買いではなくボックス買いにしたり、馬券の難易度を下げたりするなど、臨機応変に対応していくのが良いでしょう。 ベテラン競馬ファンはボックス買いをしない? 「軸馬」を決められるレースに適しているのは「ながし買い」。 ベテランの競馬ファンはその「軸馬」を発見する能力に長けているので、余分な買い目が含まれる「ボックス買い」にはあまり手を出さない傾向があります。 選択する馬さえ間違えなければ、どんな組み合わせで決着しても的中するのがボックス買い。 しかしベテランの競馬ファンの中には、ボックス買いには「ムダ」があると考える人も多くいます。 長く競馬を楽しんでいると、そのうち、有力馬の中でも特に好走する確率が高そうな馬や、特に勝つ確率が高そうな馬、つまり「軸馬」を見極める眼力が養われていくものです。 そうなると、たとえば「2着以内の有力馬」が4頭いるレースでも、馬連4頭ボックス6点を買うのではなく、軸馬1頭から相手3頭へのながし馬券(3点)を買えば済むようになり、残りの3点は「ムダ」に感じるのです。 買い目を減らせば1レースあたりの購入金額を抑えることもできますし、トータルの購入金額はそのままにして、1点あたりの金額を増やすこともできます。 1レースの予算が1200円なら、ボックス買い6点なら1点あたり200円。 しかし、ながし買いの3点で収めれば1点あたり400円購入できるので、的中したときの払戻金も倍になるのです。 また、買い目を減らすことで「馬券は当たったけどマイナスだった」というケース、いわゆる「トリガミ」になる可能性を下げることもできます。 ボックスの6点買いでは最低でも6倍(600円)つかなければ、たとえ的中してもマイナスになってしまいます。 しかし3点ながしであれば、3倍(300円)以上つけばプラスになります。 このように、馬券は「的中する」ことと同じくらい「買い目を減らす」ことも重要です。 そのため、軸馬を発見する能力に長けたベテランファンは、あまりボックス買いには手を出さないのです。 おすすめのボックスの買い方! ボックス買いでは、馬連や3連複で選択する馬を6頭前後に抑え、買い目の点数があまり増えすぎないようにすることが重要です。 買い目の点数を減らすことを意識する ボックス買いのデメリットは、選択した馬の数が増えれば増えるほど、買い目の点数がふくれあがっていくことです。 いったいどれほどになるのか、見てみましょう。 マーク数 2点 3点 4点 5点 6点 7点 8点 枠連・馬連・ワイド 1 3 6 10 15 21 28 馬単 2 6 12 20 30 42 56 3連複 - 1 4 10 20 35 56 3連単 - 6 24 60 120 210 336 マーク数 9点 10点 11点 12点 13点 14点 15点 16点 17点 18点 馬連・ワイド 36 45 55 66 78 91 105 120 136 153 馬単 72 90 110 132 156 182 210 240 272 306 3連複 84 120 165 220 286 364 455 560 680 816 3連単 504 720 990 1320 1716 2184 2730 3360 4080 4896 マーク数 9点 10点 11点 12点 13点 馬連・ワイド 36 45 55 66 78 馬単 72 90 110 132 156 3連複 84 120 165 220 286 3連単 504 720 990 1320 1716 マーク数 14点 15点 16点 17点 18点 馬連・ワイド 91 105 120 136 153 馬単 182 210 240 272 306 3連複 364 455 560 680 816 3連単 2184 2730 3360 4080 4896 馬券式別によっても大きく異なりますが、8頭ボックスでは、買い目がもっとも少ない馬連などでも28点。 最多の3連単ではなんと336点にもなり、穴馬が少なくとも1頭は馬券に絡まなければ、馬券作戦として成立しません。 馬券式別は馬連か3連複が無難 点数を抑えるためにまず考えられるのは、馬連や3連複を選択することです。 表にあるように、3連単は候補馬が増えると点数も膨大になります。 馬単はそれほどではありませんが、単純に「馬連の倍」になるため、やはり候補馬が増えれば馬連との点数差は広がります。 そもそも馬単や3連単は、1〜2着、または1〜3着に入る馬を「順番通りに」当てる馬券で、その順番が関係なくなるボックス買いとは相反します。 このことからも、ボックス買いの馬券式別は馬連や3連複が中心になります。 候補馬で目移りしてしまうレースに手を出さない その馬連や3連複の点数を細かく見てみましょう。 選択した頭数が少ないときは、馬連より3連複のほうが点数は少なく、5頭になると10点で並びます。 そして6頭で馬連と3連複が逆転し、以降はどんどん差が開いていきます。 この点数を見ると、3連複のボックスを買うなら「3着以内に入りそうな馬」が5頭(10点)、あるいは多くても6頭(20点)には絞れるレースが無難です。 馬連のボックスならやや難しいレースで、「2着以内に入りそうな馬」が7頭(21点)程度までになるでしょうか。 予算や買い目のオッズによっては、さらに少なく抑える必要があるレースも出てくるでしょう。 いずれにしても、出走馬の半数ほどが「候補馬」にあがるようなレースはボックス買いには適しません。 逆に4点や6点で済むのであれば、1点ずつバラバラに買い、買い目のオッズに応じて購入金額を調整したいものです。 候補馬がさほど多くはならず、同時に「すべての買い目を同一金額でまとめて購入したい」レースが、ボックス買いに適したレースです。 この章のまとめ 「ながし買い」と「ボックス買い」には、それぞれメリットとデメリットがありました。 ベテランのファンは点数を抑えられる「ながし買い」を選ぶ傾向が強いですが、そこには信頼できる軸馬を見極める眼力が必要です。 競馬をはじめたばかりのころは「この馬で間違いない!」と思っても、レースが終わればそれが間違いだった、という事態も多々起こるものです。 そんなベテランと初心者の「差」を埋める手助けになるのが、デジタル化されたデータです。 1番人気の馬が勝つ確率は? この騎手がこの競馬場で3着以内に入る確率は? 競馬情報提供サービスを活用して、そんな疑問をひとつひとつ解決していくと、それぞれのレースでベストな馬券式別、買い方が自然とわかるようになってくることでしょう。

次の