輝け デーモン コア くん。 デーモン・コア

【ザックリ解説💡】デーモンコアの図ってドライバーで何をしてるの?【じつは怖い話】

輝け デーモン コア くん

2kgの球』が入っています。 とんでもない危険物です。 どれだけヤバい実験なのか? ミスって『挟んでいたドライバー』が外れてしまうと、半球同士がくっつき、球体となります。 球体になることにより、即座にデーモン・コアは『臨界状態』になり『 青い光(後に説明)』が放たれました。 『ドライバー操作をしていた本人』は、『青い光』を発しているベリリウムを とっさに左手(素手)で、外しました(1秒間の被ばく)。 (青い光を視認したときの彼の絶望を考えると、いたたまれません。 デーモンコアからの距離により、被ばく量を計算するためでしょう。 ほかの研究員は、どうなったのか? 7人の目撃者のうち、2人は急性放射線障害にかかったが、回復した。 数年後、目撃者の3人とダリアンの事故の際に現場近くにいた警備員が放射線によるものとして知られる症状で亡くなった。 もう、文章だけで悪魔的に怖い。 確証は無い、のだそうです。 総括 デーモンコア事故が起きた当時は『安全性』よりも『核兵器の開発』が重視されていました。 その危険性は分かっていたが、開発スピードを焦っていたために、事故は起きてしまった。 『 大昔の放射線をナメていた事故』と思いきや。 その事故から53年後の1999年。

次の

「デーモン・コア(悪魔のコア)」で被ばくした科学者はどのようにして死んでいったのか

輝け デーモン コア くん

け!!デーモン・コアくん これは、悲しい運命を背負った一人のの。 より その前に!デーモンコアくんってな〜に? はので用いるの塊で、の入ったの半球同士をで近づけたり遠ざけたりしてどれくらいで臨界状態に達するかする装置だよ! この半球同士をくっつけるといと共に中性子線が出て死ぬから注意してね! そんなをもとにした、 ちょっとやんちゃながデーモンコアくんだよ! デーモンコアくんも普段はを口にして半球がくっつかないようにしてるんだけど、これが取れてくっついてしまうと、いが出てみんなを消し飛ばしちゃうんだ! みんなもを消し飛ばさないように気をつけようね! ちなみにも出てるよ! 「エ"エ"エ"エ"エ"エ"エ"エ"エ"エ"エ"!」 その他のキャラクター の。 としてデーモンコアくんに親切に接する。 身をってデーモンコアくんの半球接触をする果敢な一面もあるが、結局毎回吹き飛ばされる。 いぬ いつも舌を出してるっぽい。 デーモンコアくんに毎回吹き飛ばされてさすがにうんざりしているが、それでもやはり吹き飛ばされる。 ちなみにが。 ぞう い。 善良なから大を徴収する集団のとして4話で初登場。 デーモンコアくんをで驚かせた後に消し飛んだ。 8話ではののとして登場。 の疑いがある。 6話にて登場。 っぽいが、正体が判明する前に消し飛……ばなかった。 だからね。 1話でについて解説した人。 の中性子線によってした。 その後も解説では残っているが、毎回燃やされたりに流されたり悲惨なに遭う。 に代わって2話からデーモンコアくんの解説を担当する人。 デーモンコアくんに消し飛ばされていないが、が壊れて5万円が消し飛んだらしくこっちはこっちで悲惨。 各話リスト• 関連動画 関連静画 関連項目•

次の

『デーモンコアくん』を手軽に作って装着してみた!? 「ほんとなにやってんだw」「暑そうwww」とのツッコミの声多数

輝け デーモン コア くん

投稿者(より) どうもこんにちは社畜です! 突然ですがさん(@pu)の「」を工作してみたいと思います! 製作過程を動画にしてみたので参考にしてみてください! の氏が制作した「輝け!」のを投稿者のマサさんが作成し、その制作の様子を紹介しました。 塩化ビニール半球を2個用意し、で色を塗ります。 色が落ちないように、下地用を吹きかけます。 それが乾いてからを吹きかけます。 続いて、の目を作成します。 今回は下段の目のを使って作成します。 で切ろうとましたが、うまくいかなかったので、はさみで切りぬくことになりました。 塩化ビニール半球の板から切り抜いた目の部分を本体と同じように下地用を吹きかけてから、で色を付けていきます。 を吹きかけ、白目と黒目が完成しました。 先ほどの作業の乾かす時間を使って、の手足を紙粘と針金を使って作成します。 が重すぎると針金が曲がってしまうので、小さめで作成します。 出来上がったら、を乾燥させます。 手足が出来上がったら、もで作ります。 は色を塗るために本体に使ったを吹きかけます。 本来は色を練りこむ方がいいのですが、今回はで着色しました。 そのせいで、がボロボロになってしまいました。 最後に各を本体に装着すれば完成です。 ここでまさかの衝撃の事実。 なんとこのは頭にかぶることができます。 装着した姿がコチラ。 熱がこもって結構熱いとこのことです。 さらにこのは、青色によって光り輝くことができます。 まさに爆発寸前のような輝きを放っています。 詳しい制作の過程は、ぜひ動画をご視聴ください。

次の