スターミー夢特性。 スターミーとは (スターミーとは) [単語記事]

アナライズ

スターミー夢特性

隠れ特性とは、「」より登場したの1つである。 概要 それまではごとに(を除き)最大2種類までしか設定されていなかった「」の、3種類として第五世代で新たに追加されたもの。 隠れ特性を持ったは通常の方法では入手することができない。 入手方法については以下を参照のこと。 五世代では最初はがな入手方法であったため、「夢特性」と呼ばれる事も多い。 なお、の入手法は「夢」が一切関係ないものがほとんどだが、の間ではどちらの呼び方も使われている。 なお、あくまで「通常の入手方法では出現しない」だけのただの3種類なので、"隠れ"だからと言って既存のと同時に2つのを持ったりするような事はい。 隠れ特性はどのに設定されているが、専用を持つ(など)・通常が「」のみの(など)・そのがないと成り立たない専用を持っている(など)、などには設定されていない事が多い。 設定されたは様々で、驚異的なをしたものからまるっきり役にたたなそうなものまで色々ある。 前者の代表例としてはの専用を獲得した()や、の例としては「やるき」と「ふみん(隠れ特性)」の効果が被っているが挙げられる。 なお、スケ(など)や、アナラ(など)といった、通常はどのでも持っていない、隠れ特性限定のも存在する。 主な入手方法 第五世代• での入手。 内で行ける場所の「しま」を進んでいくとで出現し、をすると仲良くなれることができる。 その後、しまの最もにある「の木」に願うと、前回願ってから今回までに仲良くなったのうち1匹だけ連れて帰ることができる(つまり、1日分ので出会ったのうち1匹だけつれて帰れる)。 仲良くなったは寝かしつけたを起こすとのにやって来るので、そこで捕まえる事が出来る。 ただし最初から全てのが捕獲可な訳ではなかった。 はが終了しており、使用することが出来ない。 配布で貰う。 しまに出現しないのうち一部はのや上のなどで配布される時がある。 付属している、いは開されたをの所定のにて入すると、1のように内で「仲良くなった」として追加される。 のところ配布されたは・・のポケ各種と、系7種、・・・・。 なれらの配布限定の隠れ特性持ちは必ずであり、でのが出来ないようになっている。 で産ませる。 内ので捕まえる。 時点では、のみ。 ではや、など大幅に増加。 隠しで捕まえる。 で新たに登場した仕掛け。 のにある隠されたを探し、を手に入れたり隠れ特性のと出会えたりする。 しかし該当にが出るも低ければも出るも低く、当ての個体を入手するには運と根気が必要となる。 で捕まえる。 の隠れ特性も手に入れられる。 ちなみにのはのはざまである。 第六世代• で捕まえる。 最も手軽な入手方法。 では一度済のと同時になれば、その後はに隠れ特性持ち個体が出てくるようになる。 ただしは1つのごとに3種類しか出ない上、隠れ特性持ちも通常持ちも均等なで出る。 なお、は・どちらでも問題ない。 も確定で2V以上のものが出るため、産の個体を親にすれば孵化厳選も楽。 ただし、全ての隠れ特性持ちがに出てくるわけではない。 で出たものを捕まえる。 5匹の群れの中に低で隠れ特性持ち個体が混じっていることがある。 群れが出現する場所であれば、あまいミツやを使うことで群れに出会える。 一度に5体がいっぺんに出てくるため少しれば隠れ特性持ちに出会える可性は高いが、どの個体が隠れ特性持ちなのかを判別することは出来ないため、スワップなどで1体ずつしなければ分からず、効率は悪い。 では後述する図鑑ナビが登場したため需要は減ったが、単純に隠れ特性持ちの個体が欲しいのであればこちらのほうが効率は良く探せる場合もある。 では低で同じ種類4体+違う種類1体という群れが出現する場所も多いが、この違う種類1体の隠れ特性持ちを狙う場合、相当な根気が必要となる。 の群れの中に混じるそうしょく持ちやの群れに紛れるがんじょう持ちがその例。 図鑑ナビのサーチ機を使う では図鑑ナビに生息地が表示されるであればどの種族でも隠れ特性を捕獲することができる。 欲しいが出現するに行き、図鑑ナビでサーチを行えばむらやなどにが姿を見せるのだが、このとき隠れ特性持ちの個体が出現することがある。 運が良ければ3V以上の個体と遭遇することもある。 一度捕獲したことのある種族でなければサーチできず、何度も遭遇しなければ隠れ特性持ちも高なか出て来ないのが難点だが、ではでしか入手できなかったやなどを捕獲しやすくなった。 また、でも出会える種族は予めで遭遇回数を稼いでおくと効果的。 内ので入手する 今のところのサネに出現するのみ。 性別や性格をりやすいが、には期待できない。 配布されたものを受け取る。 本作ではふしぎなものとでもしいが配布される。 ふしぎなものを受信すると、の左側にいのが現れるため、話しかけると受け取ることが出来る。 また、にすると自動的にのに配布が送られてくることがある。 (持ち)、、、、など。 で産ませる。 前作とは違って個体がいなくても遺伝できるようになった。 第五世代で捕まえたものをで送る。 恒例となる作品からの。 から解禁。 以外のやはこの方法でしか入手できない。 初代のから送ってくる 産のを送ってくると一で隠れ特性になる。 第七世代• 呼び出しで呼び出されたものを捕まえる では野生で出るの多くがを呼び、呼ばれたを次々倒していくことで連鎖する。 そして11連鎖以降は低で隠れ特性持ちのが出現するようになる。 連鎖以降は15ので出る他4Vも確定するため、なるべく連鎖以上を狙うと良いだろう。 ただしで出る他のなど、一部のはこの方法では入手することが出来ない。 で産ませる 後述。 配布されたものを受け取る・第六世代から送ってくる• 第代のから送ってくる 初代産同様、全て隠れ特性になる。 第八世代• で捕まえる で捕まえたは隠れ特性である場合がある。 ただし確定ではなく、また系など一部のは隠れ特性が出現しない。 で産ませる 遺伝 隠れ特性は一定の条件で遺伝する事が分かっている。 第五世代では「側が隠れ特性持ちである」「相手がでない」の2つが条件。 相手はでさえなければいいので、同の違う種のでも良い。 条件を満たすと~ので隠れ特性を持ったが生まれる。 ちなみに隠れ特性を親にしても隠れ特性持ちが生まれる事はない。 個体しか入手できない種族は隠れ特性持ち個体を増やすことが出来ない。 第六世代からは「側が隠れ特性持ちである」か「隠れ特性持ち個体とを掛け合わせる」のどちらかが条件となった。 このため、隠れ特性持ちでもを相手にすれば一定で隠れ特性持ちの個体が生まれる。 これによりナイト持ちで配布されたかそくなど、個体しか入手できない種族でも隠れ特性持ちを孵化で増やせるようになった。 また、第六世代ではいとを使うことで遺伝が楽になったため、の出てくるの価値が増している。 2V以上が確定で出る上にむらでに遭遇するよりも出現率が高いため、発売後もなお第六世代で最も効率の良い高収集の手段となっている。 第七世代では関係のは変わっていない。 前述の通り呼び出しで4V以上が確定になるようになり、も野生で出現するため4Vを量産できるようになったが、1体捕まえるだけでもりに時間がかかる。 第八世代でも同様。 は5で4V確定であり、第七世代よりは楽。 また、のはが発生した時点で固定化されるため、後ホストがレポートせずにすることで同じ個体を何体でも量産可となっている。 関連項目•

次の

スターミー育成論

スターミー夢特性

このページの見出し• ポケモンBWより登場したシステム夢特性とは 今まではポケモンごとに(1匹の例外を除き)最大2種類までしか設定されていなかった「特性」の、3種類目として第五世代で新たに追加されたもの。 公式の名称は「かくれとくせい(隠れ特性)」であるが、主にポケモンドリームワールド産のポケモンが持つ特性なので、一般には「夢特性」と呼ばれている。 入手方法については以下参照のこと。 原則として(内部データ上は)殆どのポケモンに設定されているが、専用特性を持つ伝説ポケモンなどは設定されていない事がある。 また、設定されていても何が設定されているのかはポケモンごとで千差万別であり、「ふゆう」持ちのポケモンやポワルンなど特性がないと成り立たない専用特性を持っているポケモン以外は従来のものと別のものが設定されている。 (ただしドータクンだけは例外として夢特性が設定されている。 浮遊以外の通常特性を持っているからだろうか?) 設定された特性は様々で、驚異的なパワーアップをしたものからまるっきり役にたたなそうなものまで様々である。 前者の代表例としては伝説ポケの専用特性を獲得したキュウコン(ロコン)やニョロトノ、後者の例としては「やるき」と「ふみん(夢特性)」の効果が被っているデリバードが挙げられる。 なおマルチスケイル(カイリューなど)や、アナライズ(スターミーなど)といった、通常はどのポケモンでも持っていない、夢特性限定の特性も存在する。 つまり、夢ヤヤコマがいない限り夢を遺伝させることは不可能です。 ただ、GTSが使えるなら、GTSで要求してみましょう。 夢ヤヤコマが来るときがあります。 確実に夢を狙っていくなら、ヒノヤコマLv. 30です。 まぁ、悪い人が夢じゃないヒノヤコマLv. 30を出してくることもありますが… 引用元- ポケモンXY御三家 おすすめはケロマツ 外見・特徴 カエルポケモンの一種で、モチーフはモリアオガエルなど。 水色の身体と首まわりの泡が特徴。 進化 ケロマツ Lv. 16でゲコガシラ Lv. 36でゲッコウガ ポケモンずかんの説明文 X、オメガルビー むねと せなかから あわを だす。 だんりょくのある あわで こうげきを うけとめてダメージを へらす。 (漢字)胸と 背中から 泡を 出す。 弾力のある 泡で 攻撃を 受け止めて ダメージを 減らす。 Y、アルファサファイア せんさいな あわで からだを つつみ はだを まもる。 のんきに みせかけて ぬけめなく しゅういを うかがう。 (漢字)繊細な 泡で 体を 包み 肌を 守る。 のんきに 見せかけて 抜け目なく 周囲を うかがう。 引用元- ケロマツの夢特性へんげんじざいについて 第六世代から登場したポケモンの特性。 現在は夢特性のみでの解禁となっている。 この特性を持つポケモンが技を使うとその技タイプに自分のタイプも変化するというもの。 相手から受けた技のタイプに変化するへんしょくとは効果が間逆。 要はタイプ一致不一致問わず常に自分の使う全ての攻撃技が1. 5倍補正がかかるという事である。 例えばこの特性を持つゲッコウガの場合はれいとうビームを撃てばこおりタイプに、じんつうりきを撃てばエスパータイプに変化し、同時に技の威力に1. 5倍補正がかかる。 ゲッコウガは複合タイプだが、本来のタイプ一致技である水技や悪技を撃った場合でも各々のタイプに変化し、単タイプに変化してしまう。 そのため水・悪タイプであるのは技を撃つ前の最初のターンのみとなる。 ちなみにふいうちはタイプが変わる前に攻撃が当たる。 このような特徴から無理にタイプ一致技を採用する必要もなくなっている。 しかしその都度自分のタイプが変わるため、技を使う際に自分のタイプがどう変わるかまで見極めていないと手痛い反撃を食らう。 思考停止で使っていると自分のポケモンが今何タイプなのかすら分からなくなってしまう。 特にゲッコウガなら相性補完に絶対に入れたいであろう氷技は攻撃範囲は広いが同時に弱点の多いタイプでもあるので注意。 技を使用した後にバレットパンチやだいもんじでも飛んでこようものなら目も当てられない。 実はへんげんじざいはかなり扱いが難しい、上級者向けの特性なのだ。 この特性をうまく使いこなすコツはへんげんじざいという特性を攻撃のための特性としてよりもタイプ相性の耐性面を考慮した防御のための特性と把握して扱うのが良いだろう(もっともゲッコウガは紙耐久の為半減でも倒れる可能性は大いにあるが)。 とびひざげり辺りに刺さればかなり美味しい。 上述したようにタイプが単タイプ単位で変化するため、四倍弱点の概念が存在しないのも地味な利点ではある とはいえ現在この特性を持つポケモンに四倍弱点はいないが。 また、この特性は攻撃技のみに発動すると思われがちだが、実はでんじはなどの変化技にも対応している。 引用元- twitterの反応 ポケモンORAS。

次の

スターミー|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

スターミー夢特性

このページの見出し• ポケモンBWより登場したシステム夢特性とは 今まではポケモンごとに(1匹の例外を除き)最大2種類までしか設定されていなかった「特性」の、3種類目として第五世代で新たに追加されたもの。 公式の名称は「かくれとくせい(隠れ特性)」であるが、主にポケモンドリームワールド産のポケモンが持つ特性なので、一般には「夢特性」と呼ばれている。 入手方法については以下参照のこと。 原則として(内部データ上は)殆どのポケモンに設定されているが、専用特性を持つ伝説ポケモンなどは設定されていない事がある。 また、設定されていても何が設定されているのかはポケモンごとで千差万別であり、「ふゆう」持ちのポケモンやポワルンなど特性がないと成り立たない専用特性を持っているポケモン以外は従来のものと別のものが設定されている。 (ただしドータクンだけは例外として夢特性が設定されている。 浮遊以外の通常特性を持っているからだろうか?) 設定された特性は様々で、驚異的なパワーアップをしたものからまるっきり役にたたなそうなものまで様々である。 前者の代表例としては伝説ポケの専用特性を獲得したキュウコン(ロコン)やニョロトノ、後者の例としては「やるき」と「ふみん(夢特性)」の効果が被っているデリバードが挙げられる。 なおマルチスケイル(カイリューなど)や、アナライズ(スターミーなど)といった、通常はどのポケモンでも持っていない、夢特性限定の特性も存在する。 つまり、夢ヤヤコマがいない限り夢を遺伝させることは不可能です。 ただ、GTSが使えるなら、GTSで要求してみましょう。 夢ヤヤコマが来るときがあります。 確実に夢を狙っていくなら、ヒノヤコマLv. 30です。 まぁ、悪い人が夢じゃないヒノヤコマLv. 30を出してくることもありますが… 引用元- ポケモンXY御三家 おすすめはケロマツ 外見・特徴 カエルポケモンの一種で、モチーフはモリアオガエルなど。 水色の身体と首まわりの泡が特徴。 進化 ケロマツ Lv. 16でゲコガシラ Lv. 36でゲッコウガ ポケモンずかんの説明文 X、オメガルビー むねと せなかから あわを だす。 だんりょくのある あわで こうげきを うけとめてダメージを へらす。 (漢字)胸と 背中から 泡を 出す。 弾力のある 泡で 攻撃を 受け止めて ダメージを 減らす。 Y、アルファサファイア せんさいな あわで からだを つつみ はだを まもる。 のんきに みせかけて ぬけめなく しゅういを うかがう。 (漢字)繊細な 泡で 体を 包み 肌を 守る。 のんきに 見せかけて 抜け目なく 周囲を うかがう。 引用元- ケロマツの夢特性へんげんじざいについて 第六世代から登場したポケモンの特性。 現在は夢特性のみでの解禁となっている。 この特性を持つポケモンが技を使うとその技タイプに自分のタイプも変化するというもの。 相手から受けた技のタイプに変化するへんしょくとは効果が間逆。 要はタイプ一致不一致問わず常に自分の使う全ての攻撃技が1. 5倍補正がかかるという事である。 例えばこの特性を持つゲッコウガの場合はれいとうビームを撃てばこおりタイプに、じんつうりきを撃てばエスパータイプに変化し、同時に技の威力に1. 5倍補正がかかる。 ゲッコウガは複合タイプだが、本来のタイプ一致技である水技や悪技を撃った場合でも各々のタイプに変化し、単タイプに変化してしまう。 そのため水・悪タイプであるのは技を撃つ前の最初のターンのみとなる。 ちなみにふいうちはタイプが変わる前に攻撃が当たる。 このような特徴から無理にタイプ一致技を採用する必要もなくなっている。 しかしその都度自分のタイプが変わるため、技を使う際に自分のタイプがどう変わるかまで見極めていないと手痛い反撃を食らう。 思考停止で使っていると自分のポケモンが今何タイプなのかすら分からなくなってしまう。 特にゲッコウガなら相性補完に絶対に入れたいであろう氷技は攻撃範囲は広いが同時に弱点の多いタイプでもあるので注意。 技を使用した後にバレットパンチやだいもんじでも飛んでこようものなら目も当てられない。 実はへんげんじざいはかなり扱いが難しい、上級者向けの特性なのだ。 この特性をうまく使いこなすコツはへんげんじざいという特性を攻撃のための特性としてよりもタイプ相性の耐性面を考慮した防御のための特性と把握して扱うのが良いだろう(もっともゲッコウガは紙耐久の為半減でも倒れる可能性は大いにあるが)。 とびひざげり辺りに刺さればかなり美味しい。 上述したようにタイプが単タイプ単位で変化するため、四倍弱点の概念が存在しないのも地味な利点ではある とはいえ現在この特性を持つポケモンに四倍弱点はいないが。 また、この特性は攻撃技のみに発動すると思われがちだが、実はでんじはなどの変化技にも対応している。 引用元- twitterの反応 ポケモンORAS。

次の