東京グール 清水富美加 代役。 清水富美加「人肉を食べるような映画には出たくない」→東京喰種ファン激怒「人を食べることがメインじゃない」

清水富美加の東京喰種はどうなる?暗黒女子笑う招き猫の代役は?

東京グール 清水富美加 代役

清水富美加が出家した理由とは? 今回、東京喰種が注目されるようになったのは、幸福の科学からの発表にありました。 幸福の科学によると 「人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条に合わない仕事が増え~」 というものでした。 そのため一部では 「清水富美加が出家したのは東京喰種が原因?」 という声が聞かれるようになったのです。 一見すると、そうかもしれないと思うかもしれません。 しかし、私はこれは間違っていると思います。 それは清水富美加さんの過去の発言や告発本の内容などからも見てとれます。 清水富美加さんは芸歴8年でした。 そして彼女はデビュー当初から所属事務所に対して不信感を持っていたようです。 不信感というのは待遇の面に関してです。 清水富美加さんはデビューしてから事務所の寮に住んでいました。 それはよくある話です。 しかしその待遇はかなり悪かったようです。 以前、彼女がテレビに出演した際に、住んでいる寮の様子が映されました。 それによりますと、6畳の部屋に二段ベッドがあって、同じ事務所のメンバーと同部屋に住んでいることが分かったのです。 これがデビューして間もない時期なら分かります。 しかしそれは2015年の話だったのです。 つまりその時は既に清水富美加さんは売れっ子の女優だったのです。 なのに住むところは相変わらずで、給料も少なかったようです。 告発本の内容を信じるならば、かなり不信感が募っていたようです。 つまり、 清水富美加さんの引退の理由の根本は「事務所との関係」にあると考えるのが普通だと思います。 そして 東京喰種が出家の理由とはいうのは後づけなのではないでしょうか? もし「人肉を食べる役柄~」というコメントが清水富美加さん本人から語られているのであれば、それが理由なのかもしれません。 しかしコメントを出しているのは幸福の科学です。 清水富美加さんが言ったことを幸福の科学がそのまま伝えているかどうかは分からないからです。 真相について更に深掘してみます。 スポンサーリンク 清水富美加の出家と「東京喰種」の関係性 ここからは私個人の考察です。 出来るだけ事実を元に客観的に書いてみたいと思います。 まず当たり前すぎて忘れてしまいがちですが 「清水富美加さんは女優」 でした。 ここが大事なポイントです。 女優という仕事は自分の思想信条に合わない役などたくさんあります。 むしろ思想信条に合う役の方が少ないかもしれません。 例えば ・不倫役 ・ストーカー役 ・性的マイノリティー役 などなど、他にもたくさんあります。 「 思想信条に合わないから苦痛」なんて言っていたら女優という職業はやれません。 清水富美加さんは8年間女優として活動してきました。 その中には理解できない役もあったでしょう。 でも最初は理解できなかったけれど、役を演じている中で共感できたりと理解が深まっていくものだと思うのです。 そしてそれを楽しめるのが女優さんの資質だと思います。 それではなぜ東京喰種が責められるのでしょうか? 私はそれは 「清水富美加さんが東京喰種で演じた役柄がセンセーショナルだったから」 だと思うのです。 東京喰種は大人気漫画ですが、世間には知らない人もたくさんいます。 そんな人たちが「人肉を食べる役柄~」という一部分だけを耳にしてしまえば、 「確かにそんな役なら仕事が嫌になっても仕方ないよね」 と清水富美加さんに同情的になるかもしれません。 「人肉を食べる」 という言葉のインパクトが強いからです。 そもそも東京喰種の仕事を受けた時に、所属事務所から清水富美加さんに対して、演じる役がについての説明があったでしょう。 その時点でどんな役かは本人が自覚していたはずです。 仕事というのは契約によって成り立っています。 ・約束したことは守る ・守れなければペナルティーがある そういうことです。 清水富美加さんが「人肉を食べる」という役がらが本当に嫌であれば、その時点で受けていないでしょう。 事務所から言われた仕事は断れなかったとも言われていますね。 しかし心底嫌で拒否反応を示すような仕事であれば受けないと思うのです。 そして事務所としてもそこまで嫌がるのであれば無理にやらせることはないと思うのです。 ですからやはり清水富美加さんの出家した理由は東京喰種ではないはずです。 「東京喰種はスケープゴートにされてしまった」 私はそう思っています。 私の考察が正しいのか間違っているのかは分かりません。 そして確かめようもありません。 私は 「清水富美加さんの出家騒動で被害者を受けているのは東京喰種のファン」 だと思っています。 東京喰種という漫画の原作を愛するファンの皆さんです。 実は東京喰種が映画化されるにあたってはファンの間でも賛否両論がありました。 そしてそんな中でも映画化されることになって、ファンの皆さんは素晴らしい作品になることを期待していたのです。 しかし今回の件で、 まるで東京喰種という作品が酷いものであるかのような印象が拡がってしまいました。 「人肉」発言は清水富美加さん本人のものではなかった可能性もあります。 もしかすると本人のものだったかもしれません。 しかし真実はどちらにせよ、公の場で言うべき言葉ではありませんでした。 礼儀や社会性というものが少しでもあれば決して言っていないと思うのです。 ・清水富美加さん ・所属事務所 ・幸福の科学 3者の間でいろんなことがあったのでしょう。 芸能界を引退するは本人の自由です。 仕事を途中で放り出すことは駄目ですが。 そして出家するのも自由です。 しかし 「東京喰種という作品を悪者にする自由は絶対にない」 ということは言い切れます。 東京喰種の映画がどうなるのか分かりません。 公開中止の可能性もあります。 代役を立てて撮り直す可能性もあります。 仮に清水富美加さんの代役が立つとします。 「人肉」を食べる役がらを演じるなんて女優さんは嫌がるでしょうか? そんなことはありません。 もし代役のオファーがあれば断る女優さんはいないと思います。 それは映画版・東京喰種のキャストを見れば分かります。 みなさん一流の俳優ばかりです。 なぜそんな役者さんが東京喰種に出演しようと決めたのたか。 それは東京喰種という作品に魅力を感じたからに違いありません。 「東京喰種という作品が魅力だったから魅力的なキャストが集結した」 私はそう思っています。 まとめ 清水富美加さんが出家した理由は決して東京喰種ではありません。 それは間違いないことです。 確かめる術はありません。 しかし私はそう確信しています。 スポンサーリンク.

次の

石橋杏奈が清水富美加(千眼美子)の代役に!彼氏や星野源との関係、父親は?セクシー画像満載の写真集も!

東京グール 清水富美加 代役

特にインターネット上では、サブキャストに名を連ねているNHK大河ドラマ『 いだてん~東京オリムピック噺~』の対応に注目が集まっているようだ。 名脇役として抜群の存在感を発揮していた瀧容疑者が逮捕されたのは3月12日のこと。 その影響は多岐にわたり、冠番組『ピエール瀧のしょんないTV』(静岡朝日テレビ)は打ち切りが発表された。 映画『居眠り磐音』(松竹)は代役を起用して撮り直すことで予定通り5月に公開するという。 声優としてオラフ役を務めているアニメ映画『アナと雪の女王』(ウォルト・ディズニー・ジャパン)の続編(11月公開予定)も、公式サイトで声優の交代を発表した。 一方、映画『麻雀放浪記2020』(東映)は観客の判断にゆだねるかたちで予定通り4月5日に公開すべく最終調整しているというが、すでに違約金や損害賠償は総額30億円とも100億円規模ともいわれている。 また、10日に放送された『いだてん』第10話の再放送(16日13時5分から)については、瀧容疑者の出演シーンをカットして放送するという。 『いだてん』で瀧容疑者が演じているのは足袋職人の黒坂辛作で、主人公の金栗四三(中村勘九郎)とのからみも多い重要な役どころだ。 撮影はすでに3カ月先の放送分まで進んでいるため、ネット上では「作品に罪はないけれど、イメージ重視のNHKなら出演シーンカットも仕方ないのか」「黒坂は主人公にとってなくてはならない存在だけに、役が消滅するのは避けてほしい」「代役を立てるなら相当な名脇役を連れてこないと違和感しかなさそう」といった声が相次いでいる。 報道によると、NHKはすでに瀧容疑者の代役探しに本腰を入れているという。 ネット上では、「塚地武雅が合いそう」「青木崇高の黒坂役を見てみたい」「西田敏行でいいんじゃない」「遠藤憲一」「体格は違うけどコワモテなら寺島進」「大穴でムロツヨシか竹中直人」などと、早くも代役の俳優を予想する声が多く上がっている。 また、なかには「劇中でも悪いことをして捕まったことにすればいい。 クドカンならやってくれそう」「志ん生役のたけしに『消えーる瀧』と言ってほしい。 それぐらいのブラックジョークをNHKは許してほしい」といった声も。 ちなみに、3月放送分(17、24、31日)の同作には瀧容疑者の出演シーンはないという。 今回のケースに限らず、これまでにもさまざまな事情で代役が立てられた事例は多い。 たとえば、明石家さんま企画・プロデュースのドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(ネットフリックス)では、主演予定だった小出恵介が2017年6月に未成年女性との飲酒・不適切行為で無期限活動休止に。 代役に玉山鉄二を起用して完成にこぎ着けた。 16年に高畑裕太が逮捕された際には、出演映画『青の帰り道』(NexTone)が撮影中断・公開延期の憂き目に遭った。 その後、不起訴処分になったことを受け、代役に戸塚純貴を起用して撮影を再開、公開に至っている。 「千眼美子」に改名後も女優活動を継続しているが、今夏公開予定の続編ではトーカ役が山本舞香にバトンタッチされている。

次の

沢尻エリカ→川口春奈だけじゃない、芸能界「降板と代役」ドタバタ歴史

東京グール 清水富美加 代役

代役は筧美和子!? 最近は、ニコニコ動画やLINE LIVEなどでの動画配信も積極的に行っている千眼。 いずれも「千眼美子(清水富美加)」とカッコ付きで自己紹介しているあたり、昔の名前で出ています感は払拭できないが、清水の名前が消えるのも時間の問題か。 たとえば、4月から放送開始予定のテレ朝ドラマ「家政夫のミタゾノ」シーズン2。 「昨年7月に公開された同作では、撮影終了後に千眼が出家したため、主要キャラクターを演じていながら、舞台挨拶の類には一切顔を出すことはありませんでした。 そんな作品の続編の製作が決定していて、代役はグラビアアイドルの筧美和子(24)に内定しています。 ヒロイン級の俳優が変更されるのは極めて異例のことです。 さすがに出家して色が付いてしまった女優を、そのまま使うわけにはいかないというこですよ」 んー、千眼と筧ではいくらなんでもキャラクターが違いすぎる気がするのだが……。 それはさておき、 「実は筧は、前作にも出演しているんです。 でも彼女の事務所HPの出演歴に表記がないほどの端役。 あわせて読みたい関連本•

次の