黒死牟 コラ。 【鬼滅の刃 166話感想】黒死牟の親戚のおじさん感半端ないwwwwwww

彡(゚)(゚)「ワイは鬼殺隊の糞柱や!」

黒死牟 コラ

手の内を明かさないつもりだな?」 彡 ゚ ゚ 「はあ?」 猗窩座「俺は何十人も柱を喰ってきた。 たとえ鬼かて無事では済まん」 猗窩座「なっ……」 彡 ゚ ゚ 「ワイに接近戦を挑んだお前の負けや。 琵琶の君がきみをいたく評価しているみたいだ。 お前が継国厳勝やな?」 黒死牟「!?」 彡 ゚ ゚ 「御先祖様の記憶にある縁壱と面影あるな。 どのツラ下げて鬼殺隊のワイと相対しとんのやお前コラ」 黒死牟「何を……!?」 童磨「……よく分からないけど、因縁浅からぬ仲なのかな?」 彡 ゚ ゚ 「抜かせボケナス。 鬼殺隊にお前ら鬼と因縁の浅いヤツなんかおる訳ないやろ」 童磨「あはは、違いない。 柱を名乗るだけはある」 彡 ゚ ゚ 「……」 童磨「あはは、凍らせて吹き飛ばしたのにまだ臭う。 これはとんでもない柱がいたものだ」 黒死牟「とはいえ、やはり我ら2人がかりでは過剰といもの。 これはワイも本気を出さなアカンな」スッ 童磨「おや、刀を下ろすとは。 降参かい?」 彡 ゚ ゚ 「アホか。 太古から戦場の常識やで」 黒死牟「月の呼吸 陸の型 常世孤月・無間」ブン! 彡 ゚ ゚ 「玖の型・糞流壁」 ガギィン!!! 黒死牟「なんと、我が剣技を糞で受けるとは」 彡 ゚ ゚ 「便秘でスマンの。 面白いものを見せてもらった礼だ。 汗もそう。 ヤツを倒すために、日の呼吸を継いでくれないか?』 彡 ゚ ゚ 『へ?イヤでも、それ普通の人間が使たら25で死んでまうんでしょ?』 縁壱『そうだ。 だから、型と呼吸を神楽とし、数代かけて受け継ぎ、日の呼吸を使える子孫を生み出す』 彡 ゚ ゚ 『ははぁ、なるほど』 縁壱『……無茶な願いを押し付けてしまう。

次の

【鬼滅の刃】上弦の壱”黒死牟”の素顔が判明!ヒノカミ神楽の剣士との関係は何なの?

黒死牟 コラ

その中でも上位6名に入る「上弦の鬼」たちは別格の存在であり、他の鬼たちとは比べようがないほど強力な戦闘能力を持っています。 6人いる「上弦の鬼」の中でも序列が決まっており、強ければ強いほど目の中に入る数字が小さくなり、瞳に「壱」という数字を宿す黒死牟は全ての鬼の中で最強と言える存在。 和服を着ている上に刀を所持していたので、その姿からなんとなく鬼殺隊の隊士を想像してしまいますが、詳細な情報は謎に包まれていました。 恐ろしい顔ですね。 じゃあこの男は誰だよ! そして今回、炭次郎の夢の中にこんな方が出てきました。 誰だよ!おい! 見て分かるようにこの人は炭次郎のそっくりさんで彼の血縁者としか考えられません。 そっくりさんはとても感謝しているようです。 今の所ヒノカミ神楽の剣士とそっくりさんの関係はこれだけしか判明していません。 炭次郎のそっくりさんが現れた時点で、ヒノカミ神楽の剣士が炭次郎の親父である線はほぼ無くなりました。 なんらかの事情でそっくりさんは姿を消してしまったのでしょうか? うーん。 考えても分からん。 黒死牟はいつの時代に鬼になったのか? 黒死牟=ヒノカミ神楽の剣士と仮定したらいつの時代に鬼になったのか気になりますね。 もし鬼になるのが炭次郎の生前以降であれば黒死牟は猛スピードで最強の鬼まで出世した事になるので、流石に有り得ないなと考えます。 おそらく黒死牟が鬼になったのもだいぶ昔でしょう。 彼は鬼殺隊の隊士たちと同じように刀を所持していました。 鬼になる前は鬼狩りをしていた可能性が高いです。 その上に上弦の鬼の中で一番強い事から、鬼になる前の状態でも相当な実力者だった事が予想できます。 鬼になる前の黒死牟は立派な剣士であるはずであり、鬼舞辻無惨に屈する理由が思い浮かびません。 もし鬼殺隊の隊士だったのであれば、全集中の呼吸を使い鬼たちを倒してきたはずです。 以前の黒死牟は鬼よりも強いはずなので、強区なる為に鬼になったとは考えられません。 なぜ黒死牟は鬼になってしまったのでしょうか? まとめ ノリと勢いのみでまとめていきました。 今回の謎は.

次の

【SS】彡(゚)(゚)「ワイは鬼殺隊の糞柱や!」

黒死牟 コラ

「儂が悪いのではない!! 」「この手が悪いのだ」 「この手が勝手に!! 」 概要 半天狗とは、作『』に登場する人物である。 ににされた男。 のうち、「上弦の」である。 初登場は、話。 外見 額に2本のと、大きな瘤のある小柄な老人。 恐らく、が基になっている。 性格 登場時から、という数字やそれが割り切れないことに怯え、更に、時透一郎から攻撃を受けただけでもを始めるなど、に臆病、卑屈。 その癖、自身の悪行に報いが返ってきていることに対して、弱い者と言って怒るさまはの一言。 能力 非常に小さな体になることが可で、を持つ炭治郎、柱の時透にも近づくまでさとられない隠密性。 豆子の蹴りをもものともしない性。 不利とあらば即時逃走する性格と、更に血術による底した性が特筆される。。 作外での扱い 当初、それまでの同様、悲しいがあるのかと予想されていた。 しかしその後、 僅か二でになった経緯が書かれ、且つその経緯が全く同情できないものであったことから、臆病でなとしてからの評価が決定された。 ところが、その後、その二の構成がにもうまくできていたため、他作品の人物に置き換えたが多く作られた。 更に、「上弦の」と殺隊との戦いの中で、半天狗が(間接的に)登場したことで半天狗自身のも作られることとなった。 関連項目•

次の