産前 産後 休暇 計算。 出産手当金について

産前産後休暇時の給与について

産前 産後 休暇 計算

産休とは、産前休業と産後休業のことです。 どのような雇用形態だとしても、誰でも取得できる休業です。 産休(産前休暇・産後休暇) 産前産後休暇とは(労働基準法第65条) 出産のための休業(休暇)のこと。 産前は出産予定日の6週間前(多胎妊娠(双子以上)の場合は14週間)、産後は出産の翌日から8週間の休業期間のことをいいます。 使用者は6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した時にはその者を就業させてはならない。 使用者は産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。 ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない 産前の休暇は 本人の請求(請求のしかたは会社の定めによる)により与えられるのに対し、 産後の休暇は本人の 請求の有無に関係なく与えられなければなりません。 産後休暇は本人が就業を希望しても、与えられなければならない強制休暇です。 産前休暇 6週間の産前休暇期間は、 出産予定日から計算され、現実の出産日が予定日とずれた場合でも、産前期間とみなされます。 出産当日は産前に含まれます。 本人の希望があれば、産前休暇を申請せずに出産前日まで仕事をする事も可能です。 特別給与も支給されます。 産後休暇 8週間の産後休暇とは、出産の翌日から数えて8週間をいい、この期間を経過しない女性労働者を就業させてはいけないと決められています。 ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合に、医師がその就業につき支障がないと認めた業務につかせることは差し支えありません。 つまり、産後の6週間は、 たとえ本人が希望しても就業は禁止しなければなりません。 (違反した場合の罰則:6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金) なお、 出産とは「妊娠4か月以上経過した場合の分娩」をいい、4ヶ月経過後の死産、人工流産も含まれます。 また、産休は就業規則に記述されていなくても取得することができます。 ただし、 産前産後の休業中の賃金の支払いに関しては、会社によって異なります(出産手当金を健康保険が支給するため)。 産休(産前休暇・産後休暇)期間中・出産のための経済的支援 産前・産後休業期間中の社会保険料の免除(平成26年4月1日より) 社会保険料が被保険者本人負担分、事業主負担分ともに免除されます。 事業主が年金事務所または健康保険組合に申出をします 出産手当金 出産日以前42日から、出産日後56日までの間、欠勤1日につき、健康保険から賃金の3分の2相当額が支給されます。 出産手当金は、産休期間中の賃金支払いの一部または、全部に代えられます。 産休期間についての会社規定が、この出産手当金よりも条件が良く、受け取れる額が多い場合がありますから、必ず会社に確認しましょう。 国民健康保険からは出産手当金は出ませんから、対象は公務員や会社員ということになります。 産休取得までの期間に保護されていること 妊婦健康診査を受けることができる 妊婦健康診査を受けるための時間を会社は確保しなければならないとされています。 妊娠23週までは4週間に1回• 妊娠24週から35週までは2週間に1回• 妊娠36週以後出産までは1週間に1回• 医師等がこれと異なる指示をした場合はその回数 ただし、妊婦健康診査のために勤務しなかった日・時間の給与は、会社によって、有給無給どちらでもかまわないとされていますので、会社に確認をしましょう。 主治医から「休憩が必要」「入院が必要」と指導を受けた場合 妊婦健康診査で主治医から働き方について「休憩が必要」「入院が必要」などと、指導を受けた場合は、会社に申出ましょう。 会社は、指導内容に応じた適切な措置(妊娠中の通勤緩和、妊娠中の休憩に関する措置、妊娠中の症状に対する措置を講じなければならないと、されています。 「母性健康管理指導事項連絡カード」が、ほとんどの母子健康手帳に様式記載されていますので、それを拡大コピーなどして利用し、医師に記入してもらうと会社に間違いなく伝わりやすいです。 時間外労働・深夜残業の制限、軽易な業務への転換 残業、深夜残業を行わないことや、軽易な業務へ変わってもらうよう会社に請求することができます。 産前産後休暇に伴う解雇の禁止 会社は、妊娠・出産・産前産後休業を取得したことなどを理由として、労働者を解雇することは法律で禁止されています。 また、産前産後休業期間及びその後30日間の解雇は禁止されています。 産休前または、産休中に育児休業の申出をしておく 育児休業は、要件があり、誰でも取得できるものではありませんが、要件を満たしている方で育休を取得したいと考えている方は、申出をしておく必要があります。 育児休業の申出は、休業開始予定日の1ヶ月前までにすることになっています• 書面で申出しなければなりません(休業開始予定日、休業終了予定日を明らかにします) 関連リンク.

次の

産休とは?会社員の私が妊娠したので調べてみた【計算式付き】

産前 産後 休暇 計算

働く女性が増えたことで、産休を取る人も増加していますが、「産休っていつからいつまで休めるの?」と疑問に思われたことはありませんか? 産休とは、労働基準法で認められた休業で、働いている女性であれば妊娠がわかったときには取得することができます。 しかし、お給料があるのかといった疑問や、「産休を取るなら会社を辞めてほしい」なんて言われることも…。 今回は、そんな産休に関する疑問をまとめてみました。 産休とは?いつからいつまで? 産休とは、「産前・産後休暇」のことを指し、事業主に申請することで休業することができる制度です。 一般的に「産休」とまとめて呼ばれることが多いのですが、産前・産後で申請が必要かどうかかわってくるので、きちんと理解しておきましょう。 産前休暇 産前休暇とは、名前の通り出産前にもらえるお休みのことで、 出産予定日の6週間前から可能です。 多胎妊娠の場合には、体の負担が大きいため14週前からお休みを取ることができます。 出産予定日は多少前後することがありますが、遅れてもそのまま休むことができるので、気にせずゆっくり過ごしましょう。 ただし、産前休暇は会社へ申請が必要ですので、早めに休みたいときには産休に入る前に手続きを済ませておいてくださいね。 出産翌日から8週間と長い期間が設けられていますが、なかには早期の職場復帰を望む人もいるでしょう。 そのため、産後6週間後、本人が希望し、医師が問題ないと判断した場合には仕事復帰が可能です。 産休取得ができる人は? 産休が取得できる人というのは、• 働いている女性であること• 妊娠していること という2つの条件を満たしている人です。 もし、勤務先の会社の就業規則に産休の規定がない場合でも、労働基準法で取得する権利が認められていますので、申請をすれば取得できます。 しかし最近では、マタハラといわれる言葉をよく耳にするように、「産休を取るなら仕事を辞めてほしい」「休むのならギリギリまで出てきて、早く戻ってきてほしい」など、無理な注文をされることもあるでしょう。 ですが、 産休中(産前・産後+産休明け30日間)の解雇は法律で禁止されているため、「辞めてほしい」という要求に素直に答える必要はありません。 産後は、労働時間の変更や育児時間の請求に応じるといった義務が会社側にありますので、不当な扱いが続くようであれば労働局に相談してみましょう。 そして、意外と知られていないのが、 パートやアルバイトの人でも産休が申請できること。 雇用形態は産休の取得に関係ないので、正規雇用でない場合でも安心してくださいね。 育休と産休の違いは? 産休と育休はよく混同されがちですが、2つの違いは産休が女性しか取れないのに対し、育休は男性も取れる点です。 産休の場合、赤ちゃんを産む女性のために設けられた休みですので、女性しかとることができません。 一方の育休は、 1歳未満の子どもを育てる男女の労働者が対象となっているため、男女ともに取得できます。 最近では育児休暇を取る男性も増えていますが、男性が休みやすい職場環境が整っておらず、なかなか育児参加しづらいというのが現状です。 また、産休は定められた期間のみしかもらえませんが、育休は保育所の入所待ちなどの理由がある場合、最大6か月延長することができます。 産休取得の手続きは? 産休の場合、手続きが必要なのは産前休暇です。 産後休暇は取得が義務付けられているため不要ですが、産前休暇は本人が請求しなければ休暇をもらえません。 そのため、産前休暇を希望する際には、産休に入る前に会社に休みたい旨を申し出て、書類をもらっておきましょう。 様式は会社ごとに異なりますが、勤め先が中小企業や個人経営などで担当者や手続きがわからない場合には、業務委託している社労士さんに相談した方が早く手続きが終わるケースもあります。 一般的に必要な書類などは以下の通りです。 母子手帳• 保険証• 通帳 その他、会社の対応が遅く、休業直前や休業する予定の日に入ってから書類を渡されるということもあるので、休業前に「いつからいつまで産前・産後休業を取得させてほしい」旨を記載した書類を作成し、証拠として残しておくのもよいでしょう。 この書類は、不当解雇があった際にも解雇が無効であることを主張する材料になるので、いざというときに役立ちます。 産休中の給料やもらえる手当は? 産休を取る妨げになりがちなのが、産休中の給料問題。 給料は労働に対する対価のため、産休中には給料が出ない会社もかなり多いのだとか。 そのため、ギリギリまで働いたり、休んでもよいけれど「早めに職場復帰をしないと生活に支障が出る」という人もいます。 給料は会社によって異なる 産休中の給料については、法律上の取り決めがありません。 そのため、有給扱いになるか否かは会社側の判断にゆだねられています。 しかし、もし無給となる場合でも、社会保険の加入者であれば、申請すると出産手当金が支給されます。 出産手当金がもらえる 出産手当金とは、産休中給料が出ない場合に給付される手当です。 このほかにも、育児休業給付金や出産育児一時金など、妊娠・出産期間中にもらえる手当がありますので、忘れずに申請しておきましょう。 社会保険料も控除される! 平成26年からは、産休中にかかる社会保険料(健康保険・厚生年金保険)が免除されるようになりました。 手続きは会社を通して行うため、事前に担当者に話し、必要書類をまとめておきましょう。 注意したいのは、産休中に給料をもらっていても、この免除が受けられることです。 「お給料をもらっているのに払わないのは悪い」と罪悪感を持つ必要はないので、受けられる控除は受けておきましょう。 また、免除期間は産休の開始月から産休終了予定日翌日の月の前月までと定められています。 まとめ 産休への対応は会社によりけりですが、切迫早産や妊娠高血圧症候群など、体調によっては早めに休まなければならないという人もいるでしょう。 ですが、出産手当金や社会保険料控除などもありますので、産休中にもらえるお金や権利関係についてはしっかり把握しておきましょう。

次の

産休(産前休暇・産後休暇)の決まりごと。労働基準法で定められていること【労働どっとネット】

産前 産後 休暇 計算

また、実際には給与の支給額などにより誤差が発生します。 健康保険料率: 協会けんぽ(令和2年度保険料額表) 厚生年金保険料率: 日本年金機構(平成29年9月分〜 保険料額表) 育児休業給付金: 厚生労働省 (令和元年8月〜) それ以外のデータは令和2年2月時点で最新のものを参照しています。 このページをご利用いただき、ありがとうございます。 これから出産をされる方の 「出産や育児で仕事を休んでいる間の収入は、どうなるのだろう?」 といった疑問に対して、 なるべく具体的な情報をお伝えしたいと思い、このページを作りました。 私たち日本の女性が出産を迎える場合、 頭に浮かぶ心配があるとすれば「経済的なこと」というケースが多いと思います。 しかし、発展途上国には「妊娠や出産」が、 そのまま「生死」の心配に直結してしまう女性たちが多くいるといいます。 私はつい最近知ったのですが、世界ではなんと1日に800人もの女性が、 妊娠や出産を理由に命を落としているのだそうです。 1日に800人。 その「理由」は、日本の私たちには、ちょっと想像しづらいものです。 私も、こういうページを作ろうと思わなければ、 そのことを知らず、関心を持つこともなかったと思います。 あなたが(あるいはあなたのパートナーが)これから出産を迎える予定ならば、 下の「ジョイセフ」のページが伝える現実を、 さらにはっきりとイメージできるかもしれません。 もしも、お時間が少しだけあれば、ぜひ読んでみてください。 (数分もかからないはずです).

次の