ノーサイドゲーム ネタバレ 6話。 『ノーサイドゲーム』最終回までのネタバレ&名言まとめ!!原作とどこが変わる!?

『ノーサイド・ゲーム』9話ネタバレ感想!黒幕の正体が明らかに!濱田岳がラガーマン役で出演!10話(最終回)あらすじも!

ノーサイドゲーム ネタバレ 6話

Contents• ドラマ『ノーサイド・ゲーム』視聴率・ネタバレあらすじ 【第6話・視聴率】 13. 0% 前回【第5話・視聴率】11. 4% 第6話 ネタバレ解説 ビデオ判定でノーサイドとされ僅差で試合に負けたアストロズの慰労会で君嶋は優勝に3歩足りなかったと言うが、選手が廃部になるのかと言うが、廃部にはならないと君嶋が言い、乾杯しようと言うが、気勢が上がらず、居酒屋の女将も乾杯しろと発破をかける。 しかし14億円の赤字問題が残る。 役員会で君嶋は観客動員は1試合あたり1万人をこ超えたという。 しかし5500万円しか儲けのないチームに14億円もかける意味がないと滝川が言う。 君嶋は何百件の応援メッセージが来ておりジュニアチームも頑張っていると言う。 社長は、このまま終われない、サイクロンズを倒して優勝だと言う。 君嶋は今年も14億の予算が通ったと選手に報告する。 しかし紫門に、君嶋は社長が進退をかけたから予算が通ったと言い今年がラストチャンスだと言う。 脇坂は滝川と大学同期の風間が計画した案件のボロがないか探っていると言い、君嶋に本社に戻って来いと言い1ケ月以内に返事しろと言う。 しかし君嶋は仕事を果たせなかったまま本社に戻れないと言い、もう1年、アストロズと戦うと言うと、脇坂は、君嶋が自分の話を断った以上、もう声を掛けることはないと宣告する。 君嶋は断った自分が馬鹿だと言うが妻は判ったと言う。 一方、君嶋が協会からの分配金がゼロだと言い、ラグビー協会に改革案を出すと言うが紫門は富永会長が鍵だと言う。 会議当日、富永がワールドカップが行われるので協力が欲しいと言い、帰る。 君嶋は興行採算の改善を提案する。 滝川から君嶋は呼び出され府中工場の従業員にAI化に反対の声を抑えろと言う。 ラグビーチームもリーグ2位に満足していては根本的な問題は何も解決していないと言う。 判っていて、何も出来ないなら君嶋がGMでいる理由がないと滝川は言い渡す。 紫門は本波から話しがあると言い、引退したいと言う。 大学卒業時に声を掛けてくれたアストロズに恩返ししたかったと言う。 体がボロボロだ、後は頼んだと涙を浮かべて言う。 ラグビー協会は理事会で君嶋の提案が否決されたと木戸が言う。 ラグビーファンを育てるべきだという君嶋に、ラグビーは金儲けじゃないと言うのは言い逃れだと君嶋は反論し諦めず何度でも言うと言い渡す。 一方、風間は滝川に合併の進行状況を訪ねるがデューデリジェンスに時間がかかっていて、契約内容の確認で又、1ケ月掛かると言う。 他方、君嶋に風間商事の情報が入る。 研究所の星野が、岸和田に連絡し君嶋を紹介して欲しいと言い、2年前、日水商船のタンカーが座礁事故を起こして原油が流出して環境汚染を起こしたと言う。 そのエンジンに使われていたバンカーオイルを扱っていた商社が風間商事だと言う。 風間商事のオイルが事故の原因かもしれないと言い、黙っていてよいのかと言う。 君嶋は調査結果を教えてくれと言う。 アストロズのファン感謝祭でレギュラーと控えの紅白戦を開いた。 鍵原は去年と万バーが変わっていないと言う。 しかし控え組の七尾のプレーに津田の表情が変わった。 七尾のゴールキックもタックルも光り浜畑のトライが阻止され控え組が勝った。 紫門に七尾がチームに参加したいと言ったのだった。 その後、鍵原は浜畑に面談していた。 アストロズを弱体化すべく、引き抜きを画策しているようだ。 『ノーサイド・ゲーム』感想 ラグビーのルールもわからない私ですが、このドラマは映像に迫力があり、選手がぶつかる姿をみるだけでドキドキしちゃいました。 特に紅白試合に出場した七尾君の姿には嬉しくなってしまいました。 大泉洋を目当てに見始めたのですが、ラグビーのできるキチンとした男優が多くこれからも楽しみです。 【5段階評価-5. 本当に感動する。 久々にドラマみてるわー。 米津さんの主題歌もいい。

次の

ノーサイド・ゲーム|6話ネタバレと感想。七尾加入、新生アストロズ始動!

ノーサイドゲーム ネタバレ 6話

Contents• 【第6話】ドラマ「ノーサイド・ゲーム」を見逃し動画無料フル視聴しよう   【最新話】動画視聴リンク 動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。 優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。 来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。 数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。 脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。 GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。 自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。 やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。 君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。 しかし、収支改善とはならず、君島の表情は暗い。 社内会議では、社長の声掛けのおかげでどうにか前年通りの予算を獲得することができた。 君島は、GM会議に参加した席上で、改革案を提案する。 日本蹴球協会会長が、最も力を持っている組織である。 会長の富永には、どのGMも大変な気の使いようである。 富永の意向とあれば、誰も君島の改革案には耳を傾けそうもない。 君島は、ファンサービスの一環として、ファンとの交流会を開催する。 その中での紅白試合では、レギュラー選手VS控え選手の戦いが繰り広げられた。 アストロズに加わった七尾圭太は控え選手のチームだ。 七尾が眼を見張る素晴らしいプレイをする。 控え選手の勝利となった。

次の

『ノーサイド・ゲーム』9話ネタバレ感想!黒幕の正体が明らかに!濱田岳がラガーマン役で出演!10話(最終回)あらすじも!

ノーサイドゲーム ネタバレ 6話

があってわかりやすいですよ! 第6話 あらすじ サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。 選手たちが喜ぶ中、GMの 君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。 優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。 来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む 滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。 数日後、 脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。 脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。 GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。 自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。 やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。 君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。 すると、その席に日本蹴球協会会長・ 富永(橋幸夫)が現れ…。 公式ホームページより ここからネタバレライン! 特に 重要な部分のストーリー なぞって がっつりネタバレ しちゃいますので十分お気を付けください。 私の感情なんかも時々混ざっています 笑 今年がラストチャンス 万年最下位だったアストロズはプラチナリーグ2位という好成績を残したが収益は約 5500万円。 14億円には程遠い…。 来年度の予算案会議でなんとか通ったが、それは島本社長が自分の進退までかけてくれたからだった。 こんな嬉しいことはない。 今の問題を解決したら本社へ戻ろうと心に決めた。 「GMとしての最後の仕事だ。 」 まず変えなければならならいのは大元の組織、 日本蹴球協会。 GM会議で君嶋は改善案を提出するが、昔の伝統があるからと理解を得られなかった。 ラグビーが好きならどうして変えようとしないのか… これじゃあ何もせずに終わってしまう。 君嶋はこのまま本社へ戻ってもいいものかと心が揺れ動いていた。 そこへ本波から話があると言われる。 引退だ。 「俺なんかのためにアストロズに迷惑かけたくないんだ…アストロズはまだまだ強くなる!俺もコーチとして手伝う!…後は頼んだぞ!」 チーム全員、本波の決意と覚悟を受け止めた。 そしてそれは君嶋の心へも届き変化を与えた。 ここで負けたままではいられない。 本社への誘いを断る決意をする。 「もう1年戦わせてください!!」 そう脇坂に伝えたのだった。 トキワ自動車とカザマ商事 今回アストロズの財産となったファンの皆へお礼をしようとファン感謝祭を開催することにしたアストロズ。 それぞれが役割分担をして作り上げていく。 君嶋も自分の役割として、日本蹴球協会へ顔出し自分は何度でもぶつかりますと宣戦布告した。 「君嶋さんを紹介して欲しい」 と岸和田に連絡をしてきたのはトキワ研究所で働く星野からだった。 2年前に起きた 白水商船のタンカー座礁事故、当時は連日報道されていた。 星野はタンカーのエンジンに使われていたバンカーオイルについて調べていたのだが、そのバンカーオイルを取り扱っていた商社が カザマ商事。 「この座礁事故、もしすると原因はカザマ商事のオイルかもしれません。 」 まだ断定はできないが、カザマ商事買収の話を聞いてこのまま黙っていていいのか不安だったという。 水面下で進めていくことにした。 そしてファン感謝祭当日!選手たちそれぞれが考えた企画で会場も大盛り上がり! 目玉企画でもある紅白戦。 レギュラー組と控え組と分けて試合を行う。 始めから勢いがあるのはやはりレギュラー組、しかしそんなレギュラー組を力と技で突破していく選手が1人。 七尾圭太だった。 海外の有名チームに所属していたが怪我をしたことでラグビーは諦めていたのだが、プラチナリーグ決勝戦を見て心が決まったようだ。 「俺、ラグビーがしたいです!アストロズの人たちと一緒にラグビーがしたいです!」 ずっと君嶋がアプローチしていたことも良かったのだろう。 「新生アストロズ、スタートだ!」 だがこの裏でサイクロンズの影が浜畑へ忍び寄っていることを誰も気付いてはいなかった…。 第6話見終わって え?いつから目つけてたんですかサイクロンズさん!? そんなの絶対やだよ!せっかく七尾くんが来てくれたというのに…。 まぁでも最後のプレーのシーンで、浜畑さん悔しそうだったからな。 でもこれでアストロズの戦力はかなり上がりましたよね! 浜畑さんが残ってくれるといいんですけど… え…浜畑…?ちょ待てよ。 — えくしーど xeed24 第6話をまた見ました。 浜畑君を引き抜こうとする前、紅白戦で浜畑君サイクロンズのカメラに気づいてましたね。 どうもそれが気になってます。 原作読んでないけど、絶対いてくれる!だって演じてるのトシ君だもん、裏切るはずない。 — Rodyroll Rstubon 確かにカメラに気付いていましたね。 あの視線は一体どういう意味なのか気になるところ。

次の