トイレ 掃除 ブラシ。 ダイソーのおすすめ商品20選!節約のプロが選ぶ優秀グッズ [100円ショップの活用術] All About

【トイレブラシの掃除方法】汚いブラシの洗い方やお手入れ方法【漂白・除菌で清潔に!】

トイレ 掃除 ブラシ

ここに注目!トイレブラシを選ぶ3つのポイント! どんなトイレブラシがいいのかわからない… そんなあなたのために、まずはトイレブラシの選び方について解説します。 トイレブラシを選ぶときは、以下の3つに注目しましょう。 ブラシのタイプ• 洗いやすさ• 衛生面 この3つに注目して選ぶことで、あなたにピッタリなトイレブラシを見つけることができます。 ガンコな汚れを落としたいならブラシタイプ、水ハネしないで掃除したいならスポンジタイプ、衛生面重視なら使い捨てタイプがおすすめです。 まずは、それぞれのメリット・デメリットについて確認しておきましょう。 ガンコな汚れを落とすならブラシタイプがおすすめ! 出典: 使い捨てタイプの一番の特徴は、トイレ掃除のたびにブラシを取り換えられるので、 衛生面に優れていることです。 ブラシに洗剤を含んでいる商品が多く、他の洗剤を使う必要がないことも特徴です。 は、使用済みのブラシをそのままトイレに流すことができます。 無くなるたびに付け替え用を購入しないといけないというデメリットがあります。 衛生面を重視する方や、他の洗剤を使うのが面倒という方におすすめです。 特に、 トイレのフチ裏は汚れを落としにくく、イヤなニオイの原因にもなります。 便器のフチ裏まで掃除しやすいブラシ形状になっているものや、持ち手がカーブした形状になっていて、フチ裏にもしっかりフィットするように作られているものもあります。 例えば、は、持ち点先端がカーブしている卵型のトイレブラシで、便器のフチ裏の汚れを落としやすくなっています。 また、持ち手部分の長さが短すぎたり長過ぎたりすると、うまく力が入らずに洗いにくくなります。 ブラシや持ち手の形状だけでなく、持ち手の長さに関しても注目しましょう。 使い捨てタイプが衛生面に優れているのはもちろんですが、ケースの底にブラシが付くタイプのトイレブラシだと、雑菌が繁殖しやすくなります。 のように、ケースの底にブラシがつかない設計になっているものであれば、 水切れの悪さによる雑菌の繁殖を防げます。 ただし、衛生面で工夫されている商品であっても、お手入れをしなければ雑菌が繁殖する原因になります。 ケースやブラシを定期的に洗うようにしましょう。 ケースに吸盤がついていて、タイル、ステンレス、トイレタンクなどの陶器に取り付けることができるので、 省スペースでの設置が可能です。 「ミニサイズで場所もとらずシンプルで使いやすい」 「タンクの横にくっつけられるので、床に置かなくてよくて好き」 「便器内側上部も掃除しやすい。 自分としてはパーフェクト。 」 など、省スペースでの設置ができることや、掃除のしやすさが口コミでも人気のトイレブラシです。 床に置かずに設置できて、細かいところが掃除しやすいトイレブラシをお探しの方におすすめです。 また、 ブラシがケースの底につかない衛生的な設計になっています。 「便器の裏側、底など、届きにくいところもちゃんと掃除できる」 「下につかないので、水がたまらずいいです。 」 など、洗いやすいブラシ形状と衛生的なケース設計が口コミでも人気の商品です。 フチ裏が洗いやすくて、ブラシがケースの底につかないトイレブラシをお探しの方におすすめです。 ケースに吸盤が付いているので、トイレタンクなどの平面に取り付け可能です。 また、ブラシがケースの底につかないようになっていて、 水分を受けるトレーが取り外し可能になっています。 「丸い形がフチ裏部分によくフィットして汚れが落ちます。 」 「ブラシが柔らかいためブラシについた水滴がはねないのが素晴らしい。 」 「便器を傷つけることも無く汚れが落ちて良い」 など、使いやすくて便器も傷つけないスポンジタイプのトイレブラシとして、口コミでも高い評価を獲得しています。 便器を傷つけずに水だけでキレイにできるトイレブラシをお探しの方におすすめです。 コーナーや壁際にスッキリ収まりやすい四角形のフォルムになっています。 「トイレの隅にスッキリ」 「デザインがシンプルなので、どんなトイレにも似合うと思います。 」 「清潔感を醸し出すケースデザインが秀逸。 」 など、口コミでも清潔感のあるシンプルなデザインが人気のトイレブラシです。 清潔感のあるおしゃれなトイレブラシが欲しいという方におすすめです。 便器が傷つかず、 洗っている時に水ハネしないのも特徴です。 約39cmの長さがあるので水溜まり部分の奥まで洗いやすく、やわらかい素材のブラシで便器のフチ裏などの曲面もしっかり洗うことができます。 「全体の長さもちょうどよく掃除しやすいです」 「奥まで磨くことが出来るのでかなりよいです」 「見えない便座裏もスポンジ形状で上手に洗え、水ハネもせず、更に洗剤要らず・・。 」 など、洗いやすい長さで水ハネもしないトイレブラシとして口コミでも人気の商品です。 フチ裏や水溜まり部分の奥まで洗いたい方や、洗剤いらずで水ハネしないトイレブラシをお探しの方におすすめです。 水だけで汚れを落とせて、便器に傷をつけにくいブラシになっているので、コーティング便器にも安心して使用することができます。 ブラシの毛には、 水ハネをおさえる工夫がされています。 「使いやすく、置いてる時に浮いてる状態なので、清潔な感じでいい」 「とってもソフトに洗え、水が飛びはねる事もなくすごく気に入っています。 ブラックやブラウンなどのカラーラインナップもあり、2015年度にはグッドデザイン賞を受賞しています。 衛生的に保存できるスポンジタイプのトイレブラシで、おしゃれなデザインをお探しの方におすすめです。 かきとり力のある特殊形状スポンジが、フチ裏の汚れまでしっかりかき落とします。 洗剤付きのブラシなので、他の洗剤不要でカンタンにお掃除できます。 スポンジタイプでもあるので、 便器が傷つきにくく、水ハネの心配もありません。 「ブラシがしっかりしているのでこびりついた汚れやサボったリングでもすぐに落とせます。 」 「気持ち良いくらいふちの汚れが取れました。 」 「汚れもすごく落ちるし、毎回使い捨てなので衛生的です」 など、衛生的でしっかりと汚れを落とせるトイレブラシとして支持されている商品です。 汚れがよく落ちる使い捨てタイプや、スポンジタイプで使い捨てできるトイレブラシをお探しの方におすすめです。 ブラシを卵型にして先端がカーブしている形状にすることで、 フチ裏の奥にしっかり届いて汚れを落とせるようになっています。 また、 ケースの底にブラシが付かない構造になっているので、衛生面でも文句なしです。 コンパクトなサイズで、場所をとらないシンプルなデザインです。 「フチ裏はもちろんですが、底の洗いやすさに感激。 」 「大きさの違うブラシが両方についているので磨きやすいし、汚れもよく落ちてます。 」 「デザインがシンプルなのでとても気に入ってます。 」 など、使いやすく、汚れがしっかり落ちるトイレブラシとして人気の商品です。 シンプルなデザインで、衛生的で洗いやすいトイレブラシをお探しの方におすすめです。 青と緑の洗剤がしみ込んでいて、 青が洗剤、緑がイオンコートで1週間の汚れを防止する働きをします。 ハンドルがカーブしている形状になっているので、 フチ裏にもしっかりフィットします。 さらに、ハンドルについている青いツマミを矢印の方向にスライドするだけで、 ブラシをトイレに流すことができます。 「しっかり隅々まで洗いやすい設計で、先端部分は簡単に付け替えられて流せます。 」 「汚れを落としたらそのまま流せるので便利です。 」 「トイレの片隅でいつも不潔だと思っていたブラシに革命が起きました。 」 など、衛生面に優れたトイレブラシとして口コミでも人気の商品です。 便器のすみずみまで掃除できて、使ったブラシをそのまま水に流せるトイレブラシをお探しの方におすすめです。 フチ裏の細かい汚れまでしっかり落として、ニオイの原因を除去します。 ブラシがケースの底に触れないだけでなく、 2本のブラシ同士も触れない設計になっているので、衛生面でも優れています。 「小さなブラシが奥まで届いて綺麗にしてくれるので本当に助かってます。 」 「外側のブラシが若干柔らかく、内側のふち裏掃除の方が少し硬いので頑固な汚れも一発です。 」 「今まで気になってはいたけど掃除できなかった便器の裏側を掃除できるのは最高!」 など、フチ裏の汚れまで徹底的にキレイにできるトイレブラシとして人気の商品です。 2つのブラシを使い分けて、フチ裏の細かいところまでしっかり掃除したいという方におすすめです。 トイレ掃除のコツ!汚れによってトイレ用洗剤を使い分ける! 洗いやすいトイレブラシを使うことも大切ですが、落としたい汚れによってトイレ用洗剤を使い分けることも大切です。 黄ばみ・水アカには酸性、黒ずみには塩素系のトイレ用洗剤がおすすめです。 また、こまめに掃除している方であれば、便器を傷めることのない中性のトイレ用洗剤がおすすめです。 トイレットペーパーに洗剤を染み込ませて、しばらく置いてから流すだけでも汚れはかなり落ちます。 ただ、フチ裏の汚れに関してはトイレブラシでこすって落とすのが一番です。

次の

トイレブラシおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

トイレ 掃除 ブラシ

「流せるトイレブラシ」はその名の通り、ブラシ部分が使い捨てになった、カートリッジ式のトイレブラシのこと。 実はトイレのなかで 一番汚れている場所は、実は掃除用のブラシ。 「ブラシには1本あたり72万~8億4000万個の細菌と、7万2000~330万個のカビが付着している」という調査結果が発表されていて、その汚さは下水道と同じくらいなのだそう。 衛生的に保ちたいならブラシ自体を洗うか、買い替えるしかありませんが、できれば触りたくないし、お金もかけたくないもの。 そんな悩みを一気に解消してくれるのが「流せるトイレブラシ」です。 便器のなかをしっかり掃除できるうえ、 掃除が終わったらブラシの部分をトイレに流して捨てるだけなので、衛生的でとっても便利と、ママたちの間で人気が広がっているんです。 流せるトイレブラシのコスパや使い勝手は? 「流せるトイレブラシ」は付属のスタンドに立てて収納できますが、先端が濡れた状態のまま立てかけるのはちょっとイヤ…という場合も。 そんなときはタンクの裏に100均のフックを取り付け、ぶら下げ収納にするのがおすすめ。 正面からは見えない位置に収納できるので、トイレ全体がスッキリ見えるメリットもありますよ。 流せるトイレブラシのおすすめ!掃除用の他の使い捨て商品は? 『スクラビングバブル 流せるトイレブラシ』(ジョンソン) ブラシ部分を流せるトイレブラシは、ジョンソンから発売されている『スクラビングバブル 流せるトイレブラシ』しかありません。 流せるトイレブラシの代表格。 凸凹加工されたブラシ部分と、2種類の洗剤の力でしっかりと汚れを落とします。 ブラシの取り付けも、捨てるときもワンタッチです。

次の

トイレブラシの捨て方は?おすすめの使い捨てブラシ3選!

トイレ 掃除 ブラシ

ここに注目!トイレブラシを選ぶ3つのポイント! どんなトイレブラシがいいのかわからない… そんなあなたのために、まずはトイレブラシの選び方について解説します。 トイレブラシを選ぶときは、以下の3つに注目しましょう。 ブラシのタイプ• 洗いやすさ• 衛生面 この3つに注目して選ぶことで、あなたにピッタリなトイレブラシを見つけることができます。 ガンコな汚れを落としたいならブラシタイプ、水ハネしないで掃除したいならスポンジタイプ、衛生面重視なら使い捨てタイプがおすすめです。 まずは、それぞれのメリット・デメリットについて確認しておきましょう。 ガンコな汚れを落とすならブラシタイプがおすすめ! 出典: 使い捨てタイプの一番の特徴は、トイレ掃除のたびにブラシを取り換えられるので、 衛生面に優れていることです。 ブラシに洗剤を含んでいる商品が多く、他の洗剤を使う必要がないことも特徴です。 は、使用済みのブラシをそのままトイレに流すことができます。 無くなるたびに付け替え用を購入しないといけないというデメリットがあります。 衛生面を重視する方や、他の洗剤を使うのが面倒という方におすすめです。 特に、 トイレのフチ裏は汚れを落としにくく、イヤなニオイの原因にもなります。 便器のフチ裏まで掃除しやすいブラシ形状になっているものや、持ち手がカーブした形状になっていて、フチ裏にもしっかりフィットするように作られているものもあります。 例えば、は、持ち点先端がカーブしている卵型のトイレブラシで、便器のフチ裏の汚れを落としやすくなっています。 また、持ち手部分の長さが短すぎたり長過ぎたりすると、うまく力が入らずに洗いにくくなります。 ブラシや持ち手の形状だけでなく、持ち手の長さに関しても注目しましょう。 使い捨てタイプが衛生面に優れているのはもちろんですが、ケースの底にブラシが付くタイプのトイレブラシだと、雑菌が繁殖しやすくなります。 のように、ケースの底にブラシがつかない設計になっているものであれば、 水切れの悪さによる雑菌の繁殖を防げます。 ただし、衛生面で工夫されている商品であっても、お手入れをしなければ雑菌が繁殖する原因になります。 ケースやブラシを定期的に洗うようにしましょう。 ケースに吸盤がついていて、タイル、ステンレス、トイレタンクなどの陶器に取り付けることができるので、 省スペースでの設置が可能です。 「ミニサイズで場所もとらずシンプルで使いやすい」 「タンクの横にくっつけられるので、床に置かなくてよくて好き」 「便器内側上部も掃除しやすい。 自分としてはパーフェクト。 」 など、省スペースでの設置ができることや、掃除のしやすさが口コミでも人気のトイレブラシです。 床に置かずに設置できて、細かいところが掃除しやすいトイレブラシをお探しの方におすすめです。 また、 ブラシがケースの底につかない衛生的な設計になっています。 「便器の裏側、底など、届きにくいところもちゃんと掃除できる」 「下につかないので、水がたまらずいいです。 」 など、洗いやすいブラシ形状と衛生的なケース設計が口コミでも人気の商品です。 フチ裏が洗いやすくて、ブラシがケースの底につかないトイレブラシをお探しの方におすすめです。 ケースに吸盤が付いているので、トイレタンクなどの平面に取り付け可能です。 また、ブラシがケースの底につかないようになっていて、 水分を受けるトレーが取り外し可能になっています。 「丸い形がフチ裏部分によくフィットして汚れが落ちます。 」 「ブラシが柔らかいためブラシについた水滴がはねないのが素晴らしい。 」 「便器を傷つけることも無く汚れが落ちて良い」 など、使いやすくて便器も傷つけないスポンジタイプのトイレブラシとして、口コミでも高い評価を獲得しています。 便器を傷つけずに水だけでキレイにできるトイレブラシをお探しの方におすすめです。 コーナーや壁際にスッキリ収まりやすい四角形のフォルムになっています。 「トイレの隅にスッキリ」 「デザインがシンプルなので、どんなトイレにも似合うと思います。 」 「清潔感を醸し出すケースデザインが秀逸。 」 など、口コミでも清潔感のあるシンプルなデザインが人気のトイレブラシです。 清潔感のあるおしゃれなトイレブラシが欲しいという方におすすめです。 便器が傷つかず、 洗っている時に水ハネしないのも特徴です。 約39cmの長さがあるので水溜まり部分の奥まで洗いやすく、やわらかい素材のブラシで便器のフチ裏などの曲面もしっかり洗うことができます。 「全体の長さもちょうどよく掃除しやすいです」 「奥まで磨くことが出来るのでかなりよいです」 「見えない便座裏もスポンジ形状で上手に洗え、水ハネもせず、更に洗剤要らず・・。 」 など、洗いやすい長さで水ハネもしないトイレブラシとして口コミでも人気の商品です。 フチ裏や水溜まり部分の奥まで洗いたい方や、洗剤いらずで水ハネしないトイレブラシをお探しの方におすすめです。 水だけで汚れを落とせて、便器に傷をつけにくいブラシになっているので、コーティング便器にも安心して使用することができます。 ブラシの毛には、 水ハネをおさえる工夫がされています。 「使いやすく、置いてる時に浮いてる状態なので、清潔な感じでいい」 「とってもソフトに洗え、水が飛びはねる事もなくすごく気に入っています。 ブラックやブラウンなどのカラーラインナップもあり、2015年度にはグッドデザイン賞を受賞しています。 衛生的に保存できるスポンジタイプのトイレブラシで、おしゃれなデザインをお探しの方におすすめです。 かきとり力のある特殊形状スポンジが、フチ裏の汚れまでしっかりかき落とします。 洗剤付きのブラシなので、他の洗剤不要でカンタンにお掃除できます。 スポンジタイプでもあるので、 便器が傷つきにくく、水ハネの心配もありません。 「ブラシがしっかりしているのでこびりついた汚れやサボったリングでもすぐに落とせます。 」 「気持ち良いくらいふちの汚れが取れました。 」 「汚れもすごく落ちるし、毎回使い捨てなので衛生的です」 など、衛生的でしっかりと汚れを落とせるトイレブラシとして支持されている商品です。 汚れがよく落ちる使い捨てタイプや、スポンジタイプで使い捨てできるトイレブラシをお探しの方におすすめです。 ブラシを卵型にして先端がカーブしている形状にすることで、 フチ裏の奥にしっかり届いて汚れを落とせるようになっています。 また、 ケースの底にブラシが付かない構造になっているので、衛生面でも文句なしです。 コンパクトなサイズで、場所をとらないシンプルなデザインです。 「フチ裏はもちろんですが、底の洗いやすさに感激。 」 「大きさの違うブラシが両方についているので磨きやすいし、汚れもよく落ちてます。 」 「デザインがシンプルなのでとても気に入ってます。 」 など、使いやすく、汚れがしっかり落ちるトイレブラシとして人気の商品です。 シンプルなデザインで、衛生的で洗いやすいトイレブラシをお探しの方におすすめです。 青と緑の洗剤がしみ込んでいて、 青が洗剤、緑がイオンコートで1週間の汚れを防止する働きをします。 ハンドルがカーブしている形状になっているので、 フチ裏にもしっかりフィットします。 さらに、ハンドルについている青いツマミを矢印の方向にスライドするだけで、 ブラシをトイレに流すことができます。 「しっかり隅々まで洗いやすい設計で、先端部分は簡単に付け替えられて流せます。 」 「汚れを落としたらそのまま流せるので便利です。 」 「トイレの片隅でいつも不潔だと思っていたブラシに革命が起きました。 」 など、衛生面に優れたトイレブラシとして口コミでも人気の商品です。 便器のすみずみまで掃除できて、使ったブラシをそのまま水に流せるトイレブラシをお探しの方におすすめです。 フチ裏の細かい汚れまでしっかり落として、ニオイの原因を除去します。 ブラシがケースの底に触れないだけでなく、 2本のブラシ同士も触れない設計になっているので、衛生面でも優れています。 「小さなブラシが奥まで届いて綺麗にしてくれるので本当に助かってます。 」 「外側のブラシが若干柔らかく、内側のふち裏掃除の方が少し硬いので頑固な汚れも一発です。 」 「今まで気になってはいたけど掃除できなかった便器の裏側を掃除できるのは最高!」 など、フチ裏の汚れまで徹底的にキレイにできるトイレブラシとして人気の商品です。 2つのブラシを使い分けて、フチ裏の細かいところまでしっかり掃除したいという方におすすめです。 トイレ掃除のコツ!汚れによってトイレ用洗剤を使い分ける! 洗いやすいトイレブラシを使うことも大切ですが、落としたい汚れによってトイレ用洗剤を使い分けることも大切です。 黄ばみ・水アカには酸性、黒ずみには塩素系のトイレ用洗剤がおすすめです。 また、こまめに掃除している方であれば、便器を傷めることのない中性のトイレ用洗剤がおすすめです。 トイレットペーパーに洗剤を染み込ませて、しばらく置いてから流すだけでも汚れはかなり落ちます。 ただ、フチ裏の汚れに関してはトイレブラシでこすって落とすのが一番です。

次の