ソフトバンク iphone 機種変更 お得。 iPhoneの機種変更!家電量販店は本当にお得?実際に検証してみた

ソフトバンク「トクするサポート」はお得?48回払いのデメリットと注意点を解説

ソフトバンク iphone 機種変更 お得

48回の分割払いで対象機種を購入し、25カ月目以降に端末を返却して、auにて新たな機種に買い替えると、割賦代金の半額を免除すると言う仕組みになっています。 要するに、この恩恵を最大限受けるためには、iPhone11を2年以上使用して、機種変更すると言うのが前提になります。 もっと3年、4年と使うつもりの場合には、意味がありません。 また、割賦 分割 で購入すると、100日間はSIMロックを解除できないので、auのSIM以外の他社ユーザーは100日間はモバイル回線 4G使用 ができません。 au系のMVNOサービス(UQ mobileやmineoなどの格安SIM)は、ロック解除なしでも利用できます。 よって、実質、docomoやソフトバンク回線の方は、使いにくいのが実情でして、現在、au以外の方には現実的ではありません。 また、2019年9月20日~30日に、auにて、iPhone11シリーズを購入しても、このプログラムに申し込むことはできないのもネックです。 数字の正確性を保証するものではありません。 なお、端末故障・破損時 充電不可などの場合)には、この特典利用の際に、故障時利用料として20000円 不課税 の負担が必要となります。 48回の分割払いで対象機種を購入し、25カ月目以降に端末を返却して、auにて新たな機種に買い替えると、割賦代金の半額を免除すると言う仕組みになっています。 要するに、この恩恵を最大限受けるためには、iPhone11を2年以上使用して、機種変更すると言うのが前提になります。 もっと3年、4年と使うつもりの場合には、意味がありません。 また、割賦 分割 で購入すると、100日間はSIMロックを解除できないので、SoftBankのSIM以外の他社ユーザーは100日間はモバイル回線 4G使用 ができません。 Softbank系のMVNOサービス(LINEモバイルのSoftbank回線などの格安SIM)は、ロック解除なしでも利用できます。 よって、実質、docomoやau回線の方は、使いにくいのが実情でして、現在、softバンク以外の方には現実的ではありません。 2年を待たずに、13ヵ月目~24ヵ月目に機種変更する場合には、1年買い替えオプションの利用が可能です。 数字の正確性を保証するものではありません。 また、ソフトバンク指定の回収・査定条件を満たす必要がありますので、故障・破損があれば、当然、ペナルティーがあります。 月額利用料などはありません。 36回の分割払いで対象機種を購入し、25カ月目以降に端末を返却して、ドコモにて新たな機種に買い替えると、残り期間の割賦代金を免除すると言う仕組みになっており、シンプルでわかりやすいです。 ドコモは端末料金表示が「税別」なので、税込みに換算して計算する必要があります。 13ヶ月目に機種変するとなると、それまでの支払額は62208円ですので、残り支払額の31104円安くなると言う計算になります。 数字の正確性を保証するものではありません。 また、ドコモ指定の回収・査定条件を満たす必要がありますので、故障・破損があれば、20000円(税抜)のペナルティーがあります。 2年未満でスマホおかえしプログラムを利用する場合には、支払回数が36回から24回に変更 12回分支払い不要 になります。 docomoの特徴としては、やっぱり、2年で買い換えずに、もっと長く使いたいと言う場合には、月額利用料が不要なこともあり、そのまま使い続ける(対象機種を返却しない)ことができるのが良い点です。 ただし、その場合、端末からの値引き的な要素は一切なくなります。 また、割賦 分割 で購入すると、100日間はSIMロックを解除できないので、ドコモのSIM以外の他社ユーザーは100日間はモバイル回線 4G使用 ができません。 注意点としては、docomoの場合「下取りプログラム」があります。 買い換えるタイミング 時期 的な要素が大きくなりますが、場合によっては、スマホおかえしプログラムを使わないで、下取りプログラムにしたほうが、お得な場合も発生します。 Appleストアが有利か? 以上、各キャリアの割引・値引きをご紹介して参りましたが、機種変更でしたら、2019年からは、アップルから直接購入したほうが「お得」だと感じています。 私が取った、iPhone11への機種変更のお得な方法をご紹介してみます。 アップルストアの場合、iPhone11 128GB の販売価格は、86184円です。 12回分割払い、24回分割払いも可能になっていますが、もともと、SIMフリーのスマートフォンであると言うところも大きいです。 各キャリアのように、なんちゃらプログラムのようなものはありませんが、お使いの機種を下取りしてもらえるサービスはあります。 ただし、下取り価格は、安めです。 現在、iPhoneシリーズをお使いなのであれば、iPhoneは人気と言う事もあり、結構、買取は高い傾向があります。 当然、古い機種ですと、どんどん買取価格も下がるのですが、新しい機種であれば、中古でも結構な値段で売れます。 もちろん、スマホにキズが無いなど、状態によっても、買取価格は変わってきますので、程度が良いという条件になりますが、下記のように買い替えを実行してみました。 今回、iPhone11proなどもありますが、違うのは液晶画面とカメラ望遠くらいです。 液晶もLED液晶で充分キレイに映りますし、カメラは物理的に望遠は限界があって、アイフォーンにて10倍望遠で写真撮影しても、あまりキレイではありません。 よって、2019年の新製品に関しては、iPhone11で充分と判断しています。 ただし、記憶容量 メモリ は、64GBと128GBが5000円くらいしか、かわりませんので、iPhone11でも、128GBが良いだろうと言う判断になります。 さて、昨年の記事でもありますが、iPhoneXSを 64GB 12万8952円にて新品購入し、その際に売却したiPhoneX 64GB は、ヤフオクにて71000円で売れました。 そのため、今回も、不必要になるiPhoneXS 64GB は、約7万円で売れると想定しています。 これが、docomoの下取りですと、良品でも57000円でしか買い取ってくれませんので、本当に良品であれば、民間で売却したほうがお得だと言う事が言えます。 なお、docomoにて一括購入していましたが、月々サポートが適用されていて、毎月2457円安くなっていて、12ヶ月で29484円の割引を受けていましたる よって、売却するiPhoneXS 64GB の実質支払額は、99468円といったところです。 仮定の話になりますが、7万円で売れたとしたら、99468円-70000円で、実質29468円で1年使えたと言う事になります。 月平均にしますと、2455円ですので、そんなに負担も大きくなく、悪くないランニングコストです。 2年目以降は、バッテリーもヘタってきたりしますので、常に1年で新品に交換している次第です。 そして、2019年からは、機種の割引が法律で制限されたため、新しいiPhone11を引き続きドコモで購入しても、月々サポートなどの恩恵が全くありません。 3年以上使う場合にも恩恵がありません。 1年の場合には3万円程度の恩恵がありますが、中古では1年であれば、半値くらいにはなりますので、その場合、約5万円くらいで売れるだろうと仮定できます。 よって、キャリアに返却する条件で割引を受けるのであれば、中古で売ったほうがお得かな?と言う計算が成り立ちます。 と言う事で、もう一度、結論を記載しますが、iPhone11シリーズは、一番安い「アップルストア」 店舗・オンライン通販 で購入して、古い機種はヤフオクなどで売却するのが、ベストだと私は思う次第です。 オークションなどで売らずに、街の買取業者に、スマホを買い取ってもらうにしても、キャリアの下取り価格よりも安いと、誰も売ってくれませんので、買取業者も少しは高く買ってくれるはずです。 スポンサーリンク もちろん、アップルケアなど、余計な補償サービスには入りません。 1年間は、通常の保証期間ですので、通常の故障であれば、無料で修理してもらえますしね。 ただし、無くしたりしないよう注意は必要ですし、本体にキズをつけないよう、1年間使用する必要性があります。 そのため、スマホの衝撃吸収カバーや、画面割れ防止のシールなどには、補償サービスに入る分の予算を使用して、お金を掛けます。 以上ですが、このお得になる方法は、私の個人的な状況からの戦略ですので、皆様においても、同じく得できますと保証するものではありません。 充分にシュミレーションして、自己責任にてお願いできますと幸いです。 iPhoneXSのほうは、実際に売却しましたので、その結果も新しい記事にてUPしました。

次の

ソフトバンク機種変更で最大6万円得するには

ソフトバンク iphone 機種変更 お得

ソフトバンクのiPhoneを機種変更できるところ ソフトバンクのiPhoneを販売している場所は、主にソフトバンクショップ、家電量販店などの店舗型。 また、ネット上で手続き購入ができるソフトバンクオンラインショップがあります。 ここでは、それぞれの特徴とメリットを含めて紹介します。 ソフトバンクショップや家電量販店などで購入することができます。 ソフトバンクショップの場合、基本的に最新機種は一通り揃っており、 ソフトバンクの料金やプランサービスの知識がしっかりとある店員さんにアドバイスをもらうこともできます。 どの料金プランが自分にあっているのか、現在どんなキャンペーンがあるのかなどを直接対人できけるのもソフトバンクショップのメリットですね。 また、他キャリアの端末も置いているのでそれらと比較しながら自分にあった端末を選べます。 また、 家電量販店で使える独自ポイントのキャッシュバックがあったりもします。 こちらは店舗ごとに様々なキャンペーンを展開しています。 割引額が大きいところもあるので、TwitterなどSNSで配信されている情報を見てみるとお得です。 有料コンテンツ加入が条件となるキャンペーンも多いので、契約時にしっかり確認し、不要なものは後日解約するのをお忘れなく。 契約するプランがすでに決まっているなら、ショップに行く時間がない人でもお手軽にすみますね。 わからない点がある場合でも、 オンラインのチャットサポートがあるのでちょっとしたことなら解決するでしょう。 ある程度知識がある人なら、マニュアルの説明を受けることもなく手続きが終わるので一番ラクかもしれません。 なので、既に2年間以上同じ端末を使っているという人はいつ機種変更をしても基本的には問題ないです。 ただし、 端末の割引にはいっている場合には、ベストな機種変更の時期があります。 それぞれ割引を最大でうけられるタイミングでの機種変更することがもっともお得になります。 また、現在利用している端末の代金支払いが完済していない状態で新機種へ機種変更をすると、新旧の端末代金を重複で支払うことになってしまうので、なるべく無駄を省くためにもチェックしておきましょう。 そのため、「何がなんでも最新機種が欲しい!」という人でなければ、1つ前のモデルを安く購入するチャンスです。 また、「iPhone XR」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は値下げされ、購入しやすい価格になりました。 大手キャリアでも割引額が増額しているので、最新機種にこだわらないならお得に買い替え・機種変更ができます。 このように 最新機種の発売直後は旧機種の狙い目になっています。 ソフトバンクのiPhoneの料金シュミレーション ソフトバンクでiPhoneを購入する場合の月額の料金を試算してみましょう。 今回は、 iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 8の3機種でシュミレーションしました。 ちなみにソフトバンクでは2019年9月13日から契約期間も解除料金もかからない新プランが発表されました。 シュミレーションの金額は新プランに基づいて解説していきます。 トクするサポートを活用することで実質半額で最新のiPhone 11シリーズもゲットすることができますので、2年スパンで最新モデルへの買い替えをしていきたい人にはおすすめです。 ソフトバンクでiPhoneをお得に機種変更できるキャンペーン ソフトバンクでiPhoneを購入する際には、様々なキャンペーンが適用でき、よりおトクになる場合があります。 ソフトバンクのiPhoneをお得に機種変更するために、適用したいキャンペーン情報を紹介します。 トクするサポート トクするサポートは、最新のiPhoneを48カ月の分割払いで購入し、25カ月目以降に購入したiPhoneの返却と新たに対象機種をソフトバンクから購入すると、その時点で残っている分割支払金(最大24回分)の支払いが不要になります。 加入条件 ・対象機種を48回割賦で購入すること ・トクするサポートに購入時点で申し込むこと 48回払いの半額が免除されるという部分だけを見るとかなりお得な感じですが、特典を利用する際には再度ソフトバンクから新しい機種を購入する必要があるため、基本的にずっとソフトバンクに加入し続ける必要があります。 なお、ソフトバンクの回線を契約していなくても(ソフトバンクユーザー以外も)端末の購入ができます。 ただし、100日間はSIMロック解除ができないので、この期間はソフトバンク系の回線でしか利用できないので注意が必要です。 下取り機種に応じてPayPayボーナスが付与されます。 対象となる機種はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5です。 普通に機種変更するよりもお得になるので、今まで使っていた機種を使わないのであれば下取りしてもらったほうがよさそうですよね。 条件としては以下のものが挙げられます。 ・機種変更で指定機種を購入すること ・機種変更前の機種をソフトバンクで購入していること ・下取り対象機種の査定を完了していること ・製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと ・対象機種が正常に動作し、初期化および各種ロックが解除されていること ・PayPayアカウントを登録していること 下取り対象のiPhoneの金額は以下のようになります。 下取り対象機種 ボーナス付与額 正常品 破損品 iPhone XS Max 40,800円相当 12,240円相当 iPhone XS 34,800円相当 10,440円相当 iPhone XR 28,800円相当 8,640円相当 iPhone X 24,000円相当 7,200円相当 iPhone 8 Plus 19,200円相当 5,760円相当 iPhone 8 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 Plus 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 9,600円相当 2,880円相当 iPhone 6s Plus 7,200円相当 2,160円相当 iPhone 6s 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 Plus 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 3,600円相当 1,080円相当 iPhone SE 3,600円相当 1,080円相当 iPhone 5s 2,400円相当 720円相当 iPhone 5c 1,200円相当 360円相当 iPhone 5 1,200円相当 360円相当 対象機種ごとでボーナス付与金額が異なりますが、かなり古いiPhoneでも下取りしてくれるのは嬉しいですね。 下取りプログラム(のりかえ) 下取りプログラム(のりかえ)は、 ソフトバンクにのりかえ(MNP)した時に、それまで機種を下取りに出すことで割引されるというキャンペーンです。 のりかえの対象となるiPhoneはiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5です。 適用条件は以下の通りです。 ・他社からののりかえ(MNP)と同時にソフトバンクでスマートフォン、ケータイを購入 ・データ(パケット)定額サービスへ加入(家族データシェアの子回線は除く) ・MNPの翌月末までに下取りの申込みをすること ・下取りの対象機種が正規に購入されていること ・申し込みする人が下取り対象機種の所有権を保有していること ・製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと ・2017年6月30日以降に「スマホデビュー割」「スマホデビュープラン」が適用された場合、iPhone またはスマートフォンを下取り対象機種として本キャンペーンに申し込みはできない ・電源が入らない、初期化されれていない(各種ロックが解除されていない)機種は下取りプログラム(のりかえ)での下取りはできない ・・PayPayアカウントを登録していること ソフトバンクへMNPする際に指定のプランに加入し、対象機種を下取りに出せばOKなので、普通に購入して使用し、完動品であればまず問題はないでしょう。 下取りプログラム(のりかえ)の対象iPhoneと特典金額は以下になります。 下取り対象機種 ボーナス付与額 正常品 破損品 iPhone XS Max 40,800円相当 12,240円相当 iPhone XS 34,800円相当 10,440円相当 iPhone XR 28,800円相当 8,640円相当 iPhone X 24,000円相当 7,200円相当 iPhone 8 Plus 19,200円相当 5,760円相当 iPhone 8 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 Plus 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 9,600円相当 2,880円相当 iPhone 6s Plus 7,200円相当 2,160円相当 iPhone 6s 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 Plus 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 3,600円相当 1,080円相当 iPhone SE 3,600円相当 1,080円相当 iPhone 5s 2,400円相当 720円相当 iPhone 5c 1,200円相当 360円相当 iPhone 5 1,200円相当 360円相当.

次の

ソフトバンク機種変更で最大6万円得するには

ソフトバンク iphone 機種変更 お得

下取りプログラムは、今まで利用してきたスマートフォンを 最大40,800円分の還元で引き取ってくれる魅力的なサービスなのです。 具体的な特典内容は、 ・月額通信料金から24回割引 ・ソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージ 上記還元の2つに分かれています。 機種によっての還元額は以下のようになります。 一般的に中古買取りしてもらう場合、液晶が割れていたり付属品が足りないと下取り金額が減額になったりしますが、 ソフトバンクなら液晶が割れていても、スリープボタンが正常に機能し、電源が入る状態で初期化ができていればOKなんですね。 液晶が割れていても減額になることはありませんし、付属品や箱を一緒に返す必要はありません。 また、下取りの期限も機種変更した時に絶対しなければいけないということではなく、期限に猶予があるにも嬉しいところですね。 機種変更の時にそのまま下取りをしてもらうことは可能ですが、万が一データのバックアップに失敗していたらという不安もあると思います。 そんな時は機種変更後、一度持ち帰ってデータがしっかりと移行できたと確認することができるんですね。 参考: また、下取りの際にまた店舗に足を運ぶのが面倒というのであれば、 郵送を選ぶこともできます。 郵送は専用の封筒に入れてポストに投函するだけで良いので、時間がない人にも優しいですね。 通常、機種変更は分割で購入することが一般的ですが、分割回数を選択できることもできるとはご存知でしょうか? 今までソフトバンクには一括か24回払いかの選択肢しかありませんでしたが、iPhone8の発売以降 48回払いが導入されました。 この48回払いこそiPhoneXをお得に購入する方法なのです。 iPhoneXを48回払いで購入する場合 「半額サポート」という無料オプションがついてきます。 48回の分割でも今までのように24ヶ月以上使用すれば、機種変更が可能になります。 指定機種への機種変更が条件とされていますが、もちろん最新機種は対象になると考えられますので、2年後に新しいiPhoneに変えたいと考えている人は安心して利用できます。 つまり 「2年でiPhoneXを返して新しい機種に変えることが決まってるんだったら、半額で大丈夫でっせ〜」ということです。 さらに48回払いになることで、機種代金の月々の実質負担金額が少なくなります。 例えばiPhoneX 64GBの場合 機種代金131,040円、月々割の総額67,440円 を例に挙げると、24回払いと48回払いでは以下のように月々料金の差が出ます。 iPhoneX 24回払い 48回払い 月々の機種代金 5,460円 2,730円 月々割 -2,810円 -1,405円 実質負担金額 2,650円 1,325円 上記図表を見ても分かる通り、48回払いにすると、単純に実質負担金額が半額になるという訳ですね。 24回払いにして下取りという方法もありますが、2年後の下取り金額はその時になってみないと分かりませんし、昨年の夏に総務省の指導で下取り金額が大幅に下がった経緯もあります。 なので、機種変更のタイミングで確実に金額を保証してくれる半額サポートは安心です。 ただし、注意しないといけないこともいくつかあります。 電源が入らない状態では半額サポートを受けるとペナルティとして最大で20,000円の支払いが必要になる場合がある ソフトバンクを解約して別のキャリアに変更する場合、残債として負担する金額が24回払いより高くなってしまう 上記条件です。 ソフトバンクキャリアで今後2年以上も続けていくかどうか見極めたうえで申し込む必要もありそうですね。 逆に 「ソフトバンクキャリア以外、今後変えるつもりは今のところない」という人はむしろこの半額サポートを使わないとかなり損になってしまうので、ぜひ利用することをオススメします。 今回の学割は25歳以下の人だけでなく、先生も対象となっています。 データ量が多い人向けにウルトラギガモンスター 50GB から1年間1,020円引きされ、さらにご家族を新規に紹介することで1年間1,000円引きとなります。 結果、月々2,020円、総額で24,240円の値引きとなり、月額のランニングコストをグンと下げることが可能です。 5分間通話定額の「スマ放題ライト」に家族も一緒にウルトラギガモンスターに入ることで適用される「みんな家族割」やインターネットもソフトバンクにすることで適用される「おうち割光セット」を組み合わせることで、月額通信料が3,980円で利用可能になります。 対象者は限られていますが、過去に学割を受けていた場合も現在別の学割を受けている場合も適用が可能とのことです。 対象の場合は申し込まない理由はなさそうですね。 せっかく機種変更しようとしたのに忘れてしまったということが無いように準備しておきましょう。 内容も人によって異なるようですが、機種変更時にソフトバンクが指定した機種へ変更をすると最大で20,000円割引になるキャンペーンが多いようです。 対象者にはソフトバンクからのSMSやDMで通知がされているため、SMSをうっかり見過ごしている可能性があります。 そろそろ分割終了を迎える人や、更新月近くになり他社に転出する恐れのあるユーザーを中心にランダムで選出されているようですので、一度ご自身に送られているソフトバンクのメールは見返した方が良さそうですね。 対象になっている場合は、あらかじめマイソフトバンクでキャンペーン申し込みをする必要があります。 申し込むことで専用ポイントが付与され、機種代金の値引きに使えるという仕組みです。 機種によって使用できるポイント数は異なるようですので、疑問な場合はコールセンターやショップに問い合わせをしてみてください。 全てのユーザーが対象ではないのは残念ですが、自分だけのお得なキャンペーンをみすみす逃すことのないように日頃からSMSなどはチェックをしておく必要がありますね。 その結果、ここまでお得なキャンペーンを次から次へと打ち出しているという訳ですね。 お得にしすぎるがあまり、キャンペーンが予告なく終了してしまう可能性もあるので、ぜひ機種変更を検討されている方は早めに変えてみると良いかと思います。

次の