河井 あんり 公職 選挙 法 違反。 河井前法相“本格捜査”で、安倍政権「倒壊」か(郷原信郎)

広島政界裏話 河井克行氏・河井あんり(案里)氏編

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

高給ウグイス嬢を独占して墓穴を掘った河井克行、案里夫妻 選挙期間に入ると、うっとうしくてならないのは、選挙カーから流れる連呼である。 世界中を調べて回ったわけではないが、ものの本によると、そんな選挙運動をする国はほかにないそうだ。 たとえば、議会制民主主義のお手本、英国。 宣伝カーはあっても拡声器で声を張り上げたりはしない。 もちろん候補者名の連呼などありえない。 先進国で一般的な戸別訪問が日本では禁止されており、その分、選挙カー頼みになるというが、だからといって騒音をむやみにばらまいていいというものではないだろう。 公職選挙法には「何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない」と書かれている。 これだけでいいのに、なぜか以下のように「但し書き」が加わっている。 ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。 )の場所並びに午前8時から午後8時までの間に限り、選挙運動のために使用される自動車の上においてはすることができる。 (第140条の2第1項) 連呼はできないと言いながら、できるようにしているのがこの定めだ。 「ただし」以降、すなわち例外規定を削除すれば、日本の選挙は変わる。 街頭演説や集会、討論会、あるいはインターネットなどでまめに政策を訴えていく選挙運動のスタイルに変えていかざるを得ないからだ。 今の選挙運動、連呼をするウグイス嬢の力量にいかに頼っているかが浮き彫りになったのが、公職選挙法違反の疑いで広島地検から家宅捜索を受けた自民党・河井案里参院議員のケースである。 河井案里氏の夫は、総理補佐官をつとめたこともある河井克行前法務大臣だ。 菅官房長官にくっついていたら、いつの間にか政権中枢の仲間入りし、安倍首相のお気に入りの一人にもなっていたというのが、克行氏の大ざっぱな歩みだ。 総理外交の事前交渉に辣腕をふるったかのごとき評価は、いささか買いかぶりすぎだろう。 河井案里氏は昨年夏の参院選で初当選した。 その選挙運動で、ウグイス嬢と呼ばれる車上運動員たちに法定1万5,000円の2倍、つまり3万円を支払っていた疑いがかけられている。 選挙事務所を取り仕切っていたのは克行氏だ。 世話になっている安倍首相と菅官房長官の期待を担った妻の出馬に、よほど燃えるものがあったのだろう。 法がどうであれ、高いパフォーマンスができるウグイス嬢を確保したい。 他陣営にさらわれたら、浮沈にかかわる。 そんな強迫観念に駆られるほど、参院広島選挙区(改選数2)は、かつてない激戦だった。 自民党岸田派の重鎮、溝手顕正氏の金城湯池とされてきたところに、同じ自民党公認で河井案里氏が乗り込んできたのである。 党本部は表向き、参院広島選挙区の議席を自民党が独占するためと大風呂敷を広げたが、どだい、そこには無理があった。 前回の2013年参院選で当選したのは溝手氏と民主党の森本真治氏だ。 溝手氏は得票率46. 28%で2位の森本氏に圧倒的な差をつけはした。 だからといって、自民党公認候補が二人も出たら、まさに党組織のまとまりを砕く分裂選挙。 溝手氏を支持する地元の県連が猛反対したのは当然のことだ。 ところが、今の自民党には官邸の意向に逆らうエネギーが枯れてしまっている。 溝手氏の派閥領袖である岸田文雄政調会長に、せめて、あくどいほどの迫力があれば、安倍首相や菅官房長官が手をつけられない選挙区であっただろう。

次の

公職選挙法違反の疑い~業界事情を知らな過ぎた河井案里議員

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

net 適応障害という病気のため、 顔つきが変わってしまったのかはっきりとした原因は分かりません。 ただし短期間でこんなに容姿が変わってしまうなんて、 相当なストレス・精神的なダメージを受けられたのではないかと想像します。 河井案里氏の選挙活動時の顔と今の顔が違いすぎて怖いな。 人ってこんなに顔が変わるもんやねんな〜。 nikkan-gendai. com 河井案里さんは2ヶ月の雲隠れのあと公の場に姿を表されています。 当然、 記者たちから質問攻めにあわれていますが事件に関することは一切答えられてはいません。 捜査中なのでもちろん何も話せないのだとは思いますが・・・ その際、話題となっていたのが 河井案里さんが時折見せる微笑み・笑顔。 大変な状況に置かれているというのに、しかも記者の方たちに向かって見せる微笑みが 「なんか不気味」「怖い」とネット上で話題となっていました。 ところが、会見終了後建物に入り、スタッフと歩く河井案里議員は笑顔だった😡 — hinachiko hinachiko4954.

次の

河井案里氏秘書、起訴内容認める 公選法違反事件:朝日新聞デジタル

河井 あんり 公職 選挙 法 違反

車上運動員(ウグイス嬢)の日当は、公職選挙法で法定上限(1万5千円)が定められていますが、河井陣営では、この倍の3万円の支払いが慣例化し、これが「河井ルール」として横行していた、という疑惑がかけられています。 国会では、連日、自民党本部から、河井案里・克行(衆議院議員。 前・法務大臣)夫妻がそれぞれ支部長を務める自民党支部に対して、参議院選挙の公示前に、合計で1億5千万円の「安倍マネー」の入金があった件が取り上げられています。 この話題は、1月22日の文春オンラインが初めて取り上げたものでした。 さらに、1月29日の文春オンラインでは、として、疑惑を追撃する記事を掲載しています。 実名告発を行ったのは、渡辺典子・広島県議。 (出所:毎日新聞) 元々、案里氏にスカウトされて広島県議になった、という側近で、昨年の参議院選挙でも案里氏を支援していました。 しかし、この事件を受けて、自宅が広島地検の家宅捜索を受けたことから、1月20日に、記者会見を実施。 「家宅捜索を受けた関係者は、仕事や生活を奪われている」「出処進退を含め、早く説明してほしい」「信頼していたが、裏切られた気持ちだ」と河井夫妻の対応を批判していました。 さらに、今回、週刊文春のインタビューに応じ、「この期に及んで嘘をついているのかと驚いた」として、案里氏が公の場で虚偽の説明を続けていると、実名で告発しました。 案里氏は「秘書と事件の内容に関しての接触は一切行っていない」と記者団に対して説明しています。 これに対して、渡辺氏は、「実際は事務所ぐるみで私や関係者に連絡をとり、策を講じている。 公の場で、平然と嘘をつく姿にショックを受けた」と証言し、案里氏の対応を批判しています。 渡辺典子広島県議の経歴:元モデルでセレブ! 記者会見でも、美貌の地方議会議員として注目を浴びた渡辺典子氏。 その経歴は、とても華やか! 元モデルで、父親が地元の名士のセレブです。 (出所:渡辺のりこ norikow0725 Twitter) 渡辺典子・広島県議(旧姓・久保)は、1984年7月25日生まれ。 現在、35歳です。 2003年 広島市立舟入高等学校卒業 2004年 モデル事務所所属 2007年 近畿大学文芸学部卒業 2009年 結婚、双子出産(2016年、第三子出産) 2013年 広島県議会議員選挙初当選 広島県議は、現在、三期目。 次のように、各種の公職を務めています。 文教委員会 委員• 広島市体操協会 顧問• 久保スポーツ財団 評議委員 (出所:渡辺のりこOfficial Website) モデル事務所は、オスカープロモーションです。 旧姓の久保典子として活動しています。 2005年ミス近畿大学• ミスキャンパスKANSAI 2005 準グランプリ• 恋のから騒ぎ13期生 出演 久保典子として「恋から」に出演した時代の写真も発掘されています。 当時、大学4年生。 若々しいです。 また、親は、家電大手・エディオン創業者の久保允誉会長兼社長です。 一代で大企業を築いた立身出世で、Jリーグ・サンフレッチェ広島の社長、会長も歴任しており、正に地元の名士です。 (出所:エディオンHP) 広島での華やかな「女の闘い」も過熱し、益々目が離せない河井案里氏の選挙資金・公職選挙法違反問題。 引き続き、このブログでも状況をフォローしていきたいと思っています。

次の