更年期 太り 漢方。 更年期太りには、漢方薬がおすすめ?太くなる二の腕、ウエストを元に戻したい!

【更年期太り解消法の決定版】ダイエット不要で痩せる驚きの食材とは?

更年期 太り 漢方

更年期の体重増加が止まらない 更年期って一体いつ? 更年期とは、閉経前後の10年間の期間を更年期と呼びます。 多くの女性が50歳ごろに閉経を迎えるので、その前後5年ということで45歳くらいから55歳くらいが更年期に当たります。 閉経とは、1年間生理が来なかったら閉経と呼ぶそうで、過ぎてみないとわからないということですね。 なんとなく太りやすくなったな〜と思っても生理があっているうちは、それが更年期かなんかなんてよくわかりません。 更年期はなんで脂肪がつきやすいの? 45歳を過ぎたから、更年期に入っていると思って、太りやすくなった原因を更年期のせいにしてしまうのは簡単ですが、そもそも更年期はなぜ太りやすいのでしょう? この年代になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減り始めます。 ホルモンバランスが崩れるので、体調にも精神的にも様々な変化が現れやすくなります。 個人差は大きいのですが、ほてり、のぼせ、発汗、冷え、肩こり、頭痛、動悸、めまい、イライラ、不眠など原因がよくわからない症状が多かれ少なかれ出て、日常に支障をきたすぐらいひどく出ると更年期障害として病院での治療が必要になってきます。 この精神的不安から 女性を辞めてもいいかな〜という諦めが出てきたり、年齢的に基礎代謝が減って太りやすくなっている、ストレスにより過食になるなどが重なって産後以上に太りやすくなるのです。 更年期脂肪って何? 女性は、女性ホルモンエストロゲンが出ているうちは、内臓脂肪をためずに燃焼する働きがあったので、皮下脂肪はついても内臓脂肪がつきにくかったのですが、 エストロゲンが減ると、内臓にも脂肪がつきやすくなり、今まで脂肪がつかなかったお腹周りがぽっこりと出るように太り始めます。 これが更年期脂肪です。 更年期脂肪は内臓脂肪なので、比較的運動をすれば早く燃焼をして落ちやすい脂肪ではありますが、アラフィフ女性はなかなか運動をしないので、ぶくぶくと太ってくびれがなくなってきます。 更年期の体重増加は漢方でなんとかなる? 内臓脂肪と皮下脂肪がついて、どうにもこうにも痩せなくなった体。 一番いいのはちゃんと運動をして、筋肉をつけて脂肪を燃焼させて痩せること。 しかしながら、代謝機能が落ちているので、ちょっとやそっと運動したくらいでは痩せない。 実は更年期とか関係なく痩せにくい体になっているので、代謝を上手にあげる「何か」がないのか?と思うのが本音。 漢方の力でここはなんとかならないものでしょうか? 漢方のいいところ 漢方のいいところは、 病気とされていない未病と呼ばれる、原因がわからない体の不調や症状の改善もできるところです。 西洋医学で出されるお薬は、特定の症状に対処する即効性のある薬で、根本治療ではないので、薬をやめればまた症状が現れたり、他の副作用が出たりしてしまうのですが、 漢方薬はおだやかな作用で、体そのものを整えていくようなところがいいですね。 また漢方薬は一つだけの症状ではなく、複数の症状に効果があるところがいいところです。 飲む人の体格や年齢などに合わせて量や調合を変えるので、ぴったりと合えばよく効きますが、合わなければなかなかうまくいかない。 ぴったり合うまで調整するのが少し難しいところですね。 更年期太りを改善するには? 漢方の世界では、体の不調は、水、血、気のバランスが崩れた状態だと見ます。 水、血、気全てがうまく回っていれば病気することなく体調の良い状態ですが、それが崩れると不調が出てきます。 順調に回っているかどうかは、食べているものがちゃんと代謝されて、体を回って、排泄まできちんと行われているかどうかをみます。 食べ過ぎていないか?バランスよく栄養素が取れているか?むくみはないか?血色は良いか?排尿や排便はちゃんとされているか?ということ。 太り過ぎている状態も、やはり体の中で渋滞が起こっている証拠なので、整えていく必要がありますね。 更年期太りには、水太りと脂肪太りがある 脂肪太りの場合は、がっちりとしていて、食べ過ぎずにちゃんと運動をすれば太りません。 食べ過ぎて、便秘がちな人には、「防風通聖散」という漢方薬が処方されます。 あまり食べないのに太ってしまう人は水太りタイプ。 水分代謝がうまく行われず体の中に水を溜め込みます。 このタイプは冷え性があり、色白で血流も悪く、筋肉も少ない小太りタイプです。 このタイプの肥満には「防已黄耆湯」という漢方薬が使われます。 また更年期は、生理がなくなるので、血の流れも悪くなり一層ホルモンバランスが悪くなります。 それが自然の流れなので、無理やりホルモン治療はしないほうがよく、徐々にホルモンバランスが変わってきている体に自分を合わせていくほうが良いです。 停滞した血流をよくするには「桂枝茯苓丸」を使います。 外食が多く、生理不順や肩こりなどの症状がある人に向いています。 まとめ 更年期には、様々な不定愁訴が現れますが、そんな不快な症状も漢方薬で軽減します。 体重が減ることもそうですが、頭痛や肩こり、便秘、イライラ、のぼせなども一緒に軽減することができるのが漢方。 体に合うようにするには時間がかかることもありますが、体質自体を健康に変えていくことが目標なので、 少し長い目で見て最低4週間は飲み続けて様子を見ましょう。

次の

【女性・男性別】更年期太り・更年期脂肪の落とし方(食事・運動・サプリ)

更年期 太り 漢方

女性なら誰もが避けては通れない更年期。 今回は更年期を楽に乗り切るためのカラダの整え方とおすすめの漢方薬をご紹介します。 更年期は女性のカラダが大きく変動する時期 更年期は女性のカラダがとても大きく変動し、女性のカラダにとっては大きな転換期です。 しかし、ネガティブにとらえず、更年期は、新しいカラダに生まれ変わる「第二の人生のスタート」「青春の第二章」と考えてみるのはいかがですか? 漢方では、女性のカラダは7の倍数毎に大きく変化すると考えられています。 この時期は女性のカラダの要である卵巣の機能が大幅に衰え、それに伴い、女性にとってとても重要な女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。 季節の変わり目に風邪をひいたり、生理前のホルモン変化で体調を崩すなど、少しの変化でも揺さぶられてしまうほど繊細な女性のカラダにとって、更年期のこの変化はもはや嵐のようなものです。 そのため、多くの女性がこの変化について行けず、体調を崩し、さまざまなトラブルを起こしやすくなるのです。 一般的にこの時期に起こりやすいさまざまな不調を「更年期障害」や「更年期症状」と呼んでいます。 変化に対応できるかどうかは、あなたの体質が明暗を分ける!? しかし、すべての女性の更年期が辛いとは限りません。 とても辛い日々を過ごす人がいる一方で、大きな不調もなく楽に過ごす人がいるのも事実です。 このように個人差が大きいのも更年期障害の特徴です。 いったいこの違いはどこからくるのでしょう。 漢方では体質の違いが影響していると考えています。 漢方では、カラダは「気(き)」、「血(けつ)」、「水(すい)」の3つの柱で支えられていると考えられています。 (気血水について、詳しくは「」をご覧ください。 ) この気・血・水の3つの柱が太く頑丈であれば、風が吹こうが嵐が来ようが、揺らぐことはありません。 しかし、もしこの柱が傾いていたり、弱っていると、どうでしょう。 3つの柱の状態は一人一人違います。 この違いが体質の違いです。 柱の状態によって、更年期という嵐に耐えられるかどうかが決まります。 漢方では、それぞれの必要なものが不足している状態を「気虚(ききょ)」「血虚(けっきょ)」「津虚(しんきょ)」、また、流れが滞っている状態を「気滞(きたい)」「血瘀(けつお)」「水滞(すいたい)」と呼んでいます。 あなたはどのタイプ? で、さっそく診断してみましょう。 油断は禁物!時を追う毎に症状が変化する!? あなたの3本柱はいかがでしたか?いま大丈夫だったからといって油断は禁物です。 なぜなら、更年期は女性の一生の中でも3本柱がとても崩れやすい時期だからです。 更年期といわれる約10年の間、症状は一定なのではなく、年月と共に新たな症状がでたり、悪化したり、どんどん変化すると言われているのです。 初期 気の不調(気虚・気滞) 憂鬱やイライラなどの精神不安 顔が赤くなる、ほてり、のぼせなどの熱感 急な発汗(ホットフラッシュ)、頻尿など 中期 血の不調(血虚・血瘀) 動悸・息切れ、手足の冷え、手足の脱力感やしびれ、 不眠、焦燥感や不安感、高血圧、頭痛、頭重 月経の乱れなど 後期 水の不調(津虚・水滞) 悪心、嘔吐、めまい、耳鳴りなど いま症状が出ていなくても、加齢と共にこれから症状が出る可能性は大いにあります。 油断せず、いまの内から3本柱をしっかり整えておきましょう。 更年期を笑顔で乗り切ろう! 更年期の症状におすすめの漢方薬をご紹介 更年期を笑顔で乗り切るためには、気血水の3本柱がしっかりと整っていることが大切です。 柱の不具合が見つかったあなたは、いますぐしっかり修繕しましょう。 まずは生活習慣や食生活から改善しましょう。 (それぞれのアドバイスはを参考にしましょう。 )さらにしっかり整えたい!というあなたには漢方薬がおすすめです。 特に、更年期の初期では「気の柱」が崩れがちなので、「気の柱」を中心に整えてくれる漢方薬を選ぶと良いでしょう。 今回は更年期の初期におすすめの漢方薬を3つご紹介します。 乱れた気のバランスを整え、同時に過剰な熱を抑えてくれるため、イライラ、抑鬱などの精神不安を改善するだけでなく、のぼせやほてり、ホットフラッシュなどの熱症状も抑えてくれます。 また血(けつ)を補い、水の巡りを良くするなど、気血水全体を整える生薬がバランス良く配合されているのも加味逍遙散の魅力。 3本柱をしっかり整えてくれます。 更年期に限らず月経不順、月経困難症、不眠、冷え症など女性の主要な悩みに幅広く対応し、改善してくれます。 気を整え、鎮静してくれる生薬がしっかり配合されているため、不安感や恐怖感が強い、眠れないなど更年期の神経症に限らず、さまざまな神経症を改善します。 また動悸や不眠にも対応し、更年期に起こりやすい症状に幅広く対応します。 比較的体格の良い人におすすめの漢方薬です。 特に胃腸の弱いタイプにおすすめで、気と血を補う生薬がしっかり配合され、弱っている気血を整えてくれます。 不安感や悲哀感が強いなどの精神不安や神経症だけでなく、加味逍遙散同様、過剰な熱を抑える生薬も入っているため、イライラやほてりなどの熱の症状も改善してくれます。 また、貧血や寝つきが悪い、眠っても眠りが浅い、すぐ目が覚めるといった不眠症にも効果的。 幅広く改善してくれる漢方薬です。 生理時の悩みや更年期の症状、また便秘からおこる痔などの方に.

次の

【すぐできる】やせる漢方薬?! 防風通聖散の害とは・・・?? 【ダイエット漢方の真実】

更年期 太り 漢方

プレ更年期から更年期にかけてもっとも多いのは「水太り」なのだそうです。 30代後半から、基礎代謝が落ちるのですから、脂肪を燃やすエネルギーが不足して太りやすくなります。 さほど暑くなくても汗をかいて肌が湿っていたり、下半身に水分がたまりむくみやすかったり。 ひざに水が溜まり痛む方もいますよね。 特徴としては「軽い日枝や運動をしたわけでもないのに汗をじわっとかいている」というのが大きいです。 水太りタイプの方向けの漢方薬 水分代謝をよくしてくれるのが 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) 胃腸の働きを整え代謝を上げるには 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。 ストレスで食べ過ぎてしまう方向けの漢方薬 ストレス。 更年期じゃなくてもたまってる人は多いですよね。 ストレスからどか食いしてしまう人、甘いものを食べてしまう人。 固太りタイプの方には 大柴胡湯(だいさいことう) そうではない方は 抑肝散(よくかんさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、抑肝散化陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ) などがよいでしょう。 私は固太りタイプなので大柴胡湯です・・・あなたはどうですか? 代謝アップできる漢方薬 体脂肪を落とす!と呼ばれる製品は数限りなく販売されていますが 漢方薬だと 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)がよいようです。 ただし、これは便秘気味な方向けでもあるので、お通じがきちんとある方は 便がゆるくなるということがあります。 腹痛や下痢、寒気を感じたら体質と合っていないので 飲むことは中止してくださいね。

次の