Zoom インターネット 接続 が 不 安定 です。 ネットの回線速度が不安定な原因7選|安定しない回線の改善方法も

無線LANがつながらない、時々切れる、不安定になる パソコン初心者講座

Zoom インターネット 接続 が 不 安定 です

無線LANルーターやONUの不具合• スマホやタブレットなどの不具合• 無線LANルーターとデバイスが離れている• 無線LANルーターやデバイスの近くに家電がある• モバイルルーター・ホームルーターの置き場所が悪い 可能性が高い原因は周辺機器やデバイスの不具合ですが、接続状態の調子が悪いときは他の原因も考えられると認識しておきたいところです。 無線LANルーター・回線終端装置(ONU)の不具合 もっとも考えられる原因は、無線LANルーターや回線終端装置(以下、ONU)に起きている不具合です。 無線LANルーターとONUにはアクセスログ、いわゆる操作の履歴が記録されるようになっています。 インターネットを使うほどアクセスログが蓄積される仕組みとなっており、アクセスログのデータが膨大になるとルーターやONUがアクセスログに圧迫されて正常に動作しなくなり不具合を招きます。 アクセスログの蓄積によるルーターやONUの不具合はどんなネット環境でも起こり得るので、最も可能性が高い原因といえるでしょう。 スマホやタブレット・パソコンの不具合 Wi-Fiにつないでいるスマホやタブレット、パソコンにもアクセスログが蓄積されるので、ルーターやONUと同様に長く使っていると不具合が起きやすくなります。 スマホやタブレットなどのデバイスはインターネット以外の用途(カメラの利用やカメラで撮った写真の閲覧など)でも利用するので、ルーターやONUよりも不具合を起こす可能性は高いです。 無線LANルーターとデバイスの距離が遠い Wi-Fiを使ってインターネット接続をする場合、無線LANルーターとデバイスの距離が遠くないかもチェックしておきたいところです。 無線LANルーターがWi-Fiを飛ばせる距離は限界があるので、ルーターとデバイスの距離が離れているとWi-Fiのつながりが悪くなり、インターネット接続の調子が不安定になります。 デバイスの画面に表示されている扇マークの線が少ないのであれば、ルーターとデバイスの距離が遠いと考えてください。 無線LANルーターやデバイスの近くに電子機器がある 無線LANルーターかデバイスの近くにテレビや電子レンジなどの家電があるかも確認してみてください。 無線LANルーターが飛ばすWi-Fiは家電で用いられている電磁波の周波数帯が同じなので、ルーターやデバイスの近くにテレビや電子レンジがあるとWi-Fiと電磁波が干渉して接続状態が悪くなりやすいです。 モバイルルーター・ホームルーターを使っている場合は電波の入りが悪い可能性が WiMAXなどが提供しているモバイルルーターやホームルーターを設置して無線でのインターネット接続を行っている場合、電波の入りにくさも原因の一つです。 モバイルルーターやホームルーターでは基地局から飛んでいる電波を利用するので、電波が入りにくい場所に端末を置いていると接続の調子が悪くなります。 WiMAXの電波は特に屋内や周りに建物がある場所では電波が入りにくいので注意が必要です。 インターネット接続が不安定になったときの対処法:無線編 先ほどご紹介した原因を踏まえると、インターネット接続が不安定なときの対処法は4つです。 インターネット接続が不安定になる原因は周辺機器やデバイスの不具合だからです。 周辺機器やデバイスの不具合はアクセスログの蓄積で起きますが、再起動させるとアクセスログが消去されて正常に動作するようになります。 周辺機器やデバイスの再起動をするだけでインターネット接続が安定することは多いです。 デバイスのブラウザや動画再生アプリだけを再起動させて通信状態が改善するパターンも珍しくありません。 無線LANルーターの買い換えか中継器の導入 無線LANルーターとデバイスの距離が遠くてWi-Fiのつながりが悪い場合、ルーターの買い換えか中継器の利用を検討する必要があります。 先ほど無線LANルーターがWi-Fiを飛ばせる範囲には限りがあるとご説明しましたが、発信範囲は機種ごとに違います。 より広範囲にWi-Fiを発信できるルーターに買い換えれば、ルーターから離れた場所でもインターネットの接続状態が安定するようになります。 Wi-Fiを発信できる範囲の目安はルーターのパッケージやメーカーの公式サイト、Amazonなどの通販サイトの販売ページに記載されています。 引用元: 使用中の無線LANルーターが故障している可能性もあるので、ルーターとデバイスの距離が遠くなくても買い換えは視野に入れておきましょう。 中継器の利用も選択肢の一つです。 中継器は無線LANルーターが飛ばしているWi-Fiを中継して、無線でのインターネット接続が可能になる範囲を広げてくれます。 引用元: 当サイトにはおすすめの無線LANルーターや中継器を紹介している記事もあるので、ぜひ参考にご覧ください。 Wi-Fiの周波数帯を5GHzに変える テレビや電子レンジなどの電磁波が原因でインターネット接続が安定しないと考えられるのなら、利用するWi-Fiの周波数帯を5GHzに変えてみましょう。 Wi-Fiの周波数帯には2. 4GHzと5GHzの2種類がありますが、5GHzは家電では使われていないので干渉の心配がありません。 ほとんどの無線LANルーターは2. 4GHzと5GHzどちらのWi-Fiも同時に飛ばしていて、Wi-Fiへ接続するときに選ぶSSIDを変えるだけで切り替えが可能です。 ただ、選ぶべきSSIDはルーターの種類ごとに違います。 SSIDの末尾が「2G」や「5G」と記載されているルーターを利用している場合、末尾が5GのWi-Fiへ接続します。 末尾が「g,a,gw,aw」のどれかであるルーターを利用している場合、末尾がaかawのSSIDを選択してください。 ただ、5GHzは2GHzと比べると発信範囲が狭いので、状況次第では中継器が必要になります。 無線LANルーターや家電の置き場所を見直す 無線LANルーターや家電を置く場所を変えてみるのも方法の一つです。 無線LANルーターや家電の置き場所を変えると、Wi-Fiと家電の電磁波との干渉を避けられる可能性があります。 ルーターの置き場所の変更はモバイルルーターやホームルーターでも活用できる方法なので、WiMAXやソフトバンクエアーを使っている人も試してみましょう。 モバイルルーターやホームルーターには屋内で電波が入りにくい欠点がありますが、窓際に置くと電波が入りやすくなって接続の安定性が向上します。 インターネット接続が不安定になる原因:有線編 無線よりも安定性が高い有線接続を利用している場合でも、インターネットの通信状態が不安定になる可能性があります。 ルーターやONU、デバイスの不具合 有線接続でも無線と同様に周辺機器やデバイスの不具合である可能性が高いです。 有線でインターネットに接続しているときもアクセスログが溜まり、蓄積されすぎると不具合が起きて通信が不安定になります。 LANケーブルの性能不足 利用しているLANケーブルの性能が低いせいで通信状態が安定しなくなるパターンもあります。 通信状態はLANケーブルの対応規格や線の形状でも左右されるので、意外と見落とせないポイントです。 最悪の場合だとLANケーブルの断線、故障も考えられます。 インターネット接続が不安定になったときの対処法:有線編 有線接続でのインターネット通信が安定しない場合も基本の対処法は再起動ですが、LANケーブルの買い換えが必要な可能性もあります。 有線接続でも周辺機器とデバイスの再起動を最初に試す 有線接続を利用している場合でも、通信状態が不安定なときは周辺機器とデバイスの再起動が最初に試すべき対処法です。 周辺機器とデバイスの不具合は有線接続でも起こりやすいからです。 有線と無線のどちらを使っている場合も、基本は最初に再起動と考えましょう。 LANケーブルを買い換える LANケーブルを買い換えも検討しておきたい対処法です。 LANケーブルの形状にはスタンダードとスリム(極細)、フラットの3種類がありますが、スリムやフラットはノイズとなる電磁波を拾いやすく通信状態が不安定になる可能性があります。 引用元: 有線接続の通信状態を安定させたいのならスタンダードのLANケーブルがおすすめです。 スタンダードは線が太いのでノイズを拾いにくく、通信状態が安定しやすい形状といえます。 通信速度の速さを求めるなら、LANケーブルの対応規格もチェックして買い換えを検討してみましょう。 LANケーブルの対応規格は6種類あります。 規格 最大通信速度 伝送帯域 CAT8 40Gbps 2000MHz CAT7 10Gbps 600MHz CAT6A 10Gbps 500MHz CAT6 1Gbps 250MHz CAT5e 1Gbps 100MHz CAT5 100Mbps 100MHz 光回線とモバイル回線のどちらを利用していても、CAT5e以上に対応したLANケーブルを使いたいところです。 CAT5e以上の規格は最大通信速度が1Gbps以上なので、現在主流の高速回線の性能をいかんなく発揮できます。 インターネット接続が不安定になったときの原因と対処法:無線と有線共通 無線と有線のどちらを使っている場合も、他の対処法を試しても状況が改善しないのであれば回線やプロバイダ側で通信障害が起きていないかを確認してみましょう。

次の

【保存版】Zoomアプリのメリットとデメリットを徹底的に調べました。

Zoom インターネット 接続 が 不 安定 です

パソコンは気分屋!ご機嫌斜めな原因を探ろう パソコンは、さまざまなソフトウェアや周辺機器が複雑に支え合ってひとつのシステムを作り上げている電子機器です。 そのため、何かひとつに異常が発生すると、途端に動かなくなったり、動作が安定しなくなってしまいます。 インターネット接続が不安定になるトラブルも、想定される原因はさまざまです。 ソフト的な異常なのか、ハードのどこかに不具合が出ているのか、特定しないことには解決も始まりません。 非常に気分屋なパソコンをうまく付き合っていくためにも、まずは何がパソコンの機嫌を損ねているのかを確認し、適切な対処を考えてみましょう。 モデムやルーターに異常が起こっているかも? パソコンでインターネットを利用するにあたって必要になる「 モデム」や「 ルーター」といった周辺機器に異常が起こっていると、当然ですがインターネット接続は不安定になります。 そもそもモデムやルーターが何のことかわからない、という方もいるかもしれないので、それぞれの簡単な説明と異常への対処方法を以下にまとめました。 基本的に、その場でできる対処はモデムやルーターの「 再起動」になります。 モデム(回線終端装置) モデム(回線終端装置)とは モデムはパソコンのデータをネット用の信号に変換する装置のことであり、簡単にいうとパソコンと インターネットの世界をつなぐ玄関口となる機器です。 モデムに異常が発生していると、ネット上のデータをパソコンで見られるよう変換することができなくなり、インターネット接続が不安定になります。 なお電話回線でインターネットをおこなっていた時代、モデムは各パソコンに直接接続することが多く、内蔵されているものもありました。 しかし光回線などの整備にともない、今では次に取り上げるルーターとつなぐことが多くなっています。 それにともない、モデムのことを「回線終端装置」、とくに光回線の場合「光終端装置」と表現する場合がほとんどです。 モデム(回線終端装置)の再起動方法 モデム(回線終端装置)に電源スイッチがある場合は、一度オフにしてからオンにすることで再起動できます。 スイッチがない場合は、電源プラグを抜いてもう一度挿しなおすことでも再起動可能です。 ルーター ルーターとは ルーターは、モデムとパソコンの間に設置して、複数の機器でネットが使えるようにするための装置です。 パソコンを1台だけ有線接続するのであれば、ルーターは必要ありません。 逆に、複数のパソコンを使ったり無線やWifiで接続したいのであれば、有線ルーターや無線LANルーターを使う必要があります。 ルーターの再起動方法 パソコン側からルーターの内部システムにアクセスする方法があれば ルーターの取り扱い説明書に記載されています 、パソコン側からルーターを操作して再起動しましょう。 アクセスが難しい場合は、モデムと同様にルーター本体の電源スイッチや電源プラグを抜いて再起動が可能です。 モデムやルーターの異常がシステム的なものであれば、 再起動をかけることでシステムが初期化され、異常も修復される可能性があります。 おそらくその場でできる対処としてはもっとも簡単で効果の高い方法といえるでしょう。 いずれの場合も、電源を切った段階ではまだモデムやルーター内に電気が残っていて動いています。 電源を切ってから10分程度待って、完全に機器が停止してから起動するようにしましょう。 セキュリティソフトが接続を妨害している可能性 セキュリティソフトはインターネットの通信状況を監視し、危険な情報を遮断することでパソコンをウィルスから守る ファイヤーウォール機能が備わっています。 このファイヤーウォール機能が、何かのきっかけでエラーを起こしてインターネットを不安定にさせてしまう場合があるのです。 ファイヤーウォールがネットへの接続を妨害している場合は、セキュリティソフトをしばらくの間無効にすると解決することがあります。 セキュリティソフトを無効にしてインターネットの回線状況が回復したのであれば、ファイヤーウォールの設定を見直して不安定さを改善させることができます。 セキュリティソフトを無効化する方法はソフトによって違いますので、お使いのソフトの取り扱い説明書を確認しておきましょう。 電波は障害物で途切れる!無線LANの配置や環境を確認しよう 無線LAN Wi-Fi接続 は、わずらわしいケーブル配線をおこなうことなく、家のどこにいてもインターネットに接続できる便利なシステムです。 しかし、通信に電波をつかうため、電波状況によってはインターネットが不安定になるという難点もあります。 以下に、無線LANが原因で起こるネットの接続不良とその対処法をまとめました。 無線ルーターのファームウェアが更新されていない ファームウェアとは、電子機器を制御するために内蔵されているソフトウェアのことです。 古いファームウェアを使い続けているとパソコン本体のシステムと相性が悪くなってインターネットが不安定になってしまうことがあります。 無線ルーターのファームウェアが最新のものになっていない場合は、手動で更新をおこなっておきましょう。 無線ルーターとパソコンの間に障害物がある 無線LANの電波はある程度障害物を回り込む性質がありますが、 分厚い壁や扉を隔てた隣の部屋には届かないことがあります。 また、パソコンとルーターが1階と2階に分かれている場合も、電波が届きづらくインターネットが不安定になることがあります。 ルーターとパソコンとの間にはできるかぎり障害物がないように家具を配置し、ルーターのある部屋でパソコンを使うのがベストです。 別の部屋でネット接続をしたい場合は、無線LANの電波を中継する「中継器」や「PLC」といった機器を併用するのがよいでしょう。 アンテナ付きの無線LANルーターの場合は、アンテナの向いている方向を調節してみるのもよいかもしれません。 カーテンなどの柔らかいものは電波を吸収してしまうので、カーテンと逆方向にアンテナを向けるだけでも電波状況が良くなることがあります。 他の電子機器が発する電波と干渉している 無線LANによるネット接続が広く普及している関係で、たとえば 隣の家の無線LANルーターが発する電波と自分のルーターの電波が干渉してしまっているというケースも少なくなくなりました。 ほかにも、電子レンジのなかには無線LANと似た波長の電波を発するものがあり、付近で電子レンジを動かしているときのみインターネットが不安定になるということもあります。 無線LANは有線ケーブルという 「データの通り道」が確保されていないため、さまざまなものに影響をうけます。 何が電波を妨害しているかを特定し、無線が届きやすい環境づくりを考えてみましょう。 メモリ不足でもインターネットは不安定に!余計なソフトは終了しよう パソコンが一度にどれだけの数のソフトを扱えるかを示す性能が、「メモリ」と呼ばれるものです。 インターネットの接続もメモリを使っておこなわれるので、何種類ものソフトを同時に起動していると、メモリが不足してインターネットが不安定になることがあります。 使っていないソフトは終了してメモリに余裕をもたせることで、結果的にインターネット接続が安定するかもしれません。 パソコンは起動し続けているとメモリを消費していくので、定期的にパソコン自体を再起動してメモリの負荷を軽減することも大切です。 まとめ 回線をつないでいるモデムやルーター、回線を守っているセキュリティソフト、無線LANやメモリ不足など、原因がわかれば対処できる問題がほとんどです。 今回ご紹介させていただいた原因に当てはまるかを確認して、インターネットの不安定さを解消してください。 どうしても改善しないようでしたらインターネット回線のプロに依頼してみてもいいでしょう。 パソコン修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年11月02日に加筆・修正しています).

次の

J:COMの回線で、Zoomが不安定になる理由

Zoom インターネット 接続 が 不 安定 です

J:COMの回線を使ってZoomをしていると、「インターネット回線が不安定です」というメッセージが出て、自分の映像がカクカクしたり、止まってしまうことがあります。 J:COMは、インターネット回線速度が、320Mbpsと、かなり速いはずなのになぜでしょう? J:COMって、全国にあるんですね。 専用チャンネルがあり、契約によっては、37チャンネルや89チャンネルが見放題。 映画やテレビが好きな人には、なかなか魅力的なサービスだと思います。 そして、J:COMの回線速度は、最速のプランで、320Mbpsと謳っています。 もちろんこれは、理論値なので、実測ではそこまで速くはないでしょうが、それでも充分な速さです。 ところが、J:COMでインターネットに繋いで、Zoomをしていると、「インターネット回線が不安定です」というメッセージが出て、自分の動きがカクカクしたり止まったりしてしまうことがあります。 320Mbpsでは足りないのか?といえば、そんなことはありません。 Zoomは、20Mbpsも出ていれば、安定して使えます。 実は、 J:COMの320Mbpsは、ダウンロードの速さです。 J:COMは、たくさんの映画やテレビ番組などのコンテンツを提供することを売りにしているわけですから、それらのコンテンツをスムーズにダウンロードして見ることができればいいのです。 ところが、反対に、アップロードの速度が異様に遅いんです。 J:COMでつながっているWifi環境で、調べてみた結果が以下の通り。 ダウンロードは、 104. 52Mbpsと充分な速度ですが、アップロードの速度が、 9. 76Mbpsです。 J:COMでつないだときに、Zoomで自分の動きが不安定になるのは、これが原因です。 他の参加者の映像を見たり音声を聞くのは「ダウンロード」ですから問題ありません。 自分の映像や音声を送るときには「アップロード」ですから、このスピードではギリギリです。 ちなみに、私が契約しているNURO光では、こんな数字が出ます。 爆速な上に、ダウンロードとアップロードのバランスが取れています。 私もNURO光のCMを見たときには、 と思い、半信半疑で契約したのですが、実測してみて目を疑いました! Zoomのクラウドに録画した3時間のセミナー動画も1分~2分でダウンロードできてしまいます。 セミナーをするたびにZoomのクラウドから動画をダウンロードするので、今は、NURO光じゃないと仕事にならないと感じています。 J:COMでは、320Mbpsのプランで、月額 6,180円ですが、NURO光もちょうど同じくらいです。 J:COMを使っていて不安定だと感じているなら、世界最速、安定性抜群のNURO光を検討するのも有りだと思います。 世界最速のインターネット回線、気になる方はどうぞ!•

次の