ご 了解 いただき。 「ご快諾」の意味とビジネスでの使い方、「ご承諾」との違い、例文、類語、英語

「頂く」と「いただく」はどちらが正しい?使い方や類語も解説

ご 了解 いただき

「ご快諾」の意味と敬語 「ご快諾」の読み方は「ごかいだく」 「ご快諾」の読み方は「ごかいだく」となります。 「ご快諾」の意味は「気持ちよく相手の申し出や頼みを聞き入れること」 「快諾」の意味は「気持ちよく相手の申し出や頼みを聞き入れること」です。 「快諾」の「快」は「こころよく」という意味です。 「諾」は「う」と読み、「うん」の語源です。 「諾」は「うべなう」=「承諾する」の意味があります。 「快諾」はビジネスシーンなどで使用する堅い語で、「快諾を得る」などの形で使います。 「ご」は敬語の接頭語で、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなる 「ご快諾」の「ご」は敬語を表す接頭語です。 接頭語「ご」は、修飾する動詞が誰の行為なのかによって、尊敬語(目上の人の行為にうやまう)、謙譲語(目上の人に対する自分の行為をへりくだる)、丁寧語(ただモノコトを丁寧にいう)のどれにでもなります。 謙譲語「ご」は他の謙譲語と組み合わせて、1つの謙譲表現とすることが多いです。 例えば「ご快諾いただく」などがあります。 これを二重敬語という人もいますが、この形で慣習的に広く使われているので、セットとして1つの謙譲表現なんだと把握しておけばよいでしょう。

次の

敬語の使い方について質問です。目上の方に返事をする場合について...

ご 了解 いただき

Weblio公式 提案や依頼に対して 肯定的に返答する場合、日本語なら「」「了解です」のように返答しますね。 承諾や了承の意思を示す表現です。 対応する英語フレーズとしてはまず が思い浮かびます。 英語の O. も幅広い場面で使える便利表現ではありますが、それだけに何がどうOKなのか今ひとつ曖昧になりがちな表現でもあります。 表現そのものが幾分カジュアルであり、目上に人に対して使える表現でもありません。 英語における提案や依頼に対する肯定的な返答には、場面に応じた適切な返答フレーズがあります。 日本語だとどれも「わかりました」「」「承知しました」のように訳せてしまう言い方ですが、英語フレーズでは意味するところが違います。 フレーズそのものはどれも短くてシンプルです。 「場合に応じて承諾フレーズを使い分ける」という部分に意識が向けば、難なく使いこなせるはずです。 「理解」を伝える「わかりました」 軽い返事だけでは、相手の言ったことを自分がちゃんと理解している、ということが伝えられないことがあります。 さっと確認しただけでなく、「頭で理解した」ことを伝えるにはもう少し表現を工夫します。 I understand. その場の返事としての「了解」「」ではなく、「理解した」「内容をきちんと読んだ」「あなたの言っていることは適切に伝わっている」ということを伝えたいときは「理解する」= を使い、 I understand. と答えます。 メールなどの文面では「何が分かったのか」を understand の後に続け、自分が理解している内容を明確に伝えましょう。 理解した、というと日本語では過去形ですが、英語では I understood. と過去形にするのではなく、「今」理解しているという「状態」を示すため現在形を使います。 I understood. は「過去に理解していた」ということになるので過去の事を語るときのみに使われます。 Understood. の略で、受動態の understand を使って「その件は(個人・団体に)理解されている」という意味になります。 Can you buy bread on the way home? コピー 家に帰るときパンを買ってきてくれない? All right. 注文などを「承りました」というときや、クレームなどの対応で「今後そのようにいたします」という気持ちを伝えるときには、これらの表現を使うことで「これから行動する意思」が伝わりよりわかりやすくなります。 少しフォーマルな表現です。 receive (受け取る)は (注文)や (要求)などを「承諾した」という意味で使われます。 「きちんと受け取った」事実を伝えることで、「これから行動にうつる」ことが含意されます。

次の

「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

ご 了解 いただき

ビジネスシーンにおいて、「了解」という言葉をよく耳にすることもあるでしょう。 「了解」とは、相手の言うことを受け入れたりもしくは許したりする意味を持った言葉になります。 この言葉で使用されている 「了」と「解」には、どちらも「よくわかる」さらには「悟る」を意味する漢字が使用されています。 物事に対する内容もしくは事情をはっきり理解するだけでなく、言葉の意味がわかるときにも用いられますよ。 基本的には、何か言われて受け入れたときに「了解しました」と言うことが多いです。 ちなみに似たような「わかる」を意味する言葉として、「了承」「承諾」などの言葉が挙げられます。 「了解」は、「わかりました」の敬語なのか? 「了承」以外の類語として挙げられるのが「理解」。 「理解」には、「物事の道理もしくは理屈などが正確にわかるということ」そして「事情を受け入れること」といった意味を持っています。 「ご理解ください」という言葉は、ビジネスマンとして普段働いているとよく耳にするかもしれません。 基本的には「わかってください」もしくは「察してください」といった意味を持つ類語。 あまり丁寧さを感じない人も多いので、取引先相手などには使用しないことをおすすめします。 ビジネスシーンで使用したい場合は、「ご理解くださいますようお願いいたします」などがおすすめ。 イメージしづらい人は、下記の例文を参考にしてみましょう。 「理解」の使い方.

次の