鍋谷 友 理枝 めがね。 鍋谷友理枝の高校や中学は?目が大きいのは病気のせい!?両親がすごい人!

鍋谷 友理枝の目は夏菜に似ている?バセドウ病なのか?

鍋谷 友 理枝 めがね

名前 :鍋谷 友理枝(なべやゆりえ) 生年月日 :1993年12月15日 出身地 :神奈川県川崎市 身長 :176cm 所属 :デンソー・エアリービーズ ポジション:ウイングスパイカー 利き手 :右 出身高校 :東九州龍谷高校 鍋谷選手は小学校からバレーを初め、高校はバレーの強豪の 東九州龍谷高校に進学しました。 キャプテンを務めた3年生の春の高校バレーではチームを優勝へ導き、 MVPを獲得しました。 鍋谷選手がゴーグルをつけ始めたのは 2019年5月のこと。 鍋谷は4月末の合宿中に至近距離から右目に球を受け、 「網膜震とう症」と診断を受けた。 全治は1か月とされたが、今大会は 予防のためゴーグルを着用して出場する。 引用: 強烈なスパイクをブロックするポジションの鍋谷選手。 合宿中ではあるものの、 右目にボールが当たってしまいました。 鍋谷選手が診断された『網膜震とう症』とは、 目を強くぶつける事によって網膜が白く濁ってしまう病気です。 視力が落ちたり、かすんで見えてしまいます。 通常は1週間で回復します。 しかし また当たってしまったら悪化する恐れがあるため、 医師の勧めから 予防としてゴーグルをつけるようになりました。 楽天で購入 ブランドの SWANSは スポーツ用のアイウェアのトップメーカーで、 スキーなどのゴーグルが有名です。 値段は 12,150円ですが、鍋谷選手の場合は 「衝撃に強く割れにくいポリカレンズ」を使っていると思われます。 追加料金で12,960円かかり、 合計25,110円だと思います。 6階建てビルから重りを付け衝突させる• 6トンの商用車で轢く という実験をしました。 割れるどころか、 僅かしか傷をつけられなかったそうです。 また、時速144㎞のボールを当てても壊れませんでした。 女子バレーのスパイクは 時速100㎞。 実験で使われたのはゴム質のボールでしたが、もし バレーのスパイクが当たってもレンズが割れるようなことはないと思います。 目にこれ以上ダメージが当たらないような最大限のサポートですね! 鍋谷友理枝選手にゴーグル効果?競技パフォーマンス向上 まるで 「ゴーグル効果?」と思わせるような活躍を、鍋谷選手がしていたことがわかりました。 鍋谷選手が国際大会でMVP選出 鍋谷選手がゴーグルをしたのが 2019年5月の合宿での怪我が原因です。 その直後に行われた モントルーマスターズ国際大会から、鍋谷選手はゴーグルをつけ始めました。 結果は 日本代表チームは準優勝でしたが、 鍋谷選手はチームトップの15点を挙げて 最優秀選手 に選ばれました。 鍋谷選手を途中投入でゲームを立て直し、みごと 逆転勝利しました。 最前列の左に座って、みんなからの祝福を受けているのが 鍋谷選手です。 そんな功績もあって2019年6月17日から、鍋谷選手は自身が所属する 『デンソー』の新キャプテンに就任しました。 2019年度になり目の怪我のアクシデント。 しかし ゴーグルをつけて完全復活しました。 ゴーグルで、 目の心配をすることなくプレーに集中できるのだと思います。 スポンサーリンク 鍋谷友理枝選手の他にもゴーグルをしてる選手がいた! 鍋谷選手のほかにもゴーグルをしている選手がいました。 試合をみていると 他にもゴーグルをしている選手がいるかもしれません。 鍋谷選手の付けている 『SWANS』のゴーグルのでも、 ライフセーバーの方が「欠かせないアイテム」だと紹介していました。 色んなスポーツ選手にとって、ゴーグルが競技のパフォーマンス向上になくてはならないものということですね。 黒後愛選手のワールドカップバレー欠場の理由が気になる方はこちらからどうぞ.

次の

鍋谷友理枝(全日本女子バレー)の怪我の具合や目はバセドウ病なの?高校時代の画像で検証!

鍋谷 友 理枝 めがね

鍋谷友理枝選手といえば、前女子バレー監督あった真鍋さんの時から安定して代表メンバーとして出場。 リオデジャネイロオリンピックやグラチャンバレーでも、ここぞという時にピンチサーバーとして投入され、何度も試合の流れを日本側に引き寄せた立役者です。 しかし、2018年のネーションズリーグ代表メンバーに彼女の名前がないような。。。 本名:鍋谷友理枝(なべやゆりえ)• 生年月日:1993年12月15日• 年齢:24歳(2018年10月現在)• 出身地:神奈川県川崎市• 身長:176cm• 体重:55kg• 所属チーム:デンソー・エアリービーズ• スパイク:302cm• ブロック:288cm• 利き手:右• 鍋谷選手は代表落ちしていません。 初戦のアメリカ戦にスタメン出場していないだけです。 でもどうやら怪我をしているという情報も入っています。 どこをどれくらい怪我しているのかは分かりませんが、今まで大きな怪我はなかっただけにちょっと心配ですね。 中田久美監督は将来を有望視されている若手選手を今回のネーションズリーグで多用し、経験を積ませチームレベルの底上げも考えているようです。 今年2018年にはネーションズリーグ、アジア大会、世界選手権という大きな世界大会が3つもあります。 これを期に、若手選手をシニアの国際大会へ出場させ、将来的には2020年の東京オリンピックのためにチーム層を厚くしようとしているのです。 また、この3大会はわずか5ヶ月あまりの期間に集中しており、長期の海外遠征で疲れから怪我や故障などから選手を守るためとも考えられます。 実際、2018年に全日本女子バレーメンバーに登録された選手は、2017年より3名多く登録されています。 シニア国際大会の経験がない新メンバーのウイングスパイカーで、今回代表に選出されたのは井上 愛里沙(いのうえありさ)選手と、黒後愛(くろごあい)選手。 2人とも器用な選手なので、これからどんどん強豪の海外選手との試合経験を積んでいけば面白い選手になるでしょう。 もちろん、鍋谷友理枝選手もまだまだ若いので今後の成長が楽しみです。 なお、全日本女子登録メンバーは以下のとおりです。 現時点では世界バレーまで下記メンバーがしのぎを削って代表の座を争っています。

次の

女子バレー鍋谷友理枝の目が夏菜やエジルに似てる?かわいいのは父親譲り?

鍋谷 友 理枝 めがね

鍋谷友理枝の経歴・プロフィール まずはプロフィールのご紹介です。 【読み方】なべや ゆりえ 【ニックネーム】レイ 【生年月日】1993年12月15日 【出身地】神奈川県川崎市 【身長】176cm 【体重】55kg 【血液型】 【出身校】 ・小野学園小学校 ・淑徳SC中学校 ・東九州龍谷高等学校 【所属】デンソー・エアリービーズ(2011年-) 【ポジション】WS(ウイングスパイカー) 【背番号】15 【指高】224cm 【最高到達点】 スパイク:302cm ブロック:288cm 2016年現在でまだ23歳と若い鍋谷友理枝選手。 バレーを始めたのは小学生3年生の時だったようです。 実は両親が共に青山学院大学出身で、父親は実業団で活躍、母親も春高バレーに出場するなどしており、バレーボール一家のサラブレッドとして生まれたのが鍋谷友理枝選手でした。 この環境で育てばバレーを始めるのは必然だったと言えますね。 東九州龍谷高等学校では、1年生の時からレギュラーとして活躍していたようです。 この高校の女子バレーボール部は全国でも有名な強豪チームだったので、鍋谷友理枝選手はすでにこの頃から頭角を表していたのがわかりますね。 3年生の時には[第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会」で主将として優勝も経験しております。 このとき、 鍋谷友理枝選手自身もMVPを受賞し、名実ともに高校女子バレーボール界を代表するアタッカーとなりました。 2011年に「デンソー・エアリービーズ」に入団。 2012年には若干18歳にして日本代表にも選ばれるなど、まさに順風満帆のバレー人生も歩んでいる鍋谷友理枝選手です。 鍋谷友理枝の目は夏菜やサッカー選手のエジルに似てる? Sponsored Links そんな鍋谷友理枝選手ですが、実力のあるプレーとは別に、目元や輪郭などが日本の女優や海外のサッカー選手に似ていることでも話題になっております。 その似ているとされる女優は「夏菜」、サッカー選手はドイツ代表の「メスト・エジル」です。 どれくらい似ているのか2人を画像で比較してみました。 夏菜 角度の具合もあるかもしれませんが、結構似ていますよね? どちらも本当にかわいいとい思います。 エジル こちらもこうやって画像を並べて比較するとよく似ていますね。 男性と似ていると言われると鍋谷友理枝選手ご本人は良い気がしないかもしれませんが、エジル選手はあのレアルマドリードに在籍していたこともある、サッカー界では超有名な選手です。 イケメン選手としてもサッカーファンから絶大な人気のある選手ですので、 世間が言う似ているというのは、良い意味で似ていると捉えていいでしょう。 夏菜のようにかわいらしく見えるときや、エジルのように精悍な顔つきに見えるときもあって、色んな表情を持つ側面が鍋谷友理枝選手の魅力の一つなのかもしれませんね。 鍋谷友理枝がかわいいのは父親似だから? かわいい鍋谷友理枝選手ですが、ご両親には似ているのでしょうか? こちらはお父さんの「鍋谷昌道」さんの高校生時代の写真です。 少しお顔が遠いですが、やっぱりなんとなく似ていますね。 鍋谷友理枝選手の顔立ちが良いのはお父さん譲りなのでしょう。 お父さんは高校・実業団でもかなり活躍していたそうです。 ちなみにデンソーで鍋谷友理枝選手のチームメイトである 「大竹里歩」選手は、中学生からの同級生で、親同士も仲が良いことでも知られております。 その親同士も実業団のチームメイトだったそうで、大竹里歩の父親大竹秀之さんに至っては、1992年のバルセロナ五輪男子代表にも選ばれた実力者でした。 親子そろってすごいバレーボール家系ですね。 まとめ 目前に迫ったリオ五輪ではメダルの期待がかかる女子バレーボールの日本代表。 その代表12人の中に選ばれた鍋谷友理枝選手にも大きな期待がかかっております。 リオ五輪はもちろん、その先の東京五輪も見据えたプレーでチームをグイグイ引っ張っていってほしいものです。 女子バレー代表山口舞選手の太ももや忍者のような動きがスゴイ?!.

次の