れん つかさ。 トレンディエンジェル

蓮つかさ苦笑い 初の新公主役あいさつかみまくり

れん つかさ

蓮つかさ(れんつかさ、10月25日)は宝塚歌劇団97期生の男役タカラジェンヌ。 芸名は周囲の知恵を借り、家族で考えた〔3〕。 愛称は本名から「この、このちゃん」、芸名から「れんこん」。 身長は171㎝。 出身地は宮城県大崎市。 出身校は宮城県古川高校。 趣味はショッピング、旅行〔3〕。 集めている品はアクセサリー、星柄の物、癒しグッズ、帽子〔3〕。 好きな花はバラ〔3〕。 好きな色は水色、青、ゴールド〔3〕。 好きな食べ物は果物、スイーツ(チーズケーキ)、牛タン〔3〕。 宝塚時代 好きだった役は「ルパン」新人公演のドナルド・ドースン、「1789」の兵士1〔3〕。 演じてみたい役は様々な役〔3〕。 2009年に宝塚音楽学校に入学。 2012年に月組に配属される。 2013年に大崎市の「おおさき宝大使」を委嘱される。 2014年に「PUCK」の新人公演でライオネル・ジャスパー役を務める。 2015年に「1789 -バスティーユの恋人たち-」の新人公演でマクシミリアン・ロべスピエール役、「舞音-MANON-」の新人公演でクリストフ・モラン役を務める。 2016年に「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」の新人公演で足利義昭役を務め、凪七瑠海ディナーショー「Evolution! 」に出演。 2017年に「グランドホテル」の新人公演でラファエラ・オッタニオ役、「All for One」でパスカル役と新人公演初主演、「鳳凰伝」でゼリム役を務める。 入団前 東日本大震災で被災〔2〕。 高校生の頃に「ミス日本宮城代表」に選ばれた〔4〕。 主演・エトワール ・新人公演1回 「All for One」(初主演) 情報ソース 1、大崎市ホームページ 2、「第97期生34人が初舞台!ラインダンスに登場」 スポニチアネックス 3、宝塚おとめ 2011年度版~ 4、「オシエテ 58」 TAKARAZUKA SKY STAGE.

次の

味処 つかさ(那珂・東海村/居酒屋)

れん つかさ

蓮つかさ(れんつかさ、10月25日)は宝塚歌劇団97期生の男役タカラジェンヌ。 芸名は周囲の知恵を借り、家族で考えた〔3〕。 愛称は本名から「この、このちゃん」、芸名から「れんこん」。 身長は171㎝。 出身地は宮城県大崎市。 出身校は宮城県古川高校。 趣味はショッピング、旅行〔3〕。 集めている品はアクセサリー、星柄の物、癒しグッズ、帽子〔3〕。 好きな花はバラ〔3〕。 好きな色は水色、青、ゴールド〔3〕。 好きな食べ物は果物、スイーツ(チーズケーキ)、牛タン〔3〕。 宝塚時代 好きだった役は「ルパン」新人公演のドナルド・ドースン、「1789」の兵士1〔3〕。 演じてみたい役は様々な役〔3〕。 2009年に宝塚音楽学校に入学。 2012年に月組に配属される。 2013年に大崎市の「おおさき宝大使」を委嘱される。 2014年に「PUCK」の新人公演でライオネル・ジャスパー役を務める。 2015年に「1789 -バスティーユの恋人たち-」の新人公演でマクシミリアン・ロべスピエール役、「舞音-MANON-」の新人公演でクリストフ・モラン役を務める。 2016年に「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」の新人公演で足利義昭役を務め、凪七瑠海ディナーショー「Evolution! 」に出演。 2017年に「グランドホテル」の新人公演でラファエラ・オッタニオ役、「All for One」でパスカル役と新人公演初主演、「鳳凰伝」でゼリム役を務める。 入団前 東日本大震災で被災〔2〕。 高校生の頃に「ミス日本宮城代表」に選ばれた〔4〕。 主演・エトワール ・新人公演1回 「All for One」(初主演) 情報ソース 1、大崎市ホームページ 2、「第97期生34人が初舞台!ラインダンスに登場」 スポニチアネックス 3、宝塚おとめ 2011年度版~ 4、「オシエテ 58」 TAKARAZUKA SKY STAGE.

次の

蓮つかさ苦笑い 初の新公主役あいさつかみまくり

れん つかさ

新人公演ラストイヤーで『All for One』の新公主演を射止めた、 蓮つかさ(れんつかさ)さん。 それを知った時には・・・ 「期待に応えられるかと…。 うれしい気持ちと同時に責任感や不安で、最初は混乱しました」 (出典:) と正直に語ったそうです。 蓮つかささんと同じ97期生には• 永久輝 せあ(とわき せあ)• 留依 蒔世(るい まき)• 春妃 うらら(はるひ うららせ)• 海乃 美月(うみの みつき)• 城妃 美伶(しろき みれい)• 綺城 ひか理(あやき ひかり) といった新人公演主演、ヒロイン経験者が多数います。 同期生は仲が良くとも良きライバルと言われる宝塚ですから、 蓮つかささんも上述の発言はあったものの、さぞ嬉しかったことでしょう。 月組新人公演で初主演の蓮つかさ、インタビュー「最初は混乱した」 — MATOMEDIA matomemedia ラストイヤー、最上級生だからこそ、そのキャリアをいかした舞台が期待されますね。 この記事では、そんな 蓮つかささんについて語っていきます。 2度目の受験で合格していることから、高校卒業時に音楽学校合格、1990年生まれと推測しました。 蓮つかさの幼少時代から音楽学校 蓮つかささんは幼い頃からバレエを習ってましたが、「人と違うことがしたい」と想い、小学校3年から高校時代まで市民ミュージカルに参加していたそうです。 「仙台七夕」で演目を披露する際、身長が170センチ近くあった蓮は「先生から、(出演者の)男性が足りないから、男装して出てと言われました」。 (出典:) そして男役を演じたことが、宝塚音楽学校を目指すきっかけになりました。 2度目の受験で高校卒業と同時に宝塚音楽学校へ入学。 無事に2年間の音楽学校を修了して、宝塚歌劇団に入団した直後に起きたのが、東日本大震災でした。 「最初は精神的に落ち込んだけれど、私が頑張る姿を見せることが誰かの励みになればという思いで。 全国ツアーで地元の舞台に立つのが夢です」 (出典:) 蓮つかささんの頑張りは・・・ きっと多くの人の希望になったことでしょうね。 宝塚初観劇は2005年宝塚バウホール公演『 DAYTIME HUSTLER ~愛を売る男~』。 また「憧れの上級生は 壮一帆(そうかかずほ)さん」だそうですから、上述の公演には 壮一帆さんも出演。 蓮つかさの略歴.

次の