英語 和訳。 和訳していただきたいです。緊急です。 他のより複雑な作りで全然意味

Let it goは「ありのままに」じゃないですよ!-和訳はあくまでも意訳

英語 和訳

1-1 Starting Out sale 名詞 販売、売却 stationery 名詞 文房具 shop 名詞 店 was be動詞 あった、いた were be動詞 あった、いた 複数形 miss 動詞 取り損なう、見過ごす back-to-school 新学期の yen 名詞 円 本文 Back-to-School Sale! Midori Stationery Shop is having a sale. This pen was 150 yen last week. Five notebooks were 500 yen. 和訳 新学期セール! 緑文房具店はセールをしています。 このペンは、先週150円でした。 今、それは100円です。 ノート5冊は500円でした。 今、それらは400円です。 このセールをお見逃しなく! 穴埋め問題 Midori Shop is having a. This pen 150 yen last week. Five notebooks 500 yen. 新学期セールで昨日買ったのよ。 穴埋め問題 Saki: Are you , Deepa? Our class starts in a minutes. Deepa: Just a. …OK. Saki: What you doing? Deepa: I was for my pencil. Saki: Oh, did you that? Deepa: Thanks. I it yesterday at the back-to-school. …OK. Deepa: Thanks. My school starts in September and ends in June. It is the same in Japan? My school has lots of fun events. Last month, we had a dance. Both students and teachers danced in the cafeteria on that day. It was fun! What events do you have at your school? 和訳 4月20日 午前4時25分 こんにちは。 わたしはアメリカ合衆国出身のジュディ・スミスです。 わたしは7年生です。 わたしの学校は9月に始まり、そして6月に終わります。 それは日本も同じですか? わたしの学校はたくさんの楽しい行事があります。 先月、私たちはダンスをしました。 その日、学生たちも先生たちも両方ともカフェテリアで踊りました。 楽しかったです。 あなたの学校ではどんな行事がありますか? 穴埋め問題 Hi. My school in September and in June. Is it the in Japan? My school has of fun events. Last , we had a. students and teachers in the cafeteria on that day. It was. What do you have at your school? 整序問題 Hi. 連絡を取り合おう。 穴埋め問題 Saki I was. Your school is from ours. In Japan, the school year in April. Deepa You all happy. Our school has fun events, a chorus contest. class sings on stage. Kota You your message at 4:25 a. Japan time. I was then! Alex We live away from other, but we can friends. ただ読むだけだと飽きてしまうので、日本語訳を見ながら英文を言ってみたり、英文を読んだ後に日本語訳を言ってみたりと自分なりの工夫をしながら読むといいですよ。 何度も音読をしてから問題に取り組んでください。

次の

和訳勉強法|英語ニガテ必見!和訳で点数がもらえるたった2つのカギ

英語 和訳

わざわざ頭の中で日本語にしないことですね。 例えば、The girl is reading a book. という文章があるとします。 これを読んだ時にわざわざ「女の子は本を読んでいる。 」と頭の中で訳してから、女の子が本を読んでいる状況を思い浮かべるのではなく、The girl is reading a book. を見た瞬間から、情景を思い浮かべる、という感覚でしょうか。 日本語の小説を読んだときすぐに、場面の情景が頭に浮かびますよね?それと全く同じことをやりなさい、ということです。 日本語と英語は文法がかなり違うので、頭の中で和訳しようとすると二回から三回読み直す人が多いんですよね。 何度も読み返すのではなく、一つ一つの単語の意味を瞬時に理解して、わざわざ単語の順番を和訳のため頭の中で入れ替えたりせず、そのまま理解しなさい、ということでしょう。 勉強法はですね、私の経験からですと、とにかく大量に英文を読め!というところでしょうか。 たくさん読んでると和訳が面倒になってくるんですよ。 あと、しょっちゅう出てくる単語は母国語のように、見た瞬間にわかるようになります。 良く出てくる文法を使った文も同様に、和訳しないでもすぐ意味がわかる(情景がパッと浮かぶ)ようになります。 例えば、日本人もよく目にする文、I love you. これをみたときいちいち、私はあなたを愛してますって和訳してから、ああ、あの人に恋愛感情があるんだ!って理解しませんよね?I love youって見た瞬間から日本語で見たときと同じように、すぐに理解できますよね。 こういうことが英文をたくさん読んでいるうちによく起こるようになり、そのうち和訳しないで読めるようになります。 ですから、簡単な洋書から読んでいって、スムーズに読めるようになったらもう少し上のレベルへ、というように、たくさん読んでいけば、頭の中で和訳しないで読めるようになりますよ。 私もたくさん英文を読んできたら、英語の文の構造にも慣れて、和訳しないでそのまま理解できるようになってきました。 読んだり聞いたりする英語をいちいち頭の中で日本語に訳していては英語を勉強していることにはなりません。 アメリカ人もイギリス人も英語を話したり読んだりしているときは当然「英語で物事を考えて」います。 つまり我々も「英語で物事を考える」訓練がが必要なのです。 「英語から英語のまま意味を理解する」ということはこのことです。 つまり英語を読んで、それをいちいち日本語に訳すのではなく、英語で考えながら理解していく、ということです。 その練習の方法としては、英語の教科書などにある文章を「声を出して」、頭の中で完璧に覚えるほど何度も何度も読み返します。 なんでも歌詞を暗唱して歌えるようになるまで練習するのと全く同じです。 それを繰り返すうちに頭の中が英語だけになってきます。 それを他の文章でも繰り返します。 大変疲れる作業ですが「急がば回れ」です。

次の

【洋楽歌詞和訳】Baby / Clean Bandit(クリーン・バンディット)

英語 和訳

えー!カッコいい和訳なら点数くれると思っていました!うまいだけじゃダメなんですか!? じゃあいったい「どんな日本語を書けばいいの???」とお思いのことでしょう。 実はそう難しく考える必要はないんですね。 そもそもなぜ出題者が和訳問題を出すか、考えたことはありますか? もちろん、 「きちんと文法事項が入ったうえで、適切に英語を日本語に置き換えることができるか」を見るためですよね。 ということは何が見られるかというと…… そう、 「文法事項」と 「自然な日本語」の部分。 式にすると 和訳の得点 = 正確な文法 + 自然な日本語 といったところでしょうか。 つまり、 この2点さえしっかり押さえていれば、点を大幅に引かれることはない=満点に近い答案を完成させられるということなのです。 「構文はとりあえずとらえられるけど、どう日本語にすればいいの?」という人は、これを聞いて安心してください 笑。 構文がとらえられている、ということは、文法事項はほぼ正確に入っているということですから。 この辺については詳しくこの後に解説していきますね! 正確な文法と構文把握は和訳の大前提! 1-2、実は決まっている!?和訳の出題パターン ここでは和訳の出題パターンについて知っておきましょう。 和訳問題って、どういうふうに出るんでしょうか? パターンは2つ。 1つめは、 単純に独立した1文だけが出ていて、それを訳する問題。 定期テストや参考書の問題はこれが多いですね。 例えば、以下のようなもの。 設問.以下の英語を日本語に訳しなさい。 The man having a pen which penetrates an apple looks funny and have a gold jacket. オリジナル 2つめは、 ある長文が出されて、その中で下線が引いてあるところを訳する問題。 実際の入試などはこのパターンが多いのではないでしょうか。 例えば、以下のようなものです。 設問4.下線部 あ を,主語を明示して日本語に訳し,記述解答用紙の所定欄に書け。 Both male and female players received a brain assessment before the season began, and あ will undergo follow-up examination should they experience a head injury. The study could help reveal the long-term effect of head injuries, and when it is safe for an injured player to return to the game. 早稲田大学2015年一般入試 商学部より New Scientist, August 29, 2014 さて、ここで肝心なのは、それぞれのパターンをどうやって解くか?ということ。 実はそれぞれで、解くコツが変わってくるんですね。 ここからは、2つの出題パターンそれぞれの解き方のコツを伝えるぞ! 1, 単純に独立した1文だけが出ていて、それを訳する この場合は、「その文だけで和訳が完結する」ので、文章全体の意図とか、指示語 itやthatなど の問題が絡まないことが多いんですね。 だから、 ただ単に文章の構文を理解し、そのまま和訳すればある程度点数が取れることが多いです。 こういう設問のほとんどは、 「きちんと文法を理解しているのか?」「構文は把握できているのか?」が問われているので、そこだけは最低限押さえるようにしましょうね。 2, ある長文が出されて、その中で下線が引いてあるところを訳する この場合は逆に、 文章全体の意味であったり、指示語であったりを正確にとらえることが必要になります。 ここで誰もが引っかかるのが itやthatなどの指示語の取り扱い。 きちんと文章の中で指示語が何を指しているのかに注意して訳しわける必要が出てきます。 この場合は、「文章がきちんととらえられているか?」「指示語とかを文章のつながりの中で見つけられるか?」も併せてとらえられるので、より注意が必要です。 あ、確かに……。 そもそも単語帳完璧じゃないなあ。 そもそもの問題だけども、単語が不安……って人は多いと思うんですよね。 これには 2つ「ひっかけポイント」があるんですよね。 一つ目は、 「そもそも知っている単語が少ない」ということ。 知らない単語が出てきたらもちろん訳出来ないですよね。 これはまだわかる。 二つ目は、 「単語の意味を一つしか知らない」ということ。 単語帳には複数の意味が載っていますよね。 英単語の覚え方をまちがっていると、その「赤シートで隠せる意味」しか思い出せなくて、和訳したらわけワカメ~ってことがありますよね。 そういう時は、 たいていもう一つの意味で訳するとしっくりくることがあるんですね。 例えば、 A sound mind in a sound body. これは有名な例文。 ここでsoundの意味を「音の」しか知らないと「音の体の中の音の心」とかいうわけワカメな文になりますよね。 でも、soundに「健全な」の意味があると知っていれば、「健全な肉体に健全な精神」という意味に落ち着けるんですよね。 こういうところを含めると、どれだけ基礎としての単語が重要かわかりますよね。 「ちょっと単語がやばい……!」って人は,こちらのページを参照してくださいね。 さて、次に大事なのは 「指示語」の扱い。 日本語で言う「こそあど言葉」ですね。 指示語って、案外厄介なものなんですね。 どうして? 例えば、長文中の文章に下線が引いてあり、「下線を付した文章を和訳しなさい」とかいう問題があったとしましょう 先ほどの章のパターン2「ある長文が出されて、その中で下線が引いてあるところを訳する」ですね。 そこで「it」が出てきたりしたとき。 どうそのitを訳すのかによって、訳された日本語が大きく違ってきます。 Both male and female players received a brain assessment before the season began, and (あ)will undergo follow-up examination should they experience a head injury. The study could help reveal the long-term effect of head injuries, and when it is safe for an injured player to return to the game. 早稲田大学2015年一般入試 商学部より New Scientist, August 29, 2014 例えばこの場合だと、このtheyを単純に「それら」と訳しているだけだと、たいていわけわかんない文章になります。 その指示語が何を指しているのか?毎回把握するようにしましょう。 そのうえで、一度「それら」とかで訳してみて、訳がしっくり来ればそれで十分ですが、 わけわかんないなあ……ってときは指し示すものに置き換えることをお薦めします。 thatばっかり……。 どのthatがどういう働きをして……というのがわかっていないと、絶対訳出来ないですよね笑。 逆に、「このthatは関係代名詞だから、ここまでカタマリをつくって、このthatを修飾してるんだなあ……」というようなことだけでも分かれば、案外うまく訳出出来たりするんですよね。 他にも、とてつもなく長い文章が出ることもあったり。 こういうときも構文をしっかりつかむことが役に立ちます。 まずは構文を理解することで、長文読解やほかの英語のスキルの向上にもつなげつつ、それを和訳に応用することができます。 とりあえずは「がちがちの直訳」を目指しましょう。 しかも英単語、構文解釈、英文法などもろもろの力が要求されるので、そうした力を蓄えていくことが優先ですね。 なので、具体的には「高3に入ってから」くらいが目安ではないでしょうか。 それまでにたいていの英文法、英単語を覚える努力をしておきましょう。 和訳の勉強、どのくらいやる? 「いつから始める?」を見てもわかるように、 まずは志望校で和訳問題が出るのかを知ることが必要です。 もし和訳が大問1つ分出ているのであれば、 週に2回1時間ずつくらいしっかり時間を取って対策する必要があるでしょう。 ただ、長文読解の中の1つの設問としてだけ出されている場合は、週1回1時間とかでも大丈夫。 全くでない場合は定期テスト前や模試前だけで十分です。 SVOCをつかむ、スラッシュを入れるなど 2 とった構文に従って、直訳する。 3 自分で読んでみて、日本語が変なところを修正する。 4 答え合わせをする。 どうしてもわからない・解答例と違いすぎるところは添削してもらう。 5 わからなかった単語、文法をチェックして書き出しておく。 これを繰り返すだけです。 2、和訳をするときに意識すること 次に、具体的に和訳をする際の意識の流れをコツとして紹介しよう。 具体的にはこの3ステップである。 1 まずは文法に忠実に直訳 2 自然な日本語に修正する。 書いたら見直すを癖に 3 最終手段・学校の先生! 「和訳で全然点数がもらえない……」という人は、まずはこれをコツコツ試していって、慣れてから少しずつこのステップを緩めていくようにしよう。 参考書等は何でもよく、学校教材などでもいいですが、あえて対策しようとするのであれば、構文のページで触れた教材を使うのがいいでしょう。 ここでは次の例文を使って、和訳の手直しをしていく。 Ex The projection of beautiful pictures to a screen made us happy. 1 まずは文法に忠実に直訳 何だかんだ一番大事なのが文法事項。 ここでいう文法事項は、 英文法に加え、英単語をどれだけ覚えているか、構文を把握できるか、なども含まれます。 たまに主語と目的語が逆だったり、動詞が違ったりと文法めちゃくちゃで、とりあえず文脈と文意でこなれた日本語訳にしようとする人がいますが、それだともちろん点数はもらえません。 最初の項目で説明したように、 大前提に「文法事項」があるからだ。 SVOCMや接続詞の前後関係、因果関係や時制をきちんと確認して、それに応じた和訳を「バリバリの直訳でいいから」完成させること。 例えば、さっきの例文だと、 The projection of beautiful pictures to a screen made us glad. きれいな写真のスクリーンへの投影は私たちを幸せにした。 これからいうことは日本語が変になりやすいから要注意だ! ・無生物主語は主語を置き換えて受動態的な訳にする。 無生物主語とは、名前の通り、 主語が生物 人、動物など動作をするもの でない構文を指します。 いきなり主語に物が来て、物が動作を始めたら怖いですよね笑。 例文で言うと、「スクリーンへの投影が」「喜ばせる」みたいな。 こういう時は、人や動物が主語になるように受動態的 ~された な訳にしてあげると案外うまくいきます。 例文の場合、makeがあるから、その訳し方に注意すると、 The projection of beautiful pictures to a screen made us glad. きれいな写真のスクリーンへの投影は私たちを喜ばせた。 と、なるわけです。 ・動詞の名詞形 ex: projection の訳し方。 直訳だと片言の日本語になる場合がある。 投影とかいう名詞、普通会話で使わないよね。 「映すこと」のように、 「動詞+こと」で名詞化することができる、と覚えておこう。 例文のprojectionもこの理論を使って、 The projection of beautiful pictures to a screen made us glad. きれいな写真のスクリーンへの投影は私たちを喜ばせた。 と、なります。 このときポイントになるのは、こういう場合の「of」は その前の名詞「projection」の主語みたいな役割になるということ。 「写真の投影」というより 「写真が映ること」のほうがより自然な訳になりますね。 実は、MARCHレベルの一部の大学・学部(青学など)や国公立難関校を除いては、 「直訳」を意識すればたいていきちんとした日本語になるし、採点官もそこまで求めていないのが実情。 もしそれ以上を受験するのであれば、しっかり日本語にも気を配っていくようにしよう。 3 最終手段・学校の先生! 「自分じゃどうしても和訳の対策ができない」「この和訳で合っているのかわからない」という場合、 学校の先生に採点・添削をお願いしてはどうでしょうか。 というのも、学校の先生、特に高校の先生はいわば 「教科のプロフェッショナル」だから。 何か質問をすればたいていの先生が快く引き受けてくれるはず。 それと同様に、和訳くらいなら添削指導も多くの先生は引き受けてくれるはず。 渋られても「少し待っても大丈夫です」などと言っておけばその週のうちには返ってきますし。 自分が一番信頼できる先生、学校で一番できそうな先生、評判が高い先生に勇気を出してアタックして、ぜひ添削をもらいに行って「採点者側」からの視点でアドバイスをもらいましょう。 学校の先生も上手に活用しよう!! 3、和訳演習におすすめの参考書~レベル別・段階別に~ ここからは、和訳を「どの教材で演習しよう……」という人に参考書をおすすめしておきます。 ・教材 とはいえ、さっきも言ったように、「構文解釈」の勉強法に似通った部分もあるので、教材はほぼ共通。 やり方だけ変えていきましょう。 もう一度手順を確認しておきましょう。 1 構文のテキストを使って、構文を取る 2 とった構文に従って、直訳する。 3 自分で読んでみて、日本語が変なところを修正する。 4 答え合わせをする。 どうしてもわからない・解答例と違いすぎるところは添削してもらう。 5 わからなかった単語、文法をチェックして書き出しておく。 まずは構文の勉強を1周くらいやってみて、自分の目指す学校に和訳問題があるのであれば、2周目以降このやり方をていねいに繰り返していきましょう。 これをするだけで和訳の力はぐんと上がります。

次の