ココナラ 声優。 【歌を仕事にしたい!】仮歌で売り上げ20万円以上!私がココナラを選んだ理由(コンペ採用実績あり)

ココナラについてココナラで声優やナレーションのお仕事を受...

ココナラ 声優

ココナラのナレーションは誰が朗読してくれるのか? ココナラのナレーションは、素人からプロまで、幅広い人材がナレーションを提供しています。 出品者は実績やプロフィールを公開しおり、大きく分けて3つに分かれます。 副業や学生など素人の方• 声優やアナウンサーなどプロとして活躍している方• 制作会社が仕事を受注している 素人からプロまで幅広く仕事を頼めるのがココナラのいいところです。 同様にナレーションの料金も上昇していきます。 ナレーションを販売している方は、必ずYoutube動画などでサンプルを公開しているので、事前に実力を把握できます。 制作会社さんに発注すると、スタジオ録音や複数のキャストなど細かい注文も受け付けてくれますよ。 相談は無料なので気になった人にはガンガン声を変えていきましょう。 ココナラでナレーションを頼む相場(料金) ココナラのナレーション料金相場は、 500文字で1,000円〜10,000円くらいです。 文字単位の基本料金に加えて、付けるオプションによって料金は変動していきます。 500文字で1,000円〜10,000円の料金相場は幅が広いですが、ナレーターの実績による変動大きいです。 プロの方でテレビCMやテレビアニメの出演などレベルの高い実績がある方に依頼する場合は、料金は高くなります。 反対に、Youtube動画などを多く担当してる素人さんとかは、安い値段でも対応してくれます。 企業向けの案件など、どうしても失敗できない場合は実績のある方にお願いするのが安心ですが、実績が少なくてもいい仕事をしてくれる方もたくさんいます。 サンプルの音声や予算を吟味しながら、ナレーターを探してみてください。 ナレーションのオプション料金 ナレーションにを依頼する際に、文字単価に加えてオプション料金が発生する場合があるので解説しておきます。 ココナラのシステム上では、依頼する際には有料オプションを選択します。 ナレーションの有料オプションで多いのは、下記の通りです。 商用利用をするかどうか• ナレーションのリテイク• 読み上げる文字数の追加• 1日以内など早い納品• 読み上げを動画に合わせる 特に商用利用に関しては後にトラブルになることが多いです。 概要欄や有料オプションに記載されていない場合は、確認を取ることを推奨します。 安くナレーションを頼むコツ ココナラでナレーションを安く頼むコツは、 「始めたばかりの人に依頼する」これに尽きます。 ココナラで仕事を取るためには、実力以上に実績が大切です。 始めたばかりの人は実績を積み上げるために、安い料金でナレーションを販売しています。 ココナラにて新着順で検索してみると、始めたばかりの人を見つけられます。 確認してみると駆け出しの声優さんだったりと、レベルの高いナレーションを提供してくれる方が意外と見つかります。 個人利用やYoutube動画のナレーションであれば、十分なクオリティーで納品してくれます。 ナレーションを頼む際の注意点 1つ注意点があるとすれば、 出品者が信頼できる人か確認することです。 概要欄の内容が少ない場合は、少し怪しんだ方がいいかもしれません。 納期遅れや質の低いナレーションなどトラブルが発生する確率が高いです。 プロフィール欄に 本人確認や機密保持契約 NDA にチェックマークがついてる人を選ぶと、ある程度安心できます。 それと評価がある場合はしっかりと出品者の評判を確認しておきましょう。 ココナラは素人でも登録できるサービスなので、安いからという理由だけで依頼すると痛い目にあうこともあります。 ココナラに会員登録する。 ココナラでナレーションを頼む際にはまず会員登録が必要です。 メールアドレスがあれば簡単に登録できます。 Googleのアカウント等を持っていれば、スムーズに登録可能です。 ナレーションを探す。 カテゴリーの中にある、音楽・ナレーションのジャンルから気になる出品者の方を探します。 サービス内容と追加オプションを確認する サービス内容には注意事項なども書かれているので、トラブルを避けるためにも確認しておきましょう。 有料オプションを頼む場合は事前にチェックを入れる必要があるので、忘れないように!• ナレーションを購入する ココナラでは料金は先払いになります。 万が一出品者がバックれた場合などトラブルがあれば返金されます。 出品者とのやりとりに移る 購入するとトークルームに入れるようになるので、依頼内容などを出品者と確認していきます。 出品者とのやりとりは、納品も含めて全てトークルームで行われます。 納品後は評価して終了 納品された後、ナレーションを確認して問題がなければ、評価を記入します。 評価を記入するとトークルームがクローズされます。 トークルームのやりとりがメインになってくると思いますが、出品者さんの多くはレスポンスが早い人が多いです。 返信が来た場合にはココナラからメールが送られてくるので、スムーズな連絡のために、こまめにチェックしておきましょう。 まとめ・感想 素晴らしい出品者さんに出会えると最高! ココナラを使うとあっさりとナレーションを依頼できます。 ナレーション制作会社とかに頼むと10万円とか平気でかかるのでコスパは最強です。 高品質なナレーションを提供してくれる素晴らしい出品者さんに出会えると、本当に素晴らしいサービスになります。 僕も気に入った出品者さんにはリピート依頼をしています。 めちゃくちゃ安心です。 人気記事 PRメルマガ.

次の

ココナラで依頼者様がくれたサプライズ♡心から声優をやってよかったと思ったクリスマスの夜♪

ココナラ 声優

綺麗に録れるスマホアプリは無いです。 後からアプリやソフト等で綺麗にしているわけではなく、機材や録音環境(防音とか)がきちんとしているから綺麗に聞こえてるんですよ。 加工はしてません。 加工でなんとななるから、スマホ録音でもいいでしょ~みたいな魂胆が見え透いてます。 スマホでやってる人がほとんどいない時点でPCが必須なお仕事って察してください。 どれくらい綺麗に~っていうのもほぼ環境音が聞こえないレベルが最低ラインって世界です。 ココナラでそれ系の仕事をしているものです。 スマホで綺麗に録れるアプリはないですね…。 音割れもしますし、環境ノイズも拾いまくっちゃうので、スマホ録音はオススメしません。 同業者でもスマホでやってる人見た事ありません。 ココナラで仕事を受けてる人はPCで録音してる人たちばかりですよ。 録音アプリはありますが、録音アプリはミキサーもノイズサプレッサー機能とかありませんし、本当録音のみ…という機能しかスマホにはありません。 どのくらい綺麗に~というのは【ほぼ】環境音が0の状態でOKですね。 ヘッドホンで聞いてみて少しでも「ザーーーーー」って環境音がしたらNGかと。 少しでも乗ってると聞いてる人が気になっちゃいますからね。 たまに小さいノイズが流れてしまうくらいなら許容範囲です。 歌ってみたとかならオケに自分の声を乗せたりMIXでノイズを気にならないように出来ますが、ナレーションやキャラクターボイスはそうはいきません。 Youtubeとかのナレーションも加工で綺麗にしているわけではありません。 声優さんの実力や録音環境、ミキサーがきちんとしているものを使っているからこそ綺麗に聞こえているんです。 スマホ録音だと実力があってもあそこまで綺麗な音源はとてもじゃないですが無理です…。 納品の流れも依頼者によって大分違います。 wavかmp3、44100hzか480000hz、ステレオ・モノラルで録ってくださいとまず録音形式を指定されます(この時点でこの設定はスマホでは出来ません) で、台詞を1つのファイルに繋げて録るか、台詞毎にファイルを分けてくださいと言われますので、言われた通りのファイル形式で録音して、フォルダに保存、zip等に圧縮して、アップローダーにアップして提出って感じです。 依頼者によって結構変わってきます。 質問者さんの他の質問も拝見しましたが、どうやらスマホ録音でそういう仕事を受けることに固執してるぽいですが、今のままだと仕事をお願いしてくる人はいないと思います…。 自分を商品にして売り物にするわけです。 趣味の活動ではない事は頭に入れてください。 なのでどうしてもそういう仕事を受けたいならPCの購入は必須になってきます。

次の

ナレーションの読み方コツまとめ|誰でも短期間でレベルアップするポイント

ココナラ 声優

綺麗に録れるスマホアプリは無いです。 後からアプリやソフト等で綺麗にしているわけではなく、機材や録音環境(防音とか)がきちんとしているから綺麗に聞こえてるんですよ。 加工はしてません。 加工でなんとななるから、スマホ録音でもいいでしょ~みたいな魂胆が見え透いてます。 スマホでやってる人がほとんどいない時点でPCが必須なお仕事って察してください。 どれくらい綺麗に~っていうのもほぼ環境音が聞こえないレベルが最低ラインって世界です。 ココナラでそれ系の仕事をしているものです。 スマホで綺麗に録れるアプリはないですね…。 音割れもしますし、環境ノイズも拾いまくっちゃうので、スマホ録音はオススメしません。 同業者でもスマホでやってる人見た事ありません。 ココナラで仕事を受けてる人はPCで録音してる人たちばかりですよ。 録音アプリはありますが、録音アプリはミキサーもノイズサプレッサー機能とかありませんし、本当録音のみ…という機能しかスマホにはありません。 どのくらい綺麗に~というのは【ほぼ】環境音が0の状態でOKですね。 ヘッドホンで聞いてみて少しでも「ザーーーーー」って環境音がしたらNGかと。 少しでも乗ってると聞いてる人が気になっちゃいますからね。 たまに小さいノイズが流れてしまうくらいなら許容範囲です。 歌ってみたとかならオケに自分の声を乗せたりMIXでノイズを気にならないように出来ますが、ナレーションやキャラクターボイスはそうはいきません。 Youtubeとかのナレーションも加工で綺麗にしているわけではありません。 声優さんの実力や録音環境、ミキサーがきちんとしているものを使っているからこそ綺麗に聞こえているんです。 スマホ録音だと実力があってもあそこまで綺麗な音源はとてもじゃないですが無理です…。 納品の流れも依頼者によって大分違います。 wavかmp3、44100hzか480000hz、ステレオ・モノラルで録ってくださいとまず録音形式を指定されます(この時点でこの設定はスマホでは出来ません) で、台詞を1つのファイルに繋げて録るか、台詞毎にファイルを分けてくださいと言われますので、言われた通りのファイル形式で録音して、フォルダに保存、zip等に圧縮して、アップローダーにアップして提出って感じです。 依頼者によって結構変わってきます。 質問者さんの他の質問も拝見しましたが、どうやらスマホ録音でそういう仕事を受けることに固執してるぽいですが、今のままだと仕事をお願いしてくる人はいないと思います…。 自分を商品にして売り物にするわけです。 趣味の活動ではない事は頭に入れてください。 なのでどうしてもそういう仕事を受けたいならPCの購入は必須になってきます。

次の