レイドおすすめポケモン。 【ポケモンGO】ネンドール対策!レイド攻略おすすめポケモン

【ポケモンGO】ネンドール対策!レイド攻略おすすめポケモン

レイドおすすめポケモン

ポケモン 解説 【使用技:エラがみ】 ・弱点を突いたエラがみ連打が強力 ・モーションが短い 【使用技:でんげきクチバシ】 ・弱点を突いたでんげきクチバシ連打が強力 ・モーションが短い 【使用技:さわぐ】 ・ ソロ限定 ・さわぐで3ターン自動で行動する ・「ぎゃくじょう」で特攻が上がる ・モーションが短い 【使用技:アイアンヘッド】 ・「はがねのせいしん」ではがね威力アップ ・4人ニャイキングでさらにアップ 【使用技:ダイマックスほう】 ・ストーリー上で確定ゲット ・ダイマックスほう連打が楽 【使用技:きょじゅうざん】 ・きょじゅうざん連打が楽 ・ザマゼンタよりAが高い 【使用技:きょじゅうだん】 ・きょじゅうだん連打が楽 戦闘アニメや操作が少ないポケモンがおすすめ マルチでのレイドバトルは必ず戦闘アニメがONになってしまうので、戦闘アニメが短い技を使えるポケモンだと快適。 ソロでは、ジジーロンのさわぐなど一度入力すれば数ターン行動してくれる技も便利。 専用技「ダイマックスほう」を最大火力で使えるようにすることが重要だ。 攻撃に努力値を振り切って専用技を最大火力にしよう。 ダイマックスをせずに先制エラがみで倒していくので、1回あたりの周回時間が短くなる。 パッチラゴン 性格 いじっぱり 特性 はりきりorちくでん 持ち物 こだわりハチマキ 「はりきり」にすると、技の威力は上がるが命中が不安になるため、運用するならダイマックスしよう。 ダイマックスの場合はこだわりハチマキの効果が乗らないので注意。 ニャイキング 性格 いじっぱり 特性 はがねのせいしん 夢特性 持ち物 こだわりハチマキ ニャイキングは夢特性「はがねのせいしん」を使って火力を上げて一気に倒していく。 しかし、周回の為には4人の夢特性ニャイキングが必要なので、敷居が高い。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】マックスレイドバトル 効率周回おすすめポケモン マルチプレイ時

レイドおすすめポケモン

ビルドアップ型• 物理型となり、技構成が大きく変わります。 ちょうはつでビルドアップを止めてもダイナックルによる攻撃アップが厄介となります。 「くろいきり」を使えるポケモンが居れば火力を元に戻す事が出来ますが、連続行動の初手に行われるとどちらにせよ大ダメージは免れないので、 やられる前にやる心構えで臨みましょう。 ステータス的に特殊型よりもダメ時が抑えられるので要求される耐久も低くなりますが、「いわなだれ」による怯みには注意が必要です。 大まかな立ち回り• 耐久が不安なアタッカーにダイマックスを回し、バリアーを削る HPが減ったらアイテムなどで回復• HP半分程度で再度バリアー展開• 無理はせずに、攻撃集中などにも耐えられる安定したHPを常に確保しておきましょう。 あくまでおすすめポケモンなので、これらのポケモンでなくとも類似した役割を持つポケモンを用意できればクリア自体は可能です。 アタッカー枠 メインメニュー•

次の

【ポケモン剣盾】高難易度色違いゼラオラレイド安定周回!!おすすめポケモンを徹底解説!!!【レイドバトル】

レイドおすすめポケモン

マックスレイドバトルで時に便利なをまとめてみました。 と言っても野良はソロより効率が落ちると思うので、知り合いとプレイする際に便利なを中心にまとめています。 ちなみに、野良レイドを周回するつもりなら、ウオノラゴン、グレイシア、の3体を用意するのがおすすめです。 「いやなおと」は「」に対して耐性のある相手に対して使います。 「どろぼう」はに使います。 火力を重視するためにAはぶっぱ、Sは補正なしLv60抜き、かつ、準速ニャイキング抜かれ、あまりは適当にHPに振った型です。 Sを極振りしない理由としては、別のニャイキングに「いやなおと」を先制して使用させるためです。 メンバーの中で自分のニャイキングの素早さが最も高い場合は、自分が「いやなおと」を使用することになります。 持ち物は「こだわりハチマキ」です。 「いやなおと」を使用する場合は「メタルコート」がいいでしょう。 「いのちのたま」を使用しない理由としては、テキストが入るからです。 を用意する必要がある点が非常にめんどうくさく、けいけんちアメを稼ぐ場合は周回でも十分なため、用意する必要性は高くはないでしょう。 もちろん、ようき最速でも実用可能です。 基本はメタルコートを持たせ、「いやなおと」を使用することになります。 「いやなおと」を使用するニャイキングはメンバー内に一人いればより効率よく回せるだけなので、S198ニャイキングを持っている場合は特別用意する必要はないでしょう。 基本は「エラがみ」を使用します。 「あまごい」はやに挑戦する場合や、がを連れてきた場合などに使用します。 ックスでもいいと思いますが、いかんせんモーションが長いです。 Sは補正ありサンダース(196)を抜くための44振り以上、準速ウオノラゴン抜かれの248までが良いです。 ただ、汎用性を高めるのなら「ダイアタック」対策なども兼ねて248振りがいいでしょう。 あまりの耐久についてはニャイキングにも言えることですが、そもそも戦闘になることなどそうそうないので振らなくても問題ありません。 持ち物は基本は「こだわりハチマキ」、あまごいを使う場合は「たつじんのおび」が良いでしょう。 ウオノラゴンはソロレイドでも役に立ちますし、汎用性も高く野良レイドやランクバトルでも活躍しやすいので一匹は持っておいた方が良いと思います。 ただ、対戦に使っている個体にハチマキを持たせて流用するだけでも十分に働くので、わざわざレイド用に用意する必要性は低いでしょう。 前述のウオノラゴンを抜くためにSはぶっぱしています。 持ち物はたつじんのおびになるでしょう。 レイドのためのウオノラゴンをわざわざ2体用意する必要はほとんどないのでしょう。 基本はウェザーボールを使用します。 相手がダイアタックなどを使用する場合はこごえるかぜを使用するといいでしょう。 滅多にックスする必要はありませんが、ダイストリームで雨を降らせたり、ダイアタックで相手のSを下げることもできます。 ダイジェットはテキストが長くなるので不採用です。 Cは火力を高めるためにぶっぱ、Sは補正ありサンダース抜き以上、残り耐久です。 持ち物は、持ち替えの手間を考えるとものしりメガネかしんぴのしずくでいいでしょう。 味方にウオノラゴンが2体以上いる場合しか使用する機会がなく、前述したウオノラゴンでも十分に役割は果たせるので、用意する必要は少しもないでしょう。 ・必要度 なし Lv70より遅くなるのかは試していない。 最遅 Lv70 性格:れいせい 特性: 技 ウェザーボール 、しおみず、こごえるかぜ C252 残り耐久 味方の利敵対策です。 持ち物はパワーレンズなどを持たせます。 メンバーが3人しか集まらなかった場合かつ、ウオノラゴンを使う必要がある場合かつ、味方にが来た場合にあると便利です。 つまり、用意する必要は全くないでしょう。 育成してみたはいいですが、そもそも使う機会がありませんでした。 レベル上げやは全自動リーグ周回でいいですし、技レコードはレンタルチームのシステムを利用すれば消費しなくて済みます。 ある仕様(バグ?)もありますし、そもそもレイドをする必要がなかったです。 レイドやる友達もいないし。 こんな記事をみているYOU!、誘ってくれてもいいのよ。

次の