クッキング プロ。 クッキングプロを使ってわかったメリット・デメリット・口コミ・評価・レビュー

クッキングプロのメリット・デメリット2か月使っみてわかったこと

クッキング プロ

クッキングプロ(電気圧力鍋)とは? クッキングプロは電気で使用する圧力鍋です。 ガスやIHを使わず電気なので目を離してもだいじょうぶ。 熱源が電気なので、タイマーで予約調理する、調理中に掃除や洗濯など他のことをするなど、 ほったらかし調理できるのがふつうの圧力鍋との最大のちがいです。 クッキングプロに材料を投入してスイッチポン! その間に子どもたちをお風呂にいれ、お風呂上がりには夕飯が出来上がっている!! そんなことが可能になるのがクッキングプロ。 調理中の時間を他のことに使えるので、キッチンに張りついていた時間を有効活用できます。 また、放ったらかしで作れるので、手間をかけずにおかずをもう1品作り足すことができ、食卓が豊かになるのもメリットです。 お肉に焼き目をつけてから圧力調理をしたい場合、クッキングプロで焼くこともできます。 調理後は自動で保温されるので冷める心配もありません。 温め直し機能もついてるので、遅く帰ってきたパパに出す時も困りません。 ふつうの圧力鍋とのちがい 熱源が「電気」か「火(ガスやIH)」かのちがいを除くと、正直、 ふつうの圧力鍋とクッキングプロのちがいってそんなにありません。 いま圧力鍋をお持ちの方だと「クッキングプロだからこそ作れるメニュー」はあまり無いとお考えください。 ただ唯一のちがいである「熱源が電気」というのがかなりのポイント。 ふつうの圧力鍋だと調理中は目が離せませんが、クッキングプロはほったらかしOK! 放ったらかしできるので随分とご飯づくりがラクになるし、おかずがカンタンに1品増えます。 対して、クッキングプロはあくまでも「圧力鍋」。 ホットクックはメニュー数も豊富だし、無線LAN対応しているものだと最新のレシピをダウンロードでき、どんどん新しいメニューが増えます。 対応メニュー数で比べると、ホットクックの方が圧倒的に上です。 ただし、ホットクックは電気 調理鍋で、 圧力鍋ではありません。 圧力調理をしたい方はその点も考慮しましょう。 ホットクックは調理中に材料をかき混ぜてくれる(クッキングプロは無し) ホットクックは調理中に材料をかき混ぜてくれる 「まぜ技ユニット」がついてます。 これが ホットクックの最大の特徴であり魅力です。 混ぜることでこげつきを防ぐことができるし、炒め物メニューにも対応しています。 値段はホットクックが圧倒的に高い• クッキングプロはふつうの圧力鍋の価格帯です。 値段で比べたら、圧倒的にクッキングプロの方が手を出しやすいです。 ホットクックでもクッキングプロでも、みんなが作ってるメニューはそんなに変わらない?! 機能だけみるとホットクック の方が良さそうに感じますが、 多機能な家電を使いこなすのが苦手な人、高機能な家電を買ってもけっきょく定番メニューしか使わない人は、 クッキングプロで事足りると思います。 というのも、ホットクックユーザーの口コミやブログを見ても、だいたいみんなが作ってるメニューって、 カレー、シチュー、煮物、スープなどクッキングプロでも作れるものばかり。 仕上がりの差などはあると思いますが、上であげた定番メニューならクッキングプロでも作れるんですよね。 私のように多機能な家電を使いこなせないタイプの人は、シンプルかつ安いクッキングプロで十分満足できると思います。 ホットクックを迷っている方はレンタルして使ってみよう! ホットクックは高価なだけに、買ってから失敗するのは絶対に避けたいですよね。 ホットクックを使いこなせるかどうか不安な方は、レンタルでお試し利用してみましょう! 家電レンタルの「レンティオ」ならホットクックを2週間借りて、実際に使ってみることができますよ。 電気圧力鍋の広告を見ると 「ほったらかし調理」「時短」など魅力的なワードが並んでいますが、使ってみてわかった本当のところはこちら。 意外と時間がかかる 圧力鍋あるあるですが、調理時間は短くても加圧と減圧に時間がかかるので、 トータルでかかる時間はそんなに短くありません。 よくカタログに「調理時間10分で肉じゃが完成!」とか書いてますが、あの時間は圧力調理中の時間しかカウントしていません。 レシピの調理時間が10分でも、加圧・減圧時間を含めると トータルで40分〜1時間近くかかります。 (トータル時間はメニュー、量、圧の強さなどで変わります) ほったらかしでOKなのでその時間で他のことができるとは言え、急いでるときはちょっと困る時もありますよね。 ちなみに、私はどうしても待てなくて早く蓋を開けたいときは、無理やり排圧して開けてしまいます。 なので、おいしく食べるなら自然と減圧するのを待つのがいちばんです。 クッキングプロでおいしく調理するなら、 食べたい時間の1時間前にセットし調理開始するのがおすすめです。 一度に作れる量がそんなに多くない クッキングプロは炊飯器のような作りになっていて、内釜に材料を入れて調理します。 クッキングプロの内釜の大きさは、 5合だき炊飯器の内釜と同じです。 これが意外と小さくて(苦笑)• カレーや汁物 4人分(おかわり無し)• おでん 2人分• 手羽元10本ぐらい そのぐらいしか作れません。 うちは4人家族ですが、副菜ならクッキングプロでも十分な量が作れますが、メインのおかずを作るには足りないです(苦笑) 4人以上の家族でみんなしっかり食べる家なら、メインのおかずを作るには確実にボリューム不足でしょう。 たくさん食べる家の場合、クッキングプロでメイン料理をたっぷり作るのは難しいので、 汁物や副菜を作るものとわりきった方がいいと思います。 電気圧力鍋1台で毎日のご飯作りから完全に解放されるわけではない 「放ったらかし調理」の甘い言葉に惹かれ、電気圧力鍋に過度な期待をしていませんか? カレー、煮込みもの、ブロック肉、骨つき肉、煮魚、豆、大根など、圧力調理に向くメニューならカンタンに作れるのは事実です。 しかし、 毎日このメニューの繰り返しでは飽きてしまうし、栄養もかたよりますよね。 炒め物、揚げ物、焼き物などはクッキングプロでは作れません。 「毎日の夕飯作りから解放されたい!」と過度な期待をして買うと、期待はずれになるので注意しましょう。 クッキングプロのメリット 実際に半年使ってみてわかったメリットをご紹介します! ほったらかしできる もうこれに尽きると思います。 調理中に子どもをお風呂に入れたり、テレビを見たり。 時間を有効に使えるようになったことがうれしいです。 カレーやシチューなら、あとはご飯を炊けば夕飯完成です。 スイッチポンで夕飯が完成なんて最高すぎです!!! あと1品がカンタンに作れる 「焼き魚とサラダを作って、あと1品どうしよう。 」 「おかずが若干少ないな。 あともう1品欲しい。 」 そういうことってよくありますよね? そんな時、我が家はクッキングプロで、冷蔵庫にある残りものを放りこんで煮物を作ったり、残った野菜でスープを作ったりしてもう1品追加します。 クッキングプロを買ってから、おかずが増え食卓が豊かになりました! お手入れがラク 洗うパーツがそんなに多くなく、鍋も内釜を洗うだけなのでお手入れがラクです。 ふつうの圧力鍋だとお鍋自体が大きいので洗うのが面倒でしたが、内釜を洗うだけなら小さくてほんとうにラクですね。 お手入れが面倒だとだんだん使わなくなるけど、これなら使う気になれます。 完成です。 トマトの甘みと風味が広がる絶品カレーで、子どもたちもパクパク食べてました。 無水カレー、ほんと美味しいですね!!! しかし1つ問題が。 ぴったり4人分の量しか作れず、すごく美味しかっただけにモリモリ食べたかったのに、おかわりがありませんでした(涙) カレー4人分作るには量がものたりないのが難点です・・・。 手羽元のサムゲタン風スープ 私の一番のお気に入りが、手羽元を使ったサムゲタン風スープ。 今日おかずが足りないな〜って時にも助かるメニューでよく作ります。 手羽元(8本入りました)、長ねぎ、生姜、にんにく、お米、塩こしょう、お水を投入。 作っている最中から生姜とにんにくのいい匂いが。 たまりません! 調理終了して開けてみると・・・ 最後に塩こしょうで味を整えて完成です! 骨からお肉がホロホロと簡単にはずれ、とってもやわらかい! 寒い時期や風邪を引いた時にもおすすめ。 ちなみに、一度だけお米を入れずに作ってみたことがあるのですが、スープにコクが出ずにいまいちでした。 お米を入れるだけで深みのあるスープになるんですね。 洗った大豆、人参、こんにゃく、水、だし、醤油、みりん、砂糖を投入し、スイッチポンで完成です。 おでん これも簡単でおすすめ! 手抜き料理ということでこれを使用しました(笑) 作り方は、上のおでん袋の中身と汁、大根、こんにゃくを投入してスイッチポン! 大根、こんにゃくは下ゆでせずに切ってそのまま入れるだけです。 ただ、1点注意があります。 練り物やガンモは加圧すると膨張するので、具材は少なめに入れましょう。 私は欲張ってたくさん入れすぎたため、調理中に吹き出してしまいました。 具材を入れすぎて大惨事に! 慌てて調理を中断。 スイッチを排気に回して中の圧力を抜きましたよ。。。 蓋を開けてびっくりしたのが、おでんの具(特にガンモ)が膨張してパンパンに… ちょっと経つと具がしぼんでこんな感じに(笑) 途中、吹き出すという圧力鍋あるあるのハプニングが起こりましたが、短時間で大根やこんにゃくに味が通ってびっくりするぐらい簡単&美味でした。 次回からは具材の量に注意して作りたいと思います(反省) 豚汁 豚汁や味噌汁も簡単にできます。 味噌以外の具を入れてスイッチポン! 加圧調理が終わったら味噌をといて出来上がりです。 でも、味噌汁はわざわざクッキングプロを使わず、普通の鍋で作った方が時短かもしれません(笑) ペンネスープ パスタも作れます。 前日にクッキングプロで作った豚肉のスープが余っていたので、そこにペンネを投入してスイッチポン! スープパスタが簡単にできるので、スープが余った時にやってみてください。 ただ、若干パスタに火が入りすぎました。 今度は加熱時間を短めにしよう・・・ 煮卵(味付け卵) これは我が家の常備菜で、無くなったらすぐに作ります(笑) 煮卵って味を染み込ませるのに時間がかかりますが、圧力鍋だと短時間で味がしみてすぐに食べられるのがうれしい! クッキングプロにゆで卵と煮汁を入れ、「肉・豆」で5分調理。 あっという間に出来上がりです。 卵と一緒に、大根、じゃがいも、こんにゃくなどを入れたりもします。 煮汁を調味するのが面倒なときは、めんつゆを薄めて使うとラクですよ。

次の

クッキングプロの口コミ・評判・デメリット【ショップジャパン 電気圧力鍋】

クッキング プロ

家に電気圧力鍋がやってきた!外箱と付属品!プレッシャーキングプロ ピンポーン!!と、約一か月前の9月の金曜日にそれは届きました。 最近話題の電気圧力鍋「クッキングプロ」が家に来ました。 いえーーい!! ちょっと前に話題になってたプレッシャーキングプロの後継品です。 私の家には、圧力鍋がなかったし、電気炊飯釜もなかったので、めっちゃくちゃうれしかったです。 外箱、こんな感じ。 大きいです!でも、そんなに重くないです。 なんていっても、宅配業者さんが 手渡ししてきましたから( 笑 ) 「はいっ!どーぞ!」て、大きな箱を玄関先で渡されて 「え、ちょ、床に置いて~、、、あれ、意外と持てちゃうかも」こんな感想でした。 外箱を開けてみました。 おおお。 本体と、取説(右)と、専用のレシピブック(左) 専用のレシピブックが何気に嬉しいです。 ちなみに、取説を読み込んで知った『蒸し物をするには、蒸し台が必要』という点ですが、蒸し台はついてませんでした。 でも、ちょうど家にあった蒸し台がピッタリなので、それで代用可能でした。 その後、毎週毎週土日に使用してみましたので、作ったものを写真入りで公開してきます! (平日は。。。 ゆっくり使う時間がないのです) 野菜をゆでる2 落花生、アクで変色!? 次にゆでたのは、落花生。 ちょうど9月がシーズンですからねー。 よーく洗った落花生に塩をまぶして、クッキングプロに入れて、圧力10分。 自分でゆでると、めちゃくちゃ時間かかるし、管理(吹きこぼれチェックとか)が面倒な落花生が超簡単でした! しかし!ちょっと危惧していた出来事が。 クッキングプロの内蓋が黒く変色してしまいました。 内蓋・・・炊飯釜にもついてますよね。 クッキングプロにも内蓋がついています。 それが、うーん。 アルミっぽいから大丈夫かなー思っていたのですが、やはり材質がアルミだったのでしょうか。 マダラに黒くなってしまいました。 まあ、黒く変色しても大丈夫だというので、そのまま使い続けることにします。 茹で落花生は、そのまま食べても美味しいし、 普段の食事に加えて、手軽に豆を摂取するのにも役立ちます。 これは朝食。 3週目:運動会に大量ゆでたまご 3人子供がいるので、秋のシーズンの運動会お弁当作りは結構大変です。 でも、クッキングプロがあるので、もう怖くない!筑前煮を作るのに活用し、おにぎり用のお米を炊くのにも活用しました。 でも、一番活用できるのはやっぱり ゆで卵かな! 作り方は簡単です。 タマゴ10個を 内鍋にポンポンっと入れて 上からお水をコップ1杯くらい入れて加圧1分! これだけでOK! 昔、とある料理研究家さんの料理本で見かけたレシピのアレンジです。 たしか、料理研究家さんは水を大匙2ぐらい入れると書いてましたが 水、入れなくても大丈夫でした。 当初水なしでやっていたのですが、何度か作りましたが、やっぱりお水は入れたほうがいいです! 水なしだと、うまくいくときといかないときがあります。 そのため水なしの記述を削除し、太字で水淹れる旨を追加しました、 タマゴを入れたら、タマゴが半分くらいつかるぐらいのお水を適当に入れると、キレイにできます。 (コップに八分目ぐらい) これが、信じられないことに、カラ剥きがツルンと簡単なのよね~。 絶対に感激します。 これぞ時短です。 もう、ゆで卵、大目に作って味玉にしたり、燻製にしたり、いろいろ楽しいのです。 おでん調理には超大活躍!大根も、ゆで卵も 個人的に、4週目て、スマッシュヒットだと思っているのが、おでんです。 おでんのだいご味の、超味シミ大根も、関東の人しか食べないという「ちくわぶ」も、味のついた卵も かんたんにつくれちゃいます。 次の流れで作りました。 1、クッキングプロでゆで卵を作る。 加圧1分 その間に、大根を切って、隠し包丁を入れる。 2、ゆで卵を取り出し、さっと内鍋をあらって、 大根とちくわぶを入れて、おでんの出汁を入れて、加圧3分 大根たちを加圧している間、たまごの殻をむいて、練り物をおおきなおでんの鍋で煮始める 3、大根とちくわぶの減圧が終わったら、おでんの鍋に合わせて入れる。 4、がんも類も追加して、5分ぐらい煮て、完成! めちゃくちゃおいしかったです。 段取りが良くできました。 減圧後、ふくらんだ「ちくわぶ!」 メリットは手間なしという点に尽きます! 1ヶ月間使用したメリットですが、レパートリーが増えるとか、調理時間が短いとか、そんなことよりなによりも 「手間がかからない」これにつきます! 全部材料を入れて、スイッチいれたら、あとはほかのことをしていていいんです。 メインを仕込んでクッキングプロに作っていただいている間に、副菜を切ったり並べたりしていてもいいし スマホをしてたって、家計簿をつけていたって、自己啓発でTOEICの勉強をしていてもいいんです! ほんと、これはラクです。 どんなにラクな煮込み料理でも、普通の鍋とコンロ(電化でもガスでも)で作ると、焦げ付かないようにまぜなければいけないです。 でも、クッキングプロにはそれがない! 素晴らしいです。 デメリット?時間がかかる?保管場所をとる?減圧も計算のうち 逆にデメリットは何なのか・・・ それは、 ・本体が大きいので、置き場所を確保してから買わないといけない ・加熱や減圧に時間がかかるので、厳密な時短とは言いにくい この2点だと思います。 本体の大きさについては、申し開きできないくらい大きいです。 最初見たとき、ビックリしました。 まあでも、このクッキングプロを置くために、キッチンの一角を片づけて場所を作りましたので、片付けができたというここれはポジティブにとらえます。 加熱や減圧時間ですが、これはもう、以外とかかります。 最初に使ったときは「え?」と思っちゃうぐらいです。 でも圧力鍋ってこんな感じですよね。 今は捨てちゃってたけど、昔使っていたときはこうだった。 減圧時間が待てなくて、振り子を押して圧力を抜いたりしていました。 もう加圧と減圧の時間を考慮して、食事の時間から逆算して作り始めないと大変なことになります。 ちなみにうちは、土日の昼ごはんをクッキングプロにしたいときは 朝食のタイミングで一緒に仕込んでしまいます。 ちなみにこの写真は、朝食のオムレツと『具材を中にいれて、スイッチ入れられて、調理しているクッキングプロ』頑張って働いてくれています。 失敗?うまくつくれない?いえいえ、試行錯誤中の料理たち 最後に、失敗というか、試行錯誤の現在進行中の料理です。 うちは、ほぼ毎週末の土曜か日曜の昼、パスタを作っています。 クッキングプロのレシピ本には2名分のパスタの作り方が載っていますが、5人家族なので、そんな2人前づつ作るなんて悠長なことをやってられません。 そこで、いろいろ試行錯誤しています。 5倍で作成。 上のほうのパスタが糸状せんべい?何かなぞの食べ物になった。 やはりまだ、上のほうが、謎の食べ物になった。 ソースは一緒に入れずに、別鍋で温めました(こうすると、家族全員違う味を楽しめる) ここで不覚!なぜかモードが加圧じゃなくなってて、いつまでたっても圧がかからず、それに気づかずにずっとやっていたので、パスタではなくて謎のうどんができてしまいました。 仕様前に、おもりのスイッチは要確認です。 あとちょっとで、美味しいパスタができあがりそうです。 試行錯誤をがんばります。 まとめ:特徴をつかんでうまく使えば、こんなにベンリなものはない! 圧力鍋は本当にベンリです。 分厚いお肉も、豆も、骨付きの鳥も 超簡単にやわらかく、美味しく作れます。 火を止め忘れての、焦げ付きとかもありません。 それに、肉用とかスープシチュー用とか、豆用とか様々なボタンがあって、かんたんにその食材に合わせた調理をしてくれます。 ほんとうに、便利で、食卓を豊かにしてくれているな、と思います^^ ありがとう、クッキングプロ。 )のお任せレシピで、 小豆を煮ました。 おまかせレシピのP-87に従って『粒あん」を作ったところ、豆がとてつも なく硬くなり食べられません。 妻に聞いたところ、豆にいきなり砂糖を入れて煮たら 硬くなることは当たり前だと言われました。 女にとっては常識でしょうけれど、男の私に とっては無理です。 ページのレシピをよく読むと、(「材料を入れて加圧」と、書いてあり その下に、小豆・水をいれて蓋を占める・・と書いてありました。 )よく読めば良かった でしょうけれど・・、他のぺージでは書いてある通りにしても、問題なかったので、 ついその様にしました。 折角のレシピ本なので、もう少し丁寧に書いて欲しいです。 その他プレシャープロの、うち蓋のとり外し摘みは、摘みがとりはずし易く外径側に ついていたのにクッキングプロでは、内径側に近くて取り外しにくいです。

次の

高橋真麻さんご愛用、クッキングプロを試してみた

クッキング プロ

どんな風に届く? 段ボールの中は、 箱の上にレシピ本、そしてエアクッションが入ってました。 箱の中には、簡単ガイドも入ってました。 しっかりとビニールに覆われていました。 取り出してみたら、周りに薄いビニールで覆われています。 こちらのシール部分からフィルムをはがすことができます。 大きさを比べてみた 見た目大きい感じがしたのだけれど、使っている圧力鍋と比べてみた。 高さは圧倒的にクッキングプロの方が高い。 上から見てみても、やっぱりクッキングプロの方が大きかった。 今度は、一升炊きの炊飯器の大きさとはどうだろう? 炊飯器とはほぼ同じくらいかな。 上からだとどうだろう? 炊飯器より小さい。 クッキングプロで何が作れる? 1台8役の電気圧力鍋。 圧力調理、炊飯、無水調理、蒸す、スロー調理、温めなおす、煮込み、炒みができます。 特徴は、火をつかなわないので火加減の調整が必要なく、電気圧力鍋なので ほったらかし料理ができます。 特徴は、材料を入れてボタンを押すだけで終わり。 時短で本格料理ができるのが嬉しい。 手抜きをしていても、手抜きに見えないからね。 実際に作ってみた レシピ本が付いているので、安心。 レシピ本通り、材料とボタンを押せばOK! 煮豚を作った 今回は豚ロースを使ってみました。 鍋に、豚塊肉と長ネギ、しょうがそして水、しょうゆ、酒みりん、砂糖をいれます。 蓋をして「肉・豆ボタン」を押し、調理時間を30分設定し「調理スタート」ボタンを押します。 これだけで、することは終わり。 あとは、待つだけです。 調理が終わると「END」と表示されます。 が、圧力切り替えバブルが下がってません。 バルブが上がっている時は、圧力がかかっている状態です。 下がるまで待ちましょう。 バルブが下がれば蓋を開けれます。 角煮の場合はもう少し煮込みます。 蓋を開けたまま、「煮込み・炒め」ボタンを押して15分ほど煮詰めたら出来上がり。 お肉がほろほろでおいしかった。 牛すじ煮を作った 材料の牛すじ、長ネギ、しょうが、にんにく、水、酒を入れます。 蓋をして、「肉・豆」ボタンを押して40分、「調理スタート」ボタンを押して終わり。 後は、ほったらかし。 バブルが下がり、蓋を開けたら出来上がり。 牛すじ肉が柔らかく出来上がってます。 ご飯を炊きました お米を洗って、鍋に入れ水を入れます。 蓋をして「ごはん」の今回は4合だったので10分で「調理スタート」ボタンを押して終わり。 ピンが下がったら出来上がり。 つやつや、もちもちのご飯ができました。 つぶあんを作った 私あんこが大好きで、いつも圧力鍋で作るのですが、今回はクッキングプロで作ってみた。 実は、あんこを作るのが一番楽しみだったんです。 さて、どんな風に出来上がるのかな? 同じように材料、小豆と水を鍋に入れます。 そして、「肉・豆」のボタンをそいて15分で「調理スタート」ボタンを押します。 バブルが下がったら蓋を開けて、砂糖を入れて「煮込み炒め」ボタンを押して12分。 電気圧力鍋でも、そのあとそのまま調理できるのがいい。 おいしく出来上がりました。 かぼちゃを煮込んだ かぼちゃのわたと種をとって、一口大に切り水と鍋に入れます。 蓋をして「シチュー・スープ」ボタンを押して1分「スタート」ボタン ほくほく、かぼちゃができました。 かぼちゃを使って、プリンを作りました。 蒸しかぼちゃをフードプロセッサーでつぶして、牛乳と砂糖を入れて温めてゼラチンで固めました。 簡単に出来上がり。 調理後のお手入れ お鍋は食器洗剤を使って柔らかいスポンジで洗います。 ちょっと面倒なのは、蓋の排気ノズルを付属のピンで異物などを取り除きます。 排水キャプは外さず穴にこちょこちょと異物を取り除きます。 圧力表示ピンのパッキンは外さず、数ーズに動くか確認。 使った感想 圧力鍋と違うのは、火を使わないところ。 これなら子供にも安心して使わせることができるなぁ~と思いました。 何より、 材料を切って入れて、ボタンを押すだけで本格的な料理ができるのが嬉しい。 使ってないけれど、タイマーもついているのでセットすれば仕事から帰ってきたらすぐにご飯が食べれそう。 圧力鍋の場合急速冷凍を鍋を冷やすことで出来ますが、クッキングプロは圧力切り替えバブルで調整できるのかな?試していませんが。 下がるまで待つのがいいのかも。 ただ、圧が下がるのは料理によって違うみたいです。 ご飯を作った時に、炊く時間は短いけれどバルブがなかなか下がらないので結局炊飯器の早炊きの方が早かったんじゃないかな?って思いました。 最初はボタンがたくさんでどれを使っていいのか、取扱い説明書片手になかなか慣れなかったけれど、何品か作ってだんだんと慣れてきました。 今度は、タイマー料理やパスタ料理を作ってみたいです。

次の