僕ヤバ 市川。 【僕ヤバ46話】考察感想とネタバレ|全世界に見せる顔は市川にだけ見せる顔

『僕の心のヤバイやつ』Twitter版(ツイヤバ)感想 本編を超える甘酸っぱさ!?

僕ヤバ 市川

投稿も丁度ジャージ回あたりのなので元々補足的な投稿でしたね。 さて、本編入ります。 僕は距離をとれない クソイベント・持久走。 イベントというか非常に辛いだけの体育の授業だったのはないでしょうか。 インドア派の市川も類に漏れず、持久走は楽しくないだろうと思っていたよう(芸人の前フリか?)。 クラスメイトがわちゃわちゃやってるシーン久しぶりですね。 Karte14以来でしょう。 担任の前田先生の背中もレア。 一緒に走ろ!! 恋バナした経験もあってか、山田は原さんに気を許している感がある。 特になんにも考えずに一緒に走ろと言ったりするし、心の距離も近い。 が、市川には既に暗雲が見えていたりする(察しが良すぎるよ……)。 何でもいいがこのコマの原さん可愛いな。 ぽてぽて ちょっとぽちゃった走行SE。 どんどん原さんを引き離して市川に駆け寄っていく山田。 ……そして、その様子を確認している目線の主は市川。 速攻で原さんのことなど頭から消え去って、市川しか見てない山田。 しかも原さんが声かけてるのに聞いてやしないんですよ。 太田が訝しんでるでしょ。 やっぱり。 原さんを置いていくことは市川にはうすうす予測できていたらしい。 どういうこと……? 市川ダッシュ 山田は市川と一緒に走りたい。 市川はそんなことも知らず、男としての自負を見せる。 男子は身体の作りが強いこともあって、女子に負けたくないよな。 こういう小さい意地みたいなもの、正しい中二病って感じ。 が、山田お構いなしで全力疾走。 市川と一緒に走りたくて仕方ないの。 その上『 早い、待って』である。 一緒に走ろと言っているようなもんだ。 秘密が良いんじゃないのか。 Karte27の発言は夢か?幻か?わからない…… まあ、そういうこともあってか、気恥ずかしさもあってか。 人前で絡むなと心の叫びをあげる市川。 ちょっと気恥ずかしいとかより、自分といる山田の価値が下がるとか思ってそうな発言だ。 好きな子が絡んできて嬉しくないこともなかろうし……。 持久走不幸回。 いくら見えやしないからってこれははしたないんじゃないか。 しかも しっかり市川に目線をやって意識してる。 わざと後ろ前間違えて仕込んできて、見せるために猛ダッシュしたんじゃないかとか疑いだすレベルだよ……。 でも何にも考えてないんだろうな……山田だしな……。 はぁはぁ ひたっすら美しい表情と高い冬の空の下。 白く曇る吐息で無言で……………。 なにしてんすかこの人たち……公衆の面前ですけど……。 右目… はじめて見た… はーーおっぱいでっけえなこのおんな。 もうヤダ助けて。 情事でしたっけこれ?えっ、こんなきれいなお情事が……? いや普通に底抜けにきれいなシーンなんですけどね……。 何言ってるんでしょうか……。 おっぱいでっけえと筆が乗ってるんだなって感じでおっぱい乗ってんなって感じですよ。 肩のラインもすげえいいしな。 うんもうなんだかよくわかんないっす。 胸の上にのった体操服のシワの丸さが最ッ高にうつくしいんだよ。 それだけが言いたかった。 うなじも張り付いた紙もトーンのびかびか光ってる感じも(以下延々 あれ?ラインが 足元注意。 こんなコースアウトしてしまうまで相手のことしか見てなかった二人。 どういうことなんですか……周囲はなぜ止めてあげなかったんですか。 恋で盲目になって道を踏み外す二人になってもいいんですか? ねえそんなこのままだと渋谷で初デートとかのたまう二人組が…… 結局ビリ 長々とこんなやり取りをして視線を交えていたということでしょうか。 はあはあ言いながら、息を荒げて……呼気を交わして……おい……。 キーンコーンカーン 鐘の音が休み時間に食い込んでしまった事を告げる。 となればクラスメイトがさっさと掃けるのは道理である……とこれだけで告げてくる のりお先生はやはりおマンガの空間の使い方がすごくうまいです。 ええ、そういうコマです。 も…ムリ… はぁっ?!市川君と運動して足腰立たねえってか!?コラ山田!なんだあ?!エエッ!?どういうこと!?おい!!ええ!?原さんの前だぞ!! 市川君めちゃくちゃかわいくないですか?もう可愛くないですか?可愛いよな?オラ同意してくださってもかまいませんわよ?おほほほほ……。 ス 伸びる白い手。 驚く市川。 まあ驚くよね。 起こしてってことだしさ。 意中の子からそんなこと求められるって思わないじゃん。 それに首を動かして周囲を警戒する市川。 こんなの見られたら山田の終わりだもんね。 そりゃ警戒するよ。 市川が山田に気があることも薄々気付いてるし、山田が市川のこと好きなのも薄々気付いてるんですよ。 で、これだよ。 手つないでも大丈夫って教えてくれてんの。 神フォローですよ。 もーマジ大人。 すげえ。 惚れる。 えっ、神崎が既に売約済み?あいつ人の目見るの良すぎない?なんて幸運に恵まれた少年なんだよ……。 まあいいや。 みたいなシーンですね。 もう原さんがほわほわするだけのコマです。 手を握りこんだままやるのがポイントですね。 ごめんね原さん 速攻約束を破ったことを詫びる山田。 一応覚えてはいたらしい。 原さんは後ろからずっと見ていたはずなので、もう両片思いは確信に至るんじゃないでしょうか。 それこそ付き合ってると誤解するレベルで。 山田の吹き出しがフニャフニャしてるのは市川の前で指摘してほしくないからでしょうか。 まだバレたくないのかも。 そして市川も見られてることは知っているので、まあだんまり。 Karte23で薄々勘付かれていることもおそらく察しての赤面でしょう。 言外に市川が認めていることはこれですね。 市川は考え事に耽っていて、そして山田に目を向けていません。 だからここで、ジャージを間違えます。 1コマ目で市川はジャージを朝礼台の上に置く 左手に持っているのは山田のジャージ。 ここで間違えてしまったのは、市川です。 ここで事件は終わらずに、次回Karte33へと続くのでした。 まとめ これKarte33の序章だったんですよね。 闇の魔術師もKarte33でのジャージ事件の整合性を取るための補足になっています。 市川はどんどん山田といることの楽しさを認めたり、ちょっとした変化が見られますが、基本は二人がはあはあ言いながら手をつないだりするだけの話です。 それだけの話ですよ。 本当にそれだけなんです。 美しくて可愛らしい、そんな青春の輝いた一コマになっています。 輝く日常の切り取りが本当に上手ですね、のりお先生は。 次回も相応に事件です。 では、また次回で。 どきどきしてきた……— くらもりさん FMaiKazefan 心の扉の蝶番はばっきりと折れはてて、もはや元に戻ることは無い 助けてくれ。 この回を読んでから動悸が止まらなくなってしまった。 あれ?ヒロイン誰だっけ?そうだね市川京太郎。 この回以降の僕ヤバは、市川京太郎というこの世に産み落とされた宝石のような美しい少年が、暴食暴淫魔王山田に喰いつくされていくという凄惨な聖餐を見せつけられていくだけという地獄と化してしまった。 どうにかしてくれ 助けてくれ。 ここでどんなに助けを求めたところで市川君が読者を向くことは無いし、仮に山田と市川がくっつかずに間におじさんおばさんおにいさんおねえさん老若男女足立に太田が 挟まる展開があってもまったくもって望んじゃいないのでもうどうしようもない。 何がどうなろうと地獄。 つまり地獄である。 ヤケドなんて可愛いもんじゃないんだよ。 わかる? ここに一人の僕ヤバ地獄に勝手にはまり込んだカンダタがいるんです。 だが私は蜘蛛を助けたこともなく、目黒区にも住んでいない。 救いは無い。

次の

僕ヤバ:市川の気持ち

僕ヤバ 市川

【更新】思春期ラ「僕の心のヤバイやつ」最新話が更新されました。 壊れたよね、情緒が。 ・渋谷編が二人で会っているという「近く」の話であったのに対して今回は電話という「遠く」での話という……離れていても近くにいても、距離があっても二人のコミュニケーションが展開されるの、もう無敵でしょ……近くと遠くという距離があっても通底しているものが同じなの、構成が良すぎる。 ・Karte. 43の仲直り時には君 というか君オクを通じた市川の「山田は自分のことを好きではないか?」と言う感情 に 黙れ……消えろ…… と言っていたのにイマジナリー京太郎として現れるという……! 渋谷編を経てより「向き合おう」という市川の心境の変化〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!ギャウギャウギャウ! ・市川の部屋の賞状とかトロフィーなんだろうね。 市川姉のものが置かれているとかもあるんじゃないかとも思ってたり。 市川のキャラからそんなに読者が持つイメージとしてつながらないものだから何かの布石かな?とも思う。 市川の部屋の賞状、読書感想文とかの賞状だったらどうしようとか思って凄い感情になっている。 市川が読む本、殺人系とかなのにやたら教育的な内容の本を選んで「それらしい良い子の」読書感想文を書いて賞状渡されてたら……とか考えるとこう、市川の封じ込められた自我を勝手に想像してしまって……— えのき enonoki003 ・こうだったら……どうしよう、どうしよう本当に。 市川が内へ内へと押し込めていた自我を山田が「発見した」みたいな文脈だとこう、狂う……考えすぎな気もするが…… でも考えるの楽しいじゃん! ・市川が「山田との可能性」を考えるの、本当に真摯な作風であり、真摯な市川だなと……自分の内なる感情と向き合うのがどれだけ難しいか……というのを大人になってから痛感しています……市川は私よりも遥かに遠い地平にいる…… ・山田からの好意について2巻などではひたすら目を背けていたのに対して「山田は僕に好意を持っているらしい」というのは信じられるようになってきたのに対して「普段から山田は友達に対して距離が近い」という市川目線での目を背けていない理屈が出てくるの話作りが上手い……市川が自分自身の「山田に向き合わない心」を克服したうえで、山田を知るからこそ 市川から見て 「山田は友達と距離が近い」というのがハードルになるの、納得感がある。 ・でも山田、飛び抜けて小林にスキンシップ多いだけで案外他のメンバーはそうでもない気がする。 ・市川の心配に対して「そうかも……」って同調しちゃうイマジナリー京太郎、実に市川。 市川の思い描く「最強の自分」ではなくてポジティブに捉えたい意識の表れなのがどこまでも市川で良すぎる。 ・腕立ての下りが可愛すぎるんだよな市川。 「山田ッ」じゃないんだよ「山田ッ」じゃ。 市川ッ!!!!!! ・というかここで「男らしく」と鍛えてみようと市川が考えている一方で山田は君オクの君をなぞる行動をリモートでしているのが凄く面白い。 市川が「男らしくした方がいいのかな」と考える中で山田はそんなのをぶち抜いて行動しているズレですよ……ズレた世界も愛しく思うよ…… ・「……そっか」「そうだよね……」 山田〜〜〜〜〜〜〜〜山田山田山田〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!! ・秋田行ったら連絡が取れなくなると思って通話を強行という……市川は「秋田でもあるから大丈夫」と思ってる。 二人の距離についての感覚のズレ〜〜〜〜〜〜〜気付け市川〜〜〜〜〜〜気づいて…… ・このまま年越しまで市川から連絡が来ないかもと思って連絡をする山田、本当にすごいちゃんと動いている……そりゃ「まだ今年は終わらない」ということを前回分かれ際に伝えたのに連絡来なかったら焦るかも……焦る……絶対焦る…… ・「電話……難しいなぁ……」山田のモーグでもありそうなところがネームのうまさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ・リモートドリンク。 犯罪だよ。 (犯罪ではない) ・Ciel 山田が載ってるファッション紙 買ってる市川〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜前買った奴結局捨ててないのかと思ったら表紙違うから新たに買っていることが判明した市川〜〜〜〜〜〜〜!!!!! ・いや、正直これすごい、こう、いやらしさを感じてしまった。 市川に取ってファッションってそこまで馴染みのない物だと思うんですよね。 少なくとも積極的に世間のファッション情報を接種するわけじゃないと思うんですよ。 その中で貴重なファッションの情報は山田の載っているCielからになる。 もちろんっぽいから直接転用は出来ないと思うんですけど、市川は山田の載っているファッション紙を追うわけじゃないですか。 そういう積み重ねってセンスとして培われていくと思うんですよね。 水面下で市川のこれからのファッション性が山田によって作られていくんですよ。 侵略だよ侵略!無意識の侵略が行われている!!!!!!!!!! ・というか山田がえっちな本かと想定したのが驚きだよ…… いや、なんていうか「市川には性欲は無い」ぐらいの無垢な視点ではなく「市川も性欲を持ちうる」と認識しているというのこう、こう……ニュアンスが難しい……— えのき enonoki003 いや、正直山田は市川が性欲を持っていることを見ていないというか認識していないんじゃぐらいに思っていたのでちょっと衝撃がある・・・・・・・— えのき enonoki003 こう、「だから山田は市川の性欲をあおってるんだ!」とは全然思わないんだけど市川にそういう欲望があるという認識が山田にあるってのが、なんていうか山田の感情のステージが高くて……妙な偶像化してるわけでなくてしようとしている山田の意思が、こう……— えのき enonoki003 ・前回の渋谷で市川が「嫌なことは嫌という」といった自分の精神面のすり合わせを山田へして山田はそれを理解したわけだけど、性欲的な側面については別に山田が市川のそういう事情を知る余地はほとんどなかったわけじゃないですか。 市川は山田の世界では多分それまでいなかったタイプの異性 足立とかと違う で、そういうところにもまた惹かれていると思うのでなんというか、変な偶像化というか、極端な理想化があってもおかしくないかな〜とか思っていたので衝撃。 ・でもそれだけ人間を見れるの……山田もすごいよ……すごい…… ・月を見る市川と山田。 【更新】思春期ラ「僕の心のヤバイやつ」最新話が更新されました。 ラブ未満コメディってことをが指しているのはこれか!!!!!!!!!! ・そうして安眠のおまじない。 眠れないという市川に対してのおまじないであると同時に、今回のカラーイラストを見るに山田も眠れていないわけで。 「山田が市川へしたいこと」でありながら同時に「山田が市川にされたいこと」でもあるという…… ・ヴァーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!! ・おやすみを言えない市川。 「prey」〜を捕食する「pray」祈る、願う「play」遊び、遊戯— えのき enonoki003 三つの意味が重なれば必然です— えのき enonoki003 こちらも合わせてどうぞ…!サインも当たります。 グエー enonoki.

次の

『僕の心のヤバイやつ』46話感想 山田と市川がお互いにしか見せない表情が尊い。

僕ヤバ 市川

【更新】思春期ラ「僕の心のヤバイやつ」最新話が更新されました。 壊れたよね、情緒が。 ・渋谷編が二人で会っているという「近く」の話であったのに対して今回は電話という「遠く」での話という……離れていても近くにいても、距離があっても二人のコミュニケーションが展開されるの、もう無敵でしょ……近くと遠くという距離があっても通底しているものが同じなの、構成が良すぎる。 ・Karte. 43の仲直り時には君 というか君オクを通じた市川の「山田は自分のことを好きではないか?」と言う感情 に 黙れ……消えろ…… と言っていたのにイマジナリー京太郎として現れるという……! 渋谷編を経てより「向き合おう」という市川の心境の変化〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!ギャウギャウギャウ! ・市川の部屋の賞状とかトロフィーなんだろうね。 市川姉のものが置かれているとかもあるんじゃないかとも思ってたり。 市川のキャラからそんなに読者が持つイメージとしてつながらないものだから何かの布石かな?とも思う。 市川の部屋の賞状、読書感想文とかの賞状だったらどうしようとか思って凄い感情になっている。 市川が読む本、殺人系とかなのにやたら教育的な内容の本を選んで「それらしい良い子の」読書感想文を書いて賞状渡されてたら……とか考えるとこう、市川の封じ込められた自我を勝手に想像してしまって……— えのき enonoki003 ・こうだったら……どうしよう、どうしよう本当に。 市川が内へ内へと押し込めていた自我を山田が「発見した」みたいな文脈だとこう、狂う……考えすぎな気もするが…… でも考えるの楽しいじゃん! ・市川が「山田との可能性」を考えるの、本当に真摯な作風であり、真摯な市川だなと……自分の内なる感情と向き合うのがどれだけ難しいか……というのを大人になってから痛感しています……市川は私よりも遥かに遠い地平にいる…… ・山田からの好意について2巻などではひたすら目を背けていたのに対して「山田は僕に好意を持っているらしい」というのは信じられるようになってきたのに対して「普段から山田は友達に対して距離が近い」という市川目線での目を背けていない理屈が出てくるの話作りが上手い……市川が自分自身の「山田に向き合わない心」を克服したうえで、山田を知るからこそ 市川から見て 「山田は友達と距離が近い」というのがハードルになるの、納得感がある。 ・でも山田、飛び抜けて小林にスキンシップ多いだけで案外他のメンバーはそうでもない気がする。 ・市川の心配に対して「そうかも……」って同調しちゃうイマジナリー京太郎、実に市川。 市川の思い描く「最強の自分」ではなくてポジティブに捉えたい意識の表れなのがどこまでも市川で良すぎる。 ・腕立ての下りが可愛すぎるんだよな市川。 「山田ッ」じゃないんだよ「山田ッ」じゃ。 市川ッ!!!!!! ・というかここで「男らしく」と鍛えてみようと市川が考えている一方で山田は君オクの君をなぞる行動をリモートでしているのが凄く面白い。 市川が「男らしくした方がいいのかな」と考える中で山田はそんなのをぶち抜いて行動しているズレですよ……ズレた世界も愛しく思うよ…… ・「……そっか」「そうだよね……」 山田〜〜〜〜〜〜〜〜山田山田山田〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!! ・秋田行ったら連絡が取れなくなると思って通話を強行という……市川は「秋田でもあるから大丈夫」と思ってる。 二人の距離についての感覚のズレ〜〜〜〜〜〜〜気付け市川〜〜〜〜〜〜気づいて…… ・このまま年越しまで市川から連絡が来ないかもと思って連絡をする山田、本当にすごいちゃんと動いている……そりゃ「まだ今年は終わらない」ということを前回分かれ際に伝えたのに連絡来なかったら焦るかも……焦る……絶対焦る…… ・「電話……難しいなぁ……」山田のモーグでもありそうなところがネームのうまさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ・リモートドリンク。 犯罪だよ。 (犯罪ではない) ・Ciel 山田が載ってるファッション紙 買ってる市川〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜前買った奴結局捨ててないのかと思ったら表紙違うから新たに買っていることが判明した市川〜〜〜〜〜〜〜!!!!! ・いや、正直これすごい、こう、いやらしさを感じてしまった。 市川に取ってファッションってそこまで馴染みのない物だと思うんですよね。 少なくとも積極的に世間のファッション情報を接種するわけじゃないと思うんですよ。 その中で貴重なファッションの情報は山田の載っているCielからになる。 もちろんっぽいから直接転用は出来ないと思うんですけど、市川は山田の載っているファッション紙を追うわけじゃないですか。 そういう積み重ねってセンスとして培われていくと思うんですよね。 水面下で市川のこれからのファッション性が山田によって作られていくんですよ。 侵略だよ侵略!無意識の侵略が行われている!!!!!!!!!! ・というか山田がえっちな本かと想定したのが驚きだよ…… いや、なんていうか「市川には性欲は無い」ぐらいの無垢な視点ではなく「市川も性欲を持ちうる」と認識しているというのこう、こう……ニュアンスが難しい……— えのき enonoki003 いや、正直山田は市川が性欲を持っていることを見ていないというか認識していないんじゃぐらいに思っていたのでちょっと衝撃がある・・・・・・・— えのき enonoki003 こう、「だから山田は市川の性欲をあおってるんだ!」とは全然思わないんだけど市川にそういう欲望があるという認識が山田にあるってのが、なんていうか山田の感情のステージが高くて……妙な偶像化してるわけでなくてしようとしている山田の意思が、こう……— えのき enonoki003 ・前回の渋谷で市川が「嫌なことは嫌という」といった自分の精神面のすり合わせを山田へして山田はそれを理解したわけだけど、性欲的な側面については別に山田が市川のそういう事情を知る余地はほとんどなかったわけじゃないですか。 市川は山田の世界では多分それまでいなかったタイプの異性 足立とかと違う で、そういうところにもまた惹かれていると思うのでなんというか、変な偶像化というか、極端な理想化があってもおかしくないかな〜とか思っていたので衝撃。 ・でもそれだけ人間を見れるの……山田もすごいよ……すごい…… ・月を見る市川と山田。 【更新】思春期ラ「僕の心のヤバイやつ」最新話が更新されました。 ラブ未満コメディってことをが指しているのはこれか!!!!!!!!!! ・そうして安眠のおまじない。 眠れないという市川に対してのおまじないであると同時に、今回のカラーイラストを見るに山田も眠れていないわけで。 「山田が市川へしたいこと」でありながら同時に「山田が市川にされたいこと」でもあるという…… ・ヴァーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!! ・おやすみを言えない市川。 「prey」〜を捕食する「pray」祈る、願う「play」遊び、遊戯— えのき enonoki003 三つの意味が重なれば必然です— えのき enonoki003 こちらも合わせてどうぞ…!サインも当たります。 グエー enonoki.

次の