足の臭い 体調不良。 “頭痛、むくみ、だるさ…”梅雨になると体調不良になる原因と対処法

足が臭い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足の臭い 体調不良

足首が硬いとき、どんな弊害がある? 足首が硬いための弊害を考えてみましょう。 まず考えられることは、しゃがめないということでしょう。 しゃがもうとするけど、バランスをとることができずに後ろに倒れてしまう人が多いのではないでしょうか。 次に考えられることは、正座ができない、または正座をしづらいということでしょう。 昔の日本と違って近代の日本ではあまり正座をする機会が少なくなってきましたが、 お葬式や他の大事な行事などで、どうしても正座をしなければならない状況では困ってしまいます。 それから、スポーツをするときも足首が硬いために本来の能力を発揮できないことがあるかもしれません。 特にサッカー、スキー、スノーボード、水泳(平泳ぎなど)、マラソンなどのスポーツをするとき動作が制限されてしまい思うような結果がでないかもしれません。 こんな不調を持つ人は足首が硬い 現役セラピストとして長い間活動してきたなかで、足首が固い人の特徴がいくつかあることがわかってきました。 1つ目は、腰痛など腰に不調がある人です。 実は、腰と足首、及びかかとのあたり、アキレス腱のあたりは関連があります。 腰に不調を抱えている人は、足首、かかと付近、アキレス腱付近が固くなっている場合が少なくありません。 この足首、かかと付近、アキレス腱付近を適切に施術すると、腰が楽になる場合が多いです。 2つ目は、膝痛など膝に不調がある人です。 膝に不調を抱えている人も、足首やくるぶしの下あたりが硬くなっていることが少なくありません。 この足首やくるぶし下あたりを適切に施術すると、膝が楽になる場合があります。 3つ目は、自律神経が乱れている人、うつっぽい人です。 自律神経が乱れている人、うつっぽい人も足首や足指がとても固くなっていることが多いです。 自律神経が整ってきたり、うつっぽい症状がなくなってくると、足首や足指が柔らかい本来の状態に戻ってくるケースが少なくありません。 足首が固いときの改善法。 マッサージはどう? では、足首が固い状態を改善させるにはどうしたらよいのでしょうか? まずは、シンプルに足首を回すことがよいでしょう。 ゆっくりとなるべく大きな円を描くように回すとよいと思います。 思いついたら行うのではなく、毎日の習慣にすることが大切だと考えます。 確か、ヨガをはじめるときも足首を回す動作を行うのではないかと記憶しています。 次にあげられる改善法、対策は、ふだんの立ち方や歩き方を見直すことです。 多くの人の立ち方や歩き方が、足の前か後ろか外側(小指側)に重心が偏っています。 その偏りを補正するために足首周りの筋肉や靭帯などの組織にけっこう負担がかかっていると思われます。 では、どのような立ち方や歩き方が良いのでしょうか? 私がおすすめする立ち方は、内くるぶしの下、土踏まずのかかと側に重心がくるように立つことです。 それから、足の親指側を意識して立ったり歩いたりすることです。 このように足を意識した立ち方歩き方を習慣にしていくと、足が自然が状態になり足首の固さも緩和していくでしょう。 さいごにあげられる改善法、対策は、足の骨(特に距骨)の歪みなくし整えることです。 足首が固い人の多くは足の骨、特に距骨と呼ばれている骨が歪んでいることが多いようです。 この骨の歪みをとって整えることは自分では難しいかもしれませんので、柔道整復師や整体師など専門家に相談されたほうがよろしいかと思います。 今回は、足首が硬い弊害や理由、それから改善法などについてお伝えしました。 さいごまでごらんになっていただき、ありがとうございます。

次の

“頭痛、むくみ、だるさ…”梅雨になると体調不良になる原因と対処法

足の臭い 体調不良

夜中にカップ焼きそばが食べたくなるのはこれが原因か…! 脳に悪影響がある ・記憶力の低下:睡眠は記憶力増強の大きな役割を持っています。 学業成績と睡眠習慣の調査によると、 就寝時間の遅い子供や睡眠時間の短い子供ほど学業成績が悪いそうです。 ・認知機能の低下 脳の老化 :睡眠時間が短いと 脳の老化が早まります。 睡眠時間が1時間短くなると、脳にできる隙間が1年毎に0. それに伴い、認知機能は1年ごとに0. 判断力の低下 寝不足により判断力が低下します。 車の運転など、とっさの判断が必要な場面での判断ミスのリスクが増えます。 短時間でできる寝不足の改善方法 う~ん、寝不足って怖いなぁ。 でも改善しようにもやりたいことが多すぎて時間がない!どうしよう…。 改善には短時間の仮眠が効果的 寝不足が引きおこす、私たちの体への悪影響を紹介してきました。 これらを改善する方法は「睡眠時間の確保」のほかに無いように見えます。 しかし研究の結果、寝不足には20分~30分の仮眠が効果があることがわかりました。 認知症予防にも大きな効果があり、毎日30分以内の昼寝をしていると、認知症になる確率が5分の1にまで下がることがわかってきたのです」 例えば昼食を食べた後の休憩時間など、20分だけでもいいので仮眠をとってはいかがでしょうか。 その時間さえ確保することができれば、寝不足によって引き起こされる悪影響を軽減することができます。 また、 お昼の仮眠には午後の仕事のパフォーマンスをあげる効果もあります。 お昼後の30分のお昼寝は至福。 午後の仕事のためのエネルギーも充電! 仕事のパフォーマンスを上げ、仕事を早く終わらせることが大事です。 早く家に帰ることができれば、それだけ自由な時間が増えます。 目を閉じるだけでも仮眠の効果はある 仮眠の時間もないよ!という方は、短時間でもいいので目を閉じて休んでください。 それだけでも効果があります。 脳で処理している情報の約8割は視覚情報と言われます。 それを遮断するだけで脳を休めることができる。 眠れなくてもかまいません。 まとめ:寝不足は良いことないので何とかして寝ましょう。 寝不足の悪影響と、それらの悪影響を軽減する方法をまとめてみました。 私も最近夜更かしが多く、寝不足気味の日々が続いておりました。 しかし、睡眠時間が短い期間が続くと体に大きな負担をかけることがわかりました。 寝不足が原因で生活習慣病になったら、自分の人生でなく家族にも負担をかけることになります。 健康はお金では買えません。 そして健康でいるためには睡眠が必要です。 自分や家族の人生のためにも、改善をお勧めします。

次の

“頭痛、むくみ、だるさ…”梅雨になると体調不良になる原因と対処法

足の臭い 体調不良

Contents• 体調と関係する足の臭い 足の臭いの原因となってしまう体調不良はいくつか考えられます。 そして、臭いのタイプも状況によって異なることもあります。 臭いを改善するためにはこれらの根本的な原因を改善していく必要があるのです。 ストレス まず、最も可能性が高い体調不良としてはストレスがあります。 仕事や学校でストレスがたまっているときほど足の臭いが強烈になってしまうという経験がある人も多いのではないでしょうか? 精神的なストレスも肉体的なストレスも自律神経のバランスを乱してしまい、 汗を多くかいてしまったり、足の臭いがキツくなってしまう傾向にあります。 ストレスがたまっている時の足裏の臭いは「ゴムの焼けたような臭い」、「すっぱい臭い」などと表現されることもあります。 汗腺機能の低下 これは体調不良というわけではありませんが、運動不足やエアコンの影響で汗をかくための汗腺の機能が低下してしまうことも原因として考えられます。 特に、春に足が臭くなってしまうという場合は汗腺機能が関係していることがよくあります。 適度な運動を行うなどで汗腺を弱らせないようにしていきましょう。 免疫力の低下 足の臭いの引き金となっているのは雑菌やバクテリアです。 なので免疫力が低下してしまうとその分雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 実はの場合に足の臭いが強くなってしまうというのはこれが一つの原因となっているのです。 内臓 そして内臓の調子も体臭と関係していることがあります。 特に消化器の調子が悪くなると甘いニオイがすると言われています。 腸内の環境が悪いと全身にもニオイ成分が運ばれてしまったり、大腸の調子が悪いことで腐った雑巾のような大腸菌の臭いが発生してしまうことがあります。 また、肝臓はアンモニアなどの有害物質を解毒する働きがあるので、肝臓が不調の場合、疲労臭と呼ばれるアンモニア臭を放ってしまいます。 他にも肺が不調になると便の臭いがしてしまうというケースもあります。 このように、内臓の不調が体臭の原因となっていることもあり、特にこの場合は足だけでなく、体臭や口臭にも影響してしまうことがよくあります。 以上のように、足の臭いに関係する体調不良はいくつか存在します。 他にも水分代謝の乱れによる腐敗臭などもあり、普段からできるだけ自律神経を整えたり内臓を健康的にしておくことも大切なのです。 足の臭いを改善するには こういった体調による足の臭いを改善するには、 根本的な原因を改善する必要があります。 自分なりのストレス解消法を持っておいたり、食生活や生活習慣を見直すことで免疫力や汗腺機能の低下を防ぎ、内臓に負担をかけないようにするようにしましょう。 ただ、体質というのはなかなかすぐには変えることはできません。 すぐに臭いを抑えるためには雑菌による臭いを解消してくれる専用の消臭剤、デオドラント剤を活用していくことで対処していきましょう。 まとめ 足の臭いは体調と関係していることもあります。 原因はいくつか考えられますが、まずは原因を考え、根本的に改善していくことが大切で、すぐにニオイを抑えたい場合には専用のデオドラント剤を使うことで対処していきましょう。 それでもなかなか改善されないという場合は病院で検査してもらうことをおすすめします。

次の