バーミキュラ 鍋 口コミ。 バーミキュラの鍋の口コミがやばい?メリットやデメリットのまとめ!

バーミキュラのクチコミ評価は? メリット・デメリット レビュー

バーミキュラ 鍋 口コミ

Advertisement 無水調理ができる、日本生まれの鋳物ホーロー鍋、バーミキュラ。 「いいお鍋でおいしいごはんが食べたい!」と、今、バーミキュラの購入を考えているなら、 色もデザインも、きちんと納得して決めたいですよね。 悩むのがサイズ選び。 バーミキュラの場合、リペアサービスを利用すれば、 お鍋の色を購入後に変えることができるのですが、当然ながら サイズは変えられません。 だから、 サイズ選びはより慎重になるのです。 では、 一人暮らしの場合、メインで使うお鍋にはどのサイズが最適なのでしょうか?? 実際に一人暮らしでバーミキュラを使っている私がおすすめするのは、 22cmサイズです! それでは、具体的にその理由を解説していきましょう。 万能さを重視するなら一人暮らしでも22cmがおすすめ! どのサイズを購入すべきか悩んでいる人なら、一度は公式ホームページや家電量販店などに置いてあるパンフレットを見た人もいるかもしれません。 これに従うと、一人暮らしなら18cmサイズが最適、となります。 実際に作りたいメニューを考える! しかし、ここで考えておきたいのは、 実際に作りたいメニューです。 鋳物ホーロー鍋でまず作りたいメニューって、どんなものですか? 私の場合は、 カレー シチュー 肉じゃが ポトフ かぼちゃの煮物 筑前煮 など、 簡単で、ちょっと多めに作った方がおいしいと言われる料理が中心でした。 しかも、 鋳物ホーロー鍋の実力が生かされて、ステンレス鍋との違いが明らかにわかるのは煮込み料理!たっぷり作ることができる大きめサイズが理想的です。 22cmは炒めやすい! カレーやシチューは、 最初にお肉や野菜を鍋で炒める工程があります。 シチューは特に、盛り付けた時に絵になるので、ごろっとした大きめサイズでカットする人が多いでしょう。 そんな時、 18cmのバーミキュラだと、どうでしょうか? 18cmは、女性だとだいたい、指を目いっぱいに広げた時の親指から中指までの長さです。 また、どんなメニューを作りたいかに関わらず 「週末にまとめて作るつくりおき派」で、一つの料理で3人分くらいを作る!という人は、 迷わず22cmを選ぶべきです。 Advertisement ずっと使えるから、将来家族が増えても安心 一人暮らしさんに22cmサイズをおすすめするのには、 もう一つ理由があります。 それは、 バーミキュラが「一生使えることを目指した鍋」だからです。 あるのかないのか、それは誰にも分かりませんが、 将来、 家族が万が一増えた時にも、22cmサイズなら4人家族分を十分まかなえます。 「いやいや、万が一家族が増えたとしても、その頃にはきっとこのお鍋は傷んでいるだろうから、買い替えればいいのでは?」と思うかもしれません。 ですが、バーミキュラは、 傷んだら修理が可能です。 いつまでも、ずっと、使えるのです。 家族が増えても、人数分の料理が一度にできるというメリットだけでなく、 修理しながら大切に使うことで、孫の代まで使えます。 昔、おばあちゃんの着物を孫の代まで大切にしていた時代があったように、 バーミキュラは、家族みんなの食を支えた証として、代々引き継いでいくこともできるのです。 22cmのバーミキュラを使った感想 実際に22cmサイズで、ポトフを作ってみました。 鍋でベーコンを焼いていい感じの色になったら、切った野菜、ローリエなどのハーブに少量の水を注いで火にかけるだけ。 弱火でコトコト1時間。 基本ほったらかしです。 ベーコンを焼く時も、ストレスなし。 キャベツ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、セロリなども、 そのままごろっと豪快に入れられて、ポトフらしい見栄えになりました。 やっぱり、 一人暮らしでも22cmが使いやすい。 ポトフやカレー以外にも、付属のレシピ本には様々な料理が載っています。 本に載っているレシピの分量は22cmサイズが基本。 使い勝手の良い22cmなら、これからいろんな料理にも挑戦しやすいですね。 せっかく食べるなら美味しいものが食べたい。 食が充実していればだいたい機嫌が良い。 そんな人に役立つサイトを目指しています。 個人が趣味で運営しています。 関連する記事• 2019. 08 テレビや雑誌で話題の鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」。 大人気のあまり、入荷待ちが1年にもなった伝説の鍋です。 バーミキュラは無水カレーや肉じゃがなど、煮[…]• 2019. 12 話題の無水鍋バーミキュラ。 バーミキュラには、バーミキュラをもっと楽しむためのキッチンアイテムがあります。 中でも注目したいのが、ヒートキーパー。 ヒ[…]• 2019. 28 友人や家族の結婚が決まった時に、悩むのがお祝いの品。 どんなものを贈ったら喜んでもらえるのか、悩みますよね。 そこでこのページでは、実用性とオリジナリ[…].

次の

バーミキュラ(VERMICULAR)|鍋 通販・価格比較

バーミキュラ 鍋 口コミ

バーミキュラのメリット• 無水調理ができる• ブイヨン要らずで料理が おいしい• 料理が 簡単• 栄養満点• 部屋があったまる• かわいい• 蒸す、焼く、炒める、煮るがこれ1つ• 野菜がたっぷり食べられる• アフターフォローが充実 料理が簡単、おいしい、あったかい スープや煮込み料理にブイヨンなしでも野菜やお肉、魚などの材料から十分に旨味が出ます。 水なし(無水)で作れるので、 素材のおいしさをそのまま楽しめます。 じっくり低温で長時間蒸した野菜は甘みも増し、無水カレーなら十分な甘みが出るので、いつもよりも辛いルーを入れるとおいしいです。 料理は材料を重ねるようにいれて入れてただコトコト煮るだけで、 腕はほとんど入りません。 鋳物ホーロー鍋が料理が上手な人向きなんて言われていますが、そんなことは全くありませんよ。 煮ている間もかき混ぜる必要もないものも多く、火をつけて ほったらかし、簡単でシンプルな調理。 むしろ料理が苦手な人に使ってもらいたいと思うぐらいです。 コトコト弱火で煮ていると部屋中においしそうな香りがただよって、部屋もあったまるので冬は、リビングを幸せにしてくれます。 野菜は調理をすると栄養が失われていくといいます。 子育て中の家庭には、うれしい 栄養たっぷりの料理ができますよ。 野菜の味がちがうので、野菜嫌いでもこれなら食べれるという子どももいるとか。 子どものいる家なら調理法をみせることで食育にもなりますね。 かわいい バーミキュラのお鍋は、素材の安全性も考えたカラーで基本は、 和食がおいしく見えるパステルナチュラルカラー。 重くて、棚に出し入れすることが難しいので 基本、出しっぱなしになっていますが、お鍋があることで キッチンがいい雰囲気になっています。 料理をいれてそのまま出すと、一気にパーティーのような華やかさ。 料理をつくるだけじゃなく、 花を添えてくれるお鍋です。 蒸す、焼く、炒める、煮るがこれ1つ 例えば、煮込みハンバーグを作る場合、フライパンで焼いて、鍋で煮るという工程になりますが、お鍋の底がグリルパンのように波打っているので、おいしそうな焼き目もつきますし、そのお鍋でそのまま煮ることができます。 おでんの大根の下茹で• お米を炊く• 土鍋代わりに• 茶碗蒸しやプリン作りの蒸し器として• 肉を焼く など、 圧力なべ、土鍋や蒸し器、フライパン、炊飯器がこれ1つで代用できます。 こんなにいっぱい?という野菜の量でもじっくり熱を入れることで、旨味が凝縮、量もギュっと縮まります。 4人分のポタージュなので、一人1本の京人参を食べたってこと? それってすごいよね。 アフターフォローが充実 強火は厳禁、基本は弱火というルールがあったり、鍋を使いこなすにはクセをつかむコツがあります。 バーミキュラには、仮にホーローを焦がしてしまったり、欠けてしまったり、ホーローが剥がれてしまった場合でも 長く使えるサービスとして リペアサービスがあります。 修復サービスですね。 以前は私もお鍋やフライパンは安いものを使い捨てにしていたのですが、燃えないものを捨てるというのは罪悪感もあります。 最近では、再コーティングをして何度も使えるものか、一生使えるステンレスのものを選ぶようにしています。 バーミキュラは環境にもやさしいお鍋ですよね。 また、鋳物ホーローメーカーはほとんどがフランスの会社なのに対し、バーミキュラは愛知ドビーという愛知にある会社(町工場)で作られています。 それぞれ、日本の公式サイトはありますが、 日本で、日本人が、日本のお客さんの声を直接聞いてつくっているのは、バーミキュラだけ。 公式サイトでは、お手入れ方法、レシピ、などお鍋に関して相談窓口があり、 日本人だからこその丁寧な対応、 日本の食卓に合う料理のレシピが提供されていて、とってもわかりやすいです。 バーミキュラのデメリット• 夏は暑くて無理• 時間がかかる料理が多い バーミキュラは重い バーミキュラはフタにも本体も両手で持ち上げられる持ち手がついていますが、 他社の同じ直径の鋳物ホーロー鍋と比べても一番重いです。 その分フタと鍋の間が密着しているので、蒸気をほとんど逃さずに美味しい料理が作れます。 おいしさをとるか、重さをとるかですね。 まだ私は40代前半なので、バーミキュラの22センチを持っても重いとは感じますが、つらいまでは思いません。 ただ、母の世代(60代後半)になると、お鍋は軽いほうがいい!重いのは絶対イヤと言います。 絶対イヤな人はやめておいた方がいい重さですね。 共働きで、帰ってから全部で30分でご飯を作りたいという人には、 時間がかかりすぎます。 また、長時間コトコト煮るので、部屋はあったかくなりますが、さすがに夏には使いたくないお鍋ですね。 バーミキュラを購入したクチコミまとめ バーミキュラは、使いこなせない、宝の持ち腐れになっちゃう・・なんていうクチコミも見かけますが、自分でいつもの料理をいつも通りにやると調理方法が全然違いますので、確かに失敗しちゃいます。 使いこなすには、まずは レシピをレシピ通りに作ること。 何品か作ってみると、コツがつかめて、オリジナルで作ってみてもうまくいくと思います。 最初に公式レシピが2冊ついていますので、その料理をつくるだけでも十分ですが、さらに公式ページやアプリ、バーミキュラの調理本を買うなどして参考にできるレシピは、随時追加されています。 バーミキュラは、購入した人がバーミキュラをどれだけ楽しんでもらうことができるかということを重視しています。 料理って毎日やるものだから、悩まされたくないです。 管理人のニャーです。 掃除、洗濯、料理など暮らしに便利で役立つグッズをさがしています。 - 531,354 views• - 454,113 views• - 400,161 views• - 372,015 views• - 263,862 views• - 260,109 views• - 248,844 views• - 243,835 views• - 176,435 views• - 175,593 views カテゴリー•

次の

バーミキュラで炊いたご飯は絶品すぎる!口コミとおいしく炊飯する方法!

バーミキュラ 鍋 口コミ

バーミキュラの特徴 無水調理可能の非常に高い気密性があります。 野菜の水分やうまみを逃がさないので調味料をほとんど使わずに美味しくいただけます。 蓋をして火にかけるだけです。 この鍋ひとつで無水調理、炊く、ロースト、 スチームが可能。 カレー、絶妙な分厚いお肉のロースト、お米の旨味が際立つご飯、そしてスイーツまでもが作れます。 野菜の栄養素は他の調理方法とくらべ栄養素を損いにくいことが実証されています。 手間暇を惜しまず熟練した職人たちの手によって最高の製品を作りたいという思いが製造精度を実現させています。 使いやすく、そして美しさも大切にしています。 蓋と本体に取り付けられたダブルハンドル。 日本の女性でも持ちやすいので重さを感じにくくなっています。 職人の手で仕上げた曲線は滑らかでとても美しく、優しい色にも理由があります。 カドミウムという物質を使えば鮮やかな発色になるそうです。 しかし、有毒かもしれないものは使いたくはありませんでした。 そのために、淡く優しいカラーラインナップが多くなったのです。 でも見極めるのは難しいですね・・・。 でまわっている商品、販売できるということは安全基準は満たしているのでしょうから。 その安全基準がはたして確かなものなのか疑問です。 気になりだすと何も買えなくなってしまいますね。 バーミキュラを作っている町工場 バーミキュラを作り出したのは名古屋市の町工場、愛知ドビーです。 長年培ってきた高い技術力と、デザインやブランディングでも高い評価をされる開発をしました。 愛知ドビーは1936年(昭和11年)に創業。 かつては織り機の一つである 「ドビー機」の開発と生産で発展してきました。 繊維産業の衰退に伴い、事業も縮小して工業部品の下請けとして在続していました。 家業を再興するために、土方社長が2001年に、弟の智晴氏も2006年に愛知ドビーに入社。 現場の職人として技術を学びながら経営の立て直しを図りました。 そして一定の安定を得ることに成功しました。 鋳物が調理器に向いていると知ったことがきっかけで、バーミキュラの開発が始まりました。 町工場から世界最高の製品を作りたいという思いで生まれた商品です。

次の