プラン ドゥー シー。 Plan・Do・See(プラン ドゥ シー)の就活対策|企業研究やインターン/説明会情報ならONE CAREER

/ 株式会社プラン・ドゥー・シー

プラン ドゥー シー

お知らせ ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。 一次面接の際に聞かれた質問が「あなたの友達が好きな人に告白できずに相談して来ました。 どのようにアドバイスしますか?」でした。 私は以下のように回答しました。 「実はちょうど昨日2年お付き合いした男性と別れました。 二人で話し合って決めたことですが、今思えば色々と後悔が残っています。 あんな風に対応すればよか... SMaikoより 一次面接のお話より先に、説明会のESでも審査があります。 その時はESは手渡しなので笑顔で言葉を添えながら社員さんに渡せているかで判断されているような気がしました。 緊張して笑顔でESを渡せていない人は落ちていました。 一次面接では30人ぐらいで、最初はグループディスカッションというより、ちょっとしたブレインミーングストーミングで、グループの中で目をつぶって自分のペンを探すというものでした。 その後に筆記試験があり、A3の紙半分に国数英の初歩的な問題が二問づつ、図形理解などの頭の柔ら... りんより かなりぶっ飛んだ会社です。 5年間在籍しました。 (今から4年前に退職済み)業界の中で、自分たちが一番「カッコいい」ことをしていることについての自負が相当ありました。 確かに自社のもつウエディングの会場やホテルはどれもとてもセンスの良い最高の箱でした。 そしてスタッフも20代がメインの為大変勢いがあり、もう... ダリアより 現在、日本の婚礼組数が下がり続ける中、反比例して結婚式場が増え続けていますが、その中でいまだ勝ち続けている数少ない企業です。 業界では間違いなくトップクラスの稼働率だと思われます。 基本的に新卒で採用される人材は将来のマネージャー、支配人、幹部候補がほとんどです。 そのため選考基準はかなり厳しく細かく設... AkIより プラン・ドゥ・シーは外資系の企業であるため、国際感覚が求められる選考内容となっています。 1次選考:面接(人事の方)学生1人と面接官1人での選考となります。 聞かれる内容は、志望動機や自己PR、学生時代で一番印象に残っている経験等、一般的な質問の他に、海外で顧客を増やすためにはどのようなアイデアが必要か... 寄稿記事より この企業を志望する際に気をつけて欲しいことは、第1志望という思いが学生から伝わらない限り、絶対に内定は出しません。 そのためじっくり学生を吟味するので、面接に参加するまでのステップがまず多いです。 エントリーシートに始まり、グループディスカッションも数回行います。 実際、この段階で落とされる人も結構いるので、面接にたどり着くまでにも数回選考を通過しなければなりません。 さて、い... のんより 積み重ねた実績とノウハウでホテル、レストランを運営。 売上高146億円(グループ計)。 同社の運営するホテルでは、「チェックアウト14時」、「冷蔵庫の飲料は全て無料」など、通常のホテルでは考えられない特徴のあるサービスを提供している。 上場を目指していたが、上場プラン を取りやめた。 株価を上げていくには、多店舗展開が避けられなくなっていく。 同社は1店舗、1店舗、コンセプトを作り込みながら展開しているので、株価を気にしながらの経営では、自分たちのこだわりの店、自分たちのスタイルを貫くことが難しくなると判断した。 利益を最優先に考えると、現在手掛けるホテルを整理しなければいけない可能性も。 流行のハウスウェディングの草分け的存在としてスタート。 「おもてなしの心」をサービスの根幹とした経営が話題になっている。 プリンスホテルは、1泊2日の合宿を含む5日間のコースを設定している。 同社の事業戦略の説明を受ける座学のほか、同社が運営する都内のシティホテルや軽井沢のリゾートホテルで研修を行い、事業戦略立案のプレゼンまで実施する。... この前、面接を受けました。 地方のプリンスホテルで、面接官は東京の方がいらっしゃって面接が行われました。 集団面接一回で採用が決まるので、私も出来る限り詰めて詰めて臨みましたので、なんとか乗り切る事が出来ました。 集団面接ということで、4人グループでした。 その中の女性でちょっと答えがあやふやになったり声が小さかったりする人がいました。 その人に対して、「どうして?」「なんで?」と、突き詰めていくような質問が多かったわけなんですが、面接官の方が、ペンをカチャカチャしたり、下を向いてたり... まっぽーより 2012年度入社の最終面接を受けました。 当時はJTBが分社化されていたので私は店頭営業の最終面接でした。 最終面接は面接官2人に対し学生1人です。 まずは志望動機を聞かれ、その次に今までで一番印象に残った旅行を聞かれました。 その旅行先を答えると、では、その旅行先を実際に店頭スタッフになったつもりで私たち(面接官)におすすめしてみてください。 と言われました。 予想外の展開だったので頭が真っ白になりうまく答えられませんでしたが、旅行先の魅力だけでなく旅先で注意することなどを答えられたの... ESに関しては、 「あなたが何を実現したいのか」簡潔に述べるよう指示がありました。 適正テストは、本格的なSPIです。 1次面接は、 面接官2名に対し学生5名で行われました。 アピールタイムとして、志望動機、自己PR、この会社で実現したいことを5分程度で回答するものでした。 自分の意見を端的に述べることが求められていると感じました。 2次面接は、面接官1人の個別面... ワイズマンより 三次面接について聞かれたことについてお教えします。 三次面接では事前に、自分の人生をグラフにしてください、という課題が出され、専用の用紙をダウンロードして書き込んでおく課題がありました。 就活を始めるまでの20年近い人生を振り返り、その時期が楽しかったり良かったりした場合は折れ線グラフが上がり、 辛かったり悲しかった場合はグラフが下がる、というものでした。 これを事前に家で書き上げて、面接時に面接官に手渡し、それをもとに面接が進む形式で... ハレーより.

次の

【ホームズ】株式会社プラン・ドゥ・シー Sumo Sumo元町店の店舗情報|不動産会社[不動産屋]の検索

プラン ドゥー シー

お知らせ ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。 一次面接の際に聞かれた質問が「あなたの友達が好きな人に告白できずに相談して来ました。 どのようにアドバイスしますか?」でした。 私は以下のように回答しました。 「実はちょうど昨日2年お付き合いした男性と別れました。 二人で話し合って決めたことですが、今思えば色々と後悔が残っています。 あんな風に対応すればよか... SMaikoより 一次面接のお話より先に、説明会のESでも審査があります。 その時はESは手渡しなので笑顔で言葉を添えながら社員さんに渡せているかで判断されているような気がしました。 緊張して笑顔でESを渡せていない人は落ちていました。 一次面接では30人ぐらいで、最初はグループディスカッションというより、ちょっとしたブレインミーングストーミングで、グループの中で目をつぶって自分のペンを探すというものでした。 その後に筆記試験があり、A3の紙半分に国数英の初歩的な問題が二問づつ、図形理解などの頭の柔ら... りんより かなりぶっ飛んだ会社です。 5年間在籍しました。 (今から4年前に退職済み)業界の中で、自分たちが一番「カッコいい」ことをしていることについての自負が相当ありました。 確かに自社のもつウエディングの会場やホテルはどれもとてもセンスの良い最高の箱でした。 そしてスタッフも20代がメインの為大変勢いがあり、もう... ダリアより 現在、日本の婚礼組数が下がり続ける中、反比例して結婚式場が増え続けていますが、その中でいまだ勝ち続けている数少ない企業です。 業界では間違いなくトップクラスの稼働率だと思われます。 基本的に新卒で採用される人材は将来のマネージャー、支配人、幹部候補がほとんどです。 そのため選考基準はかなり厳しく細かく設... AkIより プラン・ドゥ・シーは外資系の企業であるため、国際感覚が求められる選考内容となっています。 1次選考:面接(人事の方)学生1人と面接官1人での選考となります。 聞かれる内容は、志望動機や自己PR、学生時代で一番印象に残っている経験等、一般的な質問の他に、海外で顧客を増やすためにはどのようなアイデアが必要か... 寄稿記事より この企業を志望する際に気をつけて欲しいことは、第1志望という思いが学生から伝わらない限り、絶対に内定は出しません。 そのためじっくり学生を吟味するので、面接に参加するまでのステップがまず多いです。 エントリーシートに始まり、グループディスカッションも数回行います。 実際、この段階で落とされる人も結構いるので、面接にたどり着くまでにも数回選考を通過しなければなりません。 さて、い... のんより 積み重ねた実績とノウハウでホテル、レストランを運営。 売上高146億円(グループ計)。 同社の運営するホテルでは、「チェックアウト14時」、「冷蔵庫の飲料は全て無料」など、通常のホテルでは考えられない特徴のあるサービスを提供している。 上場を目指していたが、上場プラン を取りやめた。 株価を上げていくには、多店舗展開が避けられなくなっていく。 同社は1店舗、1店舗、コンセプトを作り込みながら展開しているので、株価を気にしながらの経営では、自分たちのこだわりの店、自分たちのスタイルを貫くことが難しくなると判断した。 利益を最優先に考えると、現在手掛けるホテルを整理しなければいけない可能性も。 流行のハウスウェディングの草分け的存在としてスタート。 「おもてなしの心」をサービスの根幹とした経営が話題になっている。 プリンスホテルは、1泊2日の合宿を含む5日間のコースを設定している。 同社の事業戦略の説明を受ける座学のほか、同社が運営する都内のシティホテルや軽井沢のリゾートホテルで研修を行い、事業戦略立案のプレゼンまで実施する。... この前、面接を受けました。 地方のプリンスホテルで、面接官は東京の方がいらっしゃって面接が行われました。 集団面接一回で採用が決まるので、私も出来る限り詰めて詰めて臨みましたので、なんとか乗り切る事が出来ました。 集団面接ということで、4人グループでした。 その中の女性でちょっと答えがあやふやになったり声が小さかったりする人がいました。 その人に対して、「どうして?」「なんで?」と、突き詰めていくような質問が多かったわけなんですが、面接官の方が、ペンをカチャカチャしたり、下を向いてたり... まっぽーより 2012年度入社の最終面接を受けました。 当時はJTBが分社化されていたので私は店頭営業の最終面接でした。 最終面接は面接官2人に対し学生1人です。 まずは志望動機を聞かれ、その次に今までで一番印象に残った旅行を聞かれました。 その旅行先を答えると、では、その旅行先を実際に店頭スタッフになったつもりで私たち(面接官)におすすめしてみてください。 と言われました。 予想外の展開だったので頭が真っ白になりうまく答えられませんでしたが、旅行先の魅力だけでなく旅先で注意することなどを答えられたの... ESに関しては、 「あなたが何を実現したいのか」簡潔に述べるよう指示がありました。 適正テストは、本格的なSPIです。 1次面接は、 面接官2名に対し学生5名で行われました。 アピールタイムとして、志望動機、自己PR、この会社で実現したいことを5分程度で回答するものでした。 自分の意見を端的に述べることが求められていると感じました。 2次面接は、面接官1人の個別面... ワイズマンより 三次面接について聞かれたことについてお教えします。 三次面接では事前に、自分の人生をグラフにしてください、という課題が出され、専用の用紙をダウンロードして書き込んでおく課題がありました。 就活を始めるまでの20年近い人生を振り返り、その時期が楽しかったり良かったりした場合は折れ線グラフが上がり、 辛かったり悲しかった場合はグラフが下がる、というものでした。 これを事前に家で書き上げて、面接時に面接官に手渡し、それをもとに面接が進む形式で... ハレーより.

次の

プラン・ドゥ・シーのクチコミ(面接・選考内容・事業内容)

プラン ドゥー シー

Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)のミッションは「日本のおもてなしを世界中の人々へ」 Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)は、ホテル運営やオリジナルウェディングを手掛ける企業です。 「日本のおもてなしを世界中の人々へ」をミッションとして、顧客第一のサービスをつくりあげています。 社風が優れているところが魅力の会社で、働き甲斐のある会社ランキングでは5位にランキングされてもいるのです。 ほかにも、独自のビジネスモデルを表彰するポーター賞を2011年に受賞しているなど、まさにPlan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)は「おもてなし」のプロフェッショナルといえるでしょう。 「おもてなしコンペ」と称する社内の大会で育成を図る 「おもてなしコンペ」と称して、ウェイター・レセプションといった各部門のトップを決める社内の大会があり、優れた個人を表彰する仕組みがあります。 一人一人が個性を活かしながら、感動的なビジネスを創り上げることを目指しています。 ・サービス業の素晴らしさを知る ・海外ビジネスの醍醐味を知る といった目的をもって、それぞれのコースが考えられています。 ホテル・レストラン・ブライダルビジネスの戦略立案も体験できる また、グループワークでは、ホテル・レストラン・ブライダルビジネスといったPlan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)の根幹事業について、売上を伸ばすための計画を体験するインターンシップもあります。 3時間のプログラムですが、結婚式場の知識が事前になかったとしても、会社説明会や社員からのアドバイスもあり、実りのあるインターンシップになるでしょう。 Plan Do Seeの事業内容について解説します。 Plan Do Seeは、主にを行っています。 Plan Do SeeはGPTWJapanが実施する日本における「働きがいのある会社」調査で、従業員1000名以上の参加企業の中で第3位に選出されました。 「日本のおもてなしを世界中の人々へ」をミッションに掲げ、常に「自分だったら」という当事者意識を持ちながら働くことを心がけています。 また、バンケット運営では、宴会などのプロデュースも行っていることが特徴です。 エントリーシートで尋ねられることはランダムですが、次の4点は必ず押さえておきましょう。 ・「Plan・Do・Seeを通して、世界中の人々に成し遂げたいこと」 ・「日本のおもてなし文化へのこだわり」 ・「自ら楽しみながら、周りを喜ばせた経験」 ・「一つの目標に向かって、"個"を活かし、チームとして成功を収めた経験」 選考対策:部活などの団体行動で成功をおさめた経験をアピールしよう Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)は、日本のおもてなしを世界に発信しているので、自らが世界を対象にして成し遂げたいことなどを尋ねられる傾向があります。 また、クラブ活動などをしていれば、チームとして成功を収めた経験は書きやすいです。 Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)の選考面接は人によって回数が異なる Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)のインターンシップの面接は、人によって回数も内容も異なります。 ・自己紹介 ・志望動機 ・Plan・Do・Seeでなければならない理由 ・将来の目標 などについては、ほとんどの場合は尋ねられます。 選考対策:求められている人物像は新規ビジネスの企画立案に意欲的な人物 Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)は、様々な業務を展開しており、今後も増える見込みがある為か、将来のビジョンを見通して、いつか独立をしたいと考えている人物を求めている傾向があります。 将来のプランについて考えておいて、面接で尋ねられてもスムーズに回答できる対策をしておきましょう。

次の