ゴールデン レトリバー ハロ。 【おやつ】漁師町だから魚が大好きな、ゴールデンレトリバーのれお

あ、どうも‼️ゴールデンレトリバーっす‼️ゴールデンレトリバーブログ〜その1〜

ゴールデン レトリバー ハロ

皆さん、初めまして! 上から読んでも下から読んでも『ゴールデン須藤レトリバー』です! って、全然バラバラやないかい!笑 はい! もうこれを読んでいる9割の人は気付いちゃいましたよね? そうなんです。 実は僕、じゃっかんウザいんです!笑 今回は初回ということで、そんなじゃっかんウザい僕の簡単な自己紹介を含めてブログを書こうと思います。 趣味は格闘技とサッカーと筋トレとバイク。 バイクはハーレースポーツスター1200カスタムに乗っています。 犬はゴールデンレトリバーで、猫はアメショー2匹に、ノルウェージャン1匹です。 それでは紹介しましょう! ゴールデンレトリバーのイヴちゃんです! あぁー可愛い。。。 続きまして、アメショーのハロくん! 続きまして、こちらもアメショーのコムギくん! 続きまして、ノルウェージャンのマロンちゃん! 本当にみんな可愛すぎてヤバいんですけど、 このままだと動物の話だけして終わりそうなんで、ちょっとジムの話もします。 現在、オンラインクラスで総合格闘技、ブラジリアン柔術、キックボクシング、フィジカルクラス、ダイエットボディメイキングクラスを担当しています。 3月まではファイティングラボ赤羽や大宮、池袋東口で勤務していました。 ファイティングラボ赤羽のインスタ見ていただければ分かると思いますが、大量に僕が出てきます(笑) 一旦、コロナが落ち着くまではオンライン専門で指導しています。 トイカツ道場ではインストラクター専業ではなくて、システム開発の仕事との兼業なので社内の事務作業などもしています。 社員のPC研修なども今後はしていきます。 ここで働く前は、某IT企業の営業マンでした。 クラスが終わったタイミングで、 「ゴールデン須藤レトリバー先生のクラスに出てよかったな」って思ってもらえるようなクラスにすると毎回心に決めてクラスをしています。 正直自分で言うのもあれなんですが、意識高い系インストラクターです。 おかげさまで多くの会員さんからリピートしていただいております。 本気で強くなりたい、本気で痩せたい、本気で楽しみたい、そしてその先には本気で人生変えたいと思っている人は是非僕のクラスに参加してみて下さい! 顧客満足度の向上のために、常にどうしたらもっと良いクラスになるのか試行錯誤して、たくさん勉強して、努力して、ブラッシュアップしています。 勤務の予定や、普段の僕のトレーニング動画や食事、そして動物達をアップしているので、興味ある方やトレーニングのモチベーションあげたい方はフォローお願いします。 確認後に承認します。 ご了承下さい。 こんな感じで会員さんからよくある質問とかには動画で答えています。

次の

ゴールデンレトリバー|YouTubeランキング

ゴールデン レトリバー ハロ

ゴールデン・レトリバー 原産地 保護 特徴 体重 オス 29—34 kg 65-75 lbs メス 25—29 kg 55-65 lbs 体高 オス 56—61 cm 22-24 in メス 51-56 cm 20-22 in 外被 まっすぐまたは適度に波状 毛色 金またはクリームの色合い 寿命 平均 10-12 年 主要畜犬団体による分類と標準 Group 8 Section 1 Retrievers 111 Sporting Group 3 Gun dogs Group 1 — Sporting dogs Sporting dog Canis lupus familiaris ゴールデン・レトリーバー(ゴールデン・レトリバーとも、Golden Retriever)は、原産の大型犬である。 賢さ及び忠誠心を兼ね備え、穏和な性格の犬種であるためペットとして広く愛好されている。 また、活発な性格で探究心がある。 元来、水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持ち返る(=retrieve)役割を担う犬であり、合図に忠実に従い、俊敏に行動し、水草の生い茂る湖の中を遠くまで泳いで鳥を持ち返る猟犬として、何時間も猟場で活動することが可能な猟犬である。 歴史 [ ] 19世紀中頃、のダッドリー・マーシュバンクス伯爵(後のツウィードマウス卿)が交配により作出したのが起源である。 1865年、ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は小型のと掛け合わせた黒のから生まれた、1頭のウェーブ掛かった黄色の被毛に覆われた「ヌー」を購入した。 ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は「ヌー」及びの「ベル」を掛け合わせ、4頭の牝が生まれた。 その内の1頭「カウスリップ」を基に、ダッドリー・マーシュバンクス伯爵は20年以上ブリーディングした。 ウェイビーコーテッド・レトリーバー、、後のとの交雑を何回か行い、新しい犬種としてゴールデン・レトリーバーを確立した。 1903年、はゴールデンレトリーバーを「フラットコート-ゴールデン」として初めて登録した。 1911年にはフラットコーテッド・レトリーバーとは別の単独の犬種として認められ、「ゴールデン又はイエロー・レトリーバー」と呼ばれ、数年後には「イエロー」という語は削除された。 1938年、ゴールデン・レトリーバー・クラブ・オブ・アメリカ(GRCA)が設立された。 当該クラブは現在5000人の会員を擁し、(AKC)傘下の最大犬種クラブの1つとなっている。 外見 [ ] 個体によって、明るいクリーム色から暗い赤金色まで多彩な毛色を持つ。 飾り毛は他の部分より明るい色で長く、ボディ前部、胸腹部、四肢後部及び尾下部を覆う。 ダブルコートといい、羽毛のように柔らかく短いアンダーコート(下毛)及び弾力性のある長いトップコート(上毛)の二種類の毛がある。 アンダーコートは防水性が高く、気温の低い季節でも冷水内で活動するのに適する。 また体温調整の役目も担い、気温が上昇すると抜け落ち、低下すると再び生える。 均整の取れた体付きであり、オスは体高58〜61cm、体重29〜34kg、メスは体高54〜57cm、体重24〜29kgで、理想的な体長と体高の比率は11:10である。 頭部は割合に大きく、鼻は黒又は茶がかった黒色、耳は頬に沿って垂れ、アーモンド形の目を持つ。 性格 [ ]• 「信頼できる性格」「飼い主と共に働くことを喜びとする」犬種で、「賢い、温和、知的、親しげ、確実」と表現される。 人間に同調する能力を持つため、家族が静かにしているときには静かにし、遊ぶときには一緒に大いにはしゃいで遊ぶ。 主人が願っていることを察知し、常時主人に気に入られようと努力する。 家族と一緒に行動できることを喜びとし、孤独を嫌う。 忍耐力が非常に強く、細やかな気配りができて、楽天的。 自信を兼ね備え、信頼できる個性を持つ。 一般的には、しつけやすく、子どもから老人まで誰にでも扱いやすい犬種とされている。 ただし、事故も発生しており、2017年3月には生後10ヶ月の女児が飼い犬の屋内犬(4歳、オス、体重約37kg)に突然頭部をかまれ死亡する事故が発生している。 飼育にあたっての留意点 [ ]• 「犬種」とは人間が使途を定めて作出したものであるため、各々の犬種に役割としての機能がある。 ゴールデン・レトリーバーは「人間と共に仕事をする」ことを目的として作出された犬種であるため、次のような特性がある。 戸外に繋ぐことや独居させること・餌及び水やりに関して無頓着になることを嫌う。 仲間として認められることや散歩に連れ出されることが大好き。 一般的に運動不足による肥満が多いため、が増加傾向にある。 そのため、「走る」「動く」ことを念頭に置いた日課の工夫が要求される。 適切な運動を怠ると爪を削る機会がなく伸び過ぎるため、定期的に爪を切り長さを調整することが必要である。 爪を伸ばした状態にしておくと、爪が根元から折れたり、浮き上がった爪の根元に菌が侵入して腫れたりし、病気の原因となる。 また狼爪がある場合、狼爪が皮膚を傷付ける危険性があるため定期的に切る必要がある。 幼児期に室内ではしゃいだり走り回ったりすると、股関節の発達に影響が出たり脱臼の危険性が発生したりする。 そのため、室内では静かに、戸外では活発に運動するようしつける必要がある。 人気犬種故の乱繁殖により、及びといった遺伝性疾患を患った個体、並びに本来の穏和な性格を大きく損ねた個体が出る場合がある。 は当該犬種の死因で第1位の疾病であり、現在大きな研究課題となっている。 股関節形成不全同様、米国がを必須検査項目に指定して以降、当該疾患は減少傾向にある。 ラブラドール・レトリーバーとの共通点及び相違点 [ ] 共通点 [ ]• 明朗且つ温順な性格 大変人なつっこいため、には向かない。 他の犬に対しても友好的な態度を取ることが多い。 同様、賢く訓練性能が高い 、及びといったサービスドッグとして働いたり、競技会でもよく見受けられたりする犬種である。 と1世代交配させ、盲導犬として訓練する訓練所もある。 水遊びを非常に好む 元来、どちらも水中で活動する役割を担ってきた犬種であるため。 相違点 [ ]• ゴールデン・レトリーバー及びラブラドール・レトリーバーは「親戚」ではない 類似した外観を持ち、両者の相違点は「短毛種と長毛種の違い」だと誤認される場合があるが、誤りである。 ゴールデン・レトリーバーは上述の交配種であるのに対し、ラブラドール・レトリーバーは及びの交配種であるため、種としてはある程度の隔たりがある。 ギャラリー [ ]•

次の

【二宮祥平ホワイトベース】ハロさんとサマーハイパー

ゴールデン レトリバー ハロ

トイプードル 196• タイニープードル 79• ティーカッププードル 66• トイプードル トイ 51• チワワ 171• チワワ ロング 143• チワワ スムース 28• ミックス・その他の犬種 69• ポメラニアン 66• フレンチブルドッグ 60• 柴犬 51• 柴犬 標準サイズ 30• 豆柴 21• ミニチュアダックスフンド 49• ミニチュアダックスフンド ロング 48• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• シーズー 33• パピヨン 30• パグ 28• ミニチュアシュナウザー 26• ヨークシャーテリア 23• ボストンテリア 20• コーギー 19• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 19• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ボルゾイ 18• ペキニーズ 18• アメリカンコッカースパニエル 17• 狆 チン 14• ブルドッグ 13• カニンヘンダックスフンド 13• カニンヘンダックスフンド ロング 11• カニンヘンダックスフンド スムース 1• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• マルチーズ 12• 秋田犬 10• ミニチュアピンシャー 9• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 6• ゴールデンレトリバー 6• グレートデン 6• シェットランドシープドッグ 6• スタンダードプードル 6• ウエストハイランドホワイトテリア 6• シベリアンハスキー 5• イタリアングレーハウンド 5• スタンダードダックスフンド 5• スタンダードダックスフンド ロング 5• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• 日本スピッツ 4• ワイマラナー 4• ビアデッドコリー 3• ボーダーコリー 3• ケアーンテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 3• ビションフリーゼ 2• ブリタニースパニエル 2• キャバリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• イングリッシュポインター 2• 北海道犬 2• ジャックラッセルテリア 2• ラブラドールレトリバー 2• ニューファンドランド 2• ロットワイラー 2• ウィペット 2• アメリカンブリー 1• チャウチャウ 1• フラットコーテッドレトリバー 1• 日本テリア 1• 甲斐犬 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ミディアムプードル 1• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ラフコリー 1• スキッパーキ 1• シェパード 1• ジャーマン・シェパード・ドッグ 1• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 10• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 17• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 0• アメリカンブリー 1• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 5• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 3• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 2• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 19• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 6• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 1• カニンヘンダックスフンド スムース 1• カニンヘンダックスフンド ロング 11• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 2• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 6• グレートピレニーズ 0• ケアーンテリア 3• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 6• サモエド 0• サルーキ 0• シーズー 33• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 6• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 30• シベリアンハスキー 5• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 1• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 2• スキッパーキ 1• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 5• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 6• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 79• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 28• チワワ ロング 143• 狆 チン 14• ティーカッププードル 66• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 51• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 0• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 4• 日本テリア 1• ニューファンドランド 2• ノーフォークテリア 0• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 6• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 28• パピヨン 30• ビーグル 0• ビアデッドコリー 3• ビションフリーゼ 2• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 1• フレンチブルドッグ 60• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 2• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 13• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 18• 北海道犬 2• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 3• ボクサー 0• ボストンテリア 20• ボルゾイ 18• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 66• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 21• マルチーズ 12• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 1• ミニチュアシュナウザー 26• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 48• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 9• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 23• ラサアプソ 0• ラフコリー 1• ラブラドールレトリバー 2• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 2• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 4• ミックス・その他の犬種 69• 千葉県 ゴールデン大好き 様• 2020年6月23日 10時49分• お父さん、お母さんも素晴らしい体格で栄養面、運動面、きっちり育てられていると感じました。 帰る際に、遠距離なので、水、柔らかくしたフード、缶詰め、可愛いお茶碗、バスタオルを頂いて、とても助かりました。 到着して早速走り回っております。 でも、抱っこすると大人しいセラピー犬。 オシッコ、うんちもちゃんとシートにできます。 こんなにおりこーさんでいいのかと思うくらいです。 今は、家の中ダッシュしてますがワクチン注射完了して外を走り回らせて遊ぶのがとても楽しみです。 本当に素晴らしい子をありがとうございました。 埼玉県 T. O 様• 2020年6月22日 8時03分• ゴールデンレトリバー 問い合わせからお迎えまでとても親身になっていただき感謝でいっぱいです。 犬舎もとても広く犬にとっては最高の環境で羨ましいくらいです。 産まれてから引き取りまで何度も犬舎に遊びに行かせてもらい嬉しい限りで、見に行けない時も画像や動画を送って下さり、とても安心してお迎えの日まで過ごせ、引き渡しの日も育て方等詳しく教えて下さり助かりました。 以前もブリーダーさんから購入してましたが、事務的なブリーダーさんが多く木村ブリーダーさんみたいな気さくなブリーダーさんは初めてでした。 これからもフードやホテル等これからもずーっとお世話になる予定です。 日本国内で飼育されている大型犬の中では、最も飼育数が多いゴールデンレトリバー。 かわいらしい垂れ耳とアーモンド型の眼、美しいルックスと人懐っこく優しい性格を持ち、飼いやすい犬種のひとつとして世界的に広く愛されています。 ゴールデンレトリバーの特徴 穏やかな表情と、愛情深く優しい性格を持つゴールデンレトリバー。 もともとは、鳥猟においてハンターのサポート役として活躍した狩猟犬です。 ゴールデンレトリバーの役割は、ハンターが仕留めた獲物を回収することです。 ハンターの指示を理解して行動に移せる賢さを持ち、従順な性格で協調性も高く、安定した能力と気質で親しまれていました。 ゴールデンレトリバーの被毛は滑らかで、光沢のある金色またはクリーム色をしています。 上毛と下毛からなるダブルコートで、上毛は直毛か少しウェーブがかかり、下毛は密生して耐水性があることが特徴的です。 長い被毛は抜けやすく、年間を通して毛が抜けるので、週に数回のブラッシング・月1回のシャンプーを定期的に行います。 換毛期は特に抜け毛が多くなるので、皮膚病を防ぐためにも、念入りにお手入れを行いましょう。 ゴールデンレトリバーの体重ゴールデンレトリバーの平均的な体重は、オス26~36kg・メス24~33kgほど。 【ゴールデンレトリバーの体重推移例】 3カ月:5~10kg 4カ月:10~15kg 5カ月:13~22kg 6カ月:18~27kg 7カ月:20~29kg 8カ月:23. 5~31kg 9カ月:25. 5~30kg 10カ月:26~32. 生後2カ月頃には4~5kgほどだった体重は1年の間にどんどん増え、生後10~12カ月頃には値が安定。 一年の間に飛躍的な成長を見せていきます。 愛犬が大きく成長していく姿を見守る喜びも、魅力のひとつですね。 ゴールデンレトリバーの性格 理解力があり、従順な性格でもあるゴールデンレトリバー。 飼いやすい犬種のひとつとされ、しつけのしやすさで人気を得ています。 ゴールデンレトリバーは、狩猟犬時代から人との繋がりが深く、飼い主さん・ご家族とのコミュニケーションを大切にします。 素直で優しい性格も相まって、あまり番犬向きではありませんが、持ち前の聡明さから、盲導犬や聴導犬などの障害者補助犬として活躍しています。 また、ほかのペットや子どもにも友好的なので、多頭飼いやファミリー層などのペットにもおすすめです。 ゴールデンレトリバーの飼い方 狩猟犬として活躍したゴールデンレトリバーの性格や特徴は家庭犬としても役立っており、飼い主さんに見せる素直で従順な性格や、ほかの人や動物にも友好的に接しようとする社交性の高さは、ゴールデンレトリバーが飼いやすいと言われる大きな理由です。 ゴールデンレトリバーの飼い方ポイント-毎日の運動を活発な性格を持つゴールデンレトリバーは運動を好み、とても遊び好きな一面をのぞかせます。 毎日2回・それぞれ1時間ずつなど、十分に運動の時間を確保することが理想的で、歩くだけではなく走らせるなど、強度のある運動を行いたいところです。 時には、ドッグランなどで駆け回れる機会を設けるとよいでしょう。 また、ゴールデンレトリバーはオビディエンス(服従訓練)の競技でも好成績を残すなど、頭脳が発達しています。 運動をさせる際にも、知的な運動を取り入れましょう。 フライングディスクなど、何かを捕りにいくようなゲーム要素の高い運動をさせると効果的です。 運動は、肥満の防止による健康管理、ストレス解消、他者との触れ合いによる社会性の向上など肉体的・精神的によい影響を期待できます。 ゴールデンレトリバーの寿命 ゴールデンレトリバーの平均寿命は、平均寿命は10~12歳程度。 小・中型犬と比べると、大型犬の寿命はやや短命の傾向にあります。 ゴールデンレトリバーの寿命を伸ばすためには、日々の健康管理が重要です。 肥満やストレスは、病気を引き起こす原因にもなりかねません。 食事はバランスのよいものを与え、散歩は毎日欠かさず行いましょう。 ときどきはドッグランなど自由に走り回れる場所に連れていってあげるのおすすめです。 運動能力の高い犬なので、ドッグスポーツなどに挑戦してみるのもいいかもしれません。 ゴールデンレトリバーの気を付けたい病気 ゴールデンレトリバーは、股関節形成にかかりやすい犬種です。 この病気になると、歩くときにふらついたり、おかしな座り方をしたりすることが多く見られます。 遺伝的要因のほかにも栄養や運動の影響もあるといわれています。 肥満は病気の進行を早めることがあるので、太らないような食生活が重要です。 また、大型犬に多い、胃捻転や腸捻転の発症率も高いです。 早食いや食後すぐの運動によって引き起こされることがあるので、ごはんの食べさせ方や食後の過ごし方にも要注意です。 おかしいと思われる点があれば、すぐに動物病院での診察を受けてください。

次の