リジー ベラスケス 病気。 「私って何なんだろう?」世界一醜いと呼ばれた女性が見つけた自分の価値とは:エンタメウス:エンタメウス(エンタメウス編集部)

[B! 人生] リジー・ベラスケス「世界一醜い」と呼ばれた女性の美しい話

リジー ベラスケス 病気

よりリジーがここまでポジティブになれるのはなぜだろうか?彼女の論旨は明確である。 「自分を決めるのは自分だ」幼少期からずっと続いていたよう、リジーは、いたずら投稿の動画でいじめられた経験がある。 その中で一番痛烈なものが次のようなものだったと彼女はこのプレゼンの中で述懐する。 「リジー... あなたは醜い。 お願いだから、この世から消えるため、拳銃で自殺して」だが、彼女は動画のコメント欄がこのような文言であふれる、その事実に向き合った。 もちろん、彼女は泣きに泣きくれたが、両親はこの子を神から授かった責任をしっかり受け止め、この娘に向かってこう励ましたという(彼女の家系はローマカトリック系の信徒らしい)。 私はその前半生と後天的なものに大別できるだろうと考えた。 まず、彼女の両親は羊水のない腹の環境で育った彼女をしっかりと見とるという責任感をもった立派な人間だった、ということ。 これが彼女の前半生の大部分に影響していることである。 歩くことも考えることもできないのは間違いないと医師が判断する中、リジーの両親はしっかりと、彼女の親になることを決断する... この決断の背景には 「中絶は殺人である」という、アメリカの保守的なキリスト教の価値観が反映されていると思われる。 これは、彼女が胎児として芽吹く前から、問題提起されているものなんである。 それが 『自分の運命は自分で開拓するものであり、他人のシャトルバスに乗ることではない』ということである。 これが彼女が生まれ、成長した、後半部分の論旨である。 見かけが醜くても、その内面とは関係がないこと、人を尊敬することとはどういうことか、人の価値とはどこで決まるのか?お金か?美しさなのか?年齢だろうか?はたまた病気・障害の有無だろうか?その一貫性のなかで自分で決める運命というものが重要なのだ、と彼女は強く指摘する。

次の

リジー・ベラスケス

リジー ベラスケス 病気

インターネットには、おそらく数万を超える「インターネット・ミーム」が絶えず存在し、人から人へとシェアされては、拡散されています。 「ミーム」とは、文化の中で人から人へと拡がっていく行動・コンセプト・メディアのことを指し、文字や文章、画像、その組み合わせ、動画やリンクなどの形をとる、いわゆる「おもしろネタ」もその一つです。 早いサイクルで定期的に現れ、流行ってその後定着するものもあれば、すぐに忘れ去られていくものもあります。 インターネット・ミームは一見差し障りのない、罪の無いものにも思えますが、許可無しに画像がネタに使われてしまっている人々がいるのも事実です。 不本意な形で自分の画像が一人歩きしていることに、その人やその人の周りの人々は恐らく笑っていないでしょう。 テキサス州に住む25歳のリジー・ベラスケスも、自分の映った動画や画像をネットで見つけた被害者の1人です。 リジーは世界で3人しかいないという稀な病気を抱え、そのため幼い頃に老化が始まり、体重が増えず、右目も失明しています。 リジーは容姿についてこれまでひどい誹謗中傷を受けてきた経験があり、高校時代には自分が映った動画が「世界一醜い女性」というタイトルでネットに投稿されているのを発見したこともあります。 しかしリジーは、周囲からの残酷な中傷を自分を前進させるためのバネにして作家になる夢をかなえ、アメリカ全土を渡りながらTV出演やネットいじめについて講演を行う活動を続けています。 リジーの「自分の価値を決めるのは自分」というメッセージは、これまで多くの心を動かしてきました。 Ein von Lizzie Velasquez littlelizziev gepostetes Foto am 28. Nov 2016 um 21:26 Uhr そして先日、リジーはFacebookで拡散されていたミームにまたしても自分の写真が使われているのを発見します。 画像にはこんな言葉が書き込まれていました。 「マイケルに、この木の後ろで楽しいことをしようって言われたの。 でもどうやら遅れているみたい。 誰か彼をタグ付けして、私が待っているって伝えてくれない?」 許可なしにネタに使われた自分の画像が笑いの対象になっていることについて、リジーは639,000人のファンを抱える自身のInstagramにコメントを投稿することにしました。 Ein von Lizzie Velasquez littlelizziev gepostetes Foto am 11. Dez 2016 um 0:07 Uhr 「これに似たミームを最近Facebookでたくさん見かけた。 被害者としてではなく、声を持つ者としてこの文章を書いている。 今はすでに真夜中だけど、ネット上でこのようなミームの被害者になっている罪のない人たちも同じように起きて、Facebookを眺めながら、ひどい気持ちを抱えていることを忘れないで欲しい。 見かけが違っても、身体のサイズが違っても、結局私たちは同じ人間。 誰か知らない人が使われているミームを見かけたら、そのことを思い出して欲しい。 その瞬間はネタが面白いと思うかもしれない。 だけど、写真の中の人はその逆の気持ちだろうと思う。 人を傷つけるような言葉ではなく、愛を拡散しましょう。 リジーより。 」 投稿は、Instagaramの彼女のファンを通じて「マイケル」のミーム画像を圧倒する勢いでFacebook、Instagramで拡散されました。 結果、元のミームを作成したベージがその後Facebookによって閉鎖されることになりました。

次の

『リジー』の歌 : ゲヲログ

リジー ベラスケス 病気

ベラスケスさんは高校時代に、自分が映った動画をYouTubeで見つけたという。 「世界一醜い女性」というタイトルがついたこの動画の再生回数は数百万回に上っており、ひどい書き込みがたくさん付いていた。 そのページを見たとき、彼女は決めざるを得なかった。 こうした否定性を投げつける者たちに、自分はどういう人間であるかを決めさせるのか、それとも自分の価値を決めるのは自分だ、と決意するのかを。 家族の支えの下、ベラスケスさんは、周囲から投げかけられる残酷さから影響されず、周囲からの否定性をかえって自分を前進させるためのバネにする勇気を得た。 彼女は大学を卒業し、本を出版するという目標をたて、それを実現してきた。 2013年12月にテキサス州オースティンで開催された「TED X」で彼女は、自ら人生の舵をとるぞという決意に至ったそれまでの経験について、聴衆に向かって語りかけた。 彼女は、自分はどういう人間であるかは自分で決めると決意し、「前進しよう」という思いによって周囲からの否定性を打ち消してきたのだ。 ベラスケスさんは冒頭から、つらい体験談をユーモアたっぷりに語り、聴く者を引きつける。 他人にひどい態度を取られたら、右側に立ってもらうようにする(右目を失明しているため、右側はあまり見えないそうだ)とか、ダイエット食品会社「ウェイト・ウォッチャーズ」やスポーツジムの「イメージキャラクター」になりたい、と言って聴衆を笑わせる。 ベラスケスさんは聴衆に対して、自分とはどういう存在であるかを決めるのは何なのか、考えてほしいと訴えかけている。 友人や知人なのだろうか。 家族なのだろうか。 育つうえでの環境や身体的条件なのだろうか。 自分の中に幸せを見出し、自分の人生を自らコントロールするようになれば、いじめる側の者たちは常に負けるのだ、と彼女は訴える。 「私は本当に困難な人生を送ってきました。 でも、それでもいいのです」と彼女は語る。 「自分の外見ではなく、目指す目標や成功、成果によって、自分の価値を決めるつもりですから」.

次の