メール 拝受 いたし まし た。 「受領」「受け取りました」の適切な敬語表現【例文あり】

「拝受」の意味とは?メールでの使い方や類語「受領」との違いも

メール 拝受 いたし まし た

「拝受」の敬語 「拝受」は謙譲語 「拝受」は謙譲語です。 謙譲語は、自分をへりくだることで相手への敬意を示す用法です。 そのため 「拝受」はビジネスシーンで使用するのが一般的です。 例えばクライアントや取引先から「あの資料、届きましたか」という連絡に対して「はい、拝受しました」などと返事をします。 しかし 「拝受」はとてもかしこまった言葉で、やや堅苦しく感じる人もいます。 日頃からよく関わる上司や顔の知れた相手には「受領いたしました」などのフレーズも使うといいでしょう。 (「受領」に関しては詳しく後述します) 例文 「資料のPDFをこのメールにて添付いたしました」-「拝受します」 「書類を郵送しましたので、ご確認ください」-「届き次第、拝受します」 「よろしくご査収ください」-「拝受しました」 「ご査収ください」には「受け取ってお調べください」という意味です。 ビジネスメールの締めくくりの一文として使われることが多いです。 「承知しました」と返信しても間違いではありませんが、「受け取ってお調べください」と相手は言ってるわけなので「受け取りました」と返事する方がより丁寧で相手によい印象を与えます。 よって「拝受しました」と答えるのが一番よいとされています。 「拝受いたしました」は厳密には二重敬語だが慣習的に使用されている 「拝受いたしました」という言い回しは二重敬語になっていて不適切ではないか?という意見があります。 確かに「拝受」は謙譲語で、補助動詞の「いたす」も謙譲語です。 (「ました」は丁寧語「ます」の過去形なのでここでは一旦スルー) そのため 「拝受いたします」「拝受いたしました」は間違いなく二重敬語です。 しかしビジネスシーンで慣習的によく使われている表現であり、誤りで使用してはならない、とは言えません。 前述した通り、自ら使う場合は「拝受します」「拝受しました」が無難ですが、人が使っている場合でも一般的に受け入れているのだ、と認知しておけばよいと思います。 「拝受」の使い方と例文 「拝受」はビジネスで書類や荷物、メールなどを受け取ったときに使う 「拝受」はビジネスで書類や荷物などを受け取ったときに使います。 また、ビジネスメールを受信したことを伝える際も「拝受」を使うことができます。 「受け取る」行為であれば、受け取るものが何であっても基本的には使うことができます。 「まずは拝受のご連絡まで」は急いでる時のみ使う 受け取ったことを報告する際に「まずは拝受のご連絡まで」を使うことがあります。 これは、まず受け取ったということを早急に報告するべき場合にのみ使います。 本来は書類や商品の中身を確認してから、相手に報告をします。 また、内容についての連絡に時間を要する場合に送った側が受け取ったかどうか分からずに不安にならないよう報告することがあります。 ただ、「まずは拝受のご連絡まで」だけでは失礼になります。 まずは拝受のご連絡まで。 ・本日、お頼みした商品が届きました。 迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます。 まずは拝受のご報告まで。 「確かに拝受しました」だとより丁寧 「まずは拝受のご連絡まで」よりも「確かに拝受しました」の方が丁寧になります。 特に日頃関わりのない方や身分の高い相手には「ご連絡まで」は省略した表現のため失礼にあたります。 そのため、拝受したことを伝える場合は「確かに拝受しました」を用いると良いでしょう。 「玉稿拝受」は「偉い人の原稿を受け取ること」 「玉稿」は「ぎょくこう」と読みます。 意味は 「他人の原稿を敬っていう語」です。 「玉稿拝受」とは、出来上がった原稿を受け取ることを敬った言い方となります。 先ほど、お送りいただいたメールを拝受しました。 ご多忙の折、迅速にご対応いただき誠にありがとうございます。 添付資料を確認させていただき、再度ご連絡いたします。 よろしくお願い申し上げます。 まずは拝受のご報告のみ失礼いたします。 本日、お送りいただいた商品を拝受いたしました。 急な申し出を引き受けていただきありがとうございます。 迅速なご対応、痛み入ります。 甚だ略儀ではございますが、まずは商品拝受のご連絡をいたします。 「受領」は物理的な物にのみ使い「親切」「厚意」などに対して使うのは誤用です。 2つの大きな違いは、「拝受」は謙譲語であるのに対して「受領」は敬語ではないということです。 「受領」の謙譲語が「拝受」になります。 そのため、 「拝受」は目上の人に対してのみ使う言葉ですが「受領」は目下の人に対しても使うことのできる言葉です。 「受領」の例文 例文 ・ありがとうございます。 確かに受領いたしました。 ・本日請求書を受領いたしました。 営業日3日以内に銀行振込させていただきます。 ・添付ファイル受け取りました。 まずは、受領確認のみの報告にて失礼いたします。 「頂く」も「もらう」の謙譲語 「いただく」には、 ・頭にのせる、かぶる、頭上にあるようにする ・敬意を表して高く捧げる ・崇めて大切に扱う、敬い仕える ・興行が不入りである、恥をこうむる ・苦労もなく、手に入れる ・「もらう」「〜してもらう」「食べる、飲む」「買い受ける」の謙譲語 といった意味があります。 「頂く」は、 「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 ・こないだ頂いたお煎餅は美味しかった。 拝領(はいりょう)の意味は「大切なものをもらう」 「拝領」は「頂戴」ほどメジャーな表現ではありませんが、ビジネスシーンで使うことがあります。 「領」には「大切なもの」という意味があり、それが「おがむ」を意味する「拝」と組み合わさり 「大切なものもらう」という意味になります。 少し古い言い回しで現代ではあまり使ったり聞いたりする機会は少ないと思いますが、知っておくとよいでしょう。 例文 ・殿様から大変貴重な刀を拝領した。 「拝受」の対義語 「拝辞(はいじ)」の意味は「辞退する」「受け取らない」の謙譲語 「拝受」の対義語は 「拝辞(はいじ)」です。 「拝辞」は「辞退する」ことの謙譲語で「引き下がる」という意味を表しています。 「辞退=受け取らない」の謙譲表現になりますので、「拝受」の対義語にあたります。 例文 ・せっかくのご指名ですが拝辞いたします。 しかしながら、身体面での懸念があり、恐縮ながら拝辞させていただきます。 「遠慮(えんりょ)」は「遠回しに断ること」 「遠慮」の意味は、 ・相手に対して、控え目に行動すること ・事情や状況から判断して、やめること ・遠回しに断ること です。 「遠慮」はビジネスシーンで使うこともあります。 例えば、相手からの誘いを断る場合に「今回は参加を遠慮させていただきます」と使います。 例文 ・せっかくのお誘いですが、今回は遠慮させていただきます。 ・あいにく先約があり、今回の件は遠慮させていただきます。 「受領」の対義語は「提出」 「拝受=受け取ること」の反対となる「受け取らない」の意味を持つ言葉を紹介してきましたが、「受領」の対義語は「提出」となります。 「提出」の意味は 「書類や資料などをその場に差し出すこと」「人に渡すこと」です。 文書などを然るべき人や場所の差し出すこと・特に公の場に出すことを表します。 例文 ・レポートを期限ギリギリに提出する。 ・アンケートの提出をお願いいたします。 ・会議でお伝えすることがある方は、内容を今日中に提出してください。 「拝察」は「察する」の謙譲語 「拝察」は はいさつと読みます。 「拝察」の意味は、「察すること、人の心中などを推測することをへりくだっていう語」です。 「拝察」は、相手の状況を推察する場合と相手の気持ちを思いやる場合に使います。 例文 ・日頃の疲れが溜まって体調を崩されたのではないかと、拝察します。 ・ご就職おめでとうございます。 ご家族の皆様もお喜びのことと拝察します。 「拝謁」は「会う」の謙譲語 「拝謁」は はいえつと読みます。 「拝謁」の意味は、「身分の高い人や目上の人に会うことをへりくだっていう語」です。 「お目にかかる」よりもさらに丁寧にした表現となります。 例文 ・どうか竹輪さんに拝謁することをお許いただけますか? ・まさか天皇陛下に拝謁できるなんて思ってもいませんでした。

次の

「拝受」「拝受いたしました」の正しい意味と使い方 【例文付き】

メール 拝受 いたし まし た

スポンサーリンク ビジネスメールで受領と拝受の違いは? ビジネスメールにおいて使用される言葉として、「受領」や「拝受」といった言葉があります。 いずれも、「受け取りました。 」という意味であることには変わりありませんが、「受領」「拝受」いずれも、正式な書類、重要な書類や物品を受け取ることをいみしますので、日常会話で使用することはほとんどないでしょう。 では、「受領」と「拝受」の違いは何なのでしょうか。 漢字をみると分かりますが、「拝受」には「拝」という文字が用いられており、へりくだった意味をもつ漢字が使用されています。 つまり、「拝受」とは「受領」の謙譲語なのです。 「資料を受領しました。 」というよりも「資料を拝受しました。 」としたほうが、より丁寧な表現となります。 「拝受」という言葉は、書類や物品のほかに、気持ちのような精神的なものにも使うことができますので、まずは言葉として覚えておくとよいですね。 やや堅苦しい印象を受けますので、若い世代の人はあまり使わないかもしれませんが、中高年の方はよく使う表現ですので、覚えておくと良いでしょう。 また意味や使い方を覚えて使用すると、印象がよくなる場合もあります。 ビジネスメールで受け取りましたではダメなの? 正式な資料などを受け取ったときには、「確かに受領いたしました。 」「拝受いたしました。 」と表現することが多くあります。 ビジネスメールにおける、「受領」「拝受」の意味の違いについては、前述のとおりですが、「受け取りました。 」ではだめなのでしょうか。 そんなことはありません。 慣れないうちは、「受領」や「拝受」といった言葉に違和感を覚えるでしょうから、使用に違和感のない、「受け取りました。 」としても構いません。 受け取ったことを示す言葉としては、「受け取りました。 」という表現は、最もシンプルで分かりやすい言葉でしょう。 まれに、「お受け取りいたしました。 」や「受け取らせていただきました。 」という表現をする人がいます。 これらの表現方法ではへりくだりすぎている印象を与えますので、これらの言葉に限らず謙譲語を多用しすぎないよう気をつけましょう。 自分が使用する言葉には、自らの気持ちが反映され、また自分の言葉に責任を持つことにつながります。 また、相手からの信頼にもつながるものですので、言葉を選ぶときには、責任を持って使用するようにしましょう。 スポンサーリンク ビジネスメールで査収の使い方は? さて、ビジネスメールにおいて、「査収」という言葉が使われることがあります。 「査収」の意味は、物品や書類等を良く調べて受け取ること、という意味があります。 前述の言葉の意味と同じように見えますが、「査収」とは受け取る側が使用する言葉ではありません。 やりとりの例としては、「先日お問い合わせいただきました件、添付のとおり書類を作成いたしました。 本書につきましては、別途郵送いたします。 ご査収の程よろしくお願いいたします。 」に対して、「資料のご送付をありがとうございます。 本日、確かに受領いたしました。 」といったものでしょうか。 つまり、「ご査収ください。 」という表現は、送る側が内容を精査し、間違いが無いことを充分確認した上で送付するものですから、送る側のみ使用する表現であり、受け取り側が使用する表現ではないのです。 「確かに査収しました。 」といってしまうと、受け取り側が良く確認して受け取りました、ということになり、本来の書類のやりとりにおいてあるべき姿ではなくなってしまいます。 受け取った場合には、「受領」「拝受」等の表現を使うことが正しい表現です。 まとめ ビジネスシーンで使用される言葉には、意味の似たような言葉が多々あります。 言葉の意味やニュアンスを含めて、適切な言葉選びをしましょう。

次の

「拝受しました」の意味と使い方・ビジネスメール例文

メール 拝受 いたし まし た

本来「受領いたしました」は目上の方にでも使用することは全く問題はありません。 しかし、できるだけ丁寧にと考えるのであれば「受領いたしました」ではなく「拝受いたしました」とするのがおすすめです。 これが先ほど少し触れた「受領いたしました」をさらに丁寧にするワードとなります。 「受領いたしました」でもかなり丁寧で簡潔な言葉です。 それをさらに丁寧にしますので、濫用することはおすすめできません。 とっておきの時に「受領いたしました」ではなく「拝受いたします」と決められる方が言葉を正しく使えていて良い印象を与えることができるでしょう。 「受領いたしました」と「拝受いたします」の二つの違いについては後程もうすこし詳しくお話しします。 「受領いたしました」をより丁寧にする「拝受いたします」の他には、尊敬語となる「お受け取りになる」や「お納めになる」という言葉の使い方もおすすめです。 目上の方だけでなく、取引先の方などにも適切な言葉のチョイスとなります。 「資料をお受け取り頂き誠にありがとうございます」 「ささやかなものではございますが、どうぞお納めください」 上記のように相手に何かを渡す際に使うことのできる「受領いたしました」と同じ意味を持つ言葉です。 一説では「メールをお受け取りいたしました」のように、自分を軸にした「受け取りました」ということを伝える際に、丁寧にできると使用されることも問題はないという意見もあります。 しかしビジネスシーンではあまりその考え方は広く浸透していませんので、自分に対しての使用は避けるのがベターです。 まず相手の方から資料などを受け取った場合、できれば内容を確認してから連絡するほうが仕事上では効率が良いのではとなりますが、それはあまりお勧めできません。 どうしても急ぎで慌てて届いた資料を確認し折り返しということでなければ、まずは受領メールをお相手に送り、確認後改めて折り返りますとお伝えするのがビジネスマナーです。 「受領いたしました」という意思表示だけの1本のメールを送るか送らないかでも印象は変わります。 相手の方もきちんとメールは届いているのか、メールが届いていることを確認して貰えているかが気になります。 こちらから連絡すべきかと思案に暮れている可能性もあります。 そのような時間の無駄を減らすほうがビジネスシーンではおすすめです。 何かを受け取ったらまずは「受領メール」を送り「受領いたしました」という旨をお相手に伝えるようにしましょう。 全てにおいて「受領いたしました」とこのまま使う必要はありません。 もちろん「受領いたしました」のまま使っても問題はありませんが、不自然になってしまうのであれば少し言い方に変化をつけるとよいでしょう。 「資料を受け取りました、有難うございます。 お忙しい所有難うございました。 内容を確認いたしまして改めてご連絡いたします」 このように、まずは「受領いたしました」という意思をはっきりと表現しましょう。 その上で大切なものを送っていただいたことへの感謝の気持ちや相手をねぎらう気持ちをつけたすようにしてください。 理想としては、2つ目の例文にあるように「受領いたしました」だけを伝えるのではなく、折り返し連絡しますと付け加えるとベターです。 可能であればいつごろまでに返信をするかも記入できるとよいでしょう。

次の