ジャニーズ westリアルタイム。 ジャニーズWESTへの道のり

テッペン!『パパジャニWEST』|TBSテレビ

ジャニーズ westリアルタイム

ん、冷静に 『WESTさんの日程えぐないか……?』 年末は確実に忙しいべ? 嬉しい反面、無理しすぎずに本人たちの身体を大事にして欲しいな。 年内に振り替えが確保できるとは思ってなかった。 事務所の皆さんWESTさん、ご尽力ありがとうございました。 状況が良くなっていることを信じて頑張るしかありません。 そこの光を目指して。 当選組だけど、冬の公演ってコロナがどうなってるか分かんないしまたキャンセルで損するの嫌だから悩みどころだな。 入れる人数制限するはずなのに立ち見もあるなんて相変わらず意地悪な事務所。 北海道の会員限定動画で見送りだから、絶対やります、待ってて下さいって言ってたじゃん。 ジャニーズWEST! パワーアップさせて絶対北海道行くって言ったのに。 Wtroubleから初の真駒内だったのに残念だよね。 誰が悪いとかじゃないから、余計に悔しい。 泣けてきた。 無くなった会場に行く予定だった人はもちろん悲しいし悔しいのはわかる。 一応私も該当者。 でも他のアーティストさんの予定もあって会場を押さえるのがどれだけ厳しかったか、今回ばかりは致し方ないんじゃないかな。

次の

14th Single 「証拠」 商品詳細|ジャニーズWEST|Johnny's Entertainment Record

ジャニーズ westリアルタイム

新型コロナウイルス感染拡大予防のための緊急事態宣言発令に伴い、5月6日までの主催公演中止を宣言したジャニーズ事務所(4月11日現在)。 複数のコンサートや舞台の中止が続いている。 そんななか、ジャニーズのアイドルたちはエンターテインメントの力、ジャニーズ事務所の底力を見せつけている。 彼らは「外出を自粛しよう」ではなく「家にいよう、一緒に時間を過ごそう」と呼びかける。 アイドルとファン、新たな関係性が生まれつつある。 ことの発端は4月8日。 コロナ禍で手に入らないファンがいることも視野に入れ、ファンが慌てて買い走らないよう「いまある作品を鑑賞しましょう」と配慮した上での優しい「お誘い」だった。 さらにKAT-TUNを「お気に入りアーティスト」に登録しているファンには、中丸から「お誘い」メールが届くというサプライズも。 末尾には、暗号のように示された「 KATTUN大視聴会」の文字が記されていた。 中丸とファンが秘密の約束を交わした「4月10日15時」に同時視聴がスタートすると「 KATTUN大視聴会」は瞬く間にトレンド入り。 それぞれが、昨年のアツい夏を思い出し、盛り上がった。 これまでファンしか知らなかった一面……「治安の悪い」カッコよさを徹底的に貫いてきた彼らのギャップに、堕ちた人も少なくない。 中丸は、翌10日にWebを更新し、次回は4月19日18時に大視聴会を行うとアナウンス。 「次の予定」がある幸せをかみしめて、毎日を頑張れそうだ。 』の同時視聴を提案。 文末に記された「 中間と一緒にWESTV鑑賞会」は、あっという間にSNS上で拡散され、トレンド入りした。 サラッとデートに誘うかのような文句でファンに呼びかけ、さらにはリアルタイムで裏話を更新していくという中間。 ファンが歓喜しないはずはない。 前日には「楽しみで眠れない」といった、胸がときめく更新も。 さらに同企画には、メンバーの小瀧望、神山智洋も「勝手に」参加を決め、ファンを喜ばせた。 中間は、Webのシステム上どうしても生じてしまうタイムラグについてファンにことわりを入れた上で、同時再生中、数回に渡ってwebを更新。 裏話や、中間自身の感想をファンに語りかけた。 365日分の1日、24時間のうちの数時間……「自担と同じ時間を過ごせること」がどれほど尊い奇跡かを、この機会に改めて感じた人も多いだろう。 たとえ場所は離れていても、時間をともにし心をひとつにする喜びを、彼らは教えてくれた。

次の

「音楽の日2020」Twitterリアルタイム実況にジャニーズ続々登場!まとめ

ジャニーズ westリアルタイム

人気グループ・のと主演する日本テレビのシンドラ『正しいロックバンドの作り方』(毎週月曜 深夜0:59)第7話が6月1日放送される。 シズマにドッキリを仕掛けた動画をバズらせ、無事に一次審査通過を果たした4人が第7話では、二次審査の課題『朝焼け』をテーマにオギノのお家に4人がこもって歌詞を書き上げる…? おうちでの時間について藤井は「家では基本的には、テレビを見たり、ネットで動画を見たりしてます!後は最近アボガドにレモン絞ってオリーブオイルとブラックペッパーかけて、それをツマミにしています。 神山は「ゲームをしたり、ギター弾いたり、ペットのワンちゃんと猫ちゃんと遊んだり、家の模様替えをしたり、普段掃除しないところを掃除したりと結構充実しています」と日々を報告した。 また、栗原は「今流行りのオンラインで人狼ゲームを友人たちとよくやっています。 普段人狼ゲームをするときは人が周りにいるので、声のトーンは変わらないのですが、オンラインとなったら画面越しに人がいるからなのか、相手が嘘をついているときや自分が人間だと主張するときは声を大きめに出してしまいます(笑)気がついたら4〜5時間くらいやったりすることもあります」とすっかりハマっているそう。 吉田は「朝日と共に起き、ヨガをしてスムージーを作って、、、というロハスな(?)生活に憧れてましたが、現実はラーメンの動画観て、ラーメン最高!!と思う日々」と理想とはちょっと反した庶民的な過ごし方を明かし「皆様は何味が好きですか?」と問いかけ。 それぞれが充実したおうち時間を満喫しているようだ。 いよいよ物語も終盤へ。 神山は「2次審査のお題として自作曲を4人で作る為にオギノの家に集まって作詞担当のリーダーのシズマを中心に歌詞を考えるのですが、中々いい歌詞が思い浮かばず苦悩しながらもあの手この手でシズマに歌詞の神様を降臨せる為に奮闘するというお話しになっています。 最終回に向けてのラストスパートにも入っていきます」と紹介。 藤井は「とにかく笑えるシーンが沢山ありますからこのおうち時間の中でストレスもあると思いますが、少しでも見て頂いた方に元気を与えられたらと思います!是非、悲しみの向こう側の馬鹿げたおうち時間を楽しんでください」とアピールしている。 笑 第7話は電撃ロックフェスの課題でシズマが歌詞を1日で完成させないといけないという状況で歌詞の神様が降りて来る様にバンドメンバーに協力をしてもらいながら悪戦苦闘するのですが、果たして歌詞の神様はシズマに降りるのか!その中でテツ、オギノ、コバが振り回されまくります!笑笑 とにかく笑えるシーンが沢山ありますからこのおうち時間の中でストレスもあると思いますが、少しでも見て頂いた方に元気を与えられたらと思います!是非、悲しみの向こう側の馬鹿げたおうち時間を楽しんでください」 神山 智洋(ジャニーズWEST) 「お家時間はゲームをしたり、ギター弾いたり、ペットのワンちゃんと猫ちゃんと遊んだり、家の模様替えをしたり、普段掃除しないところを掃除したりと結構充実しています。 1話〜6話まではバンドの関係性やメンバーそれぞれにスポットを当ててキャラクターに フィーチャーしたお話でしたが、7話は2次審査のお題として自作曲を4人で作る為にオギノの家に集まって作詞担当のリーダーのシズマを中心に歌詞を考えるのですが、 中々いい歌詞が思い浮かばず苦悩しながらもあの手この手でシズマに歌詞の神様を降臨せる為に奮闘するというお話しになっています。 最終回に向けてのラストスパートにも入っていきます。 気張らずに見れてクスッと笑えホロっと泣けるドラマですので、まだ見れてないという方は見逃し配信もあるので見てください。 1話30分なのでまだ全然間に合います。 悲しみの向こう側は目標のフェスに出ることは出来るのか?皆さん最終回まで是非お見逃しなく!」 栗原類 「僕は今流行りのオンラインで人狼ゲームを友人たちとよくやっています。 普段人狼ゲームをするときは人が周りにいるので、声のトーンは変わらないのですが、 オンラインとなったら画面越しに人がいるからなのか、 相手が嘘をついているときや自分が人間だと主張するときは声を大きめに出してしまいます(笑)気がついたら4〜5時間くらいやったりすることもあります。 リアルタイムで放送を見ながらSNSを見ると、たくさんの方々が楽しんでくれていて嬉しいです。 これからも今まで通り楽しんでいただきたいのですが、ただひとつ楽しみかたを追加するとしたら、1話から見直して神山智洋さん演じるテツの言葉遣いを聞き直しながら、見直してみてください。 5話辺りから、ちょっとした変化があります!」 吉田健悟 「「朝日と共に起き、ヨガをしてスムージーを作って、、、というロハスな(?)生活に憧れてましたが、現実はラーメンの動画観て、ラーメン最高!!と思う日々。 皆様は何味が好きですか? そして最高といえば!『正しいロックバンドの作り方』最高のドラマなので、是非見てください!」 企画・脚本監修 西田征史 「こんにちは。 元々、部屋に籠もって執筆する生活だったので、私の「おうち生活」はそこまで以前と変化ありませんが、それでも「してはいけない」「できない」ことが増えると気持ちが苦しくなっていきますね。 そんな時に私はよく料理を作ります。 深夜のスーパーに車を走らせ、誰とも会わずに食材を調達。 それをじっくりコトコト煮込んだりしています。 ちょっとした変化が息抜きになっているかなと。 「悲しみの向こう側」の4人はどんな料理を作るんでしょうかね? 得意料理は? そもそも料理をするのかな? そんな風に彼らの生活の裏側まで想像してご覧いただけるとより楽しんでいただけるかと存じます。 今回は歌詞作り。 シズマのこだわりにご注目ください!」 演出 山岸聖太 「家に居ること自体がとても好きなので、そもそも家に居るだけで楽しい日々なのですが、 先日深夜に思いつきで模様替えをしまして、その時に、いままで開けてなかった窓に気がつきました。 棚で覆われて隠れていたのです。 「そうか。 こんな所に窓が」と見つけた瞬間は不思議な感覚でしたが、躊躇なく思いきりガラリと開けてみた所、特になんて事のない風景が見えるだけでした。 しかし、そのなんて事のない風景の新鮮さたるや…。 しばらく見入ってしまいました。 これは誰とも共有できない喜びなのかもしれません。 それからちょくちょく模様替えをしています。 そんな楽しみを覚える日々です。 悲しみの向こう側の4人は今回家にこもって歌詞を書きます。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の