膣トレ あさイチ。 膣トレ(ちつトレ)の商品一覧

膣トレ(ちつトレ)の商品一覧

膣トレ あさイチ

インナーマッスルとは インナーマッスルとは、身体の深いところに位置する筋肉の総称で、骨や内臓さらには外側の筋肉(アウターマッスル)まで支える役割を持つものです。 主なインナーマッスルとしては、 ・腹横筋(ふくおうきん) ・多裂筋(たれつきん) ・横隔膜(おうかくまく) ・骨盤底筋群(こつばんていきんぐん) といったものがあります。 このインナーマッスルという言葉がきかれるようになったのは近年のことですが、最新研究によって、 腰痛や肩こり、ポッコリお腹、正しい姿勢の保持や、高齢者の転倒防止などさまざまな事柄と関係があることが分かってきたのだそうです。 番組で紹介された腰痛に悩んでいるという女性は、インナーマッスルが働かない状況で関節や筋肉への負担によって腰痛が起きていると診断されていました。 インナーマッスルの簡単チェック法 1、四つん這いになり、片足を上に上げる。 2、上げた足をおろし、続いて反対側の足を上げる。 これを骨盤が動かないように意識しながら交互に繰り返します。 インナーマッスルがきちんと動かせている人は難なくできますが、繰り返すのに苦労する場合はうまく使えていない可能性があるそうです。 インナーマッスルがを上手に使うトレーニング 腰痛改善に役立つトレーニング インナーマッスルは意識を変えるだけで、上手に動かせるようになります。 ポイントは簡単で、何かの動作を行う際に、 お尻の穴をギュっとすぼめるように意識してください。 これを普段の生活の中で行うだけで、自然とインナーマッスルが働くようになり、腰痛などが改善されます。 肩こり改善 人気記事• この骨盤底筋群が緩んでしまうと内臓が下がってきて、下腹が出てきてしまうのだそうです。 特に出産経験のある女性は内臓を吊り上げ固定する働きをする内骨盤筋膜が弱ってしまいがちで、それによりぽっこりお腹になってしまうとのこと。 膣を持ち上げて改善! ぽっこりお腹を解消するトレーニングとして紹介されたのが、「 膣を引き上げる」という方法です。 イメージとしては、 尿を止める時の感覚です。 お尻の割れ目あたりの尾骨と、恥骨の前あたりを、それぞれ手の平でおさえて、膣をぎゅっと引き上げてみましょう。 尾骨や恥骨が斜め上に上がっていることが感じられます。 これを 呼吸を止めないように意識しながら、10秒間キープします。 片足立ち ・お腹の下の骨盤底筋を意識しながらバランスをとるようにする。 ・慣れてくると自然にバランスがとれるようになる。 ケア・ピラティス ピラティスの動作を利用したインナーマッスルの鍛え方を3つ、ご紹介します。 やり方1 ・座った姿勢で、背中と背もたれの間にボールを挟む。 ・頭の裏で手を組み、胸を開くように深呼吸しながらボールにもたれかかる。 やり方2 ・座った姿勢で、太ももにボールを挟む。 ・お腹をへこませるように意識して深呼吸をする。 ) ・呼吸をしながら、足をゆっくり交互にあげる。 やり方3 ・座った姿勢で、太ももにボールを挟み、両手を真横に広げる。 ・片腕を上げて、上体を左右に倒す。 わき腹が気持ちよく伸びるところで、ゆっくり5~8回深呼吸する。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 インナーマッスルという言葉はよく聞くのですが、ハードなトレーニングが必要だと思って敬遠していました…。 これなら日々の生活の中で、ちょっとした時間にできますね。 私も朝イチで起きてストレッチをするように心がけていますが、もう少しレベルを伸ばして、こういったトレーニングも取り入れていきたいと思います。 皆さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

ちつトレグッズの通販!楽天市場でオススメの骨盤底筋トレーナー!

膣トレ あさイチ

「膣」を鍛えると、おなかやせに効く! 前から見た図 下から見た図 骨盤底筋群が鍛えられて、骨盤のゆがみが整うから、ウエストがキュッ! 年齢を重ねるごとに気になる、おなかのたるみやくびれのなさ。 今すぐ何とかしたい!けれどお金も時間もかけたくない!というワガママ女子にピッタリなのが膣トレ。 膣トレを提唱する姿勢改善トレーナー 村田友美子さんも現在はくびれてシャープなおなかのもち主ですが、以前はぽっちゃりおなかに悩まされていたそう。 そんな村田さんがたどり着いたのが、膣を「締め」て骨盤のゆがみと姿勢を正すことでした。 すると骨盤を横から支える腸腰筋の力も低下するため骨盤がゆがみやすくなります。 そうすると、内臓が下がって下腹もぽっこり。 さらに全身の筋肉が正しく使われなくなるため、二の腕や脚、背中など、全身に余計な脂肪がつきやすくなってしまうのです。 それを食い止めてやせ体質に導くのが膣トレなのです! 「膣トレは、膣を締めながら全身をほぐすことで正しい姿勢に改善。 骨盤底筋・横隔膜・多裂筋・腹横筋の4つのインナーマッスルも同時に鍛えられます。 左のお尻を床につけたまま右ひじを床につけ、肋骨と骨盤の間を伸ばす。 ゆっくりと深い呼吸を5回したら体を起こし、反対側も同様に。 次は体を斜め前方にひねりながら同様のストレッチを左右行い、腹斜筋と横隔膜を緩めて。 左右各1回。 助骨と骨盤の間にすき間を作ってから… 腹斜筋をしっかり伸ばす! 【STEP 2】あお向けに寝転び膣を引き上げる! あお向けに寝転び骨盤をやや後傾させて骨盤全体を床につけ、両脚を上げる。 ひざは曲げて左右に開き、足先をくっつけた状態で膣を引き上げるようにして締める。 膣を引き上げる感覚は尿を途中で止め、巻き戻すような感じ。 肛門まで締めると腰を傷める危険性があるのでNG。 膣だけを締まることを意識して。 出産時に『いきむ』のとは真逆のイメージ \膣が締まっているとおなかはこんな状態に!/ おなかは、おへその下を腸骨につけるように、前面だけ凹ませるのがポイント。 下の写真のように左右の腸骨の内側の筋肉がモリッと動き、おへその位置も一段高くなる。 肛門を前に向けるようにして座ると膣を締めやすくなる。 ちなみに、自分が正しい姿勢だと思う座り方だと、反り腰になりがち。 おなかやせだけでなく、おしりや太もものシェイプアップが簡単にかなう。 yumicorebody主宰。 専業主婦として3児の子を育てる傍らコアトレーニングに出合い、開眼。 独自のボディメソッドで多くの女性をしなやかBODYに導く。

次の

ちつトレグッズの通販!楽天市場でオススメの骨盤底筋トレーナー!

膣トレ あさイチ

尿漏れを防ぐ骨盤底筋トレーニングの方法 尿漏れの原因の1つ「骨盤底筋のダメージ」が挙げられます。 骨盤底筋とは尿道などをハンモックの様に支えている筋肉のことで、出産などで傷つくことで尿が漏れやすくなってしまうことがあります。 つまりこの筋肉をしっかり鍛えてあげることで、改善につなげることができるんです。 ではやり方をご紹介しますね。 1、座って足は自然に開く。 背筋を伸ばし、息を吸う。 2、息を吐きながらおならを我慢するような感じで肛門を締める。 膣を引き上げるイメージです。 3、尿を止めるような感じで尿道と膣を締める。 4、3つに力を入れたまま上に持ち上げ5秒数えてゆるめる。 5、この動きを3~5回繰り返す。 きちんと骨盤底筋がしまっているとスポーツをするとさらに鍛えることが可能です。 ちなみに適しているスポーツは、ヨガ、ピラティス、太極拳などゆっくりと動くものが適しています。 予防としては1日1回、治療としては1日3回行ってください。 この運動は他にも骨盤臓器脱という病気の予防にもなります。 立って行うエクササイズ もう1つ、骨盤底筋を鍛えることができるエクササイズをご紹介します。 こちらはソレダメ!で取り上げられた方法です。 1、立った状態で、右足を前に2回出す。 この時しっかりと膝を曲げることがポイントです。 2、3回目も同様に右足を前に出し、膝を曲げて3秒キープする。 3、「ハッハッハッ」と声を出して、元の位置に戻る。 逆の足も同様に行います。 1日3~5セットが目安です。 是非日頃から行いたいですね。 頻尿にはヨガも効果的 また、頻尿の人が多いというアメリカで効果があると実践されているのが「ヨガ」です。 骨盤底筋に体幹の筋肉がつながっているため、体幹を鍛えることが骨盤底筋のカバーにつながるのですが、体幹を鍛えるにはヨガがおすすめです。 特に頻尿改善に効果があるポーズ2つのやり方をご紹介します。 戦士のポーズのやり方 1、足を肩幅よりも広めに開く。 2、右足を90度外に回す。 3、両腕を広げて、体重を右足に移動させる。 はーっと息を吐きお腹をひっこめながら行います。 4、左右ともに30秒ずつ行う。 橋のポーズのやり方 1、仰向けに寝て、ひざを立てる。 2、ゆっくりと腰を上げる。 3、深く腹式呼吸をする。 4、10回呼吸をしたら腰をゆっくりと下ろす。 これを1分間繰り返します。 これらを朝晩2回行ってください。 インナーマッスルを鍛えると腰痛改善・肩こり改善にも 今回ご紹介した骨盤底筋を鍛える方法は『インナーマッスル』という目に見えない部分の筋肉を鍛える方法です。 ポッコリおなか以外にも、肩こりや腰痛改善になる体操のやり方もまとめています。 是非併せてご覧ください。

次の