保護 犬 譲渡 会。 里親になろう!保護犬の譲渡会(大阪・京都)

子犬子猫の里親募集【毎日面会可】

保護 犬 譲渡 会

譲渡会は、保護された犬や猫たちの様子を直接見て里親に迎えるか判断することが出来るの場のことです。 多くの民間団体や行政機関が定期的に開催しており、関東では東京・神奈川・埼玉・千葉など各地で行われています。 是非、譲渡会に参加して大切な家族を迎えてみませんか。 東京の譲渡会 東京都動物愛護相談センター ワンニャンとうきょう 譲渡会のスケジュールは、サイト内の「団体譲渡会のお知らせ」から確認できます。 犬・猫を譲り受ける条件や譲渡までの手続き等は、各ボランティア団体により異なりますが、行政機関の譲渡会では譲渡事前講習会の受講と事前登録が必要となる可能性があります。 NPO法人しっぽのなかま譲渡会 二子玉川いぬねこ里親会 二子玉川にて定期で譲渡会が開催されており、ホームページで里親募集のワンちゃん、ネコちゃんを見ることも可能です。 神奈川県動物愛護センター 神奈川県 動物保護センター 定期で譲渡会が開催されており、譲渡前講習会の受講が必要となります。 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会 特定非営利活動法人として活動されており、主に成犬・猫の譲渡を推進している会です。 ホームページで里親募集のワンちゃんを見ることも可能です。 アニマルプロテクション 定期的に神奈川県各地で譲渡会を開催しています。 ホームページから譲渡会の開催情報や飼い主募集中の写真確認できます。 KDP(ANAGAWA DOG PROTECTION) 特定非営利活動法人として活動されており、湘南で定期的に譲渡会を開催しています。 不定期で県庁でも行っているようです。 ホームページで里親募集のワンちゃんを見ることもでき、facebookで最新の開催情報など確認することもできます。 千葉の譲渡会 千葉県 犬・猫の譲渡会 千葉県動物愛護センター(本所)で毎月1〜2回定期的に譲渡会が開催されております。 NPO法人犬と猫のためのライフボート 柏市のアニマルシェルターにて毎日開催しています。 面会するには、事前にお申し込みフォームの送信が必要となります。 譲渡会に参加する注意点 現在、日本では毎年約20万匹ものペットが殺処分されていると言います。 人間の身勝手な行動がこのような事態を引き起こしており、ペット達に罪はありません。 里親になる際は、かわいいから。 無料だから。 という理由だけで決めるのはなく、今の状況でちゃんと飼育できるかどうか見極めて責任を持って里親になりましょう。 下記に里親になる前にもう一度確認してほしいことを記載しておきます。 注意点まとめ.

次の

里親さんを待っている犬たち【毎日面会可】

保護 犬 譲渡 会

譲渡会は、20分入れ替え制になるほどの人気ぶり 譲渡会当日、「この行列は何?バス待ちの行列?」と勘違いする人もいるほど、びっくりする人だかりができていました。 混雑するほど賑わうとは、さすがIKEA。 知名度も、集客力も、交通の便も抜群です。 今回、IKEA新三郷での譲渡会で、IKEA担当者含め関係者との信頼関係を築き上げてきた複数の団体さんを中心に、関東で動物愛護活動を行っている「AERU」というチームが主催しました。 当日の参加は8団体(犬3団体、猫5団体)。 犬は約27頭、猫は約64頭が新しい飼い主との出会いを待つため集まり、犬猫たちの負担も考えて12:00〜15:00という時間帯で開かれました。 こんなに大混雑する譲渡会も珍しい!譲渡会の開催を何で知ったか伺うと「保護団体やIKEAのSNSなど」と答える人が多かったです あまりの人の多さに、20分入れ替え制になるという対応になるほどでした。 これは主催者側もIKEAの担当さんも嬉しい悲鳴。 むろん人生の伴侶をわずか20分の短い時間で決定することはできません。 でもとにかく動物たちに直接会ってみてもらう、感じてもらう。 その後、気になったコの情報をもらい、アンケートを書いて、後日ゆっくり面談するというスケジュールになるそうです。 IKEAでの「保護犬・保護猫譲渡会」開催への想い それにしてもなぜ、IKEAのような商業施設での譲渡会を開催することになったのでしょうか。 中心メンバーのひとりで、かつ動物愛護の推進を公約のひとつに掲げて選挙に当選した三郷市議会議員(埼玉県)でもある佐々木修氏に聞いてみると、「大きく3つの目標があります」とのこと。 写真左が佐々木さん。 この日は公人としてではなく、あくまでもボランティアの1人として参加 1. 保護犬・保護猫がいるというこの現状を、たくさんの人に知ってもらう 近年、保護犬猫の存在を知っている人はだいぶ増えてきました。 しかしそれでもまだ、まったく知らないという人も(悪気はなくても)全国的には存在します。 なのでIKEAのような商業施設で、不特定多数の人に、保護犬猫の存在を肌で感じてもらうことは、貴重な啓発活動の場になります。 譲渡会で犬猫と出会うという選択肢があることを知ってもらう 犬や猫を飼いたいなと思ったとき、ペットショップやブリーダーから買う方法しかないと普通に思っている人は多いものです。 それを否定するわけではありませんが、譲渡会で保護犬猫と出会うという第三の選択肢もある、ということを知ってほしいという想いがあります。 譲渡会では、トイレトレーニング済の落ち着いた成犬や成猫も多い。 団体の人が本当にそのコのことを思って真摯なアドバイスをくれるので、初めて犬猫を迎える人にとっては心強い。 ただ、保護犬猫に関心はあっても、譲渡会が、いつ、どこで開催されているか見つけにくい、と思っている人もいるでしょう。 その点、SNSや広告での告知の発信力や、交通の便のいい商業施設での開催は、より譲渡会が見つけやすく、行きやすくなります。 第三の選択肢が身近なものになることが期待できます。 家族として迎えてもらう 保護犬・保護猫や譲渡会の認知度が上がり、出会いの場が増えれば、新しい家族の見つかるチャンスが増えていきます。 里親が見つかったら、もちろん嬉しいです。 ただし 譲渡は、あくまでも最終目標だと佐々木さんは言います。 たしかに、飼い主募集中の犬猫であっても「衝動買い、衝動飼い(よく考えず、一時的な感情で欲しがること)」はよくありません。 だから 最も優先すべきは啓発活動。 その結果として、ご縁があってよい家族が見つかれば、ベストです。 また 啓発活動によって、育てられない命は産ませない、管理できない多頭飼育はしない、管理能力のない人には飼わせない、迷子にさせない、虐待などはもってのほか、というような、動物との関わりを正しく深く理解した人たちが増えていけば、保護される犬猫になるコは減っていくはずです。 佐々木さんたちの活動は、長期戦で、不幸な動物を減らすことに重点を置いているようにも思えました。 イケア・ジャパン 株 のローカル・マーケティング・スペシャリスト、山下りえさんも「こうした活動をサポートできるのは、IKEA的にも、個人的にも嬉しいです。 日本では衛生上などのルールがあり、店内に犬を同伴してもらえないのは申し訳ないのですが、こうして多くの人に譲渡会に興味を持ってもらえてありがたく思います」と言います。 本当に損得勘定ではなく、企業の社会貢献を自然体でやってしまうところが、さすが社会福祉の進んだスウェーデン発のグローバル企業だなと感服しました。 「ワンちゃんネコちゃんの情報をもらったお客様は入れ替えをお願いしまーす!」と、大きな声で誘導するIKEAの山下さん 家族連れでの参加多数。 来場者の声を聞いてみました さて、入れ替え制も厭(いと)わず待っている来場者にも声をかけてみました。 やはりベッドタウンという土地柄かファミリー層が多かったです。 小学生くらいの子どものいる家族、はたまた大学生か社会人になっているような大きなお嬢さんと父母という組み合わせの家族、若い夫婦、熟年夫婦など。 家族揃って、夫婦揃って、家族全員参加で来ているのが印象的でした。 新しい家族を迎えるなら家族全員揃って譲渡会に来る、というのは正しい姿勢だと思います。 譲渡会スタート時は「この譲渡会が目当てで来ました」という人がほとんど。 IKEAに来たついでかと思っていたのに、そうではないそうなので、ちょっと意外でした。 譲渡会がこの場に人を呼んでいる。 ということは商業施設側にとっても、譲渡会を開催することは集客を促すうえでメリットがありそうです。 後半戦は、IKEAで買い物を終えた人たちが寄り道して行くというパターンも増えてきました。 「何やっているのかな?犬猫がいるよ。 何、これ?どうやったらもらえるの?」という若いカップルも。 タダなら犬をもらいたい、というのはダメですよ、と内心思いつつ、でもまずはこれが啓発活動の最初の1歩なんだなぁと思いました。 <後日面談を申し込んでいたご家族の声> お父さんが「獣医の資格があるサラリーマン」だという家族にお話を聞きました。 普通の人より動物に対する知識は深いであろうと思いつつ、「なぜ今日ここに来たのですか」とお父さんに尋ねると「犬たちを取り巻く殺処分のことなども含めて子どもたちに伝えながら、犬をお金で買うのではなく、子どもたちと一緒に犬を育てていきたい」と答えてくれました。 お母さんは「ある程度気になるコを団体のホームページで見つけたりしながら、4月から複数の譲渡会を回っています。 子どもと犬との相性もあるので、実際に会って、ふれあいをさせてもらい、最終的に決めたいと思っています」と言います。 数ヶ月間かけて、家族全員でじっくり新しい家族となる犬を探す本気度が伝わってきました。 小学3年生の彼女のお目当ては、右奥のケージの中で寝ている3頭の子犬。 でもお昼寝中にジャマしてはいけないので、愛おしそうに眺めている。

次の

【神奈川県】犬の里親になれる譲渡会や保護施設をご紹介

保護 犬 譲渡 会

もくじ• 保護犬の譲渡条件は場合によって厳しい 保護犬について色々調べていた時に、現状を知ってとても驚いたことがあります。 ある団体がとったアンケート結果で、保護動物の存在は知っていたのに保護犬から引き取らなかったのはどうしてですか?という質問に対して、そもそも保護犬猫から引き取ることは検討していない、という回答が9割にも登ったとのことです。 また、 保護犬猫の引き取りを検討したが条件的に引き取らせてもらえなかったという回答が4割で二番めに多い回答でした。 その次には、犬猫の見た目が好みではなかった、保護施設のことがよく分からない、引き取るまでの過程がわからない、との回答が続いていました。 なぜ、保護動物の存在を知っているのにそもそも検討しないのかというと、やはり条件的に厳しそうと思って初めから検討しなかったり、実際に譲渡会などに出向かないといけない、いろいろ手間がかかりそうなどいろいろと面倒なイメージが影響しているようです。 せっかく犬を飼うなら、救える命があるなら、保護犬から探したい。 そう思ってもなかなか保護活動に繋がらないのはとても切なく残念に思います。 保護犬譲渡条件によくある不安 譲渡会や保護センターに行く必要がある 私の場合は人生で初めて飼った犬が保護犬ですが、保護センターにも出向いていませんし譲渡会と呼ばれるものにも行っていません。 インターネットでみた里親募集サイトがきっかけでした。 きっかけはなんでもいいと思うのです。 ただ、その場へ出向くということが気持ち的に進まない出会ったり、スケジュール的に日程を合わせるのが難しかったりすることで、犬を保護犬から引き取るという選択肢がなくなってしまうのはとても勿体無いと思います。 、いろんな方法があるということをお伝えできればと思います。 飼い始めるまでの手続きが面倒 自分がイメージできないものには人は面倒くさいという感情を持ってしまうと思います。 私もそうなのでよくわかります。 果たして、実際のところそこまで面倒なものなのでしょうか?実際、保護犬を正式譲渡されるまでのおおまかな流れというものがあるのですが、その順序に沿っていけば面倒ということは私の場合感じませんでした。 ペットショップとは違い、トライアル期間という、ワンちゃんを実際に2週間ほど預かるお試し期間のようなものがありますし、その子の性格や家族との相性を見るにもいい期間だと思います。 内部リンク:実体験からの保護犬の探し方から正式譲渡までの流れについてまとめました。 条件が厳しそう これに関しては、ペットショップで購入する場合に正直何も条件や制限がないことと比べると、確かに厳しいです。 ただ、団体か個人かだどによって条件内容が異なるため、自分にあった引取り先を探すのも一つの方法です。 また個人で飼っている犬の里親を個人で探している場合、譲渡条件はその飼い主の判断基準になるため人によっては融通を利かせてくれたりするかもしれません。 どの保護団体も、飼い主も、ただ闇雲に条件を厳しくしているのではなく、犬の幸せを願って里親を探していますので交渉してみるのも良いでしょう。 譲渡条件の代表的な例 ボランティア団体や保護施設または個人での募集なのかによって条件は様々ですが、私がみた中で多かったものを例としてあげたいと思います。 大前提として、家族全員が賛成しているかは一番重要です。 家族構成 例)小さな子供がいる家庭は、犬が危害を加えたり、子供が悪気なく犬に危害を与える可能性があるので要相談。 同棲中のカップルは不可。 事実婚の場合はそれを証明できる書類の提出が必須。 60歳以上などシニアのみの世帯の場合は、後見人が必須。 また、里親になれる犬の年齢制限あり。 独身世帯は在宅時間の確認が必要。 学生からの申し出は不可、親の同意が必須。 職業、収入 犬を飼育するにあたって経済的、時間的余裕があるか 転勤・転居の有無 転勤や転居で飼えなくなったり、今後ペット不可の物件に引っ越す可能性がないか 留守番の時間 留守番時間が長くなりすぎないか 基本的に在宅時間が長く面倒を見れる人物がいるか 先住犬との相性 先住犬がいる家庭の場合は、先住犬との相性は必ずチェックする必要があります。 どちらかにストレスがかかると結果として、お互いに悲しい結果になることは目に見えています。 人間と一緒で犬にも相性の良し悪しはあります。 譲渡決定後の約束事項 条件をクリアし譲渡が決まった後に、保護団体さんと譲渡契約書というものを交わしたのですが、今後飼っていくにあたっての約束事項のようなものです。 まとめ 私一個人としての意見ですが、ひとくくりにこの条件には当てはめなければ譲渡できません、ということではなく、綿密なコミュニケーションや、個人の状況を判断し、里親の間口を広げることも大切だなと思います。 なぜなら、今の時代、色々なライフスタイルがありますし、お金を支払えばペットシッターやペットホテルのような世話をしてくれる施設やサービスも増えてきました。 一概に『あなたは独身だから、、あなたの家庭は共働きだから、、留守番時間が多いから、、だからあなたには引き渡しできません』というのは時代に合わない気もします。 少し前に、影響力のある人気ユーチューバーが、ペットショップで子猫を買ったことに対してSNS上で炎上していましたが、保護動物ならではの譲渡条件の厳しさがあるからでは?、との意見も出ていました。 実際のところはわかりませんが、どこでペットを探すかも個人の自由です。 ただ、保護犬は飼うまでの道のりが面倒で厳しすぎる、という理由で間口が狭くなっては本末転倒だと思うのです。 実際に、犬を家族に迎えるにあたって、 保護犬から引き取った飼い主の一人として、譲渡条件の厳しさが緩和され保護犬のイメージもよくなり、一匹でも温かい家庭に引き取られるワンちゃんが増えればいいなと心から願います。 投稿者:.

次の