煽り ガラケー女。 あおり運転宮崎文夫容疑者と”ガラケー女”喜本奈津子容疑者逮捕

煽り運転のガラケー女

煽り ガラケー女

常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件の容疑者と同乗していた女性だとのデマを流された笹原えりなさんが、自身が営むしました。 声明は代理人弁護士の小沢一仁氏(インテグラル法律事務所所属)の名前で発表されており、笹原さんが同乗女性であるとの指摘に対し事実無根であること、心当たりが全くないことを伝えています。 また、同社に対して「当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができない」といった被害も起きているそうです。 このため笹原さんとその代理人弁護士は、 虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しているとのことです。 根拠のない不確定情報に惑わされて行動をしない あおり運転暴行事件の被疑者に対して、許されない、罰を受けるべきだという気持ちは理解できます。 しかし、不確定情報をもとに無関係の第三者を攻撃することも許されません。 それは男性を殴っていたあおり運転暴行事件の犯人と同じことをしているようなものではないでしょうか? 「この人が犯人なんだって」と言いたいのであれば、警察発表か、最低でも大手メディアが報道するまで待ちましょう。 今回の事件でも、殴った男の名前や顔がきちんと発表されたのは知っていると思います。 ネット上の不確定情報に惑わされてはいけません。 それは新たな被害者を生むと同時に、無関係の第三者の名誉を毀損する加害者も生み出します。

次の

「ガラケーの女」デマ、法的措置へ 被害女性が会見:朝日新聞デジタル

煽り ガラケー女

今月10日に発生した事件では、宮崎文夫容疑者(43)が運転席の男性会社員を殴ったとして、傷害容疑で逮捕されている。 交際相手の喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕=も車から降りて、宮崎容疑者が暴行する様子を携帯電話で撮影していた。 この時の映像がテレビなどで流され、話題となった。 宮崎容疑者は16日に指名手配されたが、喜本容疑者の氏名はこの段階で公表されていなかった。 女性の代理人弁護士によると、17日未明から、女性の実名やインスタグラムのアカウントを特定しながら「ガラケー女」「自首して」などという投稿がツイッターにあったほか、ネット掲示板にも投稿された。 女性はすぐにフェイスブックで「完全に事実と異なります」と否定したが、インスタグラムには大量の誹謗(ひぼう)中傷が寄せられ、女性が代表を務める会社にも同日だけで280件の電話があった。 18日には、会社のホームページに弁護士名で声明を出し、「虚偽の情報を広める者には法的措置を検討する」と警告。 同日、宮崎容疑者と喜本容疑者の逮捕が発表された。 弁護士は、最初にデマ情報を公表した人だけでなく、不適切な言葉で拡散した人や、インターネット上の「まとめサイト」の運営者らも責任が「極めて重い」と指摘。 今後は、発信者の情報開示をツイッター社などに求め、特定できれば損害賠償を求める訴訟に踏み切る方針を表明した。 名誉毀損(きそん)罪での刑事告訴も検討するという。 女性は「普段通りに寝て起きたら犯罪者扱いされて、名前と写真が流出していた。 まさか自分のことだという認識をなかなか持てなかった」と振り返った。 今もネット上にデマ情報が残ったままの状態で、「精神的にまだ平常に戻れていない」とも語った。 (新屋絵理).

次の

あおり運転事件の「ガラケー女」に間違われた女性 1日で人生が一変

煽り ガラケー女

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 今月10日に発生した事件では、宮崎文夫容疑者(43)が運転席の男性会社員を殴ったとして、傷害容疑で逮捕されている。 交際相手の喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕=も車から降りて、宮崎容疑者が暴行する様子を携帯電話で撮影していた。 この時の映像がテレビなどで流され、話題となった。 宮崎容疑者は16日に指名手配されたが、喜本容疑者の氏名はこの段階で公表されていなかった。 女性の代理人弁護士によると、17日未明から、女性の実名やインスタグラムのアカウントを特定しながら「ガラケー女」「自首して」などという投稿がツイッターにあったほか、ネット掲示板にも投稿された。 女性はすぐにフェイスブックで「完全に事実と異なります」と否定したが、インスタグラムには大量の誹謗(ひぼう)中傷が寄せられ、女性が代表を務める会社にも同日だけで280件の電話があった。 18日には、会社のホームページに弁護士名で声明を出し、「虚偽の情報を広める者には法的措置を検討する」と警告。 同日、宮崎容疑者と喜本容疑者の逮捕が発表された。 弁護士は、最初にデマ情報を公表した人だけでなく、不適切な言葉で拡散した人や、インターネット上の「まとめサイト」の運営者らも責任が「極めて重い」と指摘。 今後は、発信者の情報開示をツイッター社などに求め、特定できれば損害賠償を求める訴訟に踏み切る方針を表明した。 名誉毀損(きそん)罪での刑事告訴も検討するという。 女性は「普段通りに寝て起きたら犯罪者扱いされて、名前と写真が流出していた。 まさか自分のことだという認識をなかなか持てなかった」と振り返った。 今もネット上にデマ情報が残ったままの状態で、「精神的にまだ平常に戻れていない」とも語った。 (新屋絵理).

次の