甘い もの が 食べ たい 時。 甘いものが食べたい時…不足した糖質を“食後に少量” 「豆花(トウファ)風スイーツ」(夕刊フジ)

今、食べたくなるもので身体に不足している栄養素が分かる!無性に「何か」を食べたくなっちゃうのは栄養不足が原因だったんです。

甘い もの が 食べ たい 時

人が何かを食べたくなる欲求には、脳内の視床下部にある『摂食中枢』『満腹中枢』という2つの食欲中枢が関わっています。 お腹が空いたと感じるのは『摂食中枢』が刺激されることで発生し、お腹いっぱいだと感じるのは『満腹中枢』が刺激されることで発生します。 どんな時にこれらの食欲中枢が刺激されるかというと... 例えば血液に含まれる『グルコース(糖)』の濃度が下がると、摂食中枢が刺激されて空腹を感じます。 その後食事をして血中グルコース濃度が上がると、満腹中枢が刺激されて食欲が抑えられるのです。 また、身体の働きを支えるエネルギーの元である脂質が不足すると、身体は蓄積していた脂肪を分解して、エネルギーを作り出そうとします。 その副産物として『遊離脂肪酸』ができるのですが、この脂肪酸が多く分泌されるときも、身体は飢えの危機を感じて、摂食中枢が食欲を促します。 甘いものが無性に食べたいときは、エネルギーの元になる三大栄養素、たんぱく質、炭水化物、脂質のいずれかが不足していると考えられます。 また、ストレスを感じていると、抗ストレスホルモンである『セロトニン』を分泌しようとして、糖分が欲しくなることもあるそうです。 これらの栄養素を含むものをとりましょう。 炭水化物を含むごはんやパンを食べる時は、血糖値が上がりにくいものを選びましょう。 雑穀入りのパンやごはんなどが、食物繊維が含まれているので血糖値が上がりにくく、炭水化物のほかにもビタミン・ミネラル・たんぱく質を含んでいるのでおすすめです。 おにぎりと野菜スープを一緒に食べると、食物繊維も合わせてとることができ、栄養バランスや食べる量の調節もできます。 また、たんぱく質や脂質を含むゆで卵を一緒に食べるのもよいでしょう。 また、菓子パン類を食事代わりにするのは避けましょう。 同じ糖質でも、油や糖が中心のお菓子では体脂肪も作られやすくなり、栄養素も偏りがちになります。 砂糖を含むものをたくさん食べると、血糖値が不安定になり生活習慣病になる恐れもあるので、注意が必要です。 また、これらは体内の酸・アルカリ度の調整や代謝のサポートなどで重要な働きをしますが、身体の中で作ることができません。 ナトリウムは比較的摂取しやすい栄養素ですが、カルシウムや鉄分は不足しがちとされています。 ミネラルやビタミン、食物繊維を多く含むナッツ、カルシウムを多く含む牛乳やヨーグルトなどをとるのがおすすめです。 また、塩分のとり過ぎは体のむくみを引き起こしたりするため、注意が必要です。 塩分は1日女性7g、男性8gまでが目標値として設定されています。 ちなみに、脂っこいものが食べたくなる理由には、人間は高カロリーで体内に蓄積しやすい油脂を本能的に好むという説があります。 揚げ物やスナック菓子に食欲がわくのは、人間の生存本能によるものなのかもしれませんね。 我慢できない食欲がわくのは、必要な栄養素が不足していたり、ストレスを感じているからかもしれません。 朝食や休日など、コントロールがしやすいところから、自分のペースで食事のバランスや食べる量を管理するようにしましょう。 食べ過ぎや栄養バランスの偏りが続くと、それが習慣になってしまい、将来の健康にも悪い影響を及ぼします。 また、バランスのよい食生活はもちろんですが、適度な運動と規則正しく十分な睡眠も、ストレスなく健やかな毎日を過ごすための健康管理の基本です。 適度な運動は、食欲を促進するホルモン分泌のもととなるストレスを発散することにも効果があります。 また、睡眠時間を確保し、決まった時間に睡眠をとって体内時計のリズムを一定にすることで、ホルモンバランスを整えることができます。 食事時間もできるだけ規則正しくしましょう。 ただ食欲を抑えるだけでなく、自分の身体がどういう状態にあるのかを理解して、食欲と上手に付き合っていきましょう! [文・構成 ビフィックスマガジン編集部].

次の

ストレスで甘いものが食べたくなる!理由や代わりになる食べ物は?

甘い もの が 食べ たい 時

甘いものを食べたい時の代用品1つ目は、ナッツ類です。 ナッツ類はマグネシウムや良質な脂質などが含まれます。 よく噛んで食べるので、満腹感も得られますね。 カシューナッツやアーモンド、くるみなど種類も多く売っているので好きなものをチョイスしてください。 味付けも豊富なので、飽きずに色々なものに挑戦できるのも嬉しいですね。 ただ、ナッツ類に含まれる脂質は良質とは言え、摂りすぎは禁物です。 小分けになっているものを買って、食べ過ぎを防ぎましょう。 ナッツの種類がよくわからないという人はこちらを参考にしてみてください。 人気のあるナッツに含まれる栄養素や、購入できる場所がわかりますよ。 ぜひお気に入りのナッツを見つけてくださいね。 甘いものを食べたい時の代用品3つ目は、サラダチキンです。 甘いものでお腹を満たそうとすると、つい食べ過ぎてしまいますよね。 もしお腹が空いてしまったのなら、お菓子でごまかさずしっかりと食事で補給するのが正解です。 手軽に購入できるサラダチキンにも、そのブランドによって様々な味付けがあって飽きません。 サラダチキン以外にもささみやカニカマなど多くの種類が販売されています。 どれも1個で食べ応え抜群なので、小腹が空いたときにはサラダチキンを選びましょう。 甘いものが食べたいときは身体と向き合おう! このように無性に甘いものが食べたいときには、色々な原因が考えられます。 その時の衝動に負けてチョコレートやケーキ、生クリームを食べるのではなく、その根本を改善することが大切なのです。 とは言え、我慢ばかりではストレスが溜まってしまいますよね。 ご紹介した、甘いものが食べたくなったときの対処法や、甘いものの代用品をうまく活用して、ストレスが溜まらないように工夫しましょう。 日ごろから気を付けていれば、甘いものも適度に味わって食べることができるようになりますよ。

次の

唐揚げが食べたいのは、甘いものを食べたい時より疲れているサイン!?|予防医学専門家が伝える「食べたいもので分かるあなたの心理状態」。

甘い もの が 食べ たい 時

普段はバランスのいい食事やオーガニックにこだわっている人でも、 まれに「無性に甘いものが食べたい!」「唐揚げとかの揚げ物が食べたい!」 ・・・そう思う時がありますよね? 女性なら生理前などに、そんな衝動に駆られることもあるでしょう。 そしてそれを「そんなものを食べたらダメなのに!」と自制すると、 更にその欲求が強くなったり、 欲求を抑えきれず食べてしまってから 「なんであんなものを食べてしまったんだろう。 」と後悔したり…。 実はこうした欲求は心理状態、ストレスと深い関係があるのです。 今回は食べたい物と心理状態についてご紹介したいと思います。 食べたい物で分かるストレスレベル 今食べたい物は次のうちどれですか? (1) 練り切りやようかんなどの和菓子 (2) とんかつや唐揚げなどの揚げ物 (3) ケーキなどの洋菓子や菓子パン (4) サラダなどの生野菜や果物 (5) 汗をかくような辛いもの (6) 特別、無性に食べたいと思う物はない。 気になる今のあなたの心理状態は? (1)練り切りやようかんなどの和菓子が食べたいと思ったあなた。 少し精神的に緊張状態が続いたり、肉体的な疲労がたまったりしていませんか? 和菓子には多くの砂糖が含まれているのは言うまでもありませんね。 砂糖の主成分であるショ糖はブドウ糖に分解されやすく、血糖値が上昇します。 すると脳の視床下部外側部や扁桃体などで構成されている「報酬系」と呼ばれる部分が 刺激され幸福感や安堵感を得ることが出来るのです。 すなわち「甘いものが食べたい!」という欲求は心が、 「ひとときの幸せ」を感じたい! ホッとしたい!と求めているのです。 (2)唐揚げなどの揚げ物が食べたいと思ったあなた。 揚げ物などの油っぽいものを欲するというのは、 甘いものを欲するよりも精神的に疲れている可能性があります。 実は油物は甘いものよりも早く脳の報酬系を刺激するのです。 牛脂やラード、サラダ油や大豆油などに多く含まれている長鎖脂肪酸が、 下の付け根部分に触れると味覚を司る「舌咽神経」が刺激され、 その刺激がダイレクトに脳に伝わり報酬系が活性化。 (1)の甘いものが胃や腸などの消化器系を介して吸収されてから報酬系を刺激するのに対して、 長鎖脂肪酸は下の根元に触れた時点で脳に刺激が達するので、 甘いものよりも早く「快」の感情を得ることが出来るのです。 (3)ケーキや菓子パンなどを食べたいと思ったあなた。 ケーキや菓子パンは血糖値をあげ、しかも長鎖脂肪酸も含まれているためより早く報酬系を刺激します。 そして長鎖脂肪酸による報酬系の刺激と血糖値の上昇による報酬系とのタイムラグがあるので、 糖もしくは長鎖脂肪酸を単体で摂るよりも長く「快」を得ることができます。 その状態を欲するということはかなり大きなストレスを抱えていたり、 精神的な疲労をため込んだりしていると見ることができます。 これはケーキや菓子パンに限らずカツ丼や天丼といった「丼物」を欲した場合でも同じことが言えます。 そしてもう一つ。 多くの菓子パンに使用されている「果糖ブドウ糖液糖」または「ブドウ糖果糖液糖」。 いわゆる「コーンシロップ」と呼ばれるもので、「異性化糖」とも呼ばれていますよね。 コーンシロップは砂糖よりも早く血糖値を上昇させるため、 より早く報酬系が刺激されます。 そして簡単に「快」を得られる物質には中毒性があるため、 「最近、精神的に疲れているせいかな?」で、 数日続けて食べるだけで毎日食べることが習慣化する恐れさえあるのです。 筆者のクライアントでも過食症の人が最も好んで食べるのが菓子パンです。 朝から菓子パン10個を食べていた人さえいます。 それも毎日。 ご存じの通り果糖ブドウ糖液糖の原料は遺伝子組み換えのトウモロコシ。 果糖ブドウ糖液糖とブドウ糖果糖液糖の違いは、 果糖の割合がブドウ糖より多い場合が「果糖ブドウ糖液糖」。 ブドウ糖が果糖より多い場合が、「ブドウ糖果糖液糖」と表示されています。 いずれもインスリン抵抗性を高めてしまうため、 糖尿病のリスクが高まるのは言うまでもありません。 (6)特に無性に食べたいものはないと思ったあなた。 もううつ状態で食欲さえ失せている場合を除けば、とても安定している状態と言っていいでしょう。 いつものようにバランスのいい食事を心がけて下さいね。 身体に良くないものが食べたくなった時の対処法 甘いものにしろ、油っぽいものにしろ、 「こんなものを食べたら身体に悪いのに。 」と思いながら食べたり、 食べた後に後悔したり自分を責めたりするのは絶対にオススメできません。 こうした後悔や自責の感情は身体にとっては更なるストレスとなり、 副腎から抗ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが大量に分泌されます。 コルチゾールはストレスから身体を守るために分泌されるホルモンではあるのですが、 甘いものを食べたときと同じように血糖値を上昇させてしまうのです。 また無理矢理我慢するのも大きなストレス。 いずれその欲望が爆発してある日、突然ドカ食いしてしまうリスクも考えられます。 甘いものが欲しくなったら 果物をよく噛んで食しましょう。 果物に多く含まれる果糖も一部は体内で一部がブドウ糖に変換されます。 しかし果物は和菓子やケーキと違い、 ビタミンCやフィトケミカルなどの抗酸化物質も一緒に摂れるというメリットがあります。 そして罪悪感に苛まれることもありませんよね。 油っぽいものを欲しくなったら あなた自身は「唐揚げが食べたい!」と思っているかも知れませんが、 実は身体は一時的な報酬系の刺激が欲しくなっているだけです。 それなら同じ長鎖脂肪酸を含むやなどを食事の中で多めに摂ればいいだけなのです。 筆者はそんな時ダイレクトにサラダに多めのやをかけて食べています。 余談ですが、これまで味覚と言えば「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「旨味」の、 「五味」と言われていましたが、 米パデュー大学の研究で、「人は油脂の味を味覚として捉えることが分かった」と、 学術誌Chemical Sensesで発表しています。 第六の味覚を「脂味」として意識することで、 より健康管理に役立てていくことができるだろうと同チームはコメントしています。 しかし、日常的に添加物・農薬だらけの食品を口にしているとどんどん味覚が鈍くなり、 より甘いもの、より濃い味を求めるようになってしまうのは言うまでもありません。 また味覚は亜鉛などのミネラルの摂取が少なくリンの摂取が多と鈍くなることも分かっているので、 オーガニックなもの、そして充分なミネラルの摂取も心がけて下さいね。 オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market 栄養バランスが崩れてしまった時に摂りたい、IN YOU おすすめのアイテム.

次の