中国語 年収。 中国語検定3級合格は就職に有利か?体験者が教えます

通訳【英語・中国語・韓国語・フランス語】の年収や年齢別・フリーランス翻訳家・都道府県別年収推移|平均年収.jp

中国語 年収

のべ 5,108 人がこの記事を参考にしています!• 「通訳案内士」は稼げる職業なの?• 年収は、どのくらい?• 資格を取れば安定するの? この記事では「通訳案内士の収入」が気になっているあなたの疑問にお答えします!実際の仕事内容から求人の探し方、収入を増やすためのヒントまで。 通訳案内士を目指す方は必見です。 近年では、日本を訪れる外国人が増え、観光地として日本への旅行者が増加しています。 それに伴って、外国人観光客にガイドする通訳案内士が注目されています。 特に、中国語の通訳案内士については、需要がとても高まっているものの、通訳案内士の数が足りていない状況です。 語学や異文化交流が好きな方は、得意な言葉を活かせるお仕事。 自分の国について紹介できるとてもやりがいあるお仕事ですよ。 なお、中国ゼミでは、中国語の通訳案内士を目指すあなたへ、中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 通訳案内士の収入はどれくらい? まず、通訳案内士の収入はどれぐらいあるのでしょうか。 勤務形態等様々なケースを想定して詳しくみていきましょう。 1-1. 旅行会社で通訳案内士として勤務の場合は年収数百万円 旅行会社で勤務の場合、通訳案内士としての資格を持っていれば昇給や特別手当をもらえる会社がほとんどです。 また、会社で勉強会を開いたり講座を受講させてくれる会社もありますので、働きながら通訳案内士の資格を取得することもできます。 中国人顧客が多い旅行会社では、特に通訳案内士が必要とされています。 通訳案内士の収入は2017年度の調査では、 中国人団体を案内すれば全行程で28,000円以上の収入でした。 これは 1日ツアーに同行した際の平均的給与です。 1日の行程は朝9時ごろから出発し、途中お昼休憩などを含め観光し、夕方18時頃解散になる行程が一般的ですので、およそ10時間ほどのツアーになるでしょう。 個人客の案内では1日1万3,000円〜2万2,000円ほどです。 ツアーとして2週間添乗する場合であれば手取りで14. 5万ほどが最低賃金になると言われています。 スポットガイドとしての短時間の勤務もありますので、時給に換算するとおよそ1,500円〜2,500円が目安になり、3時間で2,500~5,000円ほどになります。 定期的に、安定した仕事があれば、 年収は400万円を超えるでしょう。 1-2. フリーランスで働く人が多い 通訳案内士の仕事は専門職のせいか、フリーランスで働く人が多いのが現状です。 しかし収入はそのときのツアー内容や、エージェントや通訳案内士としてのガイド歴などの経験数によっても変わり、長期のツアーに添乗するのか、単発のガイドをするのか、食事代が支給されるか、時間外手当がつくのかどうかもエージェントによって変わってきます。 1日あたりの収入で見れば比較的高収入ですが、安定しないというデメリットもあります。 ただし、自ら営業して顧客を増やせる人であれば、大きく収入を伸ばすことは可能でしょう。 最近では個人のSNSを利用して顧客を増やしている方もいます。 フリーランスの特権は自分のスケジュールに合わせて働けることです。 個人としての魅力を最大限に生かし、お客様と深く繋がりを持てればそれをきっかけに口コミで人気が出たり、お客様からの紹介で顧客を増やすこともできます。 逆にフリーランスの人でまったく営業をせずに、接客スキルを伸ばす努力もしなければ、低収入に甘んじる可能性が高いことでしょう。 1-3. 稼げる時と稼げない時の差は激しい 春のお花見の季節や秋の紅葉の頃は、繁忙期でほぼ毎日仕事があり、休む暇もなく忙しいですが、反対に、閑散期はまったく仕事がない日が続きます。 年間を通して、常に仕事があるわけではないので、収入が安定しないというネガティブな面がありますが、主婦やWワークの方、介護をしている方でまとまった時間がとれない方など、時間に束縛されず、自由な時間が欲しいとという方には年間を通してのプランが立てやすいという利点があります。 1-4. アルバイトだと時給は1,300円前後 通訳案内士の仕事をアルバイトでする人はいますが、時給は1,300円前後です。 しかし通訳案内士の仕事は不安定なので、通訳案内士の仕事だけで生計を立てることは難しいのが現実です。 そのため ほとんどの登録者が、他に収入源を持つなどして、不定期のアルバイトとして従事しています。 その中には、通訳や翻訳の仕事を兼業しながら、通訳案内士をしている人も多くいます。 通訳案内士のアルバイトを見つけるのであれば、外国人向けに発行されているフリーペーパーを読むこともよいでしょう。 そこではときどき日本人を募集していることがあります。 通訳案内士の仕事内容 これからは通訳案内士の仕事内容をみていきましょう。 中国語の通訳案内士を目指す方必見!中国ゼミのこちらの記事も合わせてお読みください。 『』 2-1. 外国からの訪問者の方をサポート 通訳案内士の仕事とは、日本を訪れた外国人観光客に付き添って観光案内をすることです。 仕事の期間としては、1日だけの仕事や数週間程度の仕事があります。 旅行会社のツアーの内容によっては、1カ月程度の仕事も稀にはあります。 2-2. 高度な語学力と、臨機応変な姿勢が必要 通訳案内士はほぼ1日中外国人の方と行動を共にすることがあります。 一日中外国人と行動を共にしていれば、予期せぬさまざまな問題が発生します。 そんな時、迅速に対応でき、旅行者の気持ちを理解してあげられる高度な語学力と、様々な方が参加するツアーをまとめていく臨機応変な姿勢が必要です。 2-3. 仕事のやりがいとフレキシブルな生活 通訳案内士は忍耐力・精神力を要する大変な仕事ですが、反面やり甲斐がありフレキシブルな生活ができる利点があります。 通訳案内士はサービス精神が旺盛な人は向いているでしょう。 通訳がメインのお仕事ですが、日本に興味を持って来られるお客様に対して常に、どのようなサービスを提供するか判断し、実行することも通訳案内士の重要な仕事の一つです。 案内を通じてお客様に喜ばれるサービスを提供できた時には、きっと大きなやりがいを感じることができるでしょう。 また、時間の自由がききやすいことと、年齢制限が厳しくないので、誰でも資格を持っていれば活躍できる可能性が大いにあります。 2-4. 需要が高い中国語の通訳案内士 現在、通訳案内士の資格をもつ人の大半が英語専門ですが、中国人観光客の数は年々増えています。 訪日外国人旅行客推移によると、2008年には10万人程度だった中国からの旅行客も、2018年には73万人を超えてます。 そのため、 中国語の通訳案内士の需要が供給に追い付かないのが現状です。 この需要は将来的にも続くと予想されます。 中国人の観光客が増えれば増えるほど、中国語の通訳案内士の求人はますます増えていくでしょう。 注目される中国語の通訳案内士の需要や通訳案内士の仕事内容は、こちらの記事も参考にしてください。 『』 3. 通訳案内士として稼ぐための方法 前章では、通訳案内士の収入について現実は非常に厳しいということをご説明してきましたが、通訳案内士として、収入を上げていく方法を次にご紹介していきます。 3-1. 通訳案内士の団体へ所属する 通訳案内士として稼ぐには、通訳案内士の団体に所属することがおすすすめです。 通訳案内士の団体には、やなどが挙げられます。 団体に所属することで、名前を覚えられて、仕事がくる可能性はあります。 しかし入会費が必要になることがあるので、本気で仕事を探す人以外は入会しない方がよいでしょう。 最近ではタクシードライバーも収入とキャリアアップのために、通訳案内士の資格を取得するケースが増えてきました。 3-2. 旅行会社に所属する 通訳案内士として稼ぐには、旅行会社に正社員や契約社員として所属するのが効率的でしょう。 旅行会社に所属することによって、自分を売り込むチャンスが増えてきます。 旅行会社で働いていることが信用につながるからです。 また、トリップアドバイザーなど旅行サイトでは、評価がつきます。 そのレビューに、ガイドの名前をお客様が書いてくだされば直接指名がかかることもありますので、お客様の好印象に残る通訳案内士を目指しましょう。 旅行会社の仕事は円高や国内外の情勢の影響を受けますが、旅行会社に所属することで定期的に仕事を受注することができるでしょう。 その結果、収入は安定してきて生活設計が立てやすくなります。 また、 旅行会社に所属して通訳案内士として働きながら経験を積むことによって、訪日されるお客様のニーズに的確にこたえられるような訪日旅行のツアーコーディネーターとして活躍する道もあります。 実際に通訳ガイド兼コーディネーターの募集もありますので、その二つの役割を果たすことができれば、一人で二役できるのですから、会社内でも活躍の幅が広げられるでしょう。 観光業のプロとしてキャリアアップすれば年収がアップし安定にも繋がります。 3-3. 仕事情報誌などで検索する 通訳案内士の仕事は、求人情報誌にも掲載されていることがあります。 最近はインターネットでも求人情報を閲覧することができるので、こまめに探すことが大切です。 求人サイトの中には探している仕事を登録しておくことで、メールで報せてくれるところがあります。 ハローワークでも、中国語の通訳を募集していることがあります。 家の近くの地域で、中国語が活かせるのであれば、通勤時間も無駄にはならず、余計な出費が重ならないことが有利です。 通訳案内士が活かせる職種としては、トラベルコーディネーター、観光コンシェルジュ、VIPハイヤーコンシェルジュなどがあります。 3-4. ホームーページ等で情報を発信 最近はホームページやFacebookを仕事の宣伝のために使うケースが増えてきましたが、通訳案内士の仕事でも活用することができます。 ホームページやFacebookで自分を売り込むときは、忘れずにコンタクト先も明記することが大切です。 また、 ツアーガイドをしたお客様とホームページやFacebookで繋がることによって、お客様を通した広がりも増えることも自分を売り込むツールの一つです。 その他、中国関連のサークルを利用して売り込むことも効果的です。 最近では トリプルライツ)というサイトで個人のガイドサービスを販売することもできます。 自分の個性を出して魅力を伝えられるいいきっかけにもなりますので積極的にこのような場を見つけてアピールできると良いでしょう。 通訳案内士の仕事は、自分の頑張り次第で収入を増やすことができる 通訳案内士として働くには仕事の不安定さなどの不安がある人もいると思いますが、 ポジティブに捉えれば、自分の好きなように活動できる働きやすさも魅力です。 個人として十分に魅力を発揮できれば必ずお客様には喜んでもらえ、自分の収入にも繋がるやりがいのあるお仕事です。 頑張り次第では、サラリーマン時代の収入を一年目から超えることも可能でしょう。 通訳案内士として活躍するには、常に自分の存在を売り込むことを忘れてはいけません。 幸い今はネットを利用すれば、売り込み先を探すことができます。 中国関連の会合にも、積極的に参加した方がよいでしょう。 顧客が少しずつ増えてくれば、収入も安定してくるので一生の仕事にすることができるでしょう。 なお、中国ゼミでは、中国語の通訳案内士を目指すあなたを応援しています。 中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 三宅裕之(監修・執筆) HSK・中国語検定合格&中国語発音スクール「フルーエント中国語学院」学長 シナジープラス株式会社代表取締役 20万部の書籍出版、5,000人以上の指導経験、文部科学省にて5年連続の講義実績を持つ語学とコミュニケーション力の開発プロフェッショナルトレーナー 早稲田大学商学部在学中に、中国財経大学にて中国語を学ぶ。 完全にゼロからのスタートから、4ヶ月で中国語の大学入学レベル、9ヶ月で大学院入学レベルに到達。 大学卒業後、ベネッセコーポレーションにて、中国語検定開発などを行った後、株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役に就任。 2004年より米国コロンビア大学大学院にて、多文化多言語教育を研究。 帰国後、シナジープラス株式会社を設立。 「フルーエント中国語学院」「バイリンガルズ英語学院」を開校し、語学だけでなく、コミュニケーション能力そのものを上げていく指導を行う。 2011年、中国蘇州にて諧楽吉教育諮詢有限公司を設立。 中国人・日本人への異文化リーダーシップ教育、日本人向け中国語教育などを展開している。 2016年よりシンガポール在住。

次の

中国駐在員の給料っていくら?元中国駐在員の下世話な話

中国語 年収

通訳者平均年収とスキルレベル別報酬 通訳者の平均年収は? 通訳者の収入は、通訳者の実績やスキルによって非常に幅があります。 平均年収:600万円 通訳者の平均年収の範囲:400〜900万円 初任給の相場:20万円 通訳のスキル別報酬の相場 給与は「通訳者のスキルレベル」によって決められます。 ランクによってできる仕事にも差が出てくるため、当然給料にも差が出てくることになります。 例えば、外国人の送迎や会場の受付などは入門レベルのEランクなので給料は安く、国際会議や政府間協議のような場所で大勢の人を前に訳すベテランは、Aランクであり給料は高くなります。 通訳者のレベル別報酬額(1日当たり) ランク (実績) 報酬額 Aランク(フリーランス経験10年以上) 60,000円 Bランク(フリーランス経験5年以上) 55,000円 Cランク(フリーランス経験2年以上) 45,000円 Dランク(通訳経験2〜3年) 40,000円 Eランク(逐次通訳が可能) 35,000円• Aランク• 任される仕事 :国際会議での同時通訳、政府間協議での通訳、各種シンポジウムなど• 実績・スキル :フリーランス経験10年以上。 会議通訳者として業界で認知されている。 Bランク• 任される仕事 :記者会見の通訳、インタビューの通訳、VIPつき通訳など• 実績・スキル :フリーランス経験5年以上。 同時通訳と逐次通訳ができる。 Cランク• 任される仕事 :企業内ミーティング、商談通訳など• 実績・スキル :フリーランス経験2年以上。 一般通訳クラス。 Dランク• 任される仕事 :社内通訳、国際会議のランチやディナーなど• 実績・スキル :通訳経験2〜3年。 逐次通訳が安定してできる。 Eランク• 任される仕事 :国際会議の会場受付、インフォメーションの語学スタッフなど• 実績・スキル :逐次通訳が可能な入門レベル。 表を見て分かるように、Aランクの通訳者とEランクの通訳者では報酬の差は倍近くになります。 よって通訳者の年収は実績やスキルによって大きな差が生まれます。 関連記事: 関連相談• 英語通訳・韓国語通訳・中国語通訳の報酬の差と需要 英語通訳の年収と需要 英語通訳の年収:600万〜 英語通訳の需要:英語通訳の需要は圧倒的に高く全体の約8割〜9割。 韓国語通訳の年収と需要 韓国語通訳の年収:600万〜 韓国語通訳の需要:日本と韓国は交流が深いこともあり需要は高いが、日本語の堪能な韓国人が多いため安い報酬で韓国人に依頼されることが多い。 中国語通訳の年収と需要 中国語通訳の年収:650万〜 中国語通訳の需要:アジア圏の中では需要は高い。 日本を訪れる中国人の増加による需要の高まりも見られる。 需要の高い言語と今後の傾向 通訳業界の中でもっとも需要の高い言語は英語です。 英語通訳の需要は全体の約8〜9割を占めています。 アジア圏の言語やヨーロッパ系言語にも一定の需要はありますが、やはり英語通訳の需要は圧倒的です。 今後は、加速するアジア圏のグローバル化に伴い、中国語や韓国語をはじめ、インドネシア語やタイ語、ベトナム語やミャンマー語といったアジア圏の言語の需要が高まることが予想されます。 また、2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催される影響により、多くの外国人が来日する機会が増えるため、通訳者の活躍の場が増えることに業界内の期待は高まっています。 近頃では、英語・中国語・韓国語をセットにした、多言語による各種施設のフロアガイドなどの業務も増えています。 これは、外国人観光客の急増に伴い見られるようになった傾向です。 関連記事: 関連相談• 通訳者の仕事内容3種 通訳者の仕事は、2つ以上の国の言語を使い、話し手の言葉を聞き手が使う言語に変換することです。 通訳には大きく分けて3つの手法があります。 通訳者として高い年収を稼ぐことを考えるならば、以下の3つの手法を身につけ、依頼に合わせて柔軟に対応する必要があります。 同時通訳 同時通訳は、発言者の言葉を2、3秒遅れで通訳するものです。 外国のニュースの同時通訳や、国際会議などの場においての仕事が主となります。 話しながら聞いて翻訳するという高度な技術が求められるため、高いリスニング力はもちろん、高い集中力も必要とされ、1人で長時間行うことはできません。 同時通訳は、業界内では花形ポジションと呼ばれています。 逐次(ちくじ)通訳 逐次通訳は、発信者が話している間はメモをとり、一区切り着いてから通訳を始めるという流れを繰り返すスタイルです。 海外の専門家などの意見交換会やワークショップ、インタビュー、プレス向けの製品発表会や講演会のような場所においての仕事が主となります。 正確性が高いというメリットがある一方、同時通訳と比較して倍近い時間がかかってしまうというデメリットがあります。 ウィスパリング通訳 ウィスパリング通訳は、聞き手が少数の時に用いられる同時通訳です。 基本的には同時通訳と同じ流れですが、通訳者が聞き手の側に位置し、発言者の言葉を聞き手に囁く程度の音量で通訳をしていきます。 商談や社内の会議、海外業者の製品のプレゼンテーションなど、ビジネスシーンにおいての仕事が主となります。 同時通訳と同等のリスニング力と集中力が求められます。 上記3つ全ての手法を習得しなければ通訳者として働けないというわけではありませんが、仕事の依頼が減るという意味では高い年収は期待できなくなってしまいます。 関連相談• 通訳者になるには 通訳者として働くうえで、必須となる資格はありません。 しかし語学力については当然高いレベルが必要とされています。 大学や専門学校で学ぼう 留学をして語学を学ぶ、外国語系の大学や大学の外国語学科などで専門的に語学を学ぶなどしておいた方が良いでしょう。 多くの人が大学卒業後、民間の通訳専門学校に通いさらに高いレベルの語学を学んでいます。 現在通訳者として活躍している人のほとんどは、このような養成学校で通訳者としての仕事の基礎を学んでいるようです。 通訳者はネイティブの言い回しを熟知している必要があります。 そのため留学でその国の文化や習慣を学ぶことは非常に有効です。 留学をしないというのであればそれと同等以上の勉強が必要になります。 通訳者に向いてる人材とは 通訳の業界は、常に国際状況や海外の最新の情報も頭に入れておく必要があり、勉強をし続けなくてはなりません。 また通訳者には観察力やマナーを守れること、頭の回転の速さも必要とされます。 相手の感情や雰囲気を読み取り、ちょっとしたニュアンスの違いによる誤解を招くことを防ぐことや、公の場で礼儀正しく振る舞うこと、専門的な内容も理解し正しく伝えることも重要であり、それが出来る人が通訳者に向いている人だと言えます。 今この業界では、通訳の需要が高まる一方、高度なスキルを必要とする職業であるということもあり、必要なスキルを持った人材が不足しています。 特に、新興国の通訳をすることができる人材が求められています。 関連相談• 年収のカギを握るのはフリーランスでの経験 フリーランスと社内通訳の違い 通訳者平均年収とレベル別報酬で紹介したように、通訳者の報酬ではフリーランス経験が重視されます。 社内通訳のフリーランスとの一番の違いは、通訳だけでなく翻訳も求められるという点です。 フリーランスであれば「翻訳はやりたくない」という場合には案件紹介時に断ればいいのですが、社内通訳の場合そうはいきません。 また社内通訳の場合、例えば「その企業が金融系なら金融のことがメイン」のように、分野はフリーランスと比べると絞られてしまいます。 フリーランスでの実績と収入の相場 通訳者の年収を左右するのはフリーランスでの経験や実績です。 社内通訳者としての経験は報酬を決める上であまり反映されない傾向にあります。 「フリーランスでの経験や実績」が、そのまま「通訳者としての評価・信頼」になります。 企業は、フリーランスでの確かな経験や実績のある通訳者に仕事を依頼したいと考えます。 フリーランスでの経験や実績のある通訳者は仕事を獲得する機会が増えるので、高い年収を稼ぐことが出来るようになります。 前述にもあったように、フリーランス通訳者の日給の相場は、フリーランス経験2年以上で45,000円、5年以上で55,000円、10年以上のベテランになると60,000円と経験年数が増えるほ報酬も上がっていきます。 フリーランス通訳者としての働き方 フリーランスの通訳者が仕事を得る方法として一般的なのは、通訳エージェントに登録して仕事を紹介してもらうことです。 ベテランになると独自の人脈で仕事を獲得してくる方もいますが、多くの企業はエージェントに信頼のできる通訳者の依頼をします。 フリーランス通訳者として必要な能力として、まず第一に自己管理脳力があります。 フリーランス通訳者は仕事のスケジュールや仕事の量、事前準備まで、全て自分一人で管理する必要があります。 また、エージェントや顧客と信頼関係を築くためのビジネスマナー、タイムリーな話題に対応できるようにするための情報収集力、リサーチ力なども必要です。 通訳者としてのスキルを磨くために2〜3年の社内通訳経験み、フリーランスとして独立することが理想的です。

次の

【通訳者の年収事情】表でわかる英語・中国語・韓国語の需要や相場

中国語 年収

のべ 5,108 人がこの記事を参考にしています!• 「通訳案内士」は稼げる職業なの?• 年収は、どのくらい?• 資格を取れば安定するの? この記事では「通訳案内士の収入」が気になっているあなたの疑問にお答えします!実際の仕事内容から求人の探し方、収入を増やすためのヒントまで。 通訳案内士を目指す方は必見です。 近年では、日本を訪れる外国人が増え、観光地として日本への旅行者が増加しています。 それに伴って、外国人観光客にガイドする通訳案内士が注目されています。 特に、中国語の通訳案内士については、需要がとても高まっているものの、通訳案内士の数が足りていない状況です。 語学や異文化交流が好きな方は、得意な言葉を活かせるお仕事。 自分の国について紹介できるとてもやりがいあるお仕事ですよ。 なお、中国ゼミでは、中国語の通訳案内士を目指すあなたへ、中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 通訳案内士の収入はどれくらい? まず、通訳案内士の収入はどれぐらいあるのでしょうか。 勤務形態等様々なケースを想定して詳しくみていきましょう。 1-1. 旅行会社で通訳案内士として勤務の場合は年収数百万円 旅行会社で勤務の場合、通訳案内士としての資格を持っていれば昇給や特別手当をもらえる会社がほとんどです。 また、会社で勉強会を開いたり講座を受講させてくれる会社もありますので、働きながら通訳案内士の資格を取得することもできます。 中国人顧客が多い旅行会社では、特に通訳案内士が必要とされています。 通訳案内士の収入は2017年度の調査では、 中国人団体を案内すれば全行程で28,000円以上の収入でした。 これは 1日ツアーに同行した際の平均的給与です。 1日の行程は朝9時ごろから出発し、途中お昼休憩などを含め観光し、夕方18時頃解散になる行程が一般的ですので、およそ10時間ほどのツアーになるでしょう。 個人客の案内では1日1万3,000円〜2万2,000円ほどです。 ツアーとして2週間添乗する場合であれば手取りで14. 5万ほどが最低賃金になると言われています。 スポットガイドとしての短時間の勤務もありますので、時給に換算するとおよそ1,500円〜2,500円が目安になり、3時間で2,500~5,000円ほどになります。 定期的に、安定した仕事があれば、 年収は400万円を超えるでしょう。 1-2. フリーランスで働く人が多い 通訳案内士の仕事は専門職のせいか、フリーランスで働く人が多いのが現状です。 しかし収入はそのときのツアー内容や、エージェントや通訳案内士としてのガイド歴などの経験数によっても変わり、長期のツアーに添乗するのか、単発のガイドをするのか、食事代が支給されるか、時間外手当がつくのかどうかもエージェントによって変わってきます。 1日あたりの収入で見れば比較的高収入ですが、安定しないというデメリットもあります。 ただし、自ら営業して顧客を増やせる人であれば、大きく収入を伸ばすことは可能でしょう。 最近では個人のSNSを利用して顧客を増やしている方もいます。 フリーランスの特権は自分のスケジュールに合わせて働けることです。 個人としての魅力を最大限に生かし、お客様と深く繋がりを持てればそれをきっかけに口コミで人気が出たり、お客様からの紹介で顧客を増やすこともできます。 逆にフリーランスの人でまったく営業をせずに、接客スキルを伸ばす努力もしなければ、低収入に甘んじる可能性が高いことでしょう。 1-3. 稼げる時と稼げない時の差は激しい 春のお花見の季節や秋の紅葉の頃は、繁忙期でほぼ毎日仕事があり、休む暇もなく忙しいですが、反対に、閑散期はまったく仕事がない日が続きます。 年間を通して、常に仕事があるわけではないので、収入が安定しないというネガティブな面がありますが、主婦やWワークの方、介護をしている方でまとまった時間がとれない方など、時間に束縛されず、自由な時間が欲しいとという方には年間を通してのプランが立てやすいという利点があります。 1-4. アルバイトだと時給は1,300円前後 通訳案内士の仕事をアルバイトでする人はいますが、時給は1,300円前後です。 しかし通訳案内士の仕事は不安定なので、通訳案内士の仕事だけで生計を立てることは難しいのが現実です。 そのため ほとんどの登録者が、他に収入源を持つなどして、不定期のアルバイトとして従事しています。 その中には、通訳や翻訳の仕事を兼業しながら、通訳案内士をしている人も多くいます。 通訳案内士のアルバイトを見つけるのであれば、外国人向けに発行されているフリーペーパーを読むこともよいでしょう。 そこではときどき日本人を募集していることがあります。 通訳案内士の仕事内容 これからは通訳案内士の仕事内容をみていきましょう。 中国語の通訳案内士を目指す方必見!中国ゼミのこちらの記事も合わせてお読みください。 『』 2-1. 外国からの訪問者の方をサポート 通訳案内士の仕事とは、日本を訪れた外国人観光客に付き添って観光案内をすることです。 仕事の期間としては、1日だけの仕事や数週間程度の仕事があります。 旅行会社のツアーの内容によっては、1カ月程度の仕事も稀にはあります。 2-2. 高度な語学力と、臨機応変な姿勢が必要 通訳案内士はほぼ1日中外国人の方と行動を共にすることがあります。 一日中外国人と行動を共にしていれば、予期せぬさまざまな問題が発生します。 そんな時、迅速に対応でき、旅行者の気持ちを理解してあげられる高度な語学力と、様々な方が参加するツアーをまとめていく臨機応変な姿勢が必要です。 2-3. 仕事のやりがいとフレキシブルな生活 通訳案内士は忍耐力・精神力を要する大変な仕事ですが、反面やり甲斐がありフレキシブルな生活ができる利点があります。 通訳案内士はサービス精神が旺盛な人は向いているでしょう。 通訳がメインのお仕事ですが、日本に興味を持って来られるお客様に対して常に、どのようなサービスを提供するか判断し、実行することも通訳案内士の重要な仕事の一つです。 案内を通じてお客様に喜ばれるサービスを提供できた時には、きっと大きなやりがいを感じることができるでしょう。 また、時間の自由がききやすいことと、年齢制限が厳しくないので、誰でも資格を持っていれば活躍できる可能性が大いにあります。 2-4. 需要が高い中国語の通訳案内士 現在、通訳案内士の資格をもつ人の大半が英語専門ですが、中国人観光客の数は年々増えています。 訪日外国人旅行客推移によると、2008年には10万人程度だった中国からの旅行客も、2018年には73万人を超えてます。 そのため、 中国語の通訳案内士の需要が供給に追い付かないのが現状です。 この需要は将来的にも続くと予想されます。 中国人の観光客が増えれば増えるほど、中国語の通訳案内士の求人はますます増えていくでしょう。 注目される中国語の通訳案内士の需要や通訳案内士の仕事内容は、こちらの記事も参考にしてください。 『』 3. 通訳案内士として稼ぐための方法 前章では、通訳案内士の収入について現実は非常に厳しいということをご説明してきましたが、通訳案内士として、収入を上げていく方法を次にご紹介していきます。 3-1. 通訳案内士の団体へ所属する 通訳案内士として稼ぐには、通訳案内士の団体に所属することがおすすすめです。 通訳案内士の団体には、やなどが挙げられます。 団体に所属することで、名前を覚えられて、仕事がくる可能性はあります。 しかし入会費が必要になることがあるので、本気で仕事を探す人以外は入会しない方がよいでしょう。 最近ではタクシードライバーも収入とキャリアアップのために、通訳案内士の資格を取得するケースが増えてきました。 3-2. 旅行会社に所属する 通訳案内士として稼ぐには、旅行会社に正社員や契約社員として所属するのが効率的でしょう。 旅行会社に所属することによって、自分を売り込むチャンスが増えてきます。 旅行会社で働いていることが信用につながるからです。 また、トリップアドバイザーなど旅行サイトでは、評価がつきます。 そのレビューに、ガイドの名前をお客様が書いてくだされば直接指名がかかることもありますので、お客様の好印象に残る通訳案内士を目指しましょう。 旅行会社の仕事は円高や国内外の情勢の影響を受けますが、旅行会社に所属することで定期的に仕事を受注することができるでしょう。 その結果、収入は安定してきて生活設計が立てやすくなります。 また、 旅行会社に所属して通訳案内士として働きながら経験を積むことによって、訪日されるお客様のニーズに的確にこたえられるような訪日旅行のツアーコーディネーターとして活躍する道もあります。 実際に通訳ガイド兼コーディネーターの募集もありますので、その二つの役割を果たすことができれば、一人で二役できるのですから、会社内でも活躍の幅が広げられるでしょう。 観光業のプロとしてキャリアアップすれば年収がアップし安定にも繋がります。 3-3. 仕事情報誌などで検索する 通訳案内士の仕事は、求人情報誌にも掲載されていることがあります。 最近はインターネットでも求人情報を閲覧することができるので、こまめに探すことが大切です。 求人サイトの中には探している仕事を登録しておくことで、メールで報せてくれるところがあります。 ハローワークでも、中国語の通訳を募集していることがあります。 家の近くの地域で、中国語が活かせるのであれば、通勤時間も無駄にはならず、余計な出費が重ならないことが有利です。 通訳案内士が活かせる職種としては、トラベルコーディネーター、観光コンシェルジュ、VIPハイヤーコンシェルジュなどがあります。 3-4. ホームーページ等で情報を発信 最近はホームページやFacebookを仕事の宣伝のために使うケースが増えてきましたが、通訳案内士の仕事でも活用することができます。 ホームページやFacebookで自分を売り込むときは、忘れずにコンタクト先も明記することが大切です。 また、 ツアーガイドをしたお客様とホームページやFacebookで繋がることによって、お客様を通した広がりも増えることも自分を売り込むツールの一つです。 その他、中国関連のサークルを利用して売り込むことも効果的です。 最近では トリプルライツ)というサイトで個人のガイドサービスを販売することもできます。 自分の個性を出して魅力を伝えられるいいきっかけにもなりますので積極的にこのような場を見つけてアピールできると良いでしょう。 通訳案内士の仕事は、自分の頑張り次第で収入を増やすことができる 通訳案内士として働くには仕事の不安定さなどの不安がある人もいると思いますが、 ポジティブに捉えれば、自分の好きなように活動できる働きやすさも魅力です。 個人として十分に魅力を発揮できれば必ずお客様には喜んでもらえ、自分の収入にも繋がるやりがいのあるお仕事です。 頑張り次第では、サラリーマン時代の収入を一年目から超えることも可能でしょう。 通訳案内士として活躍するには、常に自分の存在を売り込むことを忘れてはいけません。 幸い今はネットを利用すれば、売り込み先を探すことができます。 中国関連の会合にも、積極的に参加した方がよいでしょう。 顧客が少しずつ増えてくれば、収入も安定してくるので一生の仕事にすることができるでしょう。 なお、中国ゼミでは、中国語の通訳案内士を目指すあなたを応援しています。 中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 三宅裕之(監修・執筆) HSK・中国語検定合格&中国語発音スクール「フルーエント中国語学院」学長 シナジープラス株式会社代表取締役 20万部の書籍出版、5,000人以上の指導経験、文部科学省にて5年連続の講義実績を持つ語学とコミュニケーション力の開発プロフェッショナルトレーナー 早稲田大学商学部在学中に、中国財経大学にて中国語を学ぶ。 完全にゼロからのスタートから、4ヶ月で中国語の大学入学レベル、9ヶ月で大学院入学レベルに到達。 大学卒業後、ベネッセコーポレーションにて、中国語検定開発などを行った後、株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役に就任。 2004年より米国コロンビア大学大学院にて、多文化多言語教育を研究。 帰国後、シナジープラス株式会社を設立。 「フルーエント中国語学院」「バイリンガルズ英語学院」を開校し、語学だけでなく、コミュニケーション能力そのものを上げていく指導を行う。 2011年、中国蘇州にて諧楽吉教育諮詢有限公司を設立。 中国人・日本人への異文化リーダーシップ教育、日本人向け中国語教育などを展開している。 2016年よりシンガポール在住。

次の