本 好き の 下剋上 完結 後。 香月 美夜の作品一覧

本好きの下剋上の感想。これはただの異世界転生ラノベではない。丁寧に作られた物語を見逃せない。

本 好き の 下剋上 完結 後

本好きの下剋上という作品が個人的に熱いです。 どーも自分です。 本記事の題材である本好きの下剋上という作品は、もともとは「小説になろう」で連載されている小説です。 で、それを原作として、ニコニコ静画で漫画版が連載されているわけです。 ネット上の創作物に触れている人なら「小説になろう」発と聞くと「異世界転生」モノだろ? と脊髄反射で眉をひそめる人がいるかもしれない。 確かにこの作品は「異世界転生」モノだよ。 でも面白いよ! 昨今乱発される「異世界転生」モノの中でも設定と物語のテーマ、展開において独自の地位を築き着実に人気を得ている作品のひとつと自信を持って言える。 原作小説自体も中二感満載で読みやすさを勘違いしたような軽薄な文体で雑文と紙一重のようなラノベとは一線を画している。 口語体の文章だけどウザさ控えめ。 といっても自分は基本漫画で読みたいので漫画で進んでいるところまでしか原作全てを読んでいるわけではないのだが、読みやすい文章と言える。 なろう系特有のウザさ(主人公・展開・文章表現)をあまり感じないのが良い。 ともすれば、「小説家になろう」に限らず、昨今の「異世界転生」というフォーマットに則っている作品というと、 「どうせ俺tueeeだろw」 「出世早すぎw」 「桃鉄かよw」 「ハーレム乙」 などとこれまたテンプレ的な反応を返されてしまうことが良くある。 それは偏見なのだが、テンプレ展開のツギハギ作品が多いのもまた事実。 しょうがないとも言えるが、しかし「本好きの下剋上」に関してはロクに読まれずそんなレッテルを貼られてしまうとしたら悲劇だ。 読みもしないで脳内の未読リストに入れてしまう人はもったいないと思う。 原作小説の良さはまた別の機会に譲るとして、まずはあらすじから、次に小説版を原作とした漫画版の良さを書いていこうと思う。 本好きの下剋上のあらすじ 主人公で卒業を控えた女子大生の本須麗乃(もとすうらの)は本をこよなく愛し、様々な本を読むことに幸せを感じていた。 しかしある日、地震によって降り注いできた本に誤って押し潰されてしまい、命を失ってしまう。 死の間際にあっても願うことは「生まれ変わっても本を読めますように」。 気づくと麗乃は小さな女の子になっており、病気に苦しんでいた。 身体を横たえていたのは粗末なベッド。 周りに見えるのは殺風景な部屋。 母らしき女性が心配そうな顔で部屋に入ってきて、麗乃を「マイン」と呼ぶ。 その瞬間、マインとしての記憶が麗乃の脳に流れ込み、麗乃の記憶と融合し、「母さん」と呼び返す麗乃。 「麗乃」から「マイン」になってしまった瞬間だった。 死んでしまい、転生したという事実よりも、まずは本を求めたマインは部屋を見回しても、立ち上がって家中を探しても本はおろか字すら存在しないことに絶望する。 街に出ると商品には値札がついている。 字の存在は確認できた。 そしてマインは、買い物中の母を商店で待たせてもらっている最中、棚の中に厳重に飾られていた本を発見する。 本の存在に喜ぶマインだったが、本があまりに高価な為試し読みはおろか触れさせてすらもらえない。 自分で本を作ることを思い立ち、持てる知識を総動員して資源も技術も乏しい中世ヨーロッパのような世界において、本を一から製作することに挑むのだった。 自分が考える本好きの下剋上の良さ 極端な「俺つえー」的な展開の少なさ。 まずはこれだ。 一番に挙げるとすればこれ。 実は、冒頭でちょいちょい異世界転生を腐す発言をしてはいるものの、 自分は「異世界転生」モノ好きです。 比較的。 「俺つえー」な展開もやられまくる主人公よりはスカッとするし、どんどん強くなったり出世していったりするから。 創作の世界の中くらいは無双して、チヤホヤされて、でも驕ることなく余裕をもっているから大概の人からは好かれる、みたいな完璧な主人公が活躍する話を楽しみたい時もあるんだよ。 大人には。 でもそれも程度問題で、ご都合主義と言えるレベルになっていくると話は違ってくる。 あまりに過ぎるとバカにされている気分になるんだわ。 大概よほどのことがない限りは一度読み始めた作品は我慢強く読み切るんだけど、ムカついてもう続きは読まない作品はある。 その点、本好きの下剋上は本をたくさん読んで身に着いた知識の範囲内で無双する。 例えば転生した中世ヨーロッパにも似た世界では文明度も中世で、当然シャンプーなんてものはなく、現代の人間から見たら男女ともに髪は現代にくらべると不衛生と言えた。 しかしその世界でマインはアボカドに似た植物の実を潰して油を採取し、それと薬草や塩を組み合わせてシャンプーを作る。 見事髪がつやつやになったマインは、美容と言う分野においてその世界では優位に立つことになる。 たびたび他の人の目を惹きつけ、印象を残す。 そして、後にその簡易シャンプーに有用性、商売のチャンスを見出した商人との交渉で、マインは目的である本作りの為の交渉の材料として簡易シャンプーを使うことになる。 進退窮まったら スキルでボーン 魔法でバーン 最終的には 固有スキルor魔法でバババーン みたいな展開じゃなく、地に足を着けた知識から生じたアイデアによる優位点で「なるほど、そうなるよな」という平和的な展開で無双する。 バトル以外での無双展開、「俺つえー」展開の作品もあるが、本好きの下剋上はとりわけ現代知識の活かし方が自然だと感じた。 もちろん膨大な量の本から得た知識からくる無双だから「そんな事知ってるのかよ」と突っ込むこともあるかもしれない。 その点、マインは、きちんと知らないものは知らないので少なくとも勝ちっ放しの展開は無い。 分からなくてもめげることなく、現代では普通だった事でも今は分からないからこれから頑張って見出していこうという前向きな姿勢がマリンにあるのも良い。 その最たるものは本を作るために必須の「紙」の存在で、作り方も何となく材料も道具も知っているけど、肝心の製造工程に関しては曖昧で、マインは探りながら紙作りに挑んでいく。 本好きの下剋上において「俺つえー」展開がバランスを欠くとどうなるか。 マインが紙の作り方の詳細を知っていて、紙作りに取り掛かってから数日で紙が完成。 紙が貴重な世界で製品も製法も売りまくる……、と、とんとん拍子に桃鉄的に資産を増やしていくのも悪くはないが、やはり苦労するところは苦労してもらった上で成功してくれた方が好き。 ちなみにマインは体も極端に弱いので、目標に向かって電車道、とはいかず、一歩進んで二歩下がる、ジリジリと目標に近づいていく過程も好き。 マインがかわいい。 その理由は作画の鈴華先生の絵がかわいいからとか、マインが小さい子供だからというばかりではない。 子供の容姿ではあるが中身は22歳の女性がアイデアの実現に喜び、実現したい理想と現実とのギャップに泣く素直な感情表現には好感が持てる。 とにかく本を読むことが好きというかもはや軽く狂人の域に達している。 知識を蓄えることが目的ではなく読むこと自体を求めているという意味で真の本好きと言えるだろう。 そしてその姿勢がずっと一貫しているので傍から見ていて面白い。 このページでは漫画版の感想を書いているのだが、漫画版では原作にあった部分が削られていたりするのでマインに焦点をあてる本項では少しだけ原作に触れておく。 ある程度成長するまで、気分悪くなる恐れがあります。 と一言断りを入れている。 自分としてはマインが不潔だと判断した家族から触れられることすら嫌がることはそんなにおかしなことではないと思うんだけど、文句を言う人がいるということなのだろう。 そりゃ間違いなく家族だというマインとしての意識もあるけど、麗乃からしてみれば対面して間もない他人同然の人たちでもあるというのに。 人間的で、リアルな反応だと思うんだけど、それが漫画版では若干マイルドな表現になっていたり、あるいは全く削られてしまっていたりするのが惜しい気もする。 まぁとにかく基本的に善人ではあるけど聖人君子ではない、どこにでもいる人みたいな人物だと思う。 キャラ立ちしているのはとにかく本好きな部分。 欲望がはっきりしているキャラクターは面白い。 例えその欲望の対象があまり公序良俗に沿わないものであっても求めてやまない姿には読み手に対して何かしらの印象を与える。 キャラ自体の人格がおかしくなければそれは好印象になりやすいと思う。 リアリティを以って中世ヨーロッパあたりの世界における生活を描いている。 本須麗乃の転生先となったマインの世界は現実世界との違いとして魔法が存在しているが、それ以外は中世ヨーロッパに似た文化及び文明度だ。 日常生活で不衛生な様子も描かれているし(といっても控えめだが)、身分の違いなども描かれる。 中世ヨーロッパの不衛生さなどを知ってガッカリした経験がある人は多いと思うが、原作者の香月美夜先生もそうなんじゃないかと思わせるくらい本好きの下剋上の中で衛生環境の悪さなどについての描写がある。 まだ原作ストックはたくさんある 現在連載されている漫画は既刊4巻で第1部のようやく4分の3程度。 おそらく5巻で1部が修了するのではないか。 乱暴な計算だが、仮に1部が5巻の配分で進むように調整されているとして、現在原作は第5部まで書かれているので巻数は25巻になる。 しかし、4部と5部は1部に比べると話数が多いので実際に必要な巻数はもっと多くなるだろう。 まだまだ続く物語にワクワクを抑え切れない。 本好きの下剋上は今後も目が離せない作品だ。

次の

書評『本好きの下剋上』

本 好き の 下剋上 完結 後

読書感想文『本好きの下剋上』 この感想文を書いている2016年04月10日現在、本書は小説投稿WEBサイト『小説家になろう』にて連載中(:R15注意)である。 私が読み終わった時点では540話(SSも含めると567)あった。 概算では、42文字かける17行が1ページとして、350ページの文庫本20冊分(改行等で生じる空白を無視しているので実際はもっと多い)である。 長い戦いだったが、長い戦いをするだけの価値があったと思う。 本書は現在、第1部から第5部までの5部に分けられていて、第1部は異世界転生DIY冒険物語、第2部は小公女、第5部では宮廷陰謀劇と、部ごとに物語の趣は少々異なる。 それら全てを貫いて1つに纏めているのが、主人公の本に対する執念だ。 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜』と題名にあるように、物語の趣が変わっても、主人公の本に対する情熱だけは決して変わらない。 主人公は自分の図書館を手に入れて、本に囲まれて暮らすために、本当に手段を選ばない。 手段を選ばず、持っている知恵と力の全てを本のために捧げるので、いきなり異文化をしこたま流し込まれた異世界は震撼する。 主人公が何かすれば、誰かが頭を抱える。 これは、主人公の暴走というボケに対して、周囲の人物がツッコミを返すという、打てば響く漫才の様式美だ。 特に第2部から始まる主人公と神官長の夫婦漫才は必見である。 本書の決め台詞は「主人公、またお前か……!」で間違いないと思う。 第5部からは主人公の暴走に、世界の謎が加わった2段ボケが炸裂する事も増えてきて、いっそう磨きがかかってくる。 主人公の行動に対する世界の反応と、1つ1つ暴かれる世界の謎が気になって仕方がない。 神とは? 王権者の証たる古文書とは? 失われつつある神事の真実とは? 黒幕と思しきあいつの真の目的は? それら全てが明るみに出た時、世界は、主人公の運命はいかに! 待て次回! という具合におあずけをくらって行き場を失った情熱を「とりあえず、主人公はそのうち神の座に至ると思う」みたいな与太話に変えているのが今の私だ。 もちろん、そんな漫才ばかりで作られているわけではない。 物語の変わり目に描かれる大切な人との別れの場面は、泣かせにくる。 お前がいなくなったら、この先どうするんだよ……と心から思わせるのは、登場人物が魅力的に描かれていることの証左であろう。 また、主人公はかなりの野心家だが、あくまでその最終到達点が「理想の図書館の司書」で、神でも王でもないところが面白い。 到達点が「図書館の司書」に設定された事で、下手な出世が栄光から足枷に姿を変えるのだ。 そのため、主人公の前世の知恵や強大な魔力といった強みは、理想の図書館を作るための助けでありつつ、主人公を望まぬ出世に導いて図書館から遠ざけるという諸刃の剣になっているのだ。 力を見せつければ、周囲から玉座に導かれてしまう。 しかし、完全に隠しても目的は達成できない。 玉座から伸びてくる手をのらりくらりとかわしながら、理想の図書館を作り上げるために力を振るう、この綱渡りを演出する筆力には嫉妬を覚えずにいられない。 嫉妬の情に任せて完全無欠ではない事も書いてしまおう。 実は私は第4部、340〜370話の辺りで心が折れかけた。 友人と感想会を開くという目的が無かったら、ここで脱落していたかもしれない。 第4部中盤は、さほど重要ではない情報の開示に1話(約30キロバイト)割かれている場面がしばしば見られ、「次の騒動は! 漫才は! いつ始まるんだ!」と、とにかく焦れた。 私待望の騒がしい日々は、375話を待たなければならなかった。 静かに図書館にこもっていたい主人公には悪いが、私は君が引き起こす騒動に周囲があたふたする様子や、君がうっかり世界の謎を暴いて周囲があたふたする様子が大好きなのだ。 だから375話から騒がしい日々が戻ってきたのは、とても嬉しかった。 ちょうど明日、2016年04月11日は更新予定日である。 これからどうなるのか、最新話が楽しみだ。

次の

本好きの下剋上の最後の結末をネタバレ!最終回とその後はどうなる?

本 好き の 下剋上 完結 後

読みやすい文体で、初めてのライトノベルにもおすすめの人気シリーズ! ある日、地震による事故で死んでしまった本好きの女子大生・麗乃が、異世界の幼女・マインとして目覚める。 本を読みたい… しかしこの世界には本が無かった! (あるけど高価すぎて手に入らない。 貧しい家の娘であるマインは、どうしても手に入れたい本のために決意! 「本がなければ、自分で作ればいい。 」 本を作るには紙作りから、紙を作るには道具作りから、素材集めから… 病弱・虚弱で無理をするとすぐに倒れてしまう体で、目標のために邁進するマインの姿が本作の魅力。 そして徐々に彼女の行動が周囲の人たちに影響を与え、スケール感を増しながら展開される物語には引き込まれることうけあいです!• 購入済み すごい小説です taaso 2019年11月15日 異世界転生ものです。 が、エルフもゴブリンもスライムも登場しません。 勇者も魔王も 比喩を除いて 出てきません。 魔物や冒険者のABCランク分けも、冒険者ギルドなどというのとも、まったく無縁です。 スキル、ステータス? 何のこと? の世界です。 魔力、魔法は出てきますが、おそらく他に類を見ない扱われ方です。 何が言いたいのかというと、世に溢れるテンプレ異世界転生ものに辟易して敬遠している方々、この作品を敬遠する理由はありません。 そしてとにかく、独自の世界とキャラクター、ストーリーが、面白い。 どうしてこんなことを思いついたのかと不思議になるほど、「本好き」という設定がストーリーの隅々にまで意味を持っている。 すごい小説です。 ネタバレ Posted by ブクログ 2019年12月12日 読み終わるのに3週間かかった笑 超大作です。 なろう出身の小説で、本に潰されて死んだ主人公が異世界に転生したものの、 体の弱い子供で、しかも本がほとんどない世界。 本がないと生きていけない(精神的に)主人公はなんとか紙を作って本を作ろう としますが、体が弱すぎて何度も死にかけ・・・という話ですが、 途中6回ぐらい号泣する箇所があり、 家族の絆で心臓がぎゅーっとすることがあり、もうすっごい引きずるぐらいのめり込みましたが、最後は思ったよりもあっさりして、でもハッピーエンドでとてもよかったです。 個人的にはハルトムートとダムエルがツボ笑 最近はアニメにもなって、主人公の声がどんぴしゃ、もう最高。 是非アニメも最後までやってほしいです(終わるのに3年以上かかりそうだけど).

次の