何 か あっ た 未来。 仮想未来 あったらいいもの 未来は多分こうなっている。かも。

デザインが工学とであったら何が起こるのか? 「もしかする未来」展が開催

何 か あっ た 未来

先端工学とデザインが出会って生まれたアート展 未来を生み出すための科学技術の先端研究と、科学や技術をよりよく活用するためのデザインが出会ったら、何が起こるのか?。 その一端を垣間見える展示会「もしかする未来」が、12月1日~9日までの期間、東京・六本木の国立新美術館にて開催される。 「もしかする未来」展は、2018年12月1日~9日にかけて東京・六本木の国立新美術館3階展示室Bにて開催。 入場料は無料 同展示会は、東京大学 生産技術研究所 東大生研 の設立70周年記念イベントの第一弾となるもので、正確にはプレイベントという扱いとなっている。 そのコンセプトは、東大生研の研究から生み出された数々のプロトタイプを、その背景に秘められた技術とともに紹介しようというもの。 「もしかする未来」展の入場口 ディレクションは2015年より東大生研の教授として活動しているデザイナーの山中俊治氏が担当し、東大生研のおよそ20の研究室が参加する形で、研究の中身をアーティスティックに仕上げたものが多数展示されている。 山中氏曰く、「東大生研は、テクノロジーの専門家の間では有名だが、一般の方々にはあまり知られていない。 東大生研がアーティスティックな活動をすることで、一般、特に女性の方に来てもらいたい」と、技術を前面に押し出すのではなく、アートの一部に技術が活用されている、といった流れで楽しんでもらうことを意識したとする。 ディレクションを担当した東大生研の山中俊治 教授• 展示コンセプト そのため、主催は東大生研で、ディレクションは山中氏であるものの、展示構成およびテキストはデザインライターは角尾舞氏、グラフィックデザインは山中氏が「若手で一番活躍しているデザイナー」と語る三澤遥氏や佐々木耕平氏、会場構成に五十嵐瑠衣氏、展示タイトルにコピーライターの磯目健氏、パネルイラストにイラストレーターの佐々木那保子氏といった外部のアーティストらが協力。 「科学技術の研究所というと、ジェンダーバランスが悪いのが一般的だが、今回の展示会は、多くの人に分かりやすく伝えたい、ということで、意図的に多くの女性に参加してもらった」 山中氏 と、アートとして楽しんでもらうための工夫やアイデアを盛り込んだものとなっている。 また、場所を国立新美術館に選んだ点については、実は1949年に創立された東大生研は、1962年から2000年にかけて、まさに現在、国立新美術館が建っている場所に拠点を有していたという関係がある。 そのため山中氏も「元々、東大生研があったこの場所が、現在は美術の重要な場所になっているということを面白く思っている」と、かつてここにあった東大生研が培ってきた技術とアートが出会い、この場で披露することが意味深いものとする。 展示構成はどうなっている? 「もしかする未来」展は、おおきく4つのエリアで構成されている。 1つ目は「PLACE もしかする未来が生まれる場所」と題されるエリアで、東京・駒場に設置されている現在の東大生研の様子が写真で紹介されている。 「PLACE もしかする未来が生まれる場所」 2つ目は「PLATFORM もしかする未来のつくりかた」と題されるエリアで、東大生研が現在進めている価値創造デザイン推進基盤の拠点となっているS棟と呼ばれる建物の紹介などが行なわれている。 細かいところまで作りこまれている• 「DESIGN LAB ZOO」と題された出張デザインラボ。 会期中はここで研究を進めるというが、来場者もボードに貼ってある質問などに対し、アイデアやコメントを付箋で貼り付けていったりと、参加型の仕組みとなっている 3つ目は「PROTOTYPE もしかする未来の原型」と題されるエリアで、4エリア中でもっとも広い。 複数の研究室から誕生したさまざまなプロトタイプの展示の紹介が行なわれている。 「Cell Figure」。 コラーゲンのゲルと細胞を用いて作られた人型フィギュア。 元は同じ人型で作られても、細胞の働きにより、時間が経つと少しずつ固体ごとの変化が起こってくる• 新野俊樹研究室による3Dプリンタの未来に向けた活用法を模索する目的で生み出されたプロトタイプ群。 それぞれに名称があり、上段左から右に順に「硬球感」、「Elastic Surface」、「十亀折りの一体成型」 2枚 、「Al-dente」、「さまざまな握り心地のキューブ」、「さまざまな握り心地のグリップ」、「トカゲ」。 これらは実際に触って、触感を体感することができるのだが、3Dプリンタの樹脂は硬いというイメージが払拭されるような触感となっているので、ぜひ実際に触れてみてもらいたい• 「Ready to Crawl」。 3Dプリンタで一体成型された歩くロボットシリーズ。 一体成型なので、パーツを組み上げる必要がなく、モータを組み込むだけで、歩き出す F. G - Face on Globe• 未来の住宅のプロトタイプ。 3Dプリンタで作られたジョイントで、規格化されたパーツを組み立てることで、自分の家を自分で立てることを可能としたもの• 3Dプリンタとアディティブマニュファクチャリングを活用して作られた陸上競技用義足「Rami」および、子供用スポーツ義足「miniRami」と、ドライカーボン製陸上競技用義足「CR-1」• 3次元神経インタフェース「AURA」。 バイオ知能を作るための最初の試みで、細胞と人とのインタフェースを模索するものとなっている• チタニウムスツール。 軽くて丈夫でさびないチタンを用いたスツール。 重さは2800g• チタニウムスツールII。 工場の配管などに用いられているチタンの端材を利用して作られた椅子• 「チタンつなげて回す」。 アーティストの荒牧悠氏が、チタンの特性から考えついた作品 チタンつなげて回す• 「さっしがいい機械」。 機械が人間の行動パターンを把握して、その意図を理解して動いてくれることを目指したもの。 実際にどのようなものかは、目の前に立って、リアクションをしてみてもらいたい• 「Future Tunnel」。 美術館と富士山近郊の森とをリアルタイムでつないだもの。 真ん中のスタンドランプ様のものはマイクで、森が山びことして返してくれる• 「OMNI」。 低コストで海に関するさまざまデータ取得を目指したセンシングシステム。 設計図やデータはオープンソースのため、誰でもアクセス可能となっているそうだ そして4つ目が「ARCHIVE もしかする未来の足跡」と題されたエリアで、これまでの70年間の足跡を振り返る資料として高い価値のあるものなどが展示されている。 ペンシルロケットの模型やK-IV型ロケットのレプリカ、秋田県道川で1957年6月16日に打ち上げられたK-6型-RS-1号機の写真、1962年8月22日の鹿児島県内之浦での初めての打ち上げ実験の様子など、日本の宇宙史を振り返る際の貴重な資料なども展示されている 会場には来場者も参加できる仕掛けや、プロトタイプの中には、実際に触れてみたり、操作してみたりすることができるものもあり、子供でもアートという視点というよりも、なにか不思議な面白いもの、といった感覚で楽しむことができるようになっている。 開催期間や入場料は? 「もしかする未来」展は国立新美術館3階展示室3Bにて開催され、その会期は2018年12月1日~9日 4日は休館日 で、開催時間は10時~18時 7日のみ20時まで開館。 入場は閉館の30分前まで で、同展のみの鑑賞であれば、入場料は無料となっている。 また、会期中の12月5日には、国立新美術館の講堂にて、展覧会で発表される「もしかする未来」を描く試みの数々、展覧会を通じた社会とコミュニケーションの在り方、そして今年度の価値創造デザインにおける重要な取り組みである人材育成について、外部からのゲストを交えたトークイベント「第4回価値創造デザインフォーラム『もしかする未来』」も開催される。 こちらは参加費は無料だが、。 なお、東大生研としては、今回の展示会を皮切りに、2019年には、6月に70周年記念講演会の開催を実施するほか、7月には日本のロケット研究の父として知られる糸川英夫先生が東大生研に所属していたこともあり、また現在、日本の各地に宇宙開発発祥の地が存在していることを受けて、それぞれの地域振興につながる横断的な取り組みを協議して推進するコンソーシアム「科学自然都市協創連合 仮称 ~宇宙開発発祥の地から繋ぐコンソーシアム~」の設立を予定、そして11月には70周年記念式典の開催も行なうことを計画しているとのことで、今後も東大生研とゆかりのある国立新美術館を活用した取り組みも含め、さまざまな情報発信をしていきたいとしている。 東大生研は2019年に創立70周年を迎えるにあたって、さまざまなイベントや取り組みを進めていく予定。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

何があっても、子どもに明るい未来を・・・

何 か あっ た 未来

・介護ロボット(入浴からシモの世話まで、優しく介護。 ) ・自動運転の車(目的地を登録したら、安全運転で目的地に到着。 ) ・超高性能空気清浄機(環境ホルモン、黄砂やPM2. 5、放射能、スギ花粉、火山灰等、人体に悪影響を及ぼす物質を吸い取って処理。 ) ・完璧に安全で快適な家(自然災害、防犯に強く、燃えにくく、外の不快な音や臭いを遮断。 常に快適な温度と湿度を保ち、カビも生えず、害虫も入ってこない。 ) ・完璧な食事の提供サービス(食材は取れたて新鮮の国産。 個別に栄養計算がされていて、療養食でもホテルのようなメニューで、いつも出来たてで提供してくれる食事サービス。 ) ・家で受けられる医療サービス(自宅で問診などが受けられる。 触診も遠隔診察が可能に。 薬は宅配) ・服と靴はネットで購入(3D情報を登録しておいて、自分の体型に合ったサイズの服と靴のみ、閲覧できる。 過去買った服のデーターを参考に、自動で新商品との組み合わせを提案してくれるサービスも) ・完璧な同時通訳機 (口語やニュアンスも、瞬時に完璧に通訳) ・高性能人工知能導入で、公務員の数を圧縮。 (税金も圧縮) ユーザーID: 6550650676• 全自動運転自動車 暗い話ではありますが、人間ほぼ皆が通る運命。 ズバリ介護部屋セット!!子供に負担をかけたくないけど、やっぱり死ぬまで自宅で過ごしたいものなんですよね〜。 老人ホームなんて死ぬ為に入るようで、正直悲しい気持ちになると思う。 普通に暮らしたいと思うな。 電子レンジ付き、冷凍食品を解凍し、食事の介助まで自動。 ナントお薬も自動で飲ませてくれる!もちろんトイレやお風呂(自動洗浄機能付き)、歯磨き、等をボタン一つでやってくれる夢のマシーンがあったらいいのになぁ。 そんな夢の介護機械部屋、今ややる気になれば何でも出来そうだけどなぁ。 機械は何億になりそうだし、レンタルにしてコストダウンね。 そしたら、洗濯、着替え、散歩ぐらいを子供やヘルパーさんに頼めば済むかしら? 死は皆が通る道。 こんなマシーンがあったら世界中で発注があると思うのだけど、意外と力が入らないのは、皆老後になってからそんなこと思うからかしら?ただの年寄りの妄想で終わるのかも。 すっごく助かるのにね! ユーザーID: 6484263709• 年寄りがかならずはいれる老人ホーム 自動化粧ロボット。 もしくは、貼り付けると化粧した様に見える、化粧膜。 自動髭剃りロボット。 顔を入れるだけで、毎朝、安全に髭を剃ってくれる。 お手伝い&お助けロボット。 家事全般をし、話し相手にもなってくれる。 病気の家族の看護や、通院の付き添い、育児の手伝いも幅広くやってくれ、子供の成長に合わせて的確なアドバイスもしてくれる。 ペットの散歩やペットとの留守番も。 面倒なご近所付き合いもお任せ。 最先端の、地震と火山噴火予測システム。 絶対に外れないので、それにあわせて、街全体が安全な所へ引っ越し出来る。 台風やゲリラ豪雨の起きる雲を吸い取り、乾燥地域へ移動させる機械。 高気圧や低気圧をコントロール出来る機械。 これにより、気象災害を大幅に削減出来る。 ユーザーID: 6550650676• 未来に希望を.

次の

【タイムマシンがあったら】未来と過去どっちに行きたい?人気投票

何 か あっ た 未来

人類の「宇宙史」を塗り替える、驚愕の新事実とは? 「月の裏側に宇宙人の基地がある」 そう聞いても、日本人の大半は「SFの世界の話だろう」とか「よくあるトンデモ話」という反応を示すだろう。 だがそれは日本が「宇宙後進国」だという証拠だ。 現に、世界中ですでに「月の裏側」を映した動画や写真が出回っていて、その真偽が真剣に論じられているのだ。 この3月12日、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が、人類史上最大の霊能力を駆使して、渾身の「遠隔透視」を敢行。 なんと37万キロも離れた月の裏側を、地球にいながらにして透視し、つぶさにその様子を「実況中継」するという、奇跡の公開リーディングを行ったのだ。 その様子は、16日から全国の幸福の科学支部・精舎で映像として公開されている。 まさに今、人類の秘められた「真実」が明らかになる。 世界中が驚愕する新事実の連続に、アメリカやロシア、中国など宇宙人との関係を隠し続けてきた国々のトップも、「宇宙時代への扉」を開く決断を早めることになるだろう。 まずは、いったい「月の裏側」に何があるのか、これまで分かっている情報を知ることから始めてみよう。 アポロの月面着陸には「秘密」があった! 1969年7月20日。 その日、人類は「宇宙時代」への大きな一歩を印した。 世界中で6億人がテレビの前にクギ付けになった、アポロ11号の月面着陸である。 だが、この月面着陸の映像には不自然なところが多々あり、様々な憶測を呼んだ。 「UFOが映っているところをカットしている」とか、「スタジオで撮影したのではないか」「実際は月に行っていないのではないか」という疑惑まで出た。 本誌は、「実際に月には行っているが、予備としてスタジオに月のセットをつくって、不都合なものが映った時にはスタジオに切り替えた」という説をとる。 「数年前、あるテレビ番組でそのことを話題にしたら、終了後、『その話題はやらないでください』と言われました。 スポンサーが外資系で圧力がかかったんです。 それだけ、この問題はタブーになっているんです」と山口氏は言う。 では、アポロ11号の乗組員が見た「不都合なもの」とは何だったのか? NASA アメリカ航空宇宙局 はこの件について「ノーコメント」を繰り返している。 だが、10年後、当時NASAと契約していた科学者が「アポロ着陸船があるクレーターに着陸したとき、2機の異星船が現れたんだ」と証言した 米ナショナル・エンクアイラー紙 1979年9月11日号。 また、NASAの科学者オットー・バインダーは地上のセンターとアポロ11号との交信記録中に抹殺された重要な部分があると述べている。 それはアームストロング船長の次のような言葉だ。 「巨大な物体 複数 が見えるぞ。 ああ、信じられないほどだ! 別な宇宙船群がいるんだ。 クレーターの向こう側のふちに並んでいる。 月面上にいて、我々を見ているぞ! 」 しかしこの驚異的な報告は一般には流されなかった。 NASAは2人の宇宙飛行士に「目撃した体験を忘れ、何事もなかったことにせよ」と指令を発したという。 アポロ11号だけではない。 その後もアポロ計画は続いたが、やはりその都度、UFOや月面の様々な建造物について報告している。 アポロ16号の飛行士デュークは、「ドーム群の向こう側に、構築物が峡谷の中へ伸びており、頂上に伸びているのもある。 峡谷の北東側の壁は輪郭が見えない。 北東の方にトンネル 複数 があり、北へ向かってそのトンネルが約30度下へ曲がっている」と詳細にその様子を地球に報告している。 アポロ計画は、1972年12月の17号で公式に打ち切られたとされている。 しかし、その後も20号まで秘密裏に月面に送っていたということを、2007年に元宇宙飛行士と称する2人が発表し話題になった。 彼らは19号と20号に乗り組んで月の裏側を探査し、様々なものを発見したと語っている。 「月の裏側」に宇宙人の基地がある! 写真1 写真2 月の裏側には、いったい何があるのか。 実は、地球から月の裏側は見ることができない。 月はいつも地球に片面だけ見せるように自転しているからだ。 そのため、月の裏側を見るには宇宙船を飛ばすしかない。 アポロ計画の中でも、月の裏側についての探査はかなり重要視されたと見られる。 その中には作りものと思われるものもあるが、信憑性が高いと思われるものも数多くある。 たとえば、次のような写真だ。 写真 1 は、アポロ15号が、月の裏側のデルポート・クレーター付近で撮影した宇宙船らしき物体。 流線型の形をしており、自然の産物とは思えない。 写真 2 は、アポロ20号が撮影したとされる、同じ宇宙船のアップ。 推定で1億5000万年も前のものと見られている。 さらに衝撃的なのが写真 3 だ。 これはアポロ20号が発見した、月の裏側の古代都市と見られる。 2002年10月5日、ロシアの新聞「プラウダ」の公式サイトも、「月面上に都市発見! 」と題して、「NASAの専門家たちは、古代都市によく似た一部破壊された建造物に、とくに興味を抱いている」と大々的に報じた。 写真3 写真4 写真5 また、日本の月周回衛星「かぐや」が撮影した、月の裏側「モスクワの海」の横に、人口の都市構造物と思われる一画が写っている 写真 4。 これもまた宇宙人の基地なのだろうか。 前出の山口氏は、この4枚について「信憑性がある」と言う。 ただし、「超古代のものだというのは、カムフラージュの可能性がある。 なぜなら宇宙人は時間を超越しているから。 私たちの時間軸と違うので、今もその都市に住んでいる可能性がある」と、さらに突っ込んだ解説を加える。 月の裏側には、まだまだ秘密があるようだ。 ツィオルコフスキー・クレーター 写真 5 は映像で青く見えるが、ここには実際に水があると言われ、湖の中の火口島には地下に続く巨大なトンネルがあると言われている。 さらに透明なクリスタルのタワーや、ピラミッドもあるという情報もあり、月の裏側はまさに「宇宙基地の宝庫」と言われている。 新たな「宇宙時代の扉」が開かれる NASAがこれまでを撮影した写真や映像は約14万枚にのぼるというが、世間に公表されたのは約5千枚、3. しかも発表された写真も修正されているものが多数あり、宇宙人に関する情報は隠蔽し続けている。 だが、40年間も隠し通せるはずはなく、数々の証言によって、月には宇宙人が来ており、秘密基地まで造っていることが、次第に明らかになりつつある。 それでもまだ、「作り話だ」と笑い飛ばす人はいるだろう。 しかし、そのような人でも、今回、大川隆法総裁が敢行した「ダークサイド・ムーンの遠隔透視」を見れば、そのリアリティのすごさに感嘆するのは間違いない。 大川隆法総裁は、「宇宙人基地があるのでは? 」と疑惑のあった2つの地点、「ツィオルコフスキー・クレーター」と「モスクワの海」の周辺に絞って遠隔透視を行った。 その結果、どちらでも驚くべき新事実が次々と発見された。 これは、NASAもロシアも中国もまだつかんでいないか隠している、新事実である。 そして、さらに驚くことに、「月にいる宇宙人の心」まで読み取り、地球に対して何をしようとしているのかまで明らかにしたのだ。 さらに今回の遠隔透視では、今年2月15日にロシア・チェリャビンスク州に隕石が落下する際に、粉々に砕け散ったことについても、驚くべき「事実」が明かされた。 また、エイズやペストなど、大量の死者を出す病気が流行る「原因」についても明らかになった。 この遠隔透視リーディングは、もはや「宇宙人はいるか、いないか」のレベルではない。 宇宙人にもさまざまな種類があり、地球人もまた、さまざまな宇宙人をルーツに持っていることを地球人に知らせ、「宇宙時代」を切り拓く大きなステップとなるだろう。 あなたもまた、その「生き証人」の一人なのだ。 【関連サイト】 2015年秋公開映画「UFO学園の秘密」公式HP.

次の