論文英語ナビ。 英語教育ナビ|フォニックスのメリットとデメリット

[B! 論文] 論文英語ナビ

論文英語ナビ

良いレポートやプレゼンにするには、結果・考察・結論の意味と違いをしっかり理解していなければいけません。 レポートやプレゼンでの考察の意味 「考察」は、どうしてその結論に至ったのかその過程を説明する部分です。 その結論はどういう風に考え得られたのかの詳細は、結論の正確性を先に証明するようなものでもあります。 考察に、ついつい感想や反省を書いてしまう人も多いでしょう。 しかし、論文などに価値観や考え方は大切ですが、感情は関係ありません。 また、実験に失敗したとしても、反省ではなく、失敗した下人とその影響や根拠を述べるのが、論文やレポートです。 結果の意味 レポートやプレゼンでは、結果には、実験や調査から得られたデータや数値などの事実だけを書きます。 ここには、私見などは入れません。 また、結果は全て過去形で、数値には単位を、図表には名前と番号、数式にも番号を入れるのが、正式なレポートや論文の書き方です。 プレゼンも外部に対してのプレゼンであれば、これに準じた方がいいでしょう。 結論の意味 結論は、結果を根拠に考察で展開した議論をまとめ上げ、自分の意見や考えを述べる部分です。 論文を通して言いたかったこと、つまり課題に対する答えを自分の言葉で述べることになります。 同じ結果についての論文でも、書き手が違えば結論が違ってきます。 それは、書き手が結果から、伝えたい情報を独自に選んで、手を加えて結論を導き出すからです。 3つの違い レポートやプレゼンを考える時、「考察」部分で行き詰まってしまうことがよくあります。 そんな時には、「結論」から先に書くのもひとつの方法です。 考察、結果、結論の違いを見比べてみてください。 本質的な特徴などをみる意味での考察であれば、「鑑定」や「吟味」なども当てはまります。

次の

[B! 英語] 論文英語ナビ

論文英語ナビ

博士論文(学位論文)の書誌情報や、電子学位論文(ETD:Electronic Theses and Dissertations)を検索できるインターネット情報源です。 学位論文の情報は、などを使って、論文タイトルをキーワードにして検索すると目的の論文が見つかることがありますが、 より詳細に、かつ丁寧な検索をするには、各大学が運営するデータベース(リポジトリ等)を検索する必要があります。 また、各大学の所蔵目録(OPAC)から、博士論文の全文にリンクしていることも あります。 (目次) //////// //// / 世界 全世界を対象とした機関リポジトリのリンク集です。 大学等の機関名から、その機関リポジトリの有無や概要を調べることができます。 北米を中心に世界の100以上の機関が参加しています。 Global ETD Serchで論文タイトルや著者名から検索することができ、全文ファイルにリンクしているものが多数あります。 参加機 関の一覧は〔ABOUT〕-〔List of Members〕で確認できます。 世界中の2,000以上のリポジトリに登録された5,000万件以上のドキュメントを検索できます。 170以上の国と地域の機関が参加する、世界最大の書誌情報データベースです。 の画面で、〔コンテンツ〕 を"論文"に設定すると、博士論文に限定して検索できます。 [] ヨーロッパ ヨーロッパの28カ国619大学の電子学位論文(ETD)が検索できるポータルサイトです。 ドイツ国立図書館等からデータが提供されています。 ヨーロッパの機関リポジトリポータルサイトです。 ヨーロッパの国立図書館の統合検索サイトです。 [] イギリス の蔵書目録です。 Advanced Searchの画面で〔Material type〕を"Theses"にすると博士論文だけの書誌を検索することができます。 の電子学位論文提供サービスのページです。 ユーザ登録すると、フルテキストのダウンロード、オンデマンドによる電子化注文(有料) ができるようになっています。 また、大学の機関リポジトリ内の論文全文へのリンクも含まれています。 [] フランス フランスの大学・研究図書館の総合目録です。 英語版の画面では、[Material selection]で"Dissertations"にだけチェックを入れると、学位論文のみを指定した検索ができます。 フランスの(CCSD : Centre pour la Communication Scientifique Directe)による電子学位論文 (ETD)のリポジトリです。 (Institut des sciences et technologies de Paris)による電子学位論文(ETD)のリポジトリです。 上部の[Search]から検索できます。 検索結果から論文の全文 を閲覧できる場合があります。 [] ドイツ ドイツ国立図書館のWebサイトです。 左側メニュー〔Catalogues〕の〔Catalogues of the German National Library〕から各種目録を検索できます。 検索結果から論文の全文を閲覧で きる場合があります。 ドイツを中心とした各国の目録の横断検索サイトです。 [] オーストリア オーストリアの学位論文の目録です。 論文の全文や抄録が収録されているデータもあります。 オランダ オランダ国立図書館がインターネットで提供している各種情報をまとめて検索できるページです。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 スイス スイスの全言語圏にまたがる大学、研究機関図書館の総合目録です。 独・仏・英の3カ国語から表示を選択できます。 では、〔Resource type:〕で"Dissertations"を指定できます。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 スイス西部地域(フランス語圏)の図書館ネットワーク(RERO)のデジタルコンテンツポータルサイトです。 [] イタリア イタリア・(BNCF :Biblioteca Nazionale Centrale di Firenze)の蔵書目録です。 〔guided search 〕の〔Applicable filters〕で〔Type of material〕を"dissertations"に設定すると、学位論文のみに絞って検索できます。 イタリアの非営利団体が運営する 機関リポジトリのポータルサイトです。 英語版ので〔Format:〕を"Doctoral Thesis" に設定することができます。 スペイン スペインの約80大学が参加する総合目録です。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 スペインの約60大学が参加する、機関リポジトリのポータルサイトです。 右上のプルダウンで言語を選択できます。 〔Tesis〕をクリックすると学位論文のみの検索画面になります。 スペイン・カタルーニャ地方の18の大学が参加する、電子学位論文(ETD)ポータルサイトです。 [] デンマーク デンマークの総合目録です。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 大学等の研究成果のデータベースです。 検索結果から〔Type〕を"Thesis PhD"、"Thesis Doctoral"に絞込むことができます。 論文の全文を閲覧できる場合があります。 ノルウェー ノルウェーの大学図書館の総合目録です。 Advanced Search画面で、〔Material type〕を"Dissertations"や"Master thesis"、"Student thesis"にすると、学位論文に絞って検 索することが出来ます。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 スウェーデン、ノルウェー両国内で、Divaシステムを使用している機関リポジトリのポータルサイトです。 〔Student theses〕タブを選ぶと、論文の全文が含まれるものに限定した検索もできます。 [] スウェーデン スウェーデンの国立図書館や大学、研究機関図書館が参加する総合目録です。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 スウェーデンの学術ポータルサイトです。 スウェーデン、ノルウェー両国内で、Divaシステムを使用している機関リポジトリのポータルサイトです。 〔Student theses〕タブを選ぶと、論文の全文が含まれるものに限定した検索もできます。 フィンランド フィンランドの大学の総合目録です。 検索結果から論文の全文を閲覧できる場合があります。 フィンランドの国立図書館や大学等14機関が参加する、機関リポジトリのポータルサイトです。 [] ロシア の蔵書目録です。 Advanced Searchでは〔Material type〕で"Dissertations"を指定して検索できます。 [] 北米 北米の学位論文を頒布するProQuest社による、博士論文書誌データベースです。 居住地や支払い方法の確認画面が表示されますが、検索は無料です。 アメリカ (MIT:Massachusetts Institute of Technology)の機関リポジトリに掲載されている電子博士論文(ETD)のコレクションです。 収録されているすべての博士論文の全文を閲覧できます。 MIT図書館の目録である の検索結果からもリンクされています。 (Caltech:California Institute of Technology)の電子学位論文(ETD)コレクションです。 Caltech図書館の目録であるの検索結果からもリンクされています。 EBSCO社が運営する無料の博士論文データベースです。 EBSCO社、OhioLINK、H. Wilson Foundation、Congregational Library & Archivesが無料でオンライン公開していた博士論文のデータベースAmerican Doctoral Dissertationsのデータを引き継いでいます。 カナダ Library of Archives Canada が提供する学位論文のポータルサイトです。 Basic SearchまたはAdvanced Searchでは、"Electronic theses"にチェックを入れると電子学位論文(ETD)のみを検索できます。 [] オセアニア オーストラリア国立図書館(National Library of Australia)の蔵書目録です。 オーストラリアの各大学の機関リポジトリへのリンクがあり、その場合は博士論文の全文を閲覧できます。 Advanced Searchでは、〔Format〕で"Thesis"を指定して検索できます。 ニュージーランド国立図書館(National Library of New Zealand)が提供する電子資料へアクセスするためのポータルサイトです。 Advanced Searchでは、〔Resource type〕で、"Thesis"を指定して検索できます。 各大学の機関リポジトリへのリンクがあり、博士論文の全文を閲覧できるものもあります。 [] 関連ページ• 『』Edward A. Fox [et al. ], Marcel Dekker, 2004. (慶應義塾大学三田メディアセンター).

次の

海外博士論文(インターネット情報源)

論文英語ナビ

国立国会図書館では、海外の大学等の研究機関が授与する学位のうち、日本の「博士」に相当する学位を受けるために提出される学位請求論文を「(海外)博士論文」として収集しています。 博士論文は、最高学府における研究成果をとりまとめたものであり、研究者にとって重要な研究業績のひとつです。 ただし学位のしくみや学位に対する社会的な価値観は国によってさまざまです。 博士の学位をあらわす呼称としては、Doctor of Philosophy Ph. が広く用いられていますが、Doctorate、Doctratなど、国や言語によって表記が異なります。 2000年前後から、インターネットで全文閲覧が可能な電子学位論文 Electronic theses and dissertations:ETD として公開されるものが増えてきています。 博士論文の書誌には、学位論文を意味する「Thesis(複数形:Theses)」や「Dissertation(短縮形:Diss. )」などの文言が含まれています。 また、博士の学位を意味する「Ph. 」や「Doctoral」などの表示が見られることもあります。 【】内は当館請求記号です。 国立国会図書館の所蔵範囲 1950年代後半から、主に科学技術分野の欧米博士論文を収集しています。 形態は冊子、マイクロフィルム、マイクロフィッシュなど多様です。 これらの博士論文は基本的に関西館で所蔵しています。 1-1. 北米の大学等(主に米国。 カナダも含む) 北米では、ProQuest 旧称:UMI 社がほとんどの大学から博士論文を集め、その頒布を担っています。 当館では、ProQuest社が発行する博士論文のうち、分野を指定して購入しています(1958年以降)。 また、マサチューセッツ工科大学(MIT)の博士論文は1959年から2007年まで、カリフォルニア工科大学 Caltech の博士論文は1958年から1962年まで別途購入しています。 検索方法や利用方法についてはおよびをご覧ください。 なお、政府系の研究機関(軍付属の大学など)で学位が授与された場合は、テクニカルリポートとして流通することがあります。 その場合の探し方についてはをご参照ください。 1-2. ヨーロッパの大学等 主に、海外の国立図書館や大学図書館との国際交換によって収集しています。 国や大学ごとに所蔵年代、分野、所蔵件数は大きく異なります。 詳しくはをご覧ください。 なお、ヨーロッパの博士論文は、雑誌やシリーズとして取り扱われることがあります。 その場合の探し方についてはをご参照ください。 1-3. 東京大学寄贈コレクション1994年に主に基礎化学分野に関する海外学位論文約4,000件の寄贈を受けました。 19世紀末から20世紀中頃のドイツ、スイス、米国の博士論文が中心です。 1-4. 日本関係の北米博士論文人文・社会科学分野の学位論文のうち、日本関係の主題を扱ったものをProQuest社から購入しています。 東京本館の所蔵資料です。 詳しくはをご覧ください。 インターネットで全文を入手するには 近年の博士論文は、インターネットで全文が公開されることが増えてきています。 詳しくはをご覧ください。 書誌事項を確認するための情報源 国立国会図書館では、以下の情報源をご利用いただけます。 3-1. データベース• 1997年以降の学位論文についてはPDFファイルで全文を閲覧できます。 3-2. 代表的な抄録誌• "Dissertation Abstracts"(University Microfilms 月刊【Z55-D768】) 東京本館科学技術・経済情報室:17 1 :1957. 1 - 26 12 :1966. "Dissertation Abstracts. A, the Humanities and Social Sciences"(Xerox 月刊【Z55-A282】)および継続後誌"Dissertation Abstracts International. A, the Humanities and Social Sciences "(University Microfilms International 月刊【Z55-A282】) 関西館:27 1 :1966. 7-73 6 :2012. "Dissertation Abstracts. B, the Sciences and Engineering"(University Microfilms International 月刊【Z53-P31】および継続後誌"Dissertation Abstracts International. B, the Sciences and Engineering "(月刊【Z53-P31】) 東京本館科学技術・経済情報室:27 1 :1966. 7-66 6 :2005. "Dissertation Abstracts International. C, European Abstracts"(University Microfilms International 季刊【Z55-C259】)および継続後誌"Dissertation Abstracts International. C, Worldwide"(ProQuest Information and Learning 季刊【Z55-C259】) 東京本館科学技術・経済情報室:39 1 :1978 Autumn-66 4 :2005 4. 関連ページ•

次の