扶養家族 メリット。 扶養家族は2種類!扶養家族のメリットとデメリットを知っておこう

「扶養家族」の意味とは?「扶養家族」に親を入れるメリットなどを解説

扶養家族 メリット

(写真=PIXTA) 扶養とは、助け養うことや生活の面倒をみるという意味ですが、「扶養家族」には制度上2つの意味があることはご存知でしょうか。 まず1つ目が所得税法上の意味で、この場合の扶養家族は正確には「扶養親族」と呼ばれます。 扶養親族を扶養している人は「納税者」と呼ばれ、生活の面倒をみる家族がいる納税者は、その分出費も多くなるだろうから、税金を軽減するというのがこの制度の目的です。 2つ目が健康保険上の扶養家族で、この場合の扶養家族は「被扶養者」と呼ばれます。 家族を扶養している人は、「扶養者」または「被保険者」と言います。 この2つの制度はそれぞれ別のものなので、例えば健康保険上の被扶養者でなくても所得税法上の扶養親族にはなれますし、その逆もあり得ます。 所得税法上の扶養家族のメリット (写真=PIXTA) 扶養親族の条件 親を所得税法上の扶養親族にする条件には、主に「年間の合計所得金額が38万円以下」と「納税者と生計を一にしていること」の2つの条件があります。 まず、年間の合計所得が38万円以下という条件ですが、所得とは収入から色々な経費や控除を差し引いた金額になります。 具体的に、所得が38万円以下を満たすには、扶養親族にしようとしている親の収入が給与のみであれば103万円以下になります。 また、親が年金のみで生活しているのであれば、65歳未満なら年金受給額が年108万円以下、65歳以上であれば158万円以下であれば扶養の条件を満たします。 次に、生計を一にしているという条件に関しては、必ずしも同居している必要はありません。 例えば、親が地方の実家に住んでいる場合でも、長期の休みにはよく帰省したり、常に生活費や療養費などの送金が行われている場合は条件を満たします。 親を扶養親族に入れるメリットは所得税・住民税が減額されること 親を扶養親族に入れるメリットは、税金が減額されることです。 どのぐらい税金が減額されるかは、自分の収入のほか、親が70歳を超えているかどうか、または同居しているか離れて暮らしているかにもよりますが、仮に60代の親を扶養親族に入れた場合、38万円の扶養控除が受けられ、本人の所得税率を10%とした場合、3万8,000円分の所得税が軽減されます。 また、住民税も軽減されます。 住民税の軽減は所得税よりは少なく詳細は省きますが、このケースであれば同じく住民税率を10%とすると3万3,000円程度、所得税と合わせて7万円強税金が減ることになります。 健康保険上の扶養家族のメリット (写真=PIXTA) 被扶養者の条件 親を健康保険上の被扶養者にするには、被保険者によって主に生計を維持されていることと、収入の条件があります。 所得税法上の場合と違い、こちらは所得ではなく収入が条件になることに注意しましょう。 親の場合、同居していても別の場所で暮らしていても被扶養者になれますが、収入の条件は同居しているか、そうでないかで異なります。 まず、同居している親の場合、親の年間収入が180万円未満(60歳未満の場合130万円未満)でかつ親の収入が扶養者の収入の半分未満である必要があります。 親が地方の実家などで離れて暮らしている場合、年間収入が180万円未満というのは同じですが、さらに親の収入が扶養者からの仕送り額未満であることが条件になります。 親を被扶養者とすることで、親の国民健康保険料がかからなくなる 自分が健康保険の加入者であれば、親は被扶養者になることで、国民健康保険料を払わなくてよくなります。 扶養者側のメリットは特にありませんが、親としてはだいぶ家計が助かるので、条件を満たしていれば扶養を考えてみてもいいでしょう。 メリットがある制度も申告しないと利用できない.

次の

扶養に入るメリットとデメリットは何?どのくらいの効果があるか金額を調べてみた。

扶養家族 メリット

会社員をしていると、「税金」や「節税」のことってなかなか意識しないものですよね。 もちろん、基本的には年末調整で事足りるわけですから、それでも特に問題ありません。 しかし、なかには会社員にもできる節税などのお得情報を欲している方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、会社員にもできる節税対策の一つである「(別居中の)親を扶養に入れる方法」について、さまざまな角度からお伝えします。 あなたの節税に、そして親孝行にお役立てください。 親を扶養に入れるメリット 親御さんをあなたの扶養に入れることができれば、おおよそ次のようなメリットが生まれます。 【親側のメリット】 ・健康保険料が無料になる ・(別居中なら)あなた(子)から仕送りを受け取れる 【子側のメリット】 ・所得税、住民税を節約できる ・親の医療費控除を利用できる このように、あなたにとっては「税金対策」、親の立場からすると「直接的な現金利益を得られる」というのがこの手段のメリットです。 この手段を使うには、「(別居中の)親に相応の仕送りをする」ことが必要になります。 これは、別居中の親を扶養しているという形をとるためですが、すでにあなたが親御さんに仕送りをしている状態なら、なおさら利用しやすい手段といえますね。 これに関しては、後ほど詳しく説明します。 親を扶養に入れると、どのくらい節税できるの? また、あなたのメリットである所得税・住民税の節約は、扶養に入れる親ごさん(老人扶養親族)の年齢によって変わります。 簡単にいえば、親御さんの年齢と、同居か別居かによって、計算上「扶養控除」として所定額を収入から差し引けるようになるのです。 なお、具体的な節税額はあなたの年収によって変わってきますので、ご注意ください。 親を扶養に入れる条件 次に、親を扶養に入れる条件を見ていきましょう。 そもそも、親を扶養に入れるといっても、大きく分けて「健康保険上の扶養」と「税金上の扶養」の2種類があり、それを両方まとめたのが今回の手段になります。 一つずつ、条件をしっかり確認しておきましょう。 ・健康保険上の扶養に親を入れるには 子が親を、自分の健康保険上の扶養親族として申告するには、親が以下の収入要件を満たしている必要があります。 年間収入が130万円未満(60歳以上または障害者であれば180万円未満)• 別居親の収入が被保険者(子)からの仕送り額未満• 同居親の収入が被保険者(子)の収入の半分未満 ざっくりいえば、同居していない親御さんの収入が毎月10万円であった場合、あなたが10万円を超える額を仕送りしていれば、扶養に入れられます。 同居している場合は、あなたの収入が20万円を超えていれば同じく扶養に入れられます。 つまり、同居・別居にかかわらず、親の収入が低いほど扶養に入れやすいといえますね。 親の年間の合計所得金額が38万円以下(給与のみなら103万円以下)• 納税者と生計を一にしている まず要件1ですが、親を扶養に入れようと考えるケースでは、実態として親の収入が「年金収入のみ」であることが多いため、次のように読み替えると分かりやすいでしょう。 65歳未満:収入が年金のみで年間108万円以下• 65歳以上:収入が年金のみで年間158万円以下 要件2の「生計を一にしている」とは、あなた(納税者)と親の生計が一緒であること、つまり「あなたが親を養っている」という意味です。 しかし、この「生計が一緒」という状況は、実は明確な基準がありません。 別居であっても頻繁に生活費や医療費などの仕送りをしている実態があれば、生計が一緒と見なされます。 そして、たとえ仕送りしていても小遣い程度の額でしかなければ、「同一生計」ではないとされて、親を扶養に入れることはできないのです。 また、この「同一生計」は必ずしも同居している必要はありません。 明確な基準がないだけに判断しにくいところですが、ひとまず「健康保険上の扶養」の要件を満たす仕送りはしておいたほうがよいでしょう。 ちなみに、健康保険上、税金上のどちらの場合でも、親を扶養に入れるための要件は親自身の収入(主に年金)に基づきます。 仮に、親の年齢を66歳、会社員時代の平均年収を400万円、年金加入期間30年としたときの年金受給額(厚生年金+国民年金)は、ざっくりとした計算でおよそ年間160万円といったところでしょう。 国税庁の民間給与実態統計調査によると、2016年の平均給与額は約422万円でした。 ここから考えると、親の現役時代の全般的な経済レベルが平均程度であっても、子の扶養に入れる可能性があるのは健康保険上の扶養のみということになります。 つまり、「ずっと自営(国民年金)だった親が廃業した場合」や「親が勤めていた会社が倒産し、長期間アルバイトだった場合」といったようなケースのときに、この手段は活用できると言えそうです。 親を扶養に入れる手続きって? それでは、実際に親御さんを扶養に入れる手続きについて説明していきます。 まず、先ほどもお伝えした通り、扶養は大きく「健康保険上の扶養」と「税金上の扶養」があり、実際の手続きも2つそれぞれで行う必要があります。 とはいえ、前述の要件さえ満たしていれば、手続きそのものは比較的簡単ですので、ご安心ください。 親を健康保険上の扶養家族にする手続き方法 この手続きは、子(あなた)の勤めている会社を通して行います。 扶養親族対象の要件をクリアしたら、以下の書類を健康保険の担当部署に提出しましょう。 【同居している親の場合】 ・世帯全員の住民票 ・親の課税(非課税)証明書 【別居している親の場合】 ・親の戸籍謄本(あなたとの続柄が分かるもの) ・仕送りを証明するもの ちなみに、「仕送りは現金で手渡していたから、公的に証明できるものはない」と言っても、なかなか認めてもらえません。 例えば、振り込みにして送金内容の記載部分を記帳しておいたり、現金書留で送りその控えを保管しておくなど、証明を提出できるような対策が必要です。 親を税制上の扶養親族にする手続き方法 「税金上の扶養」の手続きは実に簡単です。 要件を整えた状態で、年末調整のときに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を会社に提出するだけで完了します。 ただし、親と別居中であれば、健康保険上の扶養と同じく、「仕送りを証明するもの(生計を一にしていることの証明)」も提出します。 手続きそのものはどちらも簡単ですね。 難しいのは、やはり「要件を満たすこと」でしょう。 誰もが利用できる方法ではありませんが、もしあなたが、親を扶養に入れやすい環境にあるならば、利用を検討する価値は十分アリといえます。 親を扶養に入れるならどのタイミングがベストか? 親を扶養に入れるのにベストなタイミングはあるのでしょうか。 まず大きな枠で考えた場合、やはり「親の収入が(大幅に)減ったタイミング」です。 具体的に、もっとも多いのは「親が退職したとき」でしょう。 こういったとき、親からしたら少しでも支出が減れば助かりますし、子(あなた)からの仕送りもうれしいものでしょう。 ちなみに、この頃になると将来的に親を介護することも見据えて、同居を検討し始める方も増えてきます。 同居すれば、さらに親を扶養に入れやすくなりますから一石二鳥といえますね。 もちろん、親を扶養に入れるには子(あなた)自身の経済力も重要になりますが、親を扶養に入れられるほどの経済力があればなおさら、あなたの節税効果も高くなります。 小さな枠で考えた場合、タイミングは「12月」です。 というのも、税金は1月~12月の収入を基準に計算されますし、家族の扶養人数も12月31日時点の扶養状況で判断されるからです。 それだけに、タイミングを見計らって12月に親を扶養に入れることができれば、ひとまず初年度だけではありますが、1カ月分の扶養(負担)で1年分の扶養(負担)の節税効果を得ることができるため、実に効率的です。 親の経済的余裕によっては、そこまでのタイミングを見計らうのは困難かもしれませんが、もし狙えるようなら12月まで待って扶養に入ってもらいましょう。 親を扶養に入れたときのデメリット 親を扶養に入れるのはメリットばかりではなく、やはり、デメリットもあります。 具体的にいえば、以下のような点がデメリットとなります。 デメリット1:75歳以上の親には効果減少 75歳になると医療保険は後期高齢者医療制度に移行します。 そのため、税金上の扶養関係は残るものの、75歳以上の親の健康保険料や医療費控除などについては効果がなくなってしまいます。 これは親にとってだけでなく、子にとってのメリットも減少することになる点にも注意が必要です。 デメリット2:75歳未満でも医療費自己負担額増加の可能性 親が75歳未満であっても、子供の扶養に入ることで、親の所得区分が現役並み世帯と見なされる可能性があります。 そうなると医療費の上限が上がりますので、結果的に医療費の自己負担額が上がってしまうリスクがある点にも注意しましょう。 例えば、高額医療を受けていたり、月々に一定以上の通院費や薬代がかかっている親の場合、医療費自己負担額の増加分が節税額を上回ってしまうかもしれません。 家族全体で見たときに、むしろマイナスになってしまう可能性も考えてください。 親を扶養に入れる前にメリット・デメリットを比較しよう 親を扶養に入れると、親にとっては「健康保険料を無料にできて仕送りも確保」、子供にとっては「節税」と、家族全体で見ても世帯ごとで見ても大きなメリットを得られます。 その反面、特に「将来的に親が遺族厚生年金をもらえなくなる場合」と「親の所得区分が変わって医療費増大の可能性」には、注意が必要です。 あなたの家族の状況に合うならば、デメリットを意識しつつ、親を扶養に入れることも節税の一手段として検討していきましょう。 【こちらの記事もおすすめ】 ・ ・ ・.

次の

扶養家族になるとこんなにお得!扶養控除、配偶者控除で税金も安くなる|Money Saver

扶養家族 メリット

(写真=PIXTA) 扶養とは、助け養うことや生活の面倒をみるという意味ですが、「扶養家族」には制度上2つの意味があることはご存知でしょうか。 まず1つ目が所得税法上の意味で、この場合の扶養家族は正確には「扶養親族」と呼ばれます。 扶養親族を扶養している人は「納税者」と呼ばれ、生活の面倒をみる家族がいる納税者は、その分出費も多くなるだろうから、税金を軽減するというのがこの制度の目的です。 2つ目が健康保険上の扶養家族で、この場合の扶養家族は「被扶養者」と呼ばれます。 家族を扶養している人は、「扶養者」または「被保険者」と言います。 この2つの制度はそれぞれ別のものなので、例えば健康保険上の被扶養者でなくても所得税法上の扶養親族にはなれますし、その逆もあり得ます。 所得税法上の扶養家族のメリット (写真=PIXTA) 扶養親族の条件 親を所得税法上の扶養親族にする条件には、主に「年間の合計所得金額が38万円以下」と「納税者と生計を一にしていること」の2つの条件があります。 まず、年間の合計所得が38万円以下という条件ですが、所得とは収入から色々な経費や控除を差し引いた金額になります。 具体的に、所得が38万円以下を満たすには、扶養親族にしようとしている親の収入が給与のみであれば103万円以下になります。 また、親が年金のみで生活しているのであれば、65歳未満なら年金受給額が年108万円以下、65歳以上であれば158万円以下であれば扶養の条件を満たします。 次に、生計を一にしているという条件に関しては、必ずしも同居している必要はありません。 例えば、親が地方の実家に住んでいる場合でも、長期の休みにはよく帰省したり、常に生活費や療養費などの送金が行われている場合は条件を満たします。 親を扶養親族に入れるメリットは所得税・住民税が減額されること 親を扶養親族に入れるメリットは、税金が減額されることです。 どのぐらい税金が減額されるかは、自分の収入のほか、親が70歳を超えているかどうか、または同居しているか離れて暮らしているかにもよりますが、仮に60代の親を扶養親族に入れた場合、38万円の扶養控除が受けられ、本人の所得税率を10%とした場合、3万8,000円分の所得税が軽減されます。 また、住民税も軽減されます。 住民税の軽減は所得税よりは少なく詳細は省きますが、このケースであれば同じく住民税率を10%とすると3万3,000円程度、所得税と合わせて7万円強税金が減ることになります。 健康保険上の扶養家族のメリット (写真=PIXTA) 被扶養者の条件 親を健康保険上の被扶養者にするには、被保険者によって主に生計を維持されていることと、収入の条件があります。 所得税法上の場合と違い、こちらは所得ではなく収入が条件になることに注意しましょう。 親の場合、同居していても別の場所で暮らしていても被扶養者になれますが、収入の条件は同居しているか、そうでないかで異なります。 まず、同居している親の場合、親の年間収入が180万円未満(60歳未満の場合130万円未満)でかつ親の収入が扶養者の収入の半分未満である必要があります。 親が地方の実家などで離れて暮らしている場合、年間収入が180万円未満というのは同じですが、さらに親の収入が扶養者からの仕送り額未満であることが条件になります。 親を被扶養者とすることで、親の国民健康保険料がかからなくなる 自分が健康保険の加入者であれば、親は被扶養者になることで、国民健康保険料を払わなくてよくなります。 扶養者側のメリットは特にありませんが、親としてはだいぶ家計が助かるので、条件を満たしていれば扶養を考えてみてもいいでしょう。 メリットがある制度も申告しないと利用できない.

次の