日 直 島田。 島田市の10日間天気(6時間ごと)

日直 島田(公式サイト)優等生台み〜つけた♪

日 直 島田

来歴 [ ] 現役時代 [ ] 時代は、の甲子園に・連続出場を果たし、春は常総学院初の甲子園出場も1回戦敗退、夏は決勝でに敗れ、準優勝投手となる。 なお、この決勝戦で投げ合った、PL学園のとは後にでチームメートとなっている。 オフに、でに入団。 同期のと共にSSコンビとして売り出される。 10月8日、対戦において一軍初登板。 はイースタンリーグで0勝10敗という成績に終わり、シーズン終了後にとのトレードで横浜大洋ホエールズへに移籍。 8月23日の対戦で初勝利を記録。 にはプロ初完封を記録。 、この年に中継ぎ投手として飛躍し、シーズンでは50試合に登板して9勝をあげチーム最多勝タイとなり、翌は二年連続チーム最多及び自己最多の10勝を挙げ初の2桁勝利を記録した。 尚、リリーフ投手で同じ選手が二年続けてチーム最多勝になるのは稀である(94年の先発投手最多勝はの9勝12敗、95年の先発投手最多は斎藤隆が8勝9敗、が8勝8敗)。 、チーム全体でが流行ってしまい先発投手が足らず、久々に先発起用されたがシーズンでは不振に苦しんだ。 、前年のセットアッパーが怪我で開幕に間に合わず、代わりにセットアッパーとして起用され自身初タイトルとなるを受賞。 の横浜の38年ぶりの優勝には、中継ぎ投手のエース格として日本一に貢献し、翌には初出場を果たした(シーズンは不調だったが97年、98年のチームを支えた事を評価していたこの年のオールスター監督のが監督推薦で島田を指名した)。 2年連続不振に終わったのシーズン終了後にとなり、へ移籍。 のヤクルトの優勝には、中継ぎの1人として日本一に貢献するも、翌シーズン終了後に自由契約となり、へ移籍。 近鉄では3試合の登板に終わり、シーズン限りで現役を引退。 引退後 [ ] 引退後は、より日本ハムのに就任。 オフに・の投手コーチに就任しまで務めた。 に・の投手コーチに就任。 シーズン終了後の12月に、退任したの後任として2012年のシーズンより監督に就任することが発表された。 2年目のに後期優勝し、年間優勝を決めるリーグチャンピオンシップにも勝利してチームを2年ぶりの年間総合優勝に導いた。 前任の斉藤に続いて、NPBの指導者歴を持たずにリーグで年間総合優勝を達成した監督となる。 3年目のはリーグ2チーム目の前後期優勝を達成、前年後期からは3期連続となった。 とのリーグチャンピオンシップにも勝利し2年連続の年間総合優勝、リーグ2チーム目となる前後期と合わせた完全優勝を達成、さらにBCリーグ優勝チームとのにも勝利した。 また、リーグの公式戦の一環として実施されているとの交流戦である「ソフトバンク杯」にも前年に続いて優勝した。 リーグの前後期および年間総合優勝、グランドチャンピオンシップを制した球団が、ソフトバンク杯でも優勝したのは初めてであった。 シーズン終了後の10月31日、2015年からの二軍投手コーチに就任することが発表され 、2017年まで勤めた。 にを回復し、同月に4月より母校の常総学院高校野球部の投手コーチに就任する事が発表された。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0. 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0. 00 0. 00 20 2 0 0 0 0 1 0 --. 000 190 39. 2 50 6 23 3 4 23 1 0 34 25 5. 67 1. 84 14 5 1 0 0 2 2 0 --. 500 202 46. 0 45 4 23 4 1 28 1 0 25 23 4. 50 1. 48 16 8 1 1 0 3 4 0 --. 429 270 60. 2 67 1 25 1 1 40 4 0 27 18 2. 67 1. 52 50 2 0 0 0 9 9 3 --. 500 491 116. 2 122 9 31 2 4 68 4 1 53 50 3. 86 1. 31 46 0 0 0 0 10 4 0 --. 714 322 75. 2 82 10 23 3 2 51 3 0 34 30 3. 57 1. 39 38 3 0 0 0 3 3 0 --. 500 300 65. 1 82 6 32 3 2 48 3 0 34 28 3. 86 1. 74 60 0 0 0 0 5 7 1 --. 417 350 84. 2 83 5 23 2 2 55 1 0 26 24 2. 55 1. 25 54 0 0 0 0 6 2 1 --. 750 262 61. 0 59 5 24 2 5 33 0 0 18 16 2. 36 1. 36 39 0 0 0 0 0 4 4 --. 000 198 42. 0 55 7 15 3 1 32 5 0 29 25 5. 36 1. 67 21 0 0 0 0 1 0 0 -- 1. 000 96 23. 0 23 3 9 0 1 10 1 1 12 12 4. 70 1. 39 53 0 0 0 0 0 2 0 --. 000 198 46. 1 45 5 18 2 4 26 0 0 18 15 2. 91 1. 36 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2. 2 4 0 1 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 1. 2 6 2 2 0 0 0 0 0 4 4 21. 6 4. 80 通算:14年 419 20 2 1 0 39 38 9 --. 506 2906 665. 2 723 63 249 25 27 417 23 2 317 273 3. 69 1. 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更 タイトル [ ]• :1回 (1997年) 記録 [ ] 初記録• 初奪三振:同上、8回裏にから• 初先発:1990年4月28日、対4回戦()、5回2失点• 初勝利・初先発勝利:1992年8月23日、対20回戦()、7回2失点• 初完投勝利:1992年9月23日、対中日ドラゴンズ25回戦()、9回4失点• 初完封勝利:1993年6月5日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤ球場)• 初セーブ:1994年5月25日、対ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、6回裏に2番手で救援登板・完了、4回無失点 その他• 出場:1回 (1999年) 背番号 [ ]• 47 (1988年 - 1991年)• 48 (1992年 - 2000年)• 12 (2001年 - 2002年)• 30 (2003年)• 68 (2004年 - 2005年)• 91 (2006年)• 19 (2007年 - 2010年)• 77 (2011年 - 2014年)• 81 (2015年)• 84 (2016年 - 2017年) 脚注・出典 [ ].

次の

松本竜助

日 直 島田

来歴 [ ] 現役時代 [ ] 時代は、の甲子園に・連続出場を果たし、春は常総学院初の甲子園出場も1回戦敗退、夏は決勝でに敗れ、準優勝投手となる。 なお、この決勝戦で投げ合った、PL学園のとは後にでチームメートとなっている。 オフに、でに入団。 同期のと共にSSコンビとして売り出される。 10月8日、対戦において一軍初登板。 はイースタンリーグで0勝10敗という成績に終わり、シーズン終了後にとのトレードで横浜大洋ホエールズへに移籍。 8月23日の対戦で初勝利を記録。 にはプロ初完封を記録。 、この年に中継ぎ投手として飛躍し、シーズンでは50試合に登板して9勝をあげチーム最多勝タイとなり、翌は二年連続チーム最多及び自己最多の10勝を挙げ初の2桁勝利を記録した。 尚、リリーフ投手で同じ選手が二年続けてチーム最多勝になるのは稀である(94年の先発投手最多勝はの9勝12敗、95年の先発投手最多は斎藤隆が8勝9敗、が8勝8敗)。 、チーム全体でが流行ってしまい先発投手が足らず、久々に先発起用されたがシーズンでは不振に苦しんだ。 、前年のセットアッパーが怪我で開幕に間に合わず、代わりにセットアッパーとして起用され自身初タイトルとなるを受賞。 の横浜の38年ぶりの優勝には、中継ぎ投手のエース格として日本一に貢献し、翌には初出場を果たした(シーズンは不調だったが97年、98年のチームを支えた事を評価していたこの年のオールスター監督のが監督推薦で島田を指名した)。 2年連続不振に終わったのシーズン終了後にとなり、へ移籍。 のヤクルトの優勝には、中継ぎの1人として日本一に貢献するも、翌シーズン終了後に自由契約となり、へ移籍。 近鉄では3試合の登板に終わり、シーズン限りで現役を引退。 引退後 [ ] 引退後は、より日本ハムのに就任。 オフに・の投手コーチに就任しまで務めた。 に・の投手コーチに就任。 シーズン終了後の12月に、退任したの後任として2012年のシーズンより監督に就任することが発表された。 2年目のに後期優勝し、年間優勝を決めるリーグチャンピオンシップにも勝利してチームを2年ぶりの年間総合優勝に導いた。 前任の斉藤に続いて、NPBの指導者歴を持たずにリーグで年間総合優勝を達成した監督となる。 3年目のはリーグ2チーム目の前後期優勝を達成、前年後期からは3期連続となった。 とのリーグチャンピオンシップにも勝利し2年連続の年間総合優勝、リーグ2チーム目となる前後期と合わせた完全優勝を達成、さらにBCリーグ優勝チームとのにも勝利した。 また、リーグの公式戦の一環として実施されているとの交流戦である「ソフトバンク杯」にも前年に続いて優勝した。 リーグの前後期および年間総合優勝、グランドチャンピオンシップを制した球団が、ソフトバンク杯でも優勝したのは初めてであった。 シーズン終了後の10月31日、2015年からの二軍投手コーチに就任することが発表され 、2017年まで勤めた。 にを回復し、同月に4月より母校の常総学院高校野球部の投手コーチに就任する事が発表された。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0. 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0. 00 0. 00 20 2 0 0 0 0 1 0 --. 000 190 39. 2 50 6 23 3 4 23 1 0 34 25 5. 67 1. 84 14 5 1 0 0 2 2 0 --. 500 202 46. 0 45 4 23 4 1 28 1 0 25 23 4. 50 1. 48 16 8 1 1 0 3 4 0 --. 429 270 60. 2 67 1 25 1 1 40 4 0 27 18 2. 67 1. 52 50 2 0 0 0 9 9 3 --. 500 491 116. 2 122 9 31 2 4 68 4 1 53 50 3. 86 1. 31 46 0 0 0 0 10 4 0 --. 714 322 75. 2 82 10 23 3 2 51 3 0 34 30 3. 57 1. 39 38 3 0 0 0 3 3 0 --. 500 300 65. 1 82 6 32 3 2 48 3 0 34 28 3. 86 1. 74 60 0 0 0 0 5 7 1 --. 417 350 84. 2 83 5 23 2 2 55 1 0 26 24 2. 55 1. 25 54 0 0 0 0 6 2 1 --. 750 262 61. 0 59 5 24 2 5 33 0 0 18 16 2. 36 1. 36 39 0 0 0 0 0 4 4 --. 000 198 42. 0 55 7 15 3 1 32 5 0 29 25 5. 36 1. 67 21 0 0 0 0 1 0 0 -- 1. 000 96 23. 0 23 3 9 0 1 10 1 1 12 12 4. 70 1. 39 53 0 0 0 0 0 2 0 --. 000 198 46. 1 45 5 18 2 4 26 0 0 18 15 2. 91 1. 36 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2. 2 4 0 1 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 1. 2 6 2 2 0 0 0 0 0 4 4 21. 6 4. 80 通算:14年 419 20 2 1 0 39 38 9 --. 506 2906 665. 2 723 63 249 25 27 417 23 2 317 273 3. 69 1. 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更 タイトル [ ]• :1回 (1997年) 記録 [ ] 初記録• 初奪三振:同上、8回裏にから• 初先発:1990年4月28日、対4回戦()、5回2失点• 初勝利・初先発勝利:1992年8月23日、対20回戦()、7回2失点• 初完投勝利:1992年9月23日、対中日ドラゴンズ25回戦()、9回4失点• 初完封勝利:1993年6月5日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤ球場)• 初セーブ:1994年5月25日、対ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、6回裏に2番手で救援登板・完了、4回無失点 その他• 出場:1回 (1999年) 背番号 [ ]• 47 (1988年 - 1991年)• 48 (1992年 - 2000年)• 12 (2001年 - 2002年)• 30 (2003年)• 68 (2004年 - 2005年)• 91 (2006年)• 19 (2007年 - 2010年)• 77 (2011年 - 2014年)• 81 (2015年)• 84 (2016年 - 2017年) 脚注・出典 [ ].

次の

新型肺炎影響、マスク注文殺到 島田の工場、フル稼働で生産急ぐ|静岡新聞アットエス

日 直 島田

2020年2月28日 日直島田さんがYouTubeメンバーシップで集金ビジネスを始めるそうです。 4月1日から色々と始めたいのと、 気の合う人達で話し合えるツールがあったらいいなと思ったのと。 応援してくれる人達にもっと時間を使った方が僕もいいなという考えです。 調べたら色々と出てくるから、 わからない事は調べてくれたら嬉しいです。 — 日直島田【優等生台みーつけた】 courage05x2 ちなみに、会費が必要です。 メダル50枚以下にする予定ですが、 無料だとアンチさんとか気持ち悪い人とか加入されると邪魔なので。 そんな人達とではなく、 純粋に応援してくれる人達に時間を使いたいからこそのです。 有料には有料の良さが、 無料には無料の良さが。 — 日直島田【優等生台みーつけた】 courage05x2 えへへ。 フォロバ上限なので、また明日。 色々と考えつつ、とりあえずインスタの本を買いました。 アナログ。 YouTubeで収録を生放送するのとかも面白いな…永遠に喋り続けるし…コメント返せるし…よし!やろう!! メンバーシップも諸々と全て日程決まったらお伝えしましので。 — 日直島田【優等生台みーつけた】 courage05x2 抜けられない仕組み そこを利用してオンラインサロンの運営者は 「抜けられない仕組み」 を色々考えます。 例えばオンラインサロンで「新規プロジェクト」を立ち上げる理由って何か知っていますでしょうか。 「成功したら儲けもの」という理由もありますが、サロンメンバーに個々の役割(役職)を割り振るのが本当の目的となります。 そうする事により、 サロンから抜けにくくするのです。 そのため、個人情報なんて晒してしまった日には、簡単に抜けられなくなるでしょう。 1GAMEのてつさんのサロンに対して「1GAMEは個人情報を横流しする反社会的組織なので加入する人は気をつけろ」と注意喚起したのはそのためです(現状は匿名での参加もOKみたいですけど) 昨日の大崎さんのオンラインサロンの話も「ミスマッチを防ぐことが重要」と解説しました。 しんのすけさん、1GAMEのてつさんのサロンもそうですが、 ファンクラブ感覚で気軽に入っていいものではありません。 それ以上の参加価値を提供して初めてオンラインサロンである意味が生じます。 集金ビジネスを始めようとしてサクライターさんは他にも沢山居るはずなので、今回はオンラインサロンとyoutubeメンバーシップの違いについて解説しました。

次の