星野源 サブスク。 星野源さんもサブスク解禁したよ|子育てママのアイディアと話題の情報局

星野源、全楽曲がサブスク解禁。今後も大物アーティストのサブスク解禁は続くのか?

星野源 サブスク

2019年10月14日に全世界同時リリースされた星野源のEP『Same Thing』は、日本のポップスの歴史を大きく変えた傑作である5thアルバム『POP VIRUS』の偉業を超えて、新たな「未知なる場所」へと向かっていく、星野源というアーティストのアティチュードを示した作品だった。 Superorganism、トム・ミッシュ、PUNPEEらかねてより本人と親交のあった国内外のアーティストを迎え、星野のディスコグラフィーを振り返ってみても実に意欲的で「型破り」な作品だったと言っていいだろう。 しかしながら、そんなラディカルな作品を、識者たちがどう聴いたのかというところは実は今までしっかりとは語られてこなかったように思う。 そこで今回、音楽ジャーナリストの高橋芳朗と、インターネットラジオ番組『INSIDE OUT』のディレクターであり、DJとしても活躍するYANATAKEの二人を迎え、『Same Thing』と『POP VIRUS』が予見する、星野源の「今」と「これから」について自由に語り合ってもらった。 完全版は本誌を購入の上、お楽しみください。 『POP VIRUS』は世界の潮流とリンクしていた DJ YANATAKE(以下、YANATAKE):この取材を受けるにあたって、星野さんの過去作品を聴き返していて思ったんですけど、『POP VIRUS』ってやっぱり聴けば聴くほど恐ろしいアルバムだなって。 尋常じゃないくらい凝ってるアルバムですよね。 パッと聴きは普通にポップスとして成立しているのに。 そのことに気がつくと、聴けば聴くほど恐ろしくなる。 高橋芳朗(以下、高橋):めちゃくちゃわかります(笑)。 『POP VIRUS』に関しては、まだまだ語り足りていないようなモヤモヤ感がちょっとあって。 「Pop Virus」のサビの一節〈刻む 一拍の永遠を〉にも示唆的ですけど、時間の経過とともに評価や聴こえ方が変わっていくアルバムになりそうな予感はすごくします。 YANATAKE:たしかにそう思いますね。 高橋:たとえば、『YELLOW DANCER』がJ-POP史におけるエポックな作品であることは間違いないですよね。 すでに『POP VIRUS』が存在している現在地から振り返ってみると、さらにぐっと名盤の風格が増してきてる。 それはやっぱり『YELLOW DANCER』当時の大きな命題だったブラックミュージックの血肉化が一定の達成をみたということ、そしてもはやそれが星野さんの中でスタンダード化しているということだと思うんですけど。 本来この流れでいけば同じ路線を継承するアルバムがもう1枚きてもぜんぜんおかしくないんですよ。 でも、『POP VIRUS』は『YELLOW DANCER』のパート2ではなかった。 それどころか、予想もしていなかった次元の、予想もしていなかった地点にまで飛躍していったという。 YANATAKE:2019年8月に星野さんの音源が一気にサブスクリプションサービスで解禁になりましたけど、これがもう少し早かったら、たとえば『POP VIRUS』のリリースと同じタイミングだったとしたら、一体どうなってたんだろうっていう気もしますね。 アメリカでは8割の人たちがサブスクで音楽を聴いてるっていう現状をふまえると、『POP VIRUS』がいち早くサブスク解禁されていたとしたら、もしかしたらもっと早く星野さんの音楽は世界中に広がっていたのかもな、とか思ったりもします。 高橋:世界が『POP VIRUS』をどう受け止めるのか、「Dead Leaf」を聴いたりするとすごく興味が湧いてくるんですよ。 星野さんは「Dead Leaf」で打ち出した方向性について「ネオソウル+ビーチ・ボーイズ」と説明していましたけど、たとえばジャネール・モネイはアルバム『Dirty Computer』のタイトル曲でまさにThe Beach Boysのブライアン・ウィルソンをゲストに迎えていたし。 あと、Vampire Weekendも新作『Father of the Bride』のスティーヴ・レイシーが参加した「Sunflower」でループ感の強いトラックの上にThe Beach Boys風のコーラスを重ねていたりするんですよね。 そもそも「Sunflower」というタイトル自体がThe Beach Boysの名盤のオマージュじゃないですか。 こういう「Dead Leaf」みたいな曲を聴くにつけ、『POP VIRUS』の秘めた可能性を世界に問いたくなるんですよ。 この同時代性には本当にわくわくさせられます。

次の

星野源さんもサブスク解禁したよ|子育てママのアイディアと話題の情報局

星野源 サブスク

スポティファイ登録は簡単 この頃は、音楽をサブスク、いわゆる定額制で聴く時代になってきましたね。 音楽をネット経由で楽しむサービスは、Spotify、Apple Music、AWA、Google Play Music、LINE MUSICなど、いろいろあって迷うところですが、今日はSpotify(スポティファイ)を登録してみました。 Spotifyはスウェーデンの企業がはじめた音楽配信ストリーミングサービス。 パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機などを使って、ネット経由で音楽聴き放題を楽しめます。 スマホの場合、ざっくりいうと手順はこの2ステップ。 App StoreもしくはGoogle Play Storeから「Spotify」のアプリをダウンロードし、インストールを行います。 「Spotify」に会員登録をします。 今は3ヶ月無料のサービス実施中だったので、プレミアムに入りました。 画面は取っつきにくいけど・・・ さて「Spotify」の画面、はじめは取っつきにくい印象です。 どんどん下にスクロールすると、例えばこんなのがありました。 まずはおすすめ音楽を聴けばいいみたいです。 サーチボタンを押すと、こんな無機質な画面になりました。。。 虫眼鏡マークの横にアーティスト名を入れてみましょう。 まずは検索! 先頭の文字を入れると、候補が出てきます。 ここでは「ほしの」と入れると、「THIS IS 星野源」というのが出てきました。 これが、プレイリストというものですね。 それを選んで、右上のフォローボタンを押します。 これで星野源さんの曲を聴けるようになりました。 シャッフル再生ボタンを押すと、人気曲が再生されるみたいです。 今はプレミアム会員なので、曲の選択も自由にできます。 (無料会員だと、曲は選べないようです) プレイリストを探してみた 星野源さんの公式Twitterによると、 【星野源選曲のプレイリスト公開!】 星野源がいま届けたい音楽をセレクトした、全42曲ものプレイリスト『so sad so happy』が、 にて公開されました! とあるので、それも探してみました。 「so sad so happy」というプレイリストが見つかりました。 これもフォロー。 星野源さんが選んだ曲が42曲。 海外アーティストの曲や星野さんの曲が並んでいます。 なぜか松任谷由実さんの曲も1つ含まれています。 これもシャッフル再生したり、曲指定をして聴けます。 なるほど。 サブスク時代の音楽って、こんな感じなんですね。 誰かが選曲したプレイリストを楽しむというのは、私にはまったく新しい体験です。 音楽サブスク、まだまだ奥は深そうです!• 関連ページ.

次の

星野源さんもサブスク解禁したよ|子育てママのアイディアと話題の情報局

星野源 サブスク

2019年10月14日に全世界同時リリースされた星野源のEP『Same Thing』は、日本のポップスの歴史を大きく変えた傑作である5thアルバム『POP VIRUS』の偉業を超えて、新たな「未知なる場所」へと向かっていく、星野源というアーティストのアティチュードを示した作品だった。 Superorganism、トム・ミッシュ、PUNPEEらかねてより本人と親交のあった国内外のアーティストを迎え、星野のディスコグラフィーを振り返ってみても実に意欲的で「型破り」な作品だったと言っていいだろう。 しかしながら、そんなラディカルな作品を、識者たちがどう聴いたのかというところは実は今までしっかりとは語られてこなかったように思う。 そこで今回、音楽ジャーナリストの高橋芳朗と、インターネットラジオ番組『INSIDE OUT』のディレクターであり、DJとしても活躍するYANATAKEの二人を迎え、『Same Thing』と『POP VIRUS』が予見する、星野源の「今」と「これから」について自由に語り合ってもらった。 完全版は本誌を購入の上、お楽しみください。 『POP VIRUS』は世界の潮流とリンクしていた DJ YANATAKE(以下、YANATAKE):この取材を受けるにあたって、星野さんの過去作品を聴き返していて思ったんですけど、『POP VIRUS』ってやっぱり聴けば聴くほど恐ろしいアルバムだなって。 尋常じゃないくらい凝ってるアルバムですよね。 パッと聴きは普通にポップスとして成立しているのに。 そのことに気がつくと、聴けば聴くほど恐ろしくなる。 高橋芳朗(以下、高橋):めちゃくちゃわかります(笑)。 『POP VIRUS』に関しては、まだまだ語り足りていないようなモヤモヤ感がちょっとあって。 「Pop Virus」のサビの一節〈刻む 一拍の永遠を〉にも示唆的ですけど、時間の経過とともに評価や聴こえ方が変わっていくアルバムになりそうな予感はすごくします。 YANATAKE:たしかにそう思いますね。 高橋:たとえば、『YELLOW DANCER』がJ-POP史におけるエポックな作品であることは間違いないですよね。 すでに『POP VIRUS』が存在している現在地から振り返ってみると、さらにぐっと名盤の風格が増してきてる。 それはやっぱり『YELLOW DANCER』当時の大きな命題だったブラックミュージックの血肉化が一定の達成をみたということ、そしてもはやそれが星野さんの中でスタンダード化しているということだと思うんですけど。 本来この流れでいけば同じ路線を継承するアルバムがもう1枚きてもぜんぜんおかしくないんですよ。 でも、『POP VIRUS』は『YELLOW DANCER』のパート2ではなかった。 それどころか、予想もしていなかった次元の、予想もしていなかった地点にまで飛躍していったという。 YANATAKE:2019年8月に星野さんの音源が一気にサブスクリプションサービスで解禁になりましたけど、これがもう少し早かったら、たとえば『POP VIRUS』のリリースと同じタイミングだったとしたら、一体どうなってたんだろうっていう気もしますね。 アメリカでは8割の人たちがサブスクで音楽を聴いてるっていう現状をふまえると、『POP VIRUS』がいち早くサブスク解禁されていたとしたら、もしかしたらもっと早く星野さんの音楽は世界中に広がっていたのかもな、とか思ったりもします。 高橋:世界が『POP VIRUS』をどう受け止めるのか、「Dead Leaf」を聴いたりするとすごく興味が湧いてくるんですよ。 星野さんは「Dead Leaf」で打ち出した方向性について「ネオソウル+ビーチ・ボーイズ」と説明していましたけど、たとえばジャネール・モネイはアルバム『Dirty Computer』のタイトル曲でまさにThe Beach Boysのブライアン・ウィルソンをゲストに迎えていたし。 あと、Vampire Weekendも新作『Father of the Bride』のスティーヴ・レイシーが参加した「Sunflower」でループ感の強いトラックの上にThe Beach Boys風のコーラスを重ねていたりするんですよね。 そもそも「Sunflower」というタイトル自体がThe Beach Boysの名盤のオマージュじゃないですか。 こういう「Dead Leaf」みたいな曲を聴くにつけ、『POP VIRUS』の秘めた可能性を世界に問いたくなるんですよ。 この同時代性には本当にわくわくさせられます。

次の