フレッツ 光 料金 西日本。 【最新版】フレッツ光西日本を使わない方がいい理由を徹底解説!光回線の正しい選び方

「フレッツ 光クロス」の提供開始について|ニュースリリース|NTT西日本

フレッツ 光 料金 西日本

いきなりですが、自宅のインターネット回線をフレッツ西日本にしようと思っているなら、絶対に辞めたほうが良いです。 2015年以前は、フレッツ光が一番信頼できて、料金的にも使いやすい回線だったのですが、現在の状況は全く違うものになっているんですよね。 実は、2015年3月に「光コラボ」というタイプの回線が出てきてから、 フレッツを使うメリットはなくなってしまったんです。 光コラボはフレッツと同じ回線を使った新しいサービスなので、通信速度・安定性は同じ。 となれば、単純に料金でお得な回線を選ぶべきなんですが・・・フレッツはここに大きな問題を抱えているんですね。 この記事では フレッツ西日本を使わない方がいい理由と、これからのインターネット回線の選び方についてご紹介しています。 1回読めば月々の 支払いを最小限にして、快適にネットを使えるようになります! ネットが苦手な人でも理解できるように、分かりやすく解説しているので、損をしたくない人は目を通してみてくださいね! この記事の目次• フレッツ西日本を使わない方がいい3つの理由 まずはなぜフレッツ西日本が良くないのかを分かりやすく解説しますね。 他の回線に比べたら+1000円と考えてください。 余計なオプションに入ればそれ以上に高くなります。 しかもフレッツでインターネットを使う場合は、フレッツとプロバイダーの2社に料金を支払わなければいけません。 今の主流の光コラボは、大手携帯会社やプロバイダー1社にすべての支払いをまとめるシステムです。 2社に支払わないといけない時点で、フレッツ西日本はどうしても料金が高くなってしまうんです・・・。 法人での契約はキャッシュバックがあるんですけど、個人の家の契約ではキャッシュバックはほとんどない状況なんです。 どれだけ探し回っても8000円が限界。 しかもオプションなどの条件付きなので、結局は損する内容・・・。 最近は契約するだけで3~4万円のキャッシュバックが貰えるのが当たり前です。 条件が良い申込み代理店から契約すれば誰でもそれくらいのキャッシュバックは受け取れます。 回線の品質は同じなのに、月額料金が高く、キャッシュバックも無い・・・。 実は今ではフレッツ西日本を使うメリットは全くと言っていいほどないんです。 それでもネームバリューだけで申込む人が多いんですよね・・・。 特に年配の方。 ネット回線を選ぶ時は、ちゃんと調べないとホント勿体ないんですよ。 なんでフレッツ西日本は料金が高いの? 実はフレッツ光がこんなに料金が高く、条件が悪いのには理由があるんです。 ちょっとびっくりするかもしれませんが、現在の フレッツは利用者をこれ以上増やしたくないというホンネがあるんです・・・。 フレッツは東西合わせて利用者が2000万人近くにも膨れ上がってしまいました。 これ以上増えると運営しているNTTだけでは到底管理しきれない数になりつつあるんです。 なので、フレッツはこれ以上利用者を増やしたくないわけです。 その証拠にテレビCMも以前ほど見かけませんし、家電量販店でもフレッツの勧誘ってほとんどないですよね? ですが企業として売上を減らすようなことはできません。 悩んだ挙句、NTTが考え付いたのが「光コラボ」というサービスです。 光コラボは、大手携帯会社やプロバイダー会社に回線をレンタルするサービスです。 最近よく耳にするソフトバンク光・ドコモ光や、プロバイダー会社が運営するOCN光・ビッグローブ光・ソネット光などが光コラボですね。 これにより、携帯会社・プロバイダー会社は新たにインターネット回線を提供する事業を行うことが出来るようになります。 実際にお客さんを管理するのは、光コラボを提供する会社です。 NTT側は、レンタル料金を回収するだけ。 つまり 顧客管理は各社に任せつつ、売り上げだけはキープすることができるというカラクリなんですね! 全員にメリットがあるとてもよくできた仕組みですよね(笑) 光コラボを使ってもらうために、フレッツは割高にしておく必要がある このようなわけでフレッツは西日本・東日本に関わらず、お客さんを光コラボのほうに移したいんです。 なので光コラボのほうがお得にしないといけませんよね。 ただでさえネームバリューがあって勝手に利用者が増えているわけですから、明らかな差を付けないと誰も乗り換えてくれない。 なので現在は、フレッツだけが割高で、それ以外の回線は1000~1500円料金が安いという状況になっています。 それに加えて各社がキャッシュバックなども用意しているので、光コラボのほうがはるかにお得に設定しているんですね。 わざと料金を高く設定している所にわざわざ入るのが、いかにもったいないことをしているか分かると思います。 これからオススメの回線 今一番トレンドなのは、「 スマホと同じ会社の回線を使う」というやり方です。 auひかり・ソフトバンク光・ドコモ光の3つですね。 間違いなく料金は一番安くなりますし、大手の会社が運営している回線なので安心感もありますから利用者は急増しています。 この3社のポイントはスマホ・ケータイとのセット割です。 auは「スマートバリュー」• ソフトバンクは「おうち割」• ドコモは「光パック」 と名前はそれぞれ違いますが、内容はほぼ同じ。 光回線とセットで使えば スマホ代が月額1500~2000円割引されます。 しかも家族全員が対象になりますから、1家族の月々の支払いは1万円近く安くなることも。 回線の料金はフレッツだけ極端に高く、他の光コラボはほぼ横並び。 差があっても100円~500円くらいの違いですから、スマホ代を大幅割引してくれる携帯会社の光回線を使うのが一番お得になるんですよね。 光回線の顧客満足度は、携帯会社が上位を独占 実は今では、フレッツなどの回線より大手携帯会社の光回線のほうがはるかに顧客満足度も高いんです。 2016年の最新データでは、 顧客満足度の上位はソフトバンク光・auひかり・ドコモ光の3社が独占。 フレッツは大きく離されて5位という状態なんですね。 新聞やニュースで使われるデータも多く提供しています。 ちなみに評判を調べる時にツイッターなんかで一部の利用者のツイートなんて見ても意味ないですからね!さがせばすべての会社の悪口がでてきますから(笑)企業がやっている市場調査が一番信用できる評判です。 顧客満足度が高いということは 通信の安定性と、料金の両面で評価されているということです。 フレッツと比べると1000円は料金が安い• さらにスマホ代が1500~2000円安くなる• 顧客満足度もはるかに高い この3点から見て、自分のスマホと同じ会社の光回線に乗り換えるのがベストな選択肢だということが分かると思います。 【重要】携帯会社の光回線を使う時の注意点 ここからは各携帯会社の光回線を使う時の注意点についてご紹介します。 契約する前に 知っておかないと損してしまう重要なポイントなので、目を通しておいてくださいね。 ソフトバンク光の注意点 ソフトバンク光はすべての光回線の中で顧客満足度1位です。 2016年10月現在、光回線を提供している会社は、なんと400社まで増えてしまいました。 急に増えすぎてビックリしますよね(笑)ソフトバンク光は、その中で満足度1位ですからかなり評価が高い回線です。 気を付けないといけないのは、 申込む代理店によってキャッシュバックが全く違うということ。 ごく1部のネット代理店から契約すれば、34000円キャッシュバックや最新のWi-Fiルーターを無料で手に入れることができて、かなりお得です。 大手家電量販店やソフトバンクショップで契約するとキャッシュバックがめちゃくちゃ少ないのでかなりもったいないです。 詳しくは下の記事を参考にしてみてくださいね! AUひかりの注意点 大手携帯会社がおこなっているセット割の中でも、「auスマートバリュー」の人気は圧倒的です。 auスマートバリューの利用者数は、ソフトバンクのおうち割とドコモの光パックの利用者を合わせた数の2倍です。 とにかくセット割が評判なのがauひかりです。 こちらもソフトバンクと同じで、 契約する場所によってキャッシュバックが大きく違います。 しかもauひかりは代理店の数がやたら多く、評判が悪い業者もいるので、契約先を選ぶのがかなり重要。 家電量販店やauショップの契約条件はかなり悪いので、こちらもネット代理店からがベスト。 失敗しない契約先の詳しい選び方は下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。 ドコモ光の注意点 ソフトバンク光についで2位の顧客満足度を誇るドコモ光。 ギリギリで惜しくも2位という結果ですが、評判が良いことは間違いありません。 ドコモ光の問題点はただ一つ。 キャッシュバックが極端に少ないということです。 ソフトバンクやauにくらべるとお得なキャンペーンがほとんどないという状態です。 ですが、そんな中でも かなりお得な条件でドコモ光を使えるようになるちょっとした裏ワザがあります。 詳しくは下の記事を参考にしてみてくださいね! 大手3社以外を使いたい人へ 携帯会社の光回線はセット割を使える分、ネット料金だけ見れば若干高めです。 結局はセット割の割引が大きいので、大手キャリアのスマホを使っている人にとってはお得ですが、 それ以外の人には魅力は無いんですよね。 なので格安スマホなどを使っていて、セット割が使えない人には以下の回線をオススメしています!• Marubeni光• OCN光• so-net光• NURO光 一番オススメはMarubeni光です。 知らない人も多いかもしれませんが、大手商社の丸紅が運営している光回線です。 テレビCMや広告に力を入れていないので、知名度はあまり高くないんですが、大手の丸紅がやっているだけあって満足度はかなり高いのが特長。 しかも大手携帯会社の回線並みの高額キャッシュバックが魅力です。 ネットに詳しい人は良く知っているけど、一般の方には知名度が無い。 まさに 知る人ぞ知るお得な光回線です。 次にオススメなのは、OCN光。 プロバイダーの中で一番利用者が多いOCNが運営する光回線です。 ネームバリュー・信頼度ともにバツグン。 有名会社の回線が安心できるという人に最適です。 4位はNURO光。 これは本当はもっとオススメなんですけど、関東圏しか取り扱っていないので、順位は低め。 最大通信速度が2ギガを超えるのはNURO光だけです。 とにかく速度が特長で、仕事でネット上とのデータのやり取りが多かったり、高速通信が必要なゲームをやる人にオススメです。

次の

フレッツ光 料金プラン一覧

フレッツ 光 料金 西日本

・ ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼• ・ ファミリー・ハイスピードタイプ• ・ ファミリータイプ 4,300円 +プロバイダー料金 4,110円 +プロバイダー料金• 通信速度最大1Gbpsはスーパーハイスピードタイプ隼の場合です。 ハイスピードタイプの場合は最大200mbps、ファミリータイプの場合は最大100mbpsになります。 上記金額は、割引キャンペーンを適用した場合の金額です。 プロバイダー利用料金は割引の対象外です。 特に記載がある場合を除きすべて税別で表記しております。 フレッツ 光ネクストの魅力• どれだけ使っても 一律定額料金• 下り最大 1Gbpsの 超高速光回線• ダウンロード・動画視聴も スムーズで快適.

次の

フレッツ光 料金詳細(西日本)|プロバイダならBIGLOBE

フレッツ 光 料金 西日本

【最低利用期間について】 「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」は、ご利用開始日から、ご利用開始月の翌月を1カ月目として24カ月目の末日までを最低利用期間として提供します。 最低利用期間の満了前に、BIGLOBEを退会された場合、違約金5,000円 不課税 を請求させていただきます ご利用開始月にBIGLOBEを退会された場合も、違約金を請求させていただきます。 その他の機器等をレンタルされる場合、料金が異なることや、別途追加料金がかかる場合があります。 詳細はをご覧ください。 *1 お客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより、通信速度が低下します。 *2 NTT西日本「光はじめ割」適用時の料金です。 ・「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」のお申し込みと合わせて、「光はじめ割」も手続きを行います。 「光はじめ割」の対象タイプは「フレッツ光ネクスト」となります。 対象タイプ以外の場合、「光はじめ割」は適用されず、「光はじめ割」のお申し込みも取り消されます。 ・「光はじめ割」の初回割引適用期間は、開通月を1カ月目として24カ月目の末日までとなります。 本サービスの解約のお手続きがない限り、以降2年毎に契約が自動延伸されます。 割引適用期間内に「光はじめ割」を解約された場合は、解約金をNTT西日本にお支払いいただきます。 ただし、満了月とその翌月に解約された場合には解約金はかかりません。 *3 BIGLOBE「ファミリーおとく割」適用時の料金です。 *4 BIGLOBE「月額料金値引き特典」 サービス確定月 利用開始日が属する月の翌月 から24カ月目まで 適用時の料金です。 *5 新規に接続コースにお申し込みの場合。 すでに接続コースをご利用の方のコース変更の場合は、光ファイバー開通月の月末まで変更前のコースの月額費用がかかります。 *6 NTT西日本からの請求となります。 *7 代表的な工事の場合、NTT工事費は、工事費 初期費用分 3,000円 税別 土日休日工事の場合は6,000円 税別 に加えて、工事費割引適用後の料金を30回分割払いとなります。 また一括払いもお選びいただけます 支払総額は同額です。 分割払いの途中で残額を一括でお支払いいただくことも可能です。 工事の内容によっては別途費用が発生する場合があります。 お客さま宅内の配線設備等を再利用し、かつお客さま自身で回線終端装置等を設置する場合はNTT工事費は無料となります。 分割払いの期間中にフレッツ光を解約される場合またはフレッツ光提供エリア外への移転 NTT東日本エリアを含む される場合には、工事費の残額を一括でお支払いいただきます。 工事費は、工事完了日の消費税率に基づいた税込金額を30回に分割してお支払いいただきます。

次の