ニキビ跡 すぐ消す。 ニキビ跡のクレーターを消すには?【※治るまでの期間や方法を紹介】

ニキビ跡を消す方法は?市販のスキンケアや皮膚科などの対策まとめ

ニキビ跡 すぐ消す

ここ最近、ニキビが治りづらく跡が残ってしまってお困りではないですか。 もともとニキビが出来やすい敏感肌の方に多いお悩みかと思います。 ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。 にきび跡は、なかなか治らなく、場合によっては一生治らないといわれているのでとても心配ですよね。 確かに、ニキビ跡の種類によっては、半年~1年、さらに長期になることもありますが、 正しい方法で治療をし、食生活や生活習慣を見直すことで、早く改善することができます。 また、最近では医療が発達して、治らないといわれていた重症のニキビ跡もでも目立たなくできるようになってきているんです。 私たちは数々のニキビ跡をリサーチしてきましたが、症状にあわない間違った治療をしてしまうことが一番のトラブルになります。 あなたのニキビ跡の症状に合わせた治療を行って下さい。 ここでは症状別の治療方法をご説明します。 1.ニキビ跡とは ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことです。 ニキビが、繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと次第にダメージが深くなり、皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。 2.ニキビ跡の種類と原因 一概にニキビ跡といっても、3つのタイプに分類されます。 それぞれ症状や原因は違います。 原因は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴の周りでうっ血が起こることで赤みを帯びるからです。 紫色っぽい跡と茶色の跡の2種類あります。 紫色の色素沈着が見られる場合は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血がにじみ出たのが原因です。  茶色の色素沈着が残ったニキビ跡はいわゆるシミと言われる状態です。 ニキビができることでメラニン(皮膚が日光に当たることで生成される色素)を大量に作るのが原因です。 頬から顎にできることが多く、ニキビの上から日焼けをすることでさらに沈着してしまいます。 このタイプのニキビ跡は、赤ニキビが悪化して強い炎症が進行することで皮膚組織まで破壊されることが原因です。 破壊された皮膚組織は回復することなく凸凹状となって肌に残ります。 強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多くみられる症状です。 それでは、あなたのニキビ跡の症状がどのタイプか分かったところで、それぞれの症状別の治療方法を詳しくみていきましょう。

次の

ニキビ跡を消すクリームはこれ!赤み・クレーター改善コスメ&市販薬16選

ニキビ跡 すぐ消す

ニキビ跡ができているお肌というのは、 ターンオーバーが正常に行われておらず、古い角質に覆われている為、 美容成分やうるおいが浸透しづらい状態です。 ターンオーバー: 肌の新陳代謝のこと。 表皮の内側にある基底層で生まれた細胞が表面に押し上げられ、角化して剥がれ落ちるまでの一連のサイクルを指します。 周期は一般的に28日ですが、体の部位によって異なり、また加齢と共に新陳代謝が低下して周期が少しずつ遅れていくとされています。 引用: この状態では、どれだけ有効な成分が配合されていても、お肌の奥にあるニキビ跡の元まで届くのが難しく、効果が発揮されません。 さらに、化粧品に含まれる美容成分はデリケートなものが多く、 空気や肌に触れることで変化したり壊れてしまい、安定して浸透させることが難しいものが多いです。 今まで様々な化粧品を使ってきたけれど効果を感じられなかったという方は、 有効成分が肌の奥に浸透しておらず、ニキビ跡に効果的な働きができていなかったということです。 そのため、ニキビ跡ケア用化粧品は、 有効成分を肌の奥まで安定した状態で浸透させる工夫がされているもの、 つまり 浸透力があるものを選ぶ必要があるのです。 「浸透力」がある化粧品の見分け方 化粧品を選ぶ際は、配合成分だけに注目していてはいけません。 浸透力がある化粧品は、 配合成分を浸透させる工夫が記載されているはずです。 そういったポイントも注目して化粧品を選ぶようにしましょう。 浸透力のある化粧品ならビーグレン「ニキビ跡ケア」 ビーグレンは、 科学技術を応用した独自の浸透テクノロジーを採用しているコスメブランドです。 様々な肌悩みに対応するコスメを扱っており、 薬学博士により症状を改善する事を目的に開発されています。 そのビーグレンにより、ニキビ跡を改善する為に作られているのが「ニキビ跡ケア」のコスメセットです。 ニキビ跡ケアのセットでは、洗顔・化粧水・美容液・保湿クリームの4点がセットになっており、それぞれの化粧品にニキビ跡に有効な成分がたっぷり配合されています。 そして、ビーグレンのコスメのポイントは 科学で実証された浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」の技術です。 この様に、ビーグレンのコスメはキューソーム技術によって、 化粧品に含まれた有効成分を安定した状態で肌の奥へと届け、効果を発揮させることができます。 ビーグレンの効果を実感するなら、まずは7日間トライアルセットがおすすめです。 価格も 1944円(税込)とお手頃なところも、嬉しいポイントです。 浸透テクノロジーというフレーズに魅かれ詳しくチェックすると、トライアルセットで手軽に買えるようだったので始めました。 実際に使い始めてからは、数日で赤みが落ち着いてきました。 7日分となっていますが、私の場合は2週間程度持ったかな? トライアルセットでも効果が感じられたので、本商品を続けていますが、 ニキビ跡が目立たなくなって、肌質が変わってきていることを実感しています。 私の肌は敏感肌で、化粧品によっては使うとヒリヒリすることがよくあります。 ですが、 ビーグレンはその点大丈夫でした。 1週間では完全に効果は実感できていませんが、赤みは治まってきています。 ニキビ跡への効果が期待できそうなので、使い続けてみたいと思います。 公式サイトからの購入なら、送料無料、365日間返金保証付きです! さらに、リピートで購入するとなった場合は、通常よりお得に購入できます。 赤みニキビ跡は、原因や状態を把握して症状に合ったケアをすることで、自分で治すことが可能です。 この記事では、現役皮膚科医が自宅でできる赤みニキビ跡を消す方法についてご紹介します。 この方法を実践することで 今ある赤みニキビ跡を消すだけではなく、 ニキビ跡を繰り返さない健康的できれいな肌を維持することができるようになります。 赤みニキビ跡を消して、自信を持って毎日を過ごせるために、この記事がお役に立てれば幸いです。 赤みがあるニキビ跡を自宅ケアで治す方法 目次• 赤みがあるニキビ跡はどんな状態? 赤みがあるニキビ跡は、 ニキビが治った後にニキビができていた場所に赤みが残ってしまっている状態です。 ニキビとは違って腫れて盛り上がっておらず、触っても痛くないのが特徴です。 この赤みは、毛細血管によるものです。 ニキビが治った跡も、皮膚の奥に炎症が残ってしまい、炎症により傷ついた皮膚を治す為に、周辺の毛細血管が炎症周辺に集まります。 その毛細血管が集まった箇所が皮膚を透けて赤く見えてしまっているのが、赤みニキビ跡の正体なのです。 また、炎症が鎮まって毛細血管が元に戻ったとしても、 炎症時に集まった際に毛細血管から滲み出た血が跡として残ることもあります。 しかし、赤みニキビ跡は他のニキビ跡に比べて比較的軽度なので、 この段階であれば、正しいケアによって自力で治すことが可能です。 赤みニキビ跡を治す2つのポイント 赤みニキビ跡を治す為には2つのポイントがあります。 では、それぞれについて見てみましょう。 炎症を抑える 前述したように、肌の内部に炎症が残っていることにより毛細血管が集まってきているので、 まずはその炎症を抑えることが必要です。 炎症は放っておいても治りますが、自然治癒では時間がかかります。 抗炎症作用のある薬や化粧品などを使うことで炎症の治りが早くなるため、活用してみましょう。 ターンオーバーを促進する ターンオーバーとは、 古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が形成される「肌の生まれ変わり」のことを言います。 健康的な肌であれば、約28日周期で古い角質が排出され、新しい皮膚が再生されるという流れが繰り返されます。 しかし、 ターンオーバーの周期が乱れると、ニキビ跡やニキビなどの肌トラブルを起こしやすい不健康な肌になってしまうのです。 ターンオーバーが乱れ理由としては、以下の様なことが考えられます。 睡眠不足 ターンオーバーに重要なのは 「成長ホルモン」の働きです。 そして、成長ホルモンは眠っている間に肌のターンオーバーを促す働きをします。 しかし、夜更かしにより睡眠不足になると、成長ホルモンの働きが鈍り、ターンオーバーが乱れてしまうのです。 特に成長ホルモンの働きが活発になる夜10時~午前2時(睡眠のゴールデンタイム)に睡眠を取れていない場合は要注意です。 食生活の乱れ 大人になると、食生活の乱れがお肌に現れる方は多いでしょう。 栄養バランスの偏った食事(ビタミン・タンパク質不足、脂質・糖分の取り過ぎなど)は肌や内臓の機能を鈍らせる原因となります。 それにより、肌のターンオーバー周期の遅れにつながるのです。 運動不足 運動不足になると、 内臓の働きが鈍くなったり筋肉量が低下してしまい、身体の新陳代謝が低下します。 そして、代謝が低下すると、肌のターンオーバー機能も乱れてしてしまいます。 最適なスキンケアが行えていない 生活習慣の改善に加えて、ニキビ跡ケアで大切なのが、お肌に直接働きかける「スキンケア」です。 スキンケアは、ターンオーバーを促せる上に、 化粧品の成分により肌内部のニキビ跡に直接アプローチできるため、ニキビ跡の改善に繋がります。 以上のような原因が積み重なることでターンオーバーが乱れ、 古い角質や汚れなどが肌の奥に残ってしまうと、炎症の治りを遅くしてしまいます。 また、毛細血管から血が滲み出た跡の場合もターンオーバーにより薄くしていく必要があります。 このように、 ターンオーバーを促進させて、古い皮膚が新しい皮膚に生まれ変わる過程で、赤みニキビ跡も徐々に薄くなっていきます。 赤みニキビ跡を治す方法とメリット・デメリット 赤みニキビ跡を治す方法には2種類あります。 それぞれのメリット・デメリットを知り、希望に合った方法でニキビ跡ケアを行っていってください。 化粧品・市販薬でのケア もう1つが、皮膚科や美容外科などでの治療で赤みニキビ跡を治す方法です。 個人的な症状やクリニック毎に治療は異なりますが、 処方薬・ケミカルピーリング・レーザーなど、様々な方法で治療します。 メリット・デメリットは以下の通りです。 メリット 専門家(医師)に相談できる 即効性のある治療が期待できる デメリット 費用が高い(数千円~数十万円、施術内容による) 通院が必要なので面倒 それぞれのメリット・デメリットを把握して、自分の希望に合った治療法を考えましょう。 赤みのニキビ跡を消す化粧品の選び方 ここからは赤みニキビ跡を自宅でケアする際の、化粧品の選び方について解説します。 化粧品選びでは以下の3つのポイントが大切です。 ・抗炎症成分を配合している ・肌に優しい ・浸透力がある それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。 抗炎症成分を配合している 赤みニキビ跡の状態からわかる様に、ケアでは炎症を鎮める必要があります。 そのため、 ケアするアイテムは「抗炎症成分」を配合しているものが望ましいです。 具体的には、 ビタミンCやグリチルリチン酸といった成分が、抗炎症作用がある上、肌にも優しいため、これらの成分が含まれている化粧品を選ぶと良いでしょう。 肌に優しい ニキビ跡ができている肌は敏感な状態です。 その状態で刺激の強い化粧品を使ってしまうと、 症状や肌状態を悪化させてしまう恐れがあります。 そのため、化粧品はなるべく肌に優しい物を使うようにしましょう。 敏感肌の方でも使える様な、肌への負担が抑えられた化粧品が特におすすめです。 浸透力がある ニキビ跡のケアに有効な成分は非常に敏感で、壊れやすいのが特徴です。 特にニキビ跡ができているキメが乱れた肌状態だと成分が浸透しづらく、 ニキビ跡の元に届く前に変化したり壊れてしまうことにより、成分が本来の効果を発揮することができません。 そのため、 ニキビ跡をケアする化粧品には、浸透力があることが重要なのです。 浸透力がある化粧品のポイントは、浸透の技術についてパッケージやWEBページなどで記載されていることで判断できます。 また、 ニキビ跡のケア専用の化粧品であれば、ニキビ跡ができている肌の状態を考え、成分が浸透しやすい工夫がされているので、ケアに適していると言えます。 赤みニキビ跡のケアには、以上の3つのポイントをふまえた化粧品を選ぶようにしましょう。 赤みニキビ跡ケアにおすすめは「ビーグレン ニキビ跡ケア」 赤みニキビ跡のケア用化粧品をお探しなら「ビーグレン ニキビ跡ケア」がおすすめです。 ビーグレンニキビ跡ケアは、洗顔・化粧水・美容液・保湿クリームの4点セットで、先ほどご紹介した化粧品選びのポイント 「抗炎症成分を配合」「肌に優しい」「浸透力がある」の3つにも当てはまります。 抗炎症成分としては、 美容液のCセラムに高濃度のビタミンCを配合しています。 さらに、ビタミンCにはターンオーバーを促進する効果も期待できるため、赤みを消していく効果も期待できます。 また、ビーグレンの化粧品は敏感肌の方でも使える肌に優しいものです。 カリフォルニア発のコスメブランドではありますが、 日本向けの商品は全て日本国内の工場で生産・発送されているため、日本人の肌に合うよう作られており、安心して使うことができます。 そして、ビーグレンのコスメには、 独自の技術を応用した浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」が採用されています。 QuSomeは、化粧品に含まれる有効成分を超微小のカプセルに包んで守ることにより、 キメが乱れた肌にも安定して成分を浸透させ、持続させることができます。 それにより、成分の働きをサポートできるのです。 以上のことから、ビーグレンニキビ跡ケアは赤みニキビ跡のケアにピッタリの化粧品だと言えます。 ビーグレンニキビ跡を試したい方は、公式サイト限定で購入可能なトライアルセットがおすすめです。 本商品と同様の化粧品が7日分サイズでセットになって、 1800円+税(送料・代引き手数料無料)でお得に購入できます。 この機会に是非、ビーグレンのニキビ跡ケアを試してみてください。 また、 症状の程度によっては、1年以上もの年単位でかかる場合もあります。 ターンオーバーの周期は、健康な状態でも28日ほどです。 そして、一度のターンオーバーですべての表皮が生まれ変わるわけではありません。 そのため、繰り返しターンオーバーが行われることによりニキビ跡を徐々に薄くしていく必要があり、ニキビ跡が消えるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。 ニキビ跡は早く治すこと・簡単に治すことは難しいので、自宅ケアの場合は即効性を期待せず、 地道にスキンケアを継続していくことが大切です。 自力でのスキンケアでは物足りない、もっと早くニキビ跡を治したいという場合は、皮膚科などの医療機関による治療も考えてみましょう。 ニキビ跡を悪化させないポイント ニキビ跡を少しでも早く治す為には、 今あるニキビ跡を悪化させないことも重要です。 ここでは、ニキビ跡を悪化させないためのポイントをご紹介します。 肌に汚れを残さない 生活していると、埃や砂、化粧など様々な汚れが肌に付着します。 肌に付着した汚れを放っておくと、ニキビ跡はもちろん、その他にも様々な肌トラブルを招きます。 そのため、 夜寝る前の洗顔はしっかりと行いましょう。 特に化粧は油性の汚れで落ちにくく、毛穴の奥にも入り込みやすいので注意が必要です。 肌に優しく洗浄力のあるクレンジングを使って、化粧を落としてください。 また、 疲れている時など化粧を落とし忘れて寝てしまうと言う方もいると思いますが、これは絶対にNGです。 化粧をしたままでは皮膚呼吸がしづらく、寝ている時に活発になるターンオーバーの働きを妨げてしまいます。 さらに、化粧が毛穴の奥に入り込み、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因にもなります。 「化粧をしたまま寝ると、1ヶ月のスキンケアが無駄になる」と言われるほど、肌に悪いことしかありません。 ニキビ跡を悪化させないためにも、化粧は寝る前にちゃんと落とす習慣をつけましょう。 スキンケアは「低刺激」を心がける 肌に良いはずのスキンケアも、 やり方次第でニキビ跡を悪化させます。 化粧品はもちろん、スキンケアのやり方も極力 「低刺激」を心がけましょう。 使う化粧品は、化粧品の選び方の項目でも述べたように肌への刺激が少ないを選ぶと良いです。 スキンケア方法に関しては、 化粧品の塗布時に肌を擦ったり強めのパッティングは避けてください。 肌を擦ったり、強めにパッティングしても、化粧品の浸透が促されることはありません。 それに、肌に刺激を与えてしまうので、逆効果となります。 化粧品を塗る際には、手の平全体で優しく押さえる「ハンドプレス」がおすすめです。 ハンドプレスは肌に優しいだけでなく、手の熱により温まった化粧品の浸透力が上がり、有効成分の浸透を促すこともできます。 外出時は紫外線対策を万全に 屋外にいる時、肌が受ける大きな刺激の一つが「紫外線」です。 肌は紫外線を受けることによりメラニンを生成します。 メラニンが生成されること自体は、紫外線から肌を守る機能なので悪いことではありません。 しかし、そのメラニンがターンオーバーの乱れにより肌に蓄積してしまうと、 赤みのニキビ跡から色素沈着ニキビ跡へと悪化してしまう恐れがあります。 このことから、メラニンの生成を抑えるために「紫外線対策」は必要なのです。 外出時は必ず日焼け止めを塗ることはもちろん、帽子をかぶる、日傘を差すなどのUV対策も行うとさらに良いでしょう。 ニキビ跡を繰り返さない!正しい予防方法 ニキビ跡が治ってもまた再発してしまったり、ニキビ跡が今以上増えてしまっては、ニキビ跡に悩む日々から抜け出せません。 そうならないために、予防する方法も知っておきましょう。 ニキビができたら正しいケアで跡を残さない ニキビ跡ができる肌は、同様にニキビもできやすい肌状態です。 そのため、ニキビ跡の改善途中でもニキビができてしまうことがあります。 ニキビ跡は、ニキビが正常に治らなかった場合に起こります。 ニキビができてしまった場合は、悪化して跡として残らないように、正しいケアが必要です。 具体的には、 ニキビができても潰さない、薬やスキンケア以外ではなるべく触れない(刺激しない)ことが大切です。 処方薬や市販のニキビ薬を使ってニキビの炎症を鎮めながら、ニキビ・ニキビ跡が出来やすい肌を改善するためのスキンケアを行っていきましょう。 ニキビができにくい健康な肌作り そもそも、 ニキビができなければニキビ跡はできないのです。 ニキビが出来にくい肌にすることが、ニキビ跡の予防にも繋がります。 ニキビが出来にくい健康的な肌を作り上げる為には、日々のスキンケアを継続することや、生活習慣を改善することが大切です。 スキンケアは、ニキビ跡のケアとして行っているものを継続していけば徐々に肌の状態も改善されていくでしょう。 そして、 ニキビ跡が気にならなくなった時点でも、ケアをやめてはいけません。 自分の肌に合った化粧品に切り替えてケアを継続していくことで、健康的な肌をキープすることができます。 また、身体の内側からのニキビ対策も忘れてはいけません。 規則正しい食生活や睡眠時間の確保、ストレスをためない等、健康的な生活を行うことで、身体の内側からも健康な肌作りが可能です。 身体の外側と内側の両方からニキビができにくい健康な肌を作り、ニキビ・ニキビ跡が出できやすい肌から卒業しましょう。 まとめ 赤みニキビ跡について解説してきましたが、いかがでしたか? 赤みニキビ跡は、時間はかかりますが自宅ケアで改善が可能です。 自宅ケアでニキビ跡を治すには、トラブルの元に直接アプローチできるスキンケアが大切だということがわかっていただけたと思います。 また、生活習慣を改善して、肌の内側からも赤みニキビ跡の改善をサポートすることができます。 これを機にスキンケア方法やアイテム、日々の生活を見直してみてください。 みなさんの赤みニキビ跡が一日でも早く改善し、ニキビ跡を気にする憂鬱な日々から抜け出せるよう願っています。 ビーグレンの「ニキビ跡ケア」は、様々な症状のニキビ跡に有効なニキビ跡ケア専用のセットで、赤みニキビ跡にも対応しています。 ビーグレン独自の浸透技術により、成分が浸透しにくいお肌の奥深くまで有効成分を届けて効果を発揮させることができるので、赤みニキビ跡ケアに効果的なターンオーバーの促進が期待できます。 初めて買う商品は効果や肌に合うか心配…という方でも大丈夫! ビーグレンのコスメは、7日間のトライアルセットで手軽にお試しできるところも魅力的です。 自宅での赤みニキビ跡ケアには、 ビーグレンの「ニキビ跡ケアプログラム」がおすすめです。 ビーグレンニキビ跡ケアプログラムは、ニキビ跡を改善することに特化したコスメセットで、洗顔・化粧水・美容液・保湿クリームの4点がセットになっています。 ビーグレンコスメの凄いところは、 薬学博士により症状を改善する事を目的に開発されており、科学で実証された浸透テクノロジー「QuSome」を採用しているので、肌トラブルの元に確実にアプローチできます。 ニキビ跡ケアに有効な成分は壊れやすい性質が多いのですが、ビーグレンのコスメは、浸透テクノロジーにより、 成分を壊すことなく肌の奥へと届けることが可能なのです。 効果が気になるなら、 まずはお手軽に試せるトライアルセットがおすすめです。 トライアルセットでは、ニキビ跡ケアプログラムと同様のコスメを7日分試すことができます。 価格も1944円(税込)とお手頃価格なので、この機会にぜひビーグレンのニキビ跡ケアを実感してみてください。 色素沈着ニキビ跡の原因と治し方 色素沈着ニキビ跡の原因 シミのような茶色い色素沈着ニキビ跡は、 ターンオーバーの乱れによりメラニン色素が肌の奥に残ってしまうことが原因です。 メラニンは紫外線や炎症などのダメージから皮膚を守る役割があり、肌の表皮にあるメラノサイトにより作り出されます。 ニキビができた時も、ニキビの炎症による刺激から皮膚組織を守るためにメラニンが多く生成されるのです。 皮膚を守る役割を終えたメラニンは、ターンオーバーによる表皮の再生時に、古い角質と共に剥がれ落ちます。 しかし、 ターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが肌に残り、茶色いシミの様に皮膚に沈着してしまいます。 これが色素沈着ニキビ跡です。 色素沈着ニキビ跡の治し方 色素沈着タイプのニキビ跡は、美容皮膚科などのクリニックでの治療はもちろん、 自宅でのスキンケアでも改善することができます。 色素沈着ニキビ跡をスキンケアで改善する際には、 美白化粧品を使うケアが効果的です。 美白化粧品には様々な美容成分や美白成分が含まれており、色素沈着ニキビ跡ケアに必要なターンオーバーを促進する効果に加えて、メラニンの生成を抑える効果も期待できます。 化粧水や美容液には、 ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった成分が配合されているものがおすすめです。 美白効果のある化粧品を使って色素沈着ニキビ跡のケアを始めましょう。 クレーターニキビ跡の原因と治し方 クレーターニキビ跡の原因 クレーターニキビ跡は、ニキビがあった場所の皮膚がくぼんでしまった状態です。 大抵、一か所ではなく複数できている為、頬や顔全体が凸凹肌となってしまっている場合が多いです。 クレーターニキビ跡は、 ニキビを刺激したり、潰した事により出来てしまいます。 皮膚は、表皮と真皮の二つの層でできており、そのうち、肌表面にある表皮は、傷ついても自然に再生できます。 しかし、 肌の奥にある真皮は、一度傷つけてしまうと元通りにすることができません。 クレーターニキビ跡は、真皮の皮膚組織が傷つき、無くなってしまった部分が窪んでしまうことにより出来上がります。 クレーターニキビ跡の治し方 クレータータイプのニキビ跡は、化粧品による自宅でのセルフケアで完全に治すことは難しいです。 治療法としては、 美容皮膚科や美容外科等、ニキビ跡治療を行っているクリニックでの治療が望ましいでしょう。 美容皮膚科では、薬やケミカルピーリング、レーザー治療を受けることができます。 しかし、 スキンケアも無駄ではありません。 自分での改善は、肌にハリを与えることでデコボコ肌を目立たなくするスキンケア方法です。 肌にハリを与えるには保湿が重要で、保湿などの有効成分が含まれたニキビ跡ケアに特化した化粧水や美容液で効果が期待できます。 また、 ーンオーバーを整え、肌を健やかな状態にすることも、ニキビ跡を今以上に作らない為に必要です。 ニキビ跡に特化したコスメは、保湿やターンオーバーの促進に効果があるので、日々のスキンケアに加えてみることをおすすめします。 皮膚科のニキビ跡治療法 自宅でのスキンケアで治せないニキビ跡の症状は皮膚科の治療で改善が期待できます。 ニキビ跡の治療は、通常の皮膚科だけでなく、美容皮膚科でも可能で、赤み、色素沈着、クレーターニキビ跡をはじめ、その他のニキビ跡にも対応してもらえます。 皮膚科などのクリニックでは、 薬、ケミカルピーリング、イオン導入、レーザー治療、光治療(IPL)など、様々な治療方法があります。 専門の薬や治療機器を使うことにより、高い効果が得られます。 薬の処方は保険適用内ですが、その他の治療は保険適用外であることを覚えておきましょう。 薬は、塗り薬などの外用薬だけでなく、抗生物質やビタミン剤といった内服薬も処方されます。 ケミカルピーリングは、医療機関のみで受けることができるピーリング治療で、専門医のみ扱うことができる高濃度の薬品で、高い効果が期待できます。 イオン導入は、専用の機器から発せられる微弱な電流により、ビタミンC誘導体などの有効成分を肌内部に浸透させる技術で、ケミカルピーリングと併用して施術されることが多いです。 レーザー治療は、皮膚組織にレーザーを照射することで皮膚細胞の生まれ変わりを促進したり、表面をレーザーで削ることによりデコボコ肌をなめらかにできます。 フラクショナルやフラクセルレーザーが一般的で、症状や費用によって、レーザーの種類を変えて施術します。 レーザー治療はクレータータイプのニキビ跡治療に用いられる治療方法です。 光治療はフォトフェイシャルとも言われますが、専用の機器を使って、肌にIPLという特殊な光を当て、ニキビ跡を薄くすることができます。 赤みやメラニン色素による色素沈着のニキビ跡治療に効果的です。 皮膚科では、ニキビ跡の症状に合わせて、専門家によるアドバイスの基なので、安心して治療が受けられます。 ニキビ跡の予防方法 ニキビ跡を予防するにはニキビを作らないこと、また、ニキビが出来ても刺激を与えないことが大切です。 ニキビ・ニキビ跡の予防には、規則的な生活習慣とスキンケアを心がけましょう。 ニキビ跡予防-生活習慣 まず、日ごろの生活習慣では、 不摂生のない栄養バランスのとれた食生活、充分な睡眠をとること、適度な運動をすることが重要です。 食べ過ぎや栄養の偏りは内臓に負担をかける為、ニキビができやすく治りにくい体質になります。 野菜もしっかり食べ、ビタミンを豊富に取ることが望ましいです。 充分な睡眠を取る事で、 成長ホルモンが分泌されるため、美肌だけでなく、健康にも良い影響がでます。 また、規則的な生活を送る事で、ホルモンバランスが保たれます。 適度な運動は、 血行促進や新陳代謝が上がる為、ニキビ跡改善に重要なターンオーバーが促されます。 さらに、体内の老廃物など、肌に悪影響を及ぼす成分も排出することができ、同時に気分的にもストレス発散できて一石二鳥です。 あと、外に出る際には紫外線にも気を付けましょう。 紫外線は色素沈着ニキビ跡の原因となるメラニン色素を過剰に作り出してしまうため、日頃から紫外線対策も忘れない様にしましょう。 それにより、シミ予防にもなります。 ニキビ跡予防-スキンケア スキンケアでは、 正しい洗顔方法と日頃からニキビ跡に特化したコスメを使う事で、ニキビ跡やニキビの予防が可能です。 洗顔では、ゴシゴシ洗顔をせず、なるべく肌に負担をかけない洗顔を心がけましょう。 具体的には、洗顔料をしっかり泡立てる事、また、吸着洗顔も肌への刺激が少ないのでおすすめです。 洗顔で汚れを取った後は、スキンケアでしっかりと保湿をすることが大切です。 可能であれば、化粧水、乳液だけでなく、美容液もスキンケアのステップに加えると良いでしょう。 ニキビ・ニキビ跡予防に効果的な成分はビタミンCが代表的です。 ビタミンCを肌の奥に浸透させるビタミンC誘導体を配合したコスメがおすすめです。 ニキビ跡とは? ニキビ跡は、 ニキビが治った後に起こる炎症や傷、色素沈着のことです。 ニキビができている時に刺激や負担を与えてしまったり、ニキビを同じ場所に繰り返してしまった際に肌が傷付き、跡となってしまします。 ニキビ跡の状態になってしまうと簡単には治り辛く、治療に長い期間を要する場合があります。 ニキビ跡の種類 ニキビ跡には大きく分けて3つの種類があり、 赤み、色素沈着、デコボコ肌のクレーターに分けられます。 赤みタイプのニキビ跡は、ニキビができた時の炎症により肌が傷つけられ、それを治すために毛細血管が集中する為、赤くなっている状態です。 色素沈着タイプは、茶色いシミの様な状態が多く、肌を炎症から守る為に分泌されたメラニン色素が、ターンオーバーが正常に行われないため肌内部に残り、沈着してしまっている状態です。 赤みや色素沈着タイプは、ターンオーバーを促すスキンケアが効果的で、自宅ケアでも改善が可能です。 クレーター状になってしまったニキビ跡は、肌の真皮が傷つき失われ、自分では再生が出来なくなった為にその部分が窪んでしまった状態です。 このクレータータイプは自宅ケアでは根本的な改善が難しい状態です。 皮膚科での治療と並行して、自宅でも肌をなめらかにするスキンケアをすることで、デコボコ肌を目立たなくすることが可能です。 ニキビ跡はどうしてできるのですか せっかくニキビが治ったのに、ニキビ跡が残ってしまう事があります。 ニキビ跡はニキビによってできた傷跡で、間違ったニキビケアはニキビ跡を残してしまう主な原因です。 ニキビは過剰に分泌された皮脂が汚れなどと一緒に毛穴に詰まってしまう代表的な原因ですが、この皮脂をきれいに洗い流すために、 過剰な洗顔を繰り返したり、洗浄力の強い洗顔でゴシゴシ洗ってしまいがちですが、そんな事をしてはニキビ跡が出来やすくなります。 またニキビ跡は大きく分けると3タイプあり、タイプによって対策が違います。 赤みがあるタイプは、ニキビの炎症が原因でその周辺の血流が悪くなる事が原因です。 茶色の色素沈着タイプはニキビの炎症や紫外線による肌への刺激が原因です。 クレータータイプは間違ったニキビケアで皮膚組織が破壊され、その部分が落ち込んでしまってできたニキビ跡の事を言います。 ニキビやニキビ跡は間違ったケアをすると悪化してしまう事もあります。 まずは あなたのニキビ跡が何タイプなのかを知る事が大切です。 自宅でのケアだけでニキビ跡は消えますか ニキビ跡のケアには2つのポイントがあります。 まずは 炎症への対策をとる事、そして肌のターンオーバーを整える事です。 炎症が長引く事はメラニンの生成につながり、更に炎症が進むとクレーターになってしまうため炎症へのケアは必須です。 ニキビの炎症におすすめな成分は ビタミンC誘導体と言われています。 ビタミンCには余分な皮脂を抑える働きの他、炎症を和らげる働きがあります。 しかしビタミンCは分子が不安定であるため、肌に浸透しずらいという特徴があります。 その不安定さを解消させた成分が ビタミンC誘導体であり、 ニキビケアの化粧品の代表的な成分とも言われています。 炎症が起こっている時の肌の状態は水分が蒸発しやすく、さらに乾燥をまねいてしまう状態です。 乾燥は肌へのダメージを大きくする最大の原因なので、 ニキビケアには炎症をおさえながら保水力が高いものや保湿効果があるものを選ぶと良いでしょう。 しかし 痛みや痒みを伴う炎症を起こしている時は医師への相談も必要です。 2つ目のポイントは 肌のターンオーバーを整える事です。 ターンオーバーとは肌の古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる細胞の新陳代謝のサイクルの事です。 肌のターンオーバーが正常な時はメラニンを含んだ古い角質がはがれ、新しい細胞に生まれ変わるので、できてしまったニキビ跡も少しずつ薄れていきますが、 ターンオーバーが正常に行われていない場合、ニキビ跡の悩み解消は難しいでしょう。 一般的に肌のターンオーバーは20代の方で約28日と言われていますが、生活習慣や食生活やストレスの度合いによって周期は変わります。 また、加齢とともに周期は長くなると言われており、40代の方では新しい細胞に生まれ変わるまで約50日~60日かかるとも言われています。 そのため、 年齢を重ねると肌トラブルが解消しにくくなるのです。 しかし 肌のターンオーバーは早ければ早いほど良いというものではありません。 ターンオーバーが早すぎる肌は敏感肌になりやすかったり、毛穴が目立ったりなどの肌トラブルも起こりやすいのです。 肌のターンオーバーを正常に保つには、お肌の正しいケアの他、 規則正しい生活リズムとバランスの良い食生活、適切な運動をする事も必要です。 ニキビ跡の解消はこれら2つを気をつける事で自宅でもケアはできますが、 目立たなくなるまでには時間がかかるという事もお忘れなく。 ニキビ跡を消すにはどんな治療方法がありますか ニキビ跡がひどい場合は皮膚科など、医師の治療で目立たなくする方法があります。 代表的な治療方法にはケミカルピーリングや、塗り薬などがありますが、クレーター状のニキビ跡はレーザー治療などをすすめられる事もあります。 しかし、人によってはレーザー治療やピーリングは即効性が期待できる半面、肌への刺激が強すぎて悪化してしまう場合もあるため、 十分にカウンセリングなどで医師へ相談する必要があります。 クレーターは皮膚科へ行かないと治りませんか 赤みがあるタイプや茶色の色素沈着タイプのニキビ跡は、正しい自宅ケアで時間をかけてじっくりとりくめば、目立たなくする事もできますが、 クレータータイプはやっかいです。 そのためクレータータイプのニキビ跡が多くある方は、完治を目指すなら皮膚科や美容皮膚科での治療をするのが一般的です。 しかし、 正しいケアをじっくり時間をかけてする事で、目立たなくすることは可能です。 レーザーでの治療費はどれぐらいかかりますか ニキビやニキビ跡の治療には 保険が適用されるものと、適用外となるものに分かれます。 保険が適用される治療方法は、中に詰まっている皮脂や古い角質を圧出させる治療や、外用薬や内服薬を保険適用で処方してもらう方法があります。 レーザー治療はこれらに含まれませんので、保険適用外の治療方法です。 治療範囲が広い、狭いによっても価格は違いますが、レーザー治療に使われるレーザーの種類によっても価格は変わります。 ニキビ跡のレーザー治療と一口にいっても実は種類が数多くあり、 同じ様なメカニズムでのレーザー治療で効果も同じぐらいあったとしても、 照射する機械が違うと治療名が変わったりもします。 また、レーザーの種類によって消えるニキビ跡の種類も違い、レーザーの種類と自分の肌の状態によっても副作用の強さなども違うため、 価格を比較するのも難しいのが現状です。 そのため、レーザー治療を受けたいと考えている方は 完治するまでの費用は数十万円から百万円ぐらいはかかる可能性があるという事を忘れてはなりません。 ニキビ跡の治療は1回の治療で完治するものはほとんどないため、ある程度の期間は通院をしなくてならない事がほとんどです。 レーザー治療を受ける場合は、 金銭的な事も含め治療計画を十分医師と相談する必要があります。 ニキビ跡に赤みがありますが薬を塗った方が良いですか ニキビ跡は初期にできるニキビとは違い、肌の奥の角質層のが炎症を起こしてダメージがある状態なので、 塗り薬だけで完治するにはかなりの期間がかかると考えて良いでしょう。 薬局やドラッグストアでも塗り薬は販売されていますが、ニキビ跡のケアは方法を間違えると悪化する事もあるので、 塗り薬を購入する時は薬剤師の方に相談するのもひとつ方法です。 自分の判断だけでケアをする事はおすすめできないので、赤みがあるニキビ跡に薬を塗った方が良いかどうかは医師や薬剤師に相談する事をおすすめします。 ニキビ跡にオロナインは効きますか 基本的に オロナインは傷を治す薬なので、ニキビ跡に効果的であるかどうかは難しいところですが オロナインでニキビ跡が目立たなくなったという声を時々ききます。 オロナインでニキビが良くなったという方は、オロナインに含まれる油分が外気による肌の乾燥を防いでくれる事で、炎症をくいとめたり、ニキビ跡の赤みが増すのを防いでくれている事が考えられます そのため、オロナインには ニキビ跡そのものを消す力はないと言えますが、初期のニキビとニキビ跡が混在している方がオロナインを使うと、 初期のニキビの状態が良くなった事でなんとなくニキビ跡にも効いた感じがするというだけなのかもしれません。 ニキビ跡ケア専用の美容液は効果ありますか できてしまったニキビケアのポイントは炎症を抑える事と、肌のターンオーバーを正常化する事です。 炎症にはビタミンC誘導体が配合されたものがおすすめと言われています。 ニキビができている人は乾燥とは無縁だと思いがちですが、 ニキビのはじまりは肌が乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌し、その過剰分泌された皮脂が汚れなどと毛穴に詰まる事が主な原因です。 そのためニキビができている人は 肌がひどい乾燥状態になっていると言えます。 ニキビ跡専用の美容液は自分のニキビの状態を把握し、配合成分をよく確認して選ぶ事が大切です。 ニキビ跡は目立たなくなるまでに時間がかかる肌トラブルのひとつであるため、正しいお手入れを継続する事も必要です。 美容液だけでなく、スキンケア商品を選ぶ時は 継続しやすく自分の肌の状態にあっている事や継続しやすいコストである事も重要なポイントとなります。 ニキビケア商品には肌タイプやニキビの状態によってライン使いする事をおすすしているものと、ピンポイントに使用する事をおすすめしているものがあるため、 美容液だけで効果があるとは言い切れません。 トライアルセットが用意されているニキビケア商品も多くあるため、自分の肌との相性を確認するには トライアルセットなどを上手く活用して選ぶと良いでしょう。 あなたに合うニキビケア商品が見つかりますように。 ニキビ跡をケアするということ、あきらめずにしっかり行うと徐々に効果も発揮されてきます。 ニキビ跡を治すために必要なこと、ビタミンCについて理解を深めていきましょう。 ニキビ跡を治すために有効だといわれているビタミンCですが、ただどんなビタミンCでもいい、ということはないんです。 ビタミンCの美容効果としては美白、またエイジング世代に見逃せない抗酸化作用、また肌のコラーゲンの生成にもかかわっています。 さまざまなケア商品に利用されているビタミンCですが、実はとても変性しやすく、水分や熱によって成分が壊れてしまうんです。 また、皮膚に塗布したとき、皮膚の皮脂にバリアされてしまい、肌への九州はほとんど期待できないといわれています。 そのために、さまざまなケア商品では「ビタミンC誘導体」つまり科学的に加工を施し、肌へ安定的に浸透するビタミンCを利用しているのです。

次の

ニキビ跡を消すには?ニキビ跡の種類別で分かる治す方法と原因

ニキビ跡 すぐ消す

今回はニキビ跡を消す治し方と薬についてご紹介します。 「ニキビ跡の赤みを消したいな」「ニキビ跡のシミが消えない」 ニキビ跡の悩みでコンプレックスを感じていませんか? メイクでも隠せないニキビ跡の治し方として重要なことは、ニキビ跡のタイプや原因を理解した上で、適切な対処をすることです。 そこで当記事では• ニキビ跡ができる原因はなぜ?• あなたのニキビ跡はどのタイプ?• 赤みが残るニキビ跡の治し方• シミ(色素沈着)ニキビ跡の治し方• 凸凹クレーターニキビ跡の治し方• ニキビ跡に効果のある「薬(市販薬)や漢方薬)」• ニキビ跡を改善、予防する生活習慣 といった内容で、ニキビ跡をできるだけ早く治し、消すにはどうしたらよいのか、対処法をお伝えしていきます。 自己判断で間違った対処をしてしまうと、ニキビ跡を悪化させてしまうこともります 一人で悩まず一緒に解決していきましょう。 スポンサーリンク ニキビ跡の治し方と薬!ニキビ跡の赤みやシミをすぐ消す方法 ニキビ跡の原因とは 「ニキビ跡」の種類は、大きく分けて3つあります。 1つめは「赤みが残るニキビ跡」、2つめは「シミ(色素沈着)ニキビ跡」、3つめは「凸凹クレーターニキビ跡」によるものです。 赤みが残るニキビ跡 「赤みのあるニキビ跡」は、その名の通りニキビの膨らみが治まっても赤みがひかないタイプのニキビ跡のことです。 ニキビによる炎症が起こると、それを修復しようと毛細血管が作られます。 この毛穴まわりの毛細血管が何らかの理由で滞り、うっ血してしまうことで赤みのあるニキビ跡になってしまうのです。 このように赤みのあるニキビ跡は、炎症のダメージによるものです。 シミ(色素沈着)ニキビ跡 「シミ(色素沈着)ニキビ跡」は、その名の通りニキビが治っても茶色や紫色っぽいシミのような跡が残るタイプのニキビ跡のことです。 ニキビによる炎症が起こると、皮膚組織を守るためにメラニンが多く生成さます。 ターンオーバー(肌の再生)が何らかの理由で乱れてしまうと、メラニンが肌に残り茶色いシミの様に皮膚に沈着して、シミ(色素沈着)ニキビ跡になりやすいとされています。 このように茶色いシミ(色素沈着)ニキビ跡は、メラニンが原因となっています。 凸凹クレーターニキビ跡 「凸凹クレーターニキビ跡」は、その名の通りニキビの炎症があった場所の皮膚がくぼんでしまうタイプのニキビ跡のことです。 ニキビが悪化し強い炎症により皮膚の真皮組織まで傷つくと、元に戻すことが困難になります。 傷ついた皮膚組織が元に戻ることなく凸凹状となって肌に残り、凸凹クレーターのようなニキビ跡になってしまうのです。 自分のニキビ跡がどのタイプなのか知る 正しいケアや治療をするためにも、まずは自分のニキビ跡がどのタイプのニキビ跡なのかチェックしましょう。 赤みが残るタイプのニキビ跡の特徴• 一見ニキビと見分けがつきずらい• ニキビが治った後に肌に赤みが残っている• 肌の色が赤から赤紫、紫色に変色している 原因として考えられるのは、炎症により毛細血管が拡張してうっ血していたり、肌深部の真皮層に炎症が残っている場合です。 赤みが残るタイプのニキビ跡は比較的軽い初期状態で完治も十分可能であると言われています。 シミ(色素沈着)タイプのニキビ跡の特徴• ニキビが治った後に肌に赤黒いシミが残っている• 肌に茶色や黒いシミが残っている 原因として考えられるのは、ニキビの炎症により増加したメラニン色素の沈着です。 軽度であれば完治も十分可能ですが、重度のものを放置しているとレーザー治療でも改善できなくなる可能性があります。 凸凹クレータータイプのニキビ跡の特徴• もっとも多くの方が悩んでいるニキビ跡• ニキビが治った後に肌にクレーター状のデコボコができてしまう状態 原因として考えられるのは、炎症により肌深く真皮層にまで及んだダメージです。 完全に完治するのは難しいタイプのニキビ跡ですが、正しい対処方法で目立たないくらいまで改善することは可能です。 ここまでで当てはまる項目が多かったものが、あなたのニキビ跡のタイプとなります。 どのタイプなのかが分かりましたら、早速それぞれのタイプ別の治し方を見ていきましょう。 スポンサーリンク 赤みが残るニキビ跡の治し方 血液の滞りとターンオーバーの乱れが大きな原因の赤みニキビ跡は、• 食生活の乱れ• 睡眠不足• 運動不足• 間違ったスキンケア方法 などで症状が悪化します。 血行を良くしてお肌のターンオーバーを促進すること、症状に合ったスキンケアをするよう工夫することが重要になります。 さらに、赤みの消えないケロイド状のニキビ跡はセルフケアだけで治すことは困難な場合が多いため、美容皮膚科など医療機関での治療を並行して行うことをおすすめします。 温冷洗顔法でターンオーバーを促進する お肌のターンオーバーを促進するため毛細血管の血行を良くする方法が「温冷法」です。 滞りがちな毛細血管の血行を促進し、お肌のターンオーバーを改善しながら肌組織の代謝を促すことができます。 温冷洗顔方法は、• 冷たい水で洗顔します• 42度程度の熱めのお湯で洗顔します• これを2~3回繰り返します とても簡単な方法ですが、毎日続けることで血液循環が良くなります。 また洗顔が出来ない場合は、レンジで温めた蒸しタオルを顔に乗せて温め、次に冷蔵庫で冷やしたおしぼりや保冷剤などで冷やすと、血管の伸縮作用を活性化することができ、血行促進に繋がります。 保冷剤を使用する時は直に肌に当てずに、タオルなどを巻いて使用しましょう。 温めすぎ、冷やし過ぎは肌への負担になりますので、ご注意ください。 レーザー治療を受ける セルフケアでは改善が見られないニキビ跡の場合、ニキビ治療を行っている皮膚科やクリニックなどで治療を行うという方法もあります。 「レーザー治療」は血管にレーザーを当てることで血行を促進し、赤みが残るニキビ跡を目立たなくする治療法です。 赤みが消えないケロイド状のニキビ跡にも有効です。 レーザー治療は、照射する範囲によって価格が変わりますが、部分的に照射する場合は数千円~、顔全体に照射する場合は5~10万円程度の病院が多いようです。 また、1回で効果が出ることは少なく、2~3回、繰り返し照射が必要になります。 赤みが消えないニキビ跡専用の化粧水を使う 普段のスキンケアで使う化粧水を、赤みニキビ跡専用のものにすることは非常に有効です。 スキンケアは、保湿によりターンオーバーを促すことができる上に、化粧品の成分によりニキビ跡の原因に直接アプローチして、ニキビ跡を改善することができます。 そこで、赤みニキビ跡の原因である肌のターンオーバーの衰えにピンポイントでアプローチする美容成分が含まれた化粧水にしましょう。 浸透力の高いビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液を試してみましょう。 シミ(色素沈着)ニキビ跡の治し方 ターンオーバーの乱れによるメラニン色素の沈着が大きな原因の色素沈ニキビ跡は、• 紫外線• ハードナメーク• 間違ったスキンケア方法 など、肌に有害な紫外線を浴びたり刺激を受けたりすることで症状が悪化します。 血行を良くしてお肌のターンオーバーを促進すること、肌への負担や刺激をおさえること、症状に合ったスキンケアで色素沈着の改善と予防をするよう工夫することが重要になります。 紫外線に当たらない 自分でできる色素沈着対策として最も効果的なことが、「直射日光に当たらないこと」です。 日差しの強い日は、帽子や日傘、サングラス、日焼け止めで紫外線対策を行いましょう。 ただし、重症化して肌が炎症を起こしている時は、日焼け止めが刺激となり、さらに悪化する恐れもありますので、注意が必要です。 美白化粧品を使う メラニンによる色素沈着は、美白成分が含まれる化粧品を使うことで目立たなくすることができます。 ピーリング化粧品を使う ピーリング化粧品を美白化粧品と一緒に使うことは非常に有効です。 ピーリングとは、酸性の薬剤を使い肌の古い角質を剥がしてお肌をツルツルにするケア方法です。 さらにピーリング化粧品には、ターンオーバーを促進する効果と共に、美白成分の浸透を助ける働きがあります。 光治療を受ける 色素沈着タイプのニキビ跡や、セルフケアでは改善が見られないニキビ跡の場合は、ニキビ治療を行っている皮膚科やクリニックなどで治療を行うという方法もあります。 色素沈着タイプのニキビ跡には、肌の表面を削らないタイプのIPL(インテンスパルスライト)という光を皮膚に照射する治療方法は効果的です。 この治療方法はクリニックにより使用する機器によって、「光治療」「フォトフェイシャル」「ライムライト」など様々な言い方がされています。 光治療は、照射する範囲によって価格が変わりますが、顔全体に照射した場合の料金は2万5千円~8万円程度の病院が多いようです。 ニキビ跡への光治療は、保険が適用されない自由診療のため価格にバラつきがあります。 治療費など不安な場合は受診前にクリニックへ問い合わせて確認しておきましょう。 また、1回で効果が出ることは少なく、2~3回、繰り返し照射が必要になります。 凸凹クレーターニキビ跡の治し方 クレーター状の陥没が残るタイプのニキビ跡はセルフケアで完全に治すことは難しく、また大変時間がかかります。 そのため、ニキビ跡治療を行っている医療機関を受診することをおすすめします。 美容皮膚科や美容外科を受診する 「凸凹クレーターニキビ跡」は放置や間違ったケアで徐々に症状が進行してしまい、一度重症化してしまうとなかなか根治しにくいニキビ跡です。 「クレーターのニキビ跡?」と思ったら、まずは美容皮膚科を受診してください。 医療機関で「クレーターのニキビ跡」と診断された場合、主にレーザー、ケミカルピーリング、光による治療が行われます。 医療機関での治療の注意点 医療機関での治療のメリット• 医師があなたのニキビ跡の相談にのって• 医師があなたのニキビ跡の症状を診て• 医師があなたのニキビ跡に適した治療方針を決めて治療する 医療機関での治療のデメリット• 治療に保険が適用されず高額である• 医師のスキルや使用される医療機器によって効果が異なる• 治療には副作用をともなう危険性もある このように、医療機関での治療には、メリットとデメリットがあります。 治療を検討する場合は、メリットとデメリットをしっかり考慮しましょう。 凸凹クレーターニキビ跡専用の化粧品(化粧水・乳液)を使う 普段のスキンケアで使う化粧品を、クレータのーニキビ跡専用のものにすることは非常に有効です。 残念なことに、「皆が使ってる人気ブランドだから」とか「お値段も高いから効果も高そう」という理由だけで選んだ化粧水では、クレーターのニキビ跡を根本的に解決することはできません。 そこで、クレーターのニキビ跡の原因であるコラーゲンの減少にピンポイントでアプローチする美容成分が含まれた化粧品にしましょう。 ニキビ跡に効果のある「薬(市販薬)・漢方薬)」 漢方薬を服用する 漢方にはニキビ跡への効果が期待できる薬がいくつかあります。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 血行を促進し老廃物の流れを良くするほか、やホルモンバランを整える効果があります• 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ) ニキビの炎症を緩和し、肌に潤いを持たせる効果があります• 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ) 炎症を抑える作用があるため、腫れたニキビの症状を緩和する効果があります• 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ) ニキビの膿の排出を促し、炎症を抑制する効果があります 漢方薬は市販薬ほど即効性はありませんが、体質から変えていく効果が期待できます。 ニキビの出来にくい体質へ改善することは、ニキビ跡の改善や予防にも繋がります。 その時々のニキビ跡の症状や体調により合う漢方が異なりますので、一度漢方の専門医に相談すると良いでしょう。 ニキビ跡の市販薬 現在ではニキビ跡に効果のある薬が数多く市販されるようになり、手軽に使用できるようになりました。 軽症のニキビ跡であれば、市販のものでケアすることも可能です。 ここでは、ニキビ跡に効果のある市販薬(鎮痛薬)についていくつか紹介をしていきます。 *ペアアクネクリーム(LION) ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、患部の悪化を予防する薬です *アクネージアメディカルクリーム(ロート製薬) 古い角質を取り除くことで、肌の新陳代謝を促す薬です *ハイチオールB・ハイチオールC(エスエス製薬) ニキビ跡の赤みや色素沈着に効果がある薬です *チョコラBBプラス(エーザイ) 肌状態を改善するビタミ類が配合されており、ニキビ跡の改善が期待できる薬です 今あるニキビ跡をどうにかしたい *テラ・コートリル(ジョンソン・エンド・ジョンソン) ニキビの炎症や予防の効果があります *オロナインH軟膏(大塚製薬) 殺菌効果に優れています。 ニキビだけでなく、あらゆる皮膚疾患に効果があります *クレアラシル(レキットベンキーザー・ジャパン) ニキビの改善薬としてCMでもおなじみです。 皮脂の殺菌・消炎効果に優れています *ビフナイトinニキビ治療薬(小林製薬) できてしまったニキビが悪化しない前に治すお薬。 ニキビ跡を改善、予防する生活習慣 ニキビ跡を改善し予防するには生活習慣を見直すことで、ターンオーバを正常化にすることが重要です。 ターンオーバとは、古い表皮が新しい表皮と入れ替わる新陳代謝のサイクルのことをいいます。 肌の新陳代謝が滞っているといつまでも古い細胞のままで肌が生まれ変わらず、、メラニン色素も沈着し、肌荒れやニキビ跡の原因にもなります。 ぜひ、ターンオーバーを活性化して、ニキビ跡の部分の肌が生まれ変わるように促していきましょう。 ターンオーバーが乱れる原因として• 食生活の乱れ• 睡眠不足• 運動不足• 紫外線 などで症状が悪化すると考えられています。 そこで、血行を促進しお肌のターンオーバーを促進することを意識した生活習慣を身につけることが重要になります。 次の4つの生活習慣を意識することで、お肌のターンオーバーの周期をスムーズにしましょう。 食生活を改善する お肌のターンオーバーを促進するには、ニキビ跡を治しやすくする栄養素を積極的に撮りましょう。 ビタミンA ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を維持し、古くなった角質が剥がれ落ちるのを促進します。 レバー・ウナギ・卵黄:小松菜・ほうれん草・ニンジンに多く含まれています。 ビタミンB群 ビタミンB群は、代謝を活発にし、皮膚や粘膜の再生を促進します。 レバー・ウナギ・マグロ・豚肉・納豆・ニンニク、玄米に多く含まれています。 ビタミンC ビタミンCは、コラーゲンの生成を助け過剰な皮脂の分泌を抑制し皮膚を強くします。 キウイフルーツ・イチゴ・オレンジ・レモン・赤ピーマン・パセリに多く含まれています。 ビタミンE ビタミンEは、活性酸素の発生を抑止し、さらに血行を促進して皮膚や粘膜のターンオーバーを速めてくれます。 ナッツ類・ゴマ・アボカド・アユ・イワシ・魚卵に多く含まれています。 ミネラル類 ミネラル類は、亜鉛はターンオーバーを促進し、鉄分にはコラーゲン合成に必要なアミノ酸を作る働きがあります。 レバー・牛肉・納豆・牡蠣・海藻類に多く含まれています。 ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が高まります。 タンパク質 タンパク質は、コラーゲンを生成し皮膚の原料となる重要な栄養素です。 肉や魚類・卵・乳製品・大豆に多く含まれています。 ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が高まります。 必要な栄養素は毎日の食事で摂ることが大切ですが、時間がない方はサプリメントとして手軽に摂るのもおすすめです。 十分な睡眠をとる 肌のターンオーバーの周期をスムーズにするには十分な睡眠をとることが重要です。 肌の修復や再生は寝ている間に分泌される「成長ホルモン」によって行われています。 ターンオーバーに重要な役割をする「成長ホルモン」が多く分泌される夜10時~夜中2時の肌のゴールデンタイムに眠っていることが大切です。 とは言っても、「毎日、10時~夜中2時に眠れない」という方も多いはずです。 その場合でも、規則正しく就寝するように生活リズムを整えるだけでも十分、「成長ホルモン」の分泌が期待できます。 ターンオーバーが行われる時間は、およそ約6時間です。 最低でも6時間以上は寝ることを意識しましょう。 また、寝る前に大好きな音楽を聴いたり、アロマの香りを楽しむ、軽いストレッチを行うことがリラックス効果となり、寝つきがよくなるといわれています。 適度な運動をする 適度な運動は、お肌のターンオーバーを促進します。 身体を動かすことで代謝がアップし、正しい周期でターンオーバーが行われるようになります。 また、ストレスが原因で肌荒れを起こしている方も多くいらっしゃいます。 適度な運動でストレスを発散し、美肌を保ちましょう。 ただし、ターンオーバーにはエネルギーが必要となります。 そこで寝る前に筋トレなどの運動をしてしまうと、ターンオーバーが正常に行われない場合もあります。 寝る前はストレッチなどの軽い運動が効果的となります。 紫外線対策をする 自分でできるニキビ跡予防対策として最も重要なのが、「紫外線対策」です。 とくに、メラニン色素沈着によるニキビ跡は日焼けすることで、さらに消えにくくなってしまいます。 日差しの強い日は帽子や日傘、サングラスなどで紫外線をカットするように心掛けてください。 また、お肌が炎症を起こしているときを除き、日焼け止めクリームを塗るなどして年間を通し、しっかり紫外線対策を行いましょう。 まとめ ニキビ跡は、治るまでに少し時間がかかり、気になる悩みのタネです。 でも、ご自身のニキビ跡に適した対策を行えば、一歩ずつ着実に緩和させることのできる症状です。 今回ご紹介した対処法を少しづつでも毎日続けてみてくださいね。 ニキビ跡のお悩み解消に近づけるはずです。 スポンサーリンク - -, , , , , ,.

次の