ポケモンアニメ最終回。 ポケモン サン&ムーン アニメ、最終回は11/3に。新シリーズ特番も

アニメ【初代ポケモン】1話~最終回の動画を無料で視聴する方法を紹介!

ポケモンアニメ最終回

ポケットモンスターサンアンドムーンのアニメネタバレ アローラの仲間に打ち明けようとするサトシだが、上手くきりだせない。 そこへ、リーリエとマギワナがやってきた。 旅に出ると言い出すリーリエ。 お父さんを探すために母親と兄のグラジオも一緒だ。 マギワナはリーリエの父親のいる方向を指し示したのだ。 一方、 ロケット団は 本部に帰るよう命じられていた。 ヒドイデとミミッキュに本部に帰ること伝えなければ・・・。 そこへ、ヒドイデがやってきた。 わかるようにコジロウが説明するが、なんだか勘違いしているようだ。 一緒に連れってくれると。 ヒドイデがミミッキュに間違った情報を伝える。 あれじゃ、何言ってもダメだな。 マサラタウンに帰ることを言えず途方に暮れているサトシの前に突如、 ミミッキュがピカチュウに襲いかかる! しかし、すぐに戦闘不能に。 なんだか、いつもと違う。 そこへ、 ソルガレオが現れた。 ほしぐもちゃんの名残あるの嬉しい。 ミミッキュは落ち込んでいた。 なぐさめるニャース。 ロケート団はポケモン達に別れを告げる。 キテルグマに抱きしめられ、最後は投げ飛ばされてサヨナラだ。 ウルトラホールの向こうでウルトラヴィーストを助けというサトシ。 ロトムがその時の情報を伝えるともに、 ロトム自身がエーテルパラダイスで働くことになったと報告。 分析能力をかわれ ヘッドハンティングされたのだ。 そして、 サトシはマサラタウンに帰ることをみんなに告げた。 リーリエとグラジオ達を見送るためにアローラのみんなが出発前の船の前に集まる。 「サトシに会えてよかった!あなたに会えたからこそポケモン達と仲良くなれました!」 大声で船の上から感謝の言葉を叫ぶリーリエ。 サトシも、とうとう出発だ。 バーネットとククイ博士がサトシを抱きしめる。 【今日のアニポケ】ついに最終回! マサラタウンに帰ることを決意したサトシ。 しかし、それをなかなかみんなに言い出せずにいた。 そして、ロケット団にもミミッキュたちとの別れの時が迫っていた。 すると、 アローラのみんながポケモンに乗って空を飛んでいるではないか。 行ってきまーす!!.

次の

ポケットモンスター サン&ムーン

ポケモンアニメ最終回

ポケモンXYは何よりヒロインの魅力爆発でサトシが超かっこよくて これだけでもいいのに話も面白いのばかりで素晴らしかった フレア団戦もジムリーダーにチャンピオン総出演で最高。 カラマネロの世界征服、ムサシ結婚、ユリーカブラコン、ニャース&ユリーカ話とか 面白い話たくさんあった セレナのポカロンはかわいいロリ総出演!!!!! おしゃれでかわいいセレナはポケモン少女の憧れになっていただろう チャンピオンがうんたらいう意見もあるが俺はそこまで問題ではない もうヒロインがかわいすぎて魅力的すぎてもうね最高すぎるんだよこれがわかるか! ああああ喪失感が・・俺はセレナが生きる希望だったんだ 俺もポケモントレーナーになる。 そこまでしてサトシの唇を得た ユーリカ:兄貴の嫁は見つからず、プニ公にも結局逃げられた シトロン:サトシの旅は見届けたが完全なる時間の無駄だった、シトロイドの積み重ねも破壊され、レントラーはなんだったの? アラン:強さに溺れて犯罪者 テロリスト の地位を得た。 最強メガシンカは「馬鹿が犯罪者になるまでを描いた物語」 ロケット団:マーイーカ、パンプジン ボスへの手土産として消えた。 ピカチュウはサトシが居ないと力が出せない事実 自分達で発言したのに本人達は何故か気付いてない こいつらの立場だったら頭抱えて一日中咽び泣くレベルw デデンネ絡みでロケット団乱入によるマンネリ無し 貧困生活や食い逃げやポケモン窃盗から始まるマンネリがうざいから 次回作はサトシを妨害してやな感じになるマンネリ団から サトシを妨害しないサトシ応援団かサトシ追っかけ団位には進化してほしいわ サトシの最期の相手がマンネリ団ではなくシトロンだったのが意外だった セレナはお情けでキス位はさせてくれたな ヒロインからフローラ、ラティアスに続いて3人目 シリアスにマンネリ団を混ぜちゃいけない 妖怪を見らなってギャグを取り入れるらしいが、 イケサトシのインテルを外してアホ化してまでやる事なのか? ブラックロケット団もインテル外されて鬱陶しいストーカー集団のマンネリ団に戻ったからな ロケットモンスター 完 次回 ロケットモンスター2 アローラ編 最高の最終回でした。 (BWはわからない) 今回は、アローラ行くぜ的なサトシの発言はないし、 今までのサトシの話はこれで本当に終わりなんだなと思った。 (だからXYZ・・・) 次回シリーズサトシとは続いていないということを示してくれて良かった。 本当ならここで主人公交代なんだろうけど・・・そうはいかない大人の理由・・・。 イチからのまた違うサトシ。 そういうことなら納得。 しかしすごい寂しい。 XYパーティは歴代一好きなパーティでした。 捨て回がなくて、どれもおもしろかった。 DVDBOX出してほしい。 受注生産でもなんでもいいから。 頼みます。

次の

アニメポケモンXY&Z最終回「終わりなきゼロ!また逢う日まで!!」【感想まとめ】

ポケモンアニメ最終回

ヒカリが自分の部屋で目を覚ます。 第1話もそこから物語が始まった。 ポケモンアニメの主役はあくまでサトシだが、ポケモンDPはヒカリの物語でもある。 始まってすぐにそのことを再認識できた。 サトシもヒカリもそれぞれのパートナーの技を受けて目を覚ましてる。 似た者同士だなこの二人。 だから互いを支え合って一緒に物語を引っ張ってこれたんだ。 ポケキャンのモデルにスカウトされるミミロル。 86話で描かれたポケモンスタイリストの話が出てくるとは懐かしい。 過去の話がちゃんと今に繋がっているんだな。 最初に別れの寂しさを見せたのはポッチャマ。 その涙を最初に受け止めたのはヒカリではなくトゲキッス。 何でトゲキッスなんだろうと思ったが、ポッチャマに続いて泣き出したピカチュウのことも一緒に抱きしめてあげるためだったか。 2人分の悲しみを受け止める、これはヒカリにもサトシにもできないトゲキッスだけの役割だったんだろうな。 172話で描かれたお姉さんキャラが最後の最後で活かされてる。 テレビで流れるオーバとシロナのバトル。 180話で宣言した戦いをここに持ってくるか。 しかもサトシがオーバに自分を重ねることでサトシもシロナと戦うことができた。 そして負けて、いつか必ず勝つと意欲を新たにできる。 これがポケモンアニメのいい所だ。 ポケモンマスター・トップコーディネーター・ポケモンドクター、 3人のそれぞれの夢をはっきりと示すことができた。 だからお別れなんだ。 夢を確かめ合ったから、それぞれの道を自分の足で進んでいく力を仲間からもらったから。 一緒ではなくても、離れていても、「大丈夫」。 サトシからヒカリへの「大丈夫」にはそんな意味が込められていたように感じた。 ロケット団は最後の最後まで邪魔してくれるな。 だがそれでいい。 ちょっかい出しては吹っ飛ばされる、最後まで大事な役割をまっとうしてくれた。 穏やかな朝、泣きだすポッチャマ、ロケット団の登場、ポッチャマを慰めるヒカリ、 ゴウカザル対ガブリアスの激しいバトル、別れの時、 終始しんみりした話になるかと思いきやテンションの上げ下げが激しい最終回だった。 それが涙が出なかった原因ではあるが、このお話に満足できた理由の一つでもある。 朝の食卓の人と人の会話、ポッチャマとピカチュウのポケモン同士の会話、ヒカリとポッチャマの人とポケモンの会話、コミュニケーション、 お約束で現れ退場していくロケット団、気持ちのいい悪役、 迫力あるバトルと敗北、そこから見えてくる新たな道、 夢に向かっていく仲間を笑顔で送り出せる、絆、 自分が価値あるものと思うポケモンアニメのいい所が一杯詰まってた。 満足の理由もう一つ。 劇中でイッシュ地方や第5世代のポケモンの存在を一切仄めかせずに、ポケモンDPという枠の中でこの物語を完結させることができた。 DPはここまで、次は無い、そう突きつけられてるようで、だからこそ3人が別れること、ポケモンDPのサトシ・ヒカリ・タケシの成長と物語はここで終わりだって納得できたし、そういう最終回でよかったと思う。 ポケモンDPは終わった。 寂しいけど嬉しい。 始まりがあって、いい所一杯詰め込んで、ちゃんと終わることができた。 そういう物語を見ることができて嬉しい。 ポケットモンスターダイヤモンド&パール 4年間ありがとう。

次の