物語 セカンド シーズン スロット。 S物語シリーズセカンドシーズン(化物語2)

パチスロ<物語>シリーズ セカンドシーズン パチスロ スロット

物語 セカンド シーズン スロット

以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== チェリー or 怪異チェリー or 超強チェリー。 中・右リールともに怪異図柄を狙う。 怪異図柄が停止しなければチェリー、中リールに怪異図柄停止で怪異チェリー、中・右リールともに怪異図柄停止で超強チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or スベリチャンス目。 中リールに怪異図柄を狙ってスイカをフォローし、右リールは適当打ちでOK。 何も揃わなければスベリチャンス目。 ==左リール下段にBARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 フラッシュが発生すればチャンス目。 演出発生時は通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 小役確率 通常時の周期抽選 物語ステージ・日常パート 通常時は「物語進行型周期抽選」となっている。 周期は、まず「物語ステージ」からスタート。 物語ステージ消化後は「日常パート」へ移行。 基本的にはこの2つを行き来する。 物語ステージ・日常パート中の成立役に応じて、自力CZへの突入抽選が行われる 怪異パート 怪異図柄が揃えば、必ず「怪異パート」へ移行。 自力CZ突入のチャンスとなる。 選択ヒロイン別のチャンス周期 周期には、より自力CZ当選に期待が持てる「チャンス周期」が存在。 物語周期は、「猫物語白」・「花物語」・「囮物語」・「鬼物語」・「恋物語」の5つ。 選択ヒロインによって、どの周期がチャンス周期となるかが異なる。 選択ヒロイン別のチャンス周期は以下の通り。 恋物語 結末マップ 液晶左上にある「結末マップ」により、進行ゲーム数や自力CZ期待度がある程度判別できる。 「現在」のアイコンが上へ行くほど、ゲーム数が進行していることを示す。 「現在」のアイコンが右へ行くほど、自力CZ期待度が高いことを示す。 筐体上部の信号機 信号機の色によって、結末マップの進行方向を示している。 なお、 一度忍モードに突入すると、傾物語に突入するまで忍モードが終了することはない。 突入抽選 忍モードへの突入抽選は、通常時のチェリー成立時に行われる。 チェリー成立時の突入率は以下の通り。 純増枚数は約2. 本ATとなる「倖時間SS」への突入を目指すチャンスゾーン的なAT。 傾物語の流れ まずは、15G継続の「傾物語」からスタート。 消化中は、キスショットバトルでの突破率加算抽選が行われる。 15G消化後は、「傾チャレンジ」へ移行。 怪異図柄成立まで継続し、怪異図柄停止時に突破率加算抽選が行われる。 最後は、8G継続の「キスショットバトル」へ移行。 ここで、これまでに獲得してきた突破率をもとに抽選が行われ、勝利すればAT「倖時間SS」確定。 傾物語中の突破率加算抽選 「狙え!」カットイン発生時は、突破率加算のチャンス。 怪異図柄が停止すれば突破率加算となる。 なお、レア小役成立時も勝率加算抽選が行われている。 液晶右上にあるアイコンの色が昇格するほど、突破率加算期待度もアップする。 期待度は「白 < 青 < 緑 < 赤 < 虹」の順。 成立役別の突破率上乗せループ振り分けは以下の通り。 超倍倍チャンス 超倍倍チャンス突入となれば、上乗せ性能が大幅アップ。 なお、「パチスロ化物語」と比べて突入率がかなり上がっている。 キレ撫子倍倍チャンス 初期配当を「1枚」・「3枚」・「5枚」・「10枚」・「20枚」の中から自力抽選。 リプレイが成立した時のマスにある配当が初期配当となる。 レア小役成立なら初期配当20枚確定。 保留反対運動 保留テーブル「C」・「D」・「E」選択時に発生する可能性のある演出。 発生時は、反対した倍率以上の倍率への変換が確定。 成立役別の成功率は以下の通り。 6 あとがたりでのラウンド開始画面 あとがたりでのラウンド開始画面として、1ラウンド目は必ず上記の画面が出現。 しかし、 2~6ラウンドの間で上記の開始画面が出現すれば、そのラウンド数以上の設定が確定する。 AT「倖時間SS」終了画面にトロフィーが出現しないかどうかに注目しよう。 なお、今作では新たに 「黒トロフィー」が追加。 黒トロフィーが出現すれば、 次回のAT「倖時間SS」終了画面に必ず設定示唆のトロフィーが出現する。 設定示唆のトロフィー出現が確定するので、自動的に設定2以上も確定する。 黒トロフィー出現後は、次回の倖時間SS突入まで打ってみるのも面白いかもしれない。 設定1が否定されている以上、どんな示唆が出るのか気にならないだろうか? サミートロフィーに設定示唆については以下の通り。

次の

S物語シリーズセカンドシーズン 解析情報

物語 セカンド シーズン スロット

純増2. 8枚のAT機。 お馴染みのボーナス、ロングフリーズはもちろん、新規要素も多数搭載。 物語シリーズセカンドシーズン六作品(猫物語(白)、傾物語、花物語、囮物語、鬼物語、恋物語)をシリーズ最高峰の演出ボリュームで展開! 「六号機デモヤレル感」 販売目標20000台? 概要• 8枚) 50枚あたりの回転数 約50. 8G(設定1)• 基本スペック• 4 97. 8 98. 9 101. 9 105. 2 109. 8 112. 通常時は1周期平均45Gのマップ周期。 チェリー・スイカ成立時は傾物語直撃や忍モードを抽選。 さらに傾物語当選までのゲーム数を短縮• 物語周期は5種類存在し、物語ステージで選択されるヒロインが画面右上のヒロインとリンクしていればチャンス周期となる。 忍モード• 主にチェリー成立時に移行。 忍モード中はチェリー成立時の50%で傾物語直撃、傾物語当選まで転落しない• 怪異図柄はいつでも好機• 液晶左上のマップで期待度を示唆• 日常パート時は筐体上部「信号機」に注目• 青:物語ステージへ• 黄色:真上へ• 赤:斜め上へ• ATはCZ経由85%、直撃15%• 右下がりスイカはマイスロでカウント可能(取りこぼしてもカウント)• 天井減算高確率状態• 滞在中はスイカ成立時の100G選択率がアップする• 有利区間移行時は高確移行確定• 天井減算高確率 高確ゲーム数 振分け 30G 69. スイカ成立時の状態別減算ゲーム数(設定1)• 通常:5G 89. 高確中:5G 66. 周期レベル• 通常時には1周期毎にリセットされる周期レベルが存在(0~2)• 周期中は全成立役で周期レベルアップ抽選を行う• レベル0:怪異パートに移行できず日常パート終了時に物語パートへ移行• 成立役ごとのレベル昇格抽選 レベル0滞在時 成立役 移行なし レベル1 レベル2 チェリー スイカ 79. レベル1:怪異パートへの移行権利を得た上で連続演出が失敗• 成立役ごとのレベル昇格抽選 レベル1滞在時 成立役 移行せず レベル2 チェリー スイカ 89. レベル2:怪異パートへの移行権利を得た上で連続演出が成功、成立役に応じてCZor傾物語の直撃を抽選• 成立役ごとのCZor傾物語直撃抽選 レベル2滞在時 成立役 結末ノ儀 傾物語 リプレイ - 0. 結末モード• 周期中はレベルのほかに結末モードが存在。 結末モードはLOW&HIGHの2種類• LOW:通常モード• HIGH:周期開始時にセットされる周期レベルを優遇&ループ性能あり• 有利区間開始時結末モード振分け 設定 結末モードLOW 結末モードHIGH 1 79. 250G以上での周期開始時はLOWとHIGHの振分けが1:1• ヒロイン周期• 周期レベルは周期開始時に決定されレベル、結末モードを参照してヒロイン周期か否かを抽選。 ヒロイン出現時は高レベル&高モードの期待度がアップする。 ヒロイン周期当選率 周期レベル 結末LOW 結末HIGH 0 6. マップ色期待度• 青:15. 4%、緑:38. 0%、赤:67. 0%、紫:100%• サミートロフィー• AT終了画面にサミートロフィー出現で設定を示唆。 法則はいつも通りですが、今作では「黒」トロフィーも出現する模様です。 黒トロフィー出現時は次回「倖時間」終了時に銅以上のトロフィー出現が確定する模様です。 =黒トロフィー出現で設定2以上の示唆になると考えられます。 ただこれは有利区間を跨いでも有効なのかは不明です。 (出玉には関係無い示唆なので問題なのでしょうか?詳細不明です)• ボーナス確定画面• ボーナス確定画面で設定を示唆• 高設定示唆• 赤7・白7揃い時共通:4. 7%,9. ボーナス確定画面が「敵キャラ」で赤7揃いの場合は設定4以上確定。 白7揃い時は全設定共通50%で出現• 倖時間SSの突破枚数テロップ• 特定枚数獲得時のテロップで設定を示唆• 456枚突破:設定4以上• 666枚突破:設定6• キスショットバトル突破率• 最終的な数字が特定の数字の場合?• 55%:設定5以上• 66%:設定6• 連続演出プレミアルート• 周期最後の連続演出にはプレミアルート(コメディルート)が存在し、演出成功で傾物語に突入• コメディルートの出現率が高いほど高設定に期待• カットイン• カットイン演出はシリーズ恒例の演出で新しく「超デレカットイン」が搭載。 ヒロイン全員集合ver. の場合は設定4以上?• 通常時周期のキャラ順• 周期で出現する順番で設定を示唆• そのためチャンス周期が無い場合は4人で周期が繰り返される。 振分け(奇数設定 順目:逆順=62%:38%、偶数設定 順目:逆順=38%:62%)• 撫子ノイズ演出• 物語ステージ中に撫子ノイズ演出発生で設定2以上確定• 撫子が映っている画面の多さで設定を示唆• 少なめ:設定2以上濃厚• 中くらい:設定3以上濃厚• 多い:設定5以上濃厚• あとがたり• ラウンド開始画面で設定を示唆• ヒロイン集合の画面が出現すると出現したラウンド数以上の設定が濃厚• 結末(ムスビ)ノ儀• 9%、4. 7%、0. 期待度は中のみ停止<2つ停止<左のみ停止<怪異揃い• 期待度:設定1で約25%、天井到達を考慮すると約45%• 成立役によるAT抽選(設定1) 結末ノ儀中 成立役 当選率 レア役以外 0. 傾物語• 初期パート:15G、レア役でキスショットバトルの勝率を加算• 傾チャレンジ:怪異図柄成立まで継続。 キスショットバトル:8G、貯めた勝率で勝敗をジャッジ。 勝利で倖時間。 (設定1での勝率:約34%)• 勝利抽選に漏れていた場合はレア役で勝利書換え抽選を行う• スイカ、チェリー:1. 怪異チェリー、チャンス目:5. 強ベル:10. 中段チェリー、超強チェリー:100%• 傾物語直撃確率• ボーナス(AT中)• 差枚数上乗せ特化ゾーン• 継続ゲーム数:30G• 赤7<白7<高マリノ刻経由• 倖時間SECONDSEASON• セカンドシーズンヒロイン6キャラクターから選択可能• AT開始時は内部モードの振分けを行う• 並:79. 7%、萌:19. 9%、蕩:0. 4%(見た目上は必ず並でスタート)• ヒロインクエストポイント• レア役、怪異図柄でポイント獲得、ポイントMAXでステージアップのチャンス。 ヒロインクエスト10pt到達時の移行抽選• 並 滞在時:萌へ 94. 萌 滞在時:移行なし50. 0%、蕩へ50. 又倍倍チャンスやボーナス前兆中だった場合は演出は後回しになる。 小役成立時のモード移行• 「並」滞在時のモード移行 小役 移行なし 萌へ ハズレ 押し順3枚ベル 共通ベル 87. あとがたり• 獲得枚数が1500枚を超えると1セット100枚、継続率50%(継続が確定していない場合のセット開始時に抽選)• 平均継続率約60%のあとがたりモードに移行。 あとがたり移行時はセット開始時に50%で継続抽選を行い継続抽選に漏れた場合は消化中のレア役で書き換え抽選、継続確定時は次セットの継続ストック抽選を行う• スイカ:非継続時5. 1%、継続時2. 中押し特殊リプレイ:非継続時10. 2%、継続時5. AT終了後• AT終了後は最大100G間スイカで天井G数の短縮抽選• 倍倍チャンス• 毎ゲーム「倍率」「配当」の上乗せと書換えを抽選• ・キレ撫子:初期配当を自力で決定。 リプレイ成立Gの配当が初期配当に• ・保留反対運動:発生で当該保留チャンス中は2倍~4倍保留をすべて上位保留に変換!? 突入時は初期配当、超倍倍チャンスの抽選を行う• 配当:5枚 99. 倍倍チャンス:95%、超倍倍チャンス:5. 超倍々チャンス• 「倍率」「配当」上乗せの期待度が大幅アップ• 突入契機は倍倍チャンス突入時の一部、超保留取得時、怪異揃いの50%、倍倍チャンス中のリプレイ、レア役、怪異の一部• 詐欺師ノ戯レ• 倍々チャンス中に突入する「倍率」上乗せのチャンス。 演出成功で30倍加算• 詐欺師ノ戯レ中の抽選 小役 成功率 ハズレ リプレイ 押し順10枚ベル 10. エクストラサービス• 怪異図柄揃いやレア役・リプレイの一部から突入• ロングフリーズ•

次の

物語セカンドシーズン 設定6のスランプグラフは丸わかり⁉ スロット新台 天井 ゲーム性 評価 感想

物語 セカンド シーズン スロット

遂に導入された「パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」 今回、運よく設定6確定台(レインボーエイリやんトロフィー出現)を打つことができましたので、その挙動を公開いたします。 メーカーがトロフィーとの対応を変更してきている可能性はゼロではないものの、今回は• 何回もレインボートロフィーが出たこと• 周りの台と挙動が違ったこと この2点を元に、設定6は確定的であると判断し、お伝えしていきます。 稼働データは約7700Gの稼働データとなります。 解析値が出ておらず、不明な部分も多いため推測となる部分もありますが、立ち回りの参考にしてみてください。 もし、間違っていたらごめんなさい。 解析から判明している高設定判別要素 この記事を作成している時点では、高設定判別の要素は公開されていません。 分かっているのは、スイカの確率くらいなものです。 スイカ確率• 2 しかし、現状、これくらいでは設定判別には使いにくく、判別までに時間がかかります。 もう1つの判別要素が、サミートロフィーです。 以下の情報は、過去の台で明らかとなっているサミートロフィーと設定の対応です。 サミートロフィーによる設定推測• 銅:設定2以上• 銀:設定3以上• 金:設定4以上• キリン:設定5以上• これは、次回のトロフィーが出るという示唆です。 設定6確定台の挙動からの考察! 設定6確定台の挙動やスランプグラフを確認し、「設定6はどんな挙動をするのか?」「どんな特徴があるのか?」について考察していきます。 大当たり履歴と設定示唆演出の確認 以下、大当たりの履歴を、朝イチから順番に記載していきます。 表記に関しては、以下の通りです。 結末:結末の儀• 傾:傾物語• 41G:傾(直撃)• 139G:結末• 140G:結末• 240G:結末・傾• 225G:結末• 36G:結末• 81G:結末• 134G:結末• 108G:結末• 168G:結末• 246G:結末• 84G:結末• 25G:結末• 229G:結末• 391G:結末• 117G:結末• 373G:結末• 記録しながら打っていたりしたため、特にスイカは、明らかに取りこぼしまくっています。 4 設定6スランプグラフ公開! 以下がスランプグラフです。 確認してみましょう。 設定6データと体感、挙動からの推測 気になったのは、大きく分けると以下の4点です。 傾物語の突破率• 傾物語の直撃• 倖時間SS中に上乗せしない(駆け抜け率)• トロフィーの出現率と内容 1つずつ確認します。 設定6の「傾物語の突破率」 データを見て頂くと分かるのですが、ほとんどが1回目の傾物語で勝利しています。 まとめると以下のようになっています。 総傾物語回数:17回• 1回で突破:11回• 2回で突破:3回 このようになっています。 つまり、2連続スルーは1回もなかったのです。 実際に打っていて感じるのは、「キスショットバトル」の時に、「最初に出てくる数値が他の台より大きいことが多い」という気がしました。 低設定の見切りに使えるような気がしました。 また、これは設定というよりは突破確定演出だと思いますが、最終数値が 33%、77%を目撃しています。 周りの台には見られなかったので、一応記載しておきます。 77%に関しては不明ですが、過度な期待は禁物かもしれません。 設定6は傾物語の直撃が多い? データを見ると、総傾物語回数17回のうち、3回が傾物語直撃でした。 確率にすると17. 6%で5. 6回に1回の割合です。 試行回数が少ないので、何とも言えないのですが、他の台ではあまり直撃が見られなかったので、参考程度にしておいてください。 ご了承ください。 直撃した台が終日ボロボロになったのを確認しています。 参考程度にしてください。 設定6は倖時間SS中に上乗せしない? データ上からは見えないのですが、ほとんどのATにおいて、最初の倍倍チャンスで上乗せしたまま駆け抜けています。 890枚獲得したATでさえ、駆け抜けです。 設定6のATでは、引きの問題かもしれませんが、ほとんど倍倍チャンスには入らない感覚です。 ごくまれに当選する「萌ステージでの強レア役」 あとは「蕩ステージ」に滞在中の倍倍チャンス当選のみでした。 ちなみに、ボーナスに関しては、出現していません。 周りを5台ほど確認しながら打っていましたが、フリーズを除けば1回しか目撃していません。 トロフィーの出現率と内容の偏り 他の台の出現までは確認を漏れてしまったため、比較がないのですが、サミートロフィーに関して、以下の点が気になりました。 これが高設定だから出まくるのかまでは分かりません。 後半になるとレインボートロフィーが出まくる! それまで銅ばかりだったにも関わらず、後半はレインボーラッシュです。 これは、過去の機種にも確かあったと思いますが、ゲーム数が多くなるほど出やすくなる設計の可能性があると思います。 今後情報を集めていくことになりますが、設定6ではトロフィーが出まくっていたということは、頭の片隅にでも置いておくと良いかもしれません。 これは、文字通りサミートロフィーの出現率をお店側で設定できるものです。 そのため、出現率からは、設定推測ができないということになります。 今後の機種には搭載される模様なのですが、 物語シリーズに搭載されているのかどうかが現時点では不明です。 その他、気になった点|天井について 設定6であれ、結末の儀でやれなければ、天井に持っていかれます。 ただ、天井の挙動が少し不明です。 考えられるパターンとしては、3つくらいあるような気がしています。 倖時間SS当否判定時に天井を超えていれば、天井となる• 天井を超えた後に入る周期が天井となる• 500手前から結末の儀に入ってしまうことが多く、判別ができなかったのです。 ただ、参考までに570G超えて当選している台がありましたので、お伝えしておきます。 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン設定6挙動まとめ 挙動としては、「傾物語を突破しまくるけど、最初の倍倍チャンスで全てが決まる台」と言えるかと思います。 そのため、設定6で出すためには、以下の2つのポイントでやれる人が大きく勝てると言えるでしょう。 結末の儀をコンスタントに突破できる• 倖時間SS突入時の倍倍チャンスでぶっ壊せる 結末の儀に関しては、突破できなければ天井に行くことは多々あります。 倍倍チャンスもごくまれにAT中の上乗せチャンスはあるものの、ほとんどないと思っても良いくらいない状態です。 まさに、リゼロの設定6と同じような挙動です。 感覚としては、スタートに枚数を加算できるAタイプに近い感じでした。 データを見て頂いても分かる通り、250~350枚程度の獲得が非常に多いことが分かるかと思います。 逆に、楽しいのは設定6以外かもしれないと思えるくらいです。 追記:「低設定の見切り」について 後日、低設定を打ったことで分かったことがあるので、低設定の見切る際の参考にしてみてください。 「キスショットバトル」で最初に出てくる数値がめちゃくちゃ低い 設定6の時にはあまり見かけなかった20~30%台が頻発します。 結果、突破するためには、傾物語での上乗せ部分にかなりの比重が置かれることになります。 上乗せ分を足しても40%台に乗せるのがやっととなり、突破できないことが続いてしまうのです。 設定6だけをねらうのであれば、1,2回傾物語を見て判断しても良いと感じてしまうレベルでした。 他に気になった点としては、「結末の儀」は結構頻繁に入ったということです。 「結末の儀」の突入頻度では判断しにくいと感じました。 解析が出ていないので分かりませんが、序盤は「キスショットバトルの%」とそれに伴う突破率で低設定を回避し、「サミートロフィー」で設定を絞り込んでいくという流れが良いと感じています。 今回の記事が、皆様の立ち回りの参考になりますように。

次の