スイッチ ゴッド イーター 3。 【ネタバレ注意】ゴッドイーター3をクリア後の評価・レビュー

【悲報】ゴッドイーターシリーズ、完全に終わる

スイッチ ゴッド イーター 3

序盤の楽しさが最後まで続いたかと聞かれたら… 続かなかったですね(泣) 総合的には楽しめたんですが、まぁ…色々と言いたいことはありますよ。 戦闘 いい感じの難易度 ストーリーは最後までゴリ押しでクリアしました(笑) バレットの弱体化が痛かったですが、アイテムもほとんど使うことなくクリアしました。 とはいっても、何度も戦闘不能にはなりましたけどね。 ゴッドイーター2RBはプレイヤーが強すぎていろいろ出来たんですが、今作はプレイヤーが弱体化しています。 耐久値が多いので戦闘不能は恐れず、ひたすら張り付いて攻撃してただけですが後半はそれなりに回避・ガードを使わないと難しかったです。 モンハンワールドをクリアしている人なら全く問題ないと思いますが、アクションがあまり得意じゃない人は後半の乱戦ラッシュがきついかも。 正直、乱戦は運ゲー入ってくるのであまり好きじゃありません。 一部アラガミが超不快 僕がバイティングエッジを使っている…というのもあって、動き回るアラガミに対してストレスがマッハでしたね。 フィールドを縦横無尽に駆け回り、追いついたと思ったらまた逃げて…。 幸いそこまで強くないのでコントローラーをぶん投げることにはなりませんでしたが…もっと戦ってて面白いアラガミを出してほしかった。 ちなみに灰域種アラガミの捕食もなかなかに不快度が高いです。 一度防いでも活性化中は何回でも捕食を狙ってくるので、いずれはCPUが捕食の餌食になります。 後半はもう面倒くさくてわざと捕食を喰らってました…。 一撃で死ぬことはないし、 そのほうが早く倒せるからヤバイ。 プレイヤーにこんなことさせちゃアカンでしょ…。 基本的に戦闘アクションは楽しかったんですが、余計なストレスを感じるシーンが多かったです。 ストーリー ネタバレ注意。 既にゴッドイーター3をプレイ済みで、ストーリーが好きな人には先に謝っておきます、大変申し訳ない…。 とりあえず一言、正直な感想を言わせてくれ………。 こ れ は ひ ど い 序盤の牢屋から始まるシーンはワクワクしたんですが、そこがピークでした…。 どこから突っ込んでいいのか分からなかった。 セリフも演出も寒すぎて…20代後半のおっさんにとっては苦痛でした。 大した会話でもないのにテンポも悪く、所々スキップボタンを押してしまいました。 子供向けに作ったのかな…?細かい設定を気にする人には間違ってもオススメできません。 主人公が空気 ユウゴの問いかけに頷いているだけのモブキャラという印象。 ユウゴ「だよな?」 主人公(コクリ…) ユウゴ「そうだろう?」 主人公(コクリ…) ユウゴ「……」(主人公を見る) 主人公(ニヤリ…) 最初こそ適合率の高さから特別扱いされていましたが、ほとんど存在感がなかったですね。 何故か鬼神のような強さ…とか言われているけど、ストーリー上で鬼神のような強さを発揮しているシーンがあったか…? 主人公に限らず登場人物全員設定が浅すぎてフィム以外記憶に残らないレベルでした。 アラガミが空気 「本当に怖いのは人間だ」 過去作でも人間同士の対立はありましたが、今作は最初から最後まで人間同士が争ってます。 重要ミッションでも「進路のアラガミを討伐してください!」…といった感じで、もはやアラガミの討伐はオマケになってしまっています。 人間同士の対立を重視するあまり、アラガミ討伐が流れ作業になっているので、新規アラガミが登場したときのワクワク感もありませんでした。 ゴッドイーターとはなんだったのか…。 今作はアラガミの脅威が全く感じられず、人類が勝手に自滅していく物語を見ている気分になりました…。 ゴッドイーター2のマルドゥーク戦みたいな 宿敵との熱い戦いは一切なかったです。 最後の展開だけは熱かった 主人公が自分の設定したボイスで熱いセリフを喋ってくれます。 いやー、ここは男キャラにしておいて正解でしたね。 結構な熱血セリフなので、女キャラだったらちょっと寒かったかもしれない。 ラスボスからエンディングまでは大体予想していた通りの王道展開だったんですが、ゴッドイーター2RBのラストようなお花畑展開ではなくて安心しました。 みんなで仲間を救い出す…王道で良いじゃないですか。 ラストが良かっただけに、途中までのストーリーの糞さが悔やまれる…。 アニメで例えるなら2クールのアニメを3話に凝縮したような内容。 もう少しちゃんと伏線やキャラの掘り下げをしていればラストで絶対感動してたんだけどなぁ… 追加コンテンツ、もしくは次回作になるかは分かりませんが、まだストーリーに続きがあるようです。 もっとシンプルに、全員で巨大な敵に立ち向かう展開を期待しています。 個人的にはゴッドイーター2(無印)までのストーリーはとてもよかったので…。 マルチプレイ マルチプレイに乗り込んでみたんだが… ちょっとまってくれ、女キャラ多すぎんか…? ハーレムかよ(笑)今作の男キャラはかっこいいんだけどなぁ…。 やっぱりこうなってしまうのか。 8人協力は面白かったんですが、思った以上にあっさりしてましたね。 制限時間が5分と短いので、とりあえずひたすら全員で集中攻撃して終了…という感じ。 パッと集まってパッと終わる…ソシャゲの協力対戦みたいなモードです。 僕は野良での意思疎通は面倒に思ってしまうタイプなので、この8人協力のお手軽さはありがたいですね。 逆に連携取ってじっくりマルチプレイを楽しみたい人には8人協力モードは向いていないので、普通に部屋を立てたほうがいいと思います。 まとめ アカン…見返すとストーリーに対する批判記事みたいになってしまった…。 なんだかんだでゴッドイーター3は楽しめましたよ(ストーリー以外) ストーリーに期待している人にはオススメできません(歴代キャラも1人しかでてこない)が、スピード感のあるアクションを体験したい人にはオススメです。 難しすぎず簡単すぎず、個人的にはちょうどいい難易度でした。 社会人でも1週間でクリアできてしまうので、現状ではボリューム不足が否めませんが。 ただ、無料アップデートが予定されているので、恐らく追加のアラガミやストーリーもあると信じて期待しておきます。 まだ武器の収集や強化のやりこみ要素がたっぷりと残っているので、まったりと素材集めしながら待つことにします。

次の

【ネタバレ注意】ゴッドイーター3をクリア後の評価・レビュー

スイッチ ゴッド イーター 3

アラガミは強く、プレイヤーは弱く 前作までと比較して、 敵は強化されプレイヤーは弱体化しました。 新登場したアラガミは猛スピードでプレイヤーを追いかけ続けますし、モノによってはプレイヤーを捕喰してバースト化します。 バースト化したアラガミの脅威は尋常なものではなく、装備を整えても一撃で半分以上体力を持っていきます。 反面、プレイヤーは弱体化。 GE2やRBと比較し、スキルの種類や効果量が激減しました。 バーストは頻繁に切らすし、息切れも起こしやすく、バランスブレイカーと言われていたバレットエディットも大きな制約が加わりました。 正直、 今回は真っ向から挑むと歴代シリーズの中でも1,2を争うくらいには難しいです。 その最たる例が、先ほど簡単に書いた「アラガミのバースト化」。 シリーズ経験者でなくとも、プレイヤーが武器で敵に噛み付くことで「捕喰」を行ない、バーストという強化状態になることは知っている方も多いでしょう。 今回は、そのバーストを初めてアラガミがやってきます。 アラガミがプレイヤーに猛突進し(ガード不可)、攻撃を食らうとアラガミがバースト化。 攻撃方法が変化し、脅威的な火力に。 プレイヤーにとっては大ピンチです。 しかし、同時にアラガミには、バースト時のみ攻撃可能な「コア」が出現します。 このコアを攻撃できれば、あらゆる弱点部位を攻撃した時以上の凄まじいダメージを叩き出すことが可能です。 狂ったように暴れまわるアラガミを前に、どうやってそのコアを攻撃するか。 あるいは、安全を優先して距離を取るか。 どう戦うかは己の腕と相談というわけです。 納得できない被弾がとても多いです。 どれもが明確な欠点であり、考え方次第で長所になりうるようなものではありません。 特にカメラワークの悪さ。 昔ならいざ知れず、KONAMIのカメラの特許が切れたこのご時世に、ここまで劣悪なカメラワークなのはいかがなものかと思います。 敵が素早くなったこともあり、被弾する機会が前作より多いです。 油断していると、あっという間に床を舐めることになるでしょう。 ただ、前作も前作で、骨太なアクションとはおせじにも言い難かったです。 スキルを積んで強バレットを考案し、プレイスタイルよりも装備の強さでゴリ押しする戦闘で、敵の動きに明確に対処しようと思うとストレスが溜まるような戦闘でした。 メインターゲット層であろう中高生相手ならまた違った感想かもしれませんが、他にも• 今まで以上に全く存在感がなく、NPCの決断にひたすら首を縦に振るイエスマンな主人公• 思わせぶりな登場をしつつ呆気なく退場する悪役たち• ツッコミどころ満載な、破綻だらけな設定の数々 と、ストーリー面の不満は枚挙にいとまがありません。 特に、「主人公がイエスマン」なのは今までシリーズを通してそうだったのですが、今回は「お前ならどうする?」「お前がやりたいことをやれ」というメッセージを何度も訴えかけてくるストーリーなので、噛み合いません。 物語では何度も「自分でやりたい道を選ぶ大切さ」を説くくせに、画面の向こうのプレイヤーの意志はガン無視で、ひたすら他人の決断に笑顔でうなずいてパシリを繰り返すだけです。 このフラストレーションは、物語が進めば進むほど悪化の一途をたどります。 最終的に「え、これで終わりなの?」と言いたくなるような肩透かし感で幕切れに。 従来のようにバーストありきな尻切れトンボ感は無いものの、総じて 「パシリにひたすら付き合うだけの指示待ち主人公と、道徳の教科書を音読したような綺麗事しか言えない仲間たちの茶番劇」以上の感想が出てきません。 全てにおいて薄っぺらく、幼稚で、甘ったれていて、説得力がありません。 破綻した設定の数々が、それを後押しします。 酷な言い方ですが、物語においては評価できるポイントが全くありません。 もちろん、これは主観的な感想です。 見る者によって、評価は変わるということをご了承ください。 総評 戦闘面は面白さが増したがトレードオフ。 ストーリーは前作同様、糞の塊 戦闘面は、脳死で気持ちよくなる甘えた刺激がなくなった代わりに、強敵に立ち向かう臨場感と、それをぶちのめす快感が今まで以上に濃厚な体験となって味わえるようになりました。 ここは賛否両論ですが、より歯ごたえのある戦闘を求めるプレイヤーにはプラスに映るはず。 反面、ストーリーは相変わらず小学生のままごとレベルの茶番劇。 PS4に展開したのだし、旧作ファンを考えると年齢層は広がっています。 こちらはもう少し……せめて、初代GEとGEBレベルには煮詰めたストーリーにしてもらいたいものです。 結論として、強敵と戦う興奮を得る戦闘を求めるなら買いで、ストーリーに浸りながらゆったりと楽しみたい人にはおすすめできないゲームでした。 当Webサイトは、あなたがWebサイトを閲覧している間、あなたの体験を向上させるためにCookieを使います。 これらのCookieのうち、必要に応じて分類されたCookieは、Webサイトの基本機能を機能させるために不可欠であるため、ブラウザに保存されています。 また、当Webサイトの使用方法を分析および理解するのに役立つサードパーティのCookieも使用しています。 これらのCookieはあなたの同意がある場合にのみあなたのブラウザに保存されます。 あなたはこれらのCookieを拒否するオプションもあります。 しかし、これらのCookieのいくつかを選択しないことは、あなたのブラウジング体験に影響を与えるかもしれません。

次の

『GOD EATER 3』Nintendo Switch™版│ ゴッドイーター3

スイッチ ゴッド イーター 3

何、これ、神ゲーじゃん と喜んだ。 そして新武器であるバイティングエッジ、ヘヴィムーンは動かしていてとても楽しいし、変形によるギミックもブラッドボーンが好きな私には刺さるものがあった。 アラガミを殴った時のエフェクトも若干過剰ぎみではあるが爽快感を出すのに成功している。 アクション部分においては気持ちよくアラガミをザクザク殴れる気持ち良さは過去シリーズにおいてもダントツトップであり、シリーズファンもこれには納得できる部分もあるだろう。 そして派手な演出から登場する新しいアラガミたちもそれぞれユニークな動きをするし、戦いに彩を加える。 煩雑なシステムとUI ゴッドイーターはモンハンフォロワーらしく素材を集め、そこから強い装備を作成していことが楽しみの一つだ。 しかし、モンハンと比べるとはるかに煩雑なシステムであり、スキルインストールは一度つけると外せないことにより、合成で新しくつくった武器に対してお気に入りのスキルを気軽につけることができない。 また、バーストアーツ(バースト時に使える必殺技)に関しても使えば使うほどレベルがあがり、そして新たなバーストアーツが解放される。 一見RPGのような成長システムを組み込んだ良システムのように見える。 しかし実際はバーストアーツはそれぞれの武器に独自のものが設定されており、武器を変更するとバーストアーツをまた成長させる必要があるので、気軽に武器を持ち替えて戦うのも億劫になってしまう。 その他にもエンゲージ、アクセルトリガー、パレット、エフェクトなどの多くの要素があるが、それに対する丁寧なフォローはほぼなく、基本的には「ターミナルを見ろ」の一言で済ませる様は一見さんお断りの複雑な料金体系かつメニューのないスナックのようだ。 分けるなら分ける、統合するなら統合する! と物を整理できない子供を諭すような感情に囚われた。 シチュエーションが変わっても同じマップで同じアラガミと戦う日々 ストーリーを一つの売りにしているゴッドイーターでは目まぐるしく状況が変わる。 その状況に合わせてマップやアラガミも変わると思いきや、必要以上に繰り返し同じマップで同じアラガミと戦うこととなる。 最初はさ、新鮮で楽しかったよ。 何もかも。 でもね、何度も何度も狭いマップで同じアラガミと戦うことによって作業感がどうしてもでてしまうよね。 はーい、このマップだからアラガミはこの辺にでてあの辺に移動します。 弱点を機械的に集中攻撃してはーい帰りまーす。 ってもうこんな感じなら対アラガミロボットを作ればもうオートで勝てるのではないか。 なんかキースの能力を見てるとAI作れそうじゃない?もうアラガミの動きを解析して作っちゃえば俺がこんな作業しなくていいのにって思っちゃうよ。 ストーリーに関して ネタバレは避けるけどもストーリーテリングはなかなかひどい。 そして進行フラグに関しても主要人物に話しかけることで発生して、それをせずにミッションに向かうと常にメンテナンス中である。 もうちょっとストーリー進行はうまくできたのはないかと。 ストーリーを進めるために主要人物に話しかける「作業」がプレイヤーから没頭感を奪っている。 まとめ;進化しきれなかった最新作。 次回作に期待 かなり酷評になってしまった気がするけども、実は私は今作を結構楽しんだ。 では結構こき下ろされてる感じがあるけども、なんだかんだいってもアクションに爽快感はあるし、作業に疲れてちょっと休んでるうち「またやろうかな・・・」と思わされる魔力がある。 しかし、モンハンフォロワーとしてモンハンを比較対象にしてしまうことは避けられず、あらゆる点でモンハンに劣っていてるのは否めない。 スピード感のあるバトルやストーリーテリングでさえ今やモンハンの方が圧倒的に上である。 モンハンはモンハンの理想形をおってあの形になったのだとすれば、ゴッドイーターにとっての理想の形とはなんなのであろうか。 モンハンワールドは私が初めてモンハンポータブルをプレイした時に「こうなればいいなぁ」と想像したものを長い年月を経て体現し私に大きな感動を与えた。 その感動をいつの日かゴッドイーターでも味わえることを心待ちにしている。

次の