スクリーン タイム 反映 されない。 子供のiPhoneに親のiPhoneから使用時間の制限をかける方法【スクリーンタイム】

iPhone「スクリーンタイムパスコード」がわからない、忘れた場合の対処方法(iOS12アップデート後)

スクリーン タイム 反映 されない

スクリーンタイムとは スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能です。 iPhoneやiPadのアプリ別の使用時間や通知回数、端末を持ち上げた回数などの使用状況を把握できるほか、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定など使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者の端末から子供の端末のスクリーンタイムのレポートの確認や設定・制限などの管理も可能。 そのほか、子供が不適切なサイトへのアクセスしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadのさまざまな機能制限を行うことができます。 スクリーンタイムの使い方・設定方法 最初にスクリーンタイムの設定をオンにしてみてみましょう。 設定アプリの中にある【スクリーンタイム】を開いて【スクリーンタイムをオンにする】をタップすると、スクリーンタイムに関する簡単な説明が表示します。 読み終えたら【続ける】をタップしてください。 続いて、利用者の設定です。 自分用か子供用か聞かれます。 自分が使う場合は、【これは自分用のiPhoneです】をタップすればスクリーンタイムはオンになります。 子供用として使う場合は、【これは子供用のiPhoneです】をタップして、休止時間の設定、App使用時間の制限の設定を行い「親のパスコード(スクリーンタイムパスコード)」を決めたら完了です。 自分用ではじめたとしても、スクリーンタイムパスコードは後から設定できます。 使用状況を確認する スクリーンタイムを開くと、一番上の欄には、iPhoneを使用した時間とカテゴリ毎に使用時間が分けられた横棒グラフが表示しています。 詳細を確認するには、【端末名(iPhone)】をタップします。 詳細な画面では、「今日」と「過去7日」のレポートを確認することができます。 まず一番上のスクリーンタイムの項目では、縦棒グラフでのレポートの確認。 その下の「よく使われたもの」の項目では、アプリ毎やカテゴリ毎の使用時間と使用時間の長い順に確認することができます。 アプリとカテゴリの切り替えは、右上の【カテゴリを表示】【AppとWebサイトを表示】をタップして切り替えることができます。 下の方がスクロールしていくと、端末の持ち上げ回数と通知の回数を確認できます。 通知回数の多いアプリがわかるので、今まで気づかなかった意外と通知の多いアプリに気づくかもしれません。 通知の欄に表示しているアプリ名をタップすると、通知設定の画面を表示できます。 通知が不要なアプリは、通知をオフにするなどの設定をしておきましょう。 通知だけでもデータ容量やバッテリーを消費するので必要最低限にしておくことをおすすめします。 アプリ毎・カテゴリ毎の使用時間を制限する 1日に使用できる時間や曜日を決めてアプリの使用時間を制限できます。 SafariやYouTubeなどアプリ毎、あるいはカテゴリ毎の制限ができます。 制限は毎日午前0時にリセットされます。 制限の設定は、使用状況を確認した「スクリーンタイムレポート画面」か「App使用時間の制限」から設定することができます。 それぞれ解説していきます。 スクリーンタイムレポート画面から制限する まずは、スクリーンタイムのレポートの詳細画面を表示させてください。 「よく使われたもの」に表示しているアプリの中から制限したいアプリをタップしてください。 右側の【カテゴリ表示】または【AppとWebサイトを表示】をタップして切替できます。 カテゴリ表示にすればカテゴリ毎の制限、AppとWebサイト表示にすればアプリ毎の個別制限が可能です。 ここでは試しにSafariを制限してみます。 下にある【制限を追加】をタップし、時間と曜日を設定して【追加】してください。 【Appを編集】から他にも制限をしたいアプリを追加することができます。 この画面でアプリを追加した場合の制限はSafariの制限時間は同じになるので、別条件で追加したい場合は、「よく使われたもの」から制限したいアプリを選んで新しい制限で設定してください。 こちらからはカテゴリ毎の制限などができます。 アプリ毎に制限したい場合は、レポートから制限してください(上述)。 曜日別に時間指定もできます。 「使用時間終了時にブロック」をオンにすると、制限を解除するにはスクリーンパスコードの入力が必須になります。 こちらから確認と時間・曜日・アプリなどの編集・削除といったことができます。 休止時間を設定する 休止時間に設定した時間中は、許可したアプリ以外は使えなくなります。 アプリの許可は、常に許可の項目で設定できます。 開始と終了の時間を決めて、制限する時間を設定してください。 「休止時間中にブロック」を有効にすると、制限時間中に利用したい場合は、スクリーンタイム・パスコードが入力が必要になります。 コンテンツとプライバシーの制限 iOS11以前のバージョンにあった「機能制限」の設定を、iOS12では「コンテンツとプライバシーの制限」で行えるようになっています。 主にiPhoneを利用するうえでの機能を制限するためのもの。 設定が多すぎるのでここでは一部のみの紹介になります。 例えば、お子様などが利用者の場合に、年齢に相応しくないコンテンツを保護者の方が設定し、各機能を制限することができます。 そして、詳細な設定を行います。 これで誤操作による切り替えを防止できます。 また、スクリーンタイムにより制限された場合に解除したい場合、スクリーンタイムパスコードの入力しないと解除できなくてきます。 ここで決めた4桁の数字が自分のスクリーンタイムパスコードになります。 以上で、スクリーンタイムの設定を変更する際にパスコードの入力が必要になります。 制限を解除する際にスクリーンタイムパスコードの入力を必須にする場合は、制限を設定する画面に「使用時間終了時にブロック」または「休止時間中にブロック」の項目が表示しているので、スイッチをオンにすることでスクリーンタイムパスコードの入力が必要になります。 詳しくは上記のカテゴリ・アプリ制限の設定や休止時間の設定の項目をご覧ください。 制限されるとどうなる?解除するには? 休止時間やApp使用時間で制限されたアプリは、暗くなってアプリ名の横に砂時計のマークが付いて使えなくなります。 試しにLINEアプリを開いてみると、「時間制限 LINEの制限時間を超えました。 」と表示し使えません。 どうしても使いたい場合は、【制限を無視】をタップして「15分後に再通知」または「今日は制限を無視」にして利用することができます。 スクリーンタイムパスコードの設定をし、「使用時間終了時にブロック」や「休止時間中にブロック」の設定などを有効にしている場合は、スクリーンタイムパスコードを入力しないと解除できません。 手順は次の通り。 制限中のアプリは通知も届きません。 例えば、友だちからLINEトークが送られてきたとしても通知の表示もなければ通知音も鳴りません。 デバイス間で共有 デバイス間で共有を有効にすると、同じにApple IDでサインしている全てのデバイスの合計の使用時間のレポートを確認できるようになります。 同一Apple IDでのスクリーンタイムの制限などに関する設定も連動します。 デバイス共有をオンにすると、スクリーンタイム画面上に表示していたデバイスの名前が「すべてのデバイス」になり、詳細画面の右上の【デバイス】をタップして端末の切り替えをできます。 ファミリーのスクリーンタイムを設定 ファミリー用のスクリーンタイムを設定すると、子供のスクリーンタイムのレポートの確認や設定などを自分(保護者)の端末からすべて行うことができます。 【ファミリーのスクリーンタイムを設定】が表示していた場所に、サインインした子供の名前が表示しているので、名前をタップして子供のスクリーンタイムのレポート確認や制限の設定などを行うことができます。 スクリーンタイムをオフにする、データを消したい スクリーンタイムは、いつでも設定をオフにすることができますが、オフにするとスクリーンタイムの設定や使用時間などのレポート全てが削除されます。 データを消したい場合はオフにすると良いですが、オフにするとデータが消える事にも注意してください。 スクリーンタイムの端末名を変更できない? 設定アプリからスクリーンタイムを開いたところに、「iPhoneに設定している名前」が表示します。 ウィジェットをタップすれば、すぐにスクリーンタイムの詳細画面を開くことができます。 ウィジェットの削除や追加は、【編集】からできます。

次の

スクリーンタイムのパスコードを忘れたときの対処法!解読方法も解説!【iPhone】

スクリーン タイム 反映 されない

【不具合情報、随時募集中】 「このアプリは起動しなかった」「これが正しく動作しない」などの報告があれば本記事のコメント欄やTwitterなどで連絡をもらえれば本記事に随時追加します。 iOS 13のバージョン(今後アップデートもあるので念のため)、iPhoneのモデル(例: )などの情報も添えていただけると読む皆さんに伝わりやすいかと思います!ご協力お願いします! iOS 13. 2:マルチタスク機能が正常に動作しない不具合 「iOS 13. 2」では、iPhoneのバックグラウンド処理が正常に動作していない可能性が浮上。 起動しているアプリから別のアプリに切り替え、その後元々起動していたアプリに戻ろうとすると、本来であれば切り替え前の状態が保持されているはずがアプリが終了したような状態になっていると報告されている。 実質的にマルチタスク機能が壊れていることになり、非常に多くの人が問題を報告している。 モバイル通信が切断されるという致命的な不具合 iOS 13にアップデートした多くの人を悩まされているのは、モバイル回線が安定しない不具合だろう。 が集計したアンケートによると、ドコモユーザーが報告している割合が多いものの、auやソフトバンクユーザーからも報告されている模様。 また、 シリーズ固有の問題ではなく、 以前の機種にまで見られているとのことで、ハードウェアの問題ではなくソフトウェアに原因がある考えられる。 多くのユーザーが共通しているのは「iOS 13にアップデートした端末」であることから、iOS 13が何かしらの不具合を引き起こしていると考えられるがAppleからの発表はなし。 によるとドコモは詳細は確認中、auは特に問い合わせがないとし、ソフトバンクはネットワークに不具合などはないと報告している。 対策としては本体の再起動が現時点で最も効果があると見られている。 他にも以下の解決策が寄せられている:• 位置情報の許可が「常に」になっているアプリをすべて「使用中のみ」に変更• のコメント欄にも以下のようなコメントがあった。 僕は今のところBluetoothの不安定は実感していないものの、どちらかというと の方でブツブツ途切れてしまうような印象がある。 やれやれ……。 Bluetooth機器を認識してくれないことが多く悩まされています。 Bluetoothも調子悪いし、いろいろ「もーーー!!」って感じ!! Bluetooth接続のイヤホンで音が乱れる 途切れる ことが同時に起きることが多いです。 iPhone11Pro 機種変更し、復元の為しょっぱな13. 2へアップデート。 その後復元して使っていましたが、車のBluetoothが接続出来ません。 ペアリングの操作をし、一瞬は接続済みとなりますがすぐに消えます。 不具合と知り、3. 3へアップデートしましたが直らず。 期待していただけに絶望的です。 ちなみに旦那は車種の相性良かったのかペアリング出来ています。 いつになったら今まで通りに使えるのか、、、 が認識されなくなる不具合、本体交換になる可能性も 一部ユーザーからは「 」が使えなくなったとの報告がある。 Twitterで検索してみると、こちらも意外と多く、「このiPhoneでFace IDをアクティベートできません」というエラーメッセージが表示されて認識しなくなっているようだ。 コメント欄のユーザーによると、再起動しても「Face ID」が利用できないどころかアクティベートできないと表示されるとの報告も。 このユーザーは修理対応になるとの説明を受けたそうだ。 【悲報】 iOS 13. 3 のアップデート後にFace IDが動作しなくなる。 再起動しても動作しない模様。 — INIADのサスペンダー geniussuspender iOS13. アプリ使用中でも、突然フリーズする事があり、同様に再起動かかります。 3にアップデートしたらFaceIDが使えなくなり、再起動してもアクティベートできないと出る。 サポートに問い合わせたら修理するしかないとのこと。 状態にも因るみたいだが無償修理してくれる模様。 iPhoneXR 突然充電できなくなった。 FACEIDが作動しなくなったとサポートにチャット相談した直後でした。 充電ケーブルつないでも全く充電せずそのままブラックアウト… スクリーンタイムが正しく表示されない不具合【対処法あり】 「iCloud > ファミリー共有 >スクリーンタイム」を表示しようとすると以下のように画面が真っ黒になってしまう不具合が報告されている。 これについてはiCloudサインアウトして、再度サインインすることによって修正される模様。 カメラが起動せず画面が真っ黒のままになってしまうバグや動作がもっさりする不具合 ロック画面からカメライアコンの長押しで起動するはずのカメラアプリだが、時折画面が真っ黒になりブラックアウトすることがある。 原因は不明。 対処法としては一度カメラアプリを終了し、再度起動することによって使えるようになる。 ただし、カメラアプリはカメラの切り替えなどで動作が基本的にもっさりしていてキビキビ機能が切り替わらない印象が強い。 特に撮影方法の切り替えにはタイムラグがあり、ポートレートモードも深度の計測に時間が掛かっているような気がする。 1Passwordの連携が失敗する、ブラックアウトする不具合 iPhoneやiPadではiCloudキーチェーン以外に「1Password」をパスワード自動入力に指定することができるが、時折「1Password」を呼び出したは良いものの、画面が正常に表示されるブラックアウトすることがある。 今のところ対処法は特に分からず、「1Password」アプリそのものを起動し、必要とするログイン情報を探してコピペするようにしている。 カーソルが勝手に移動する問題 ジャーナリスト林信行さんが指摘していた不具合で、実際に僕も再現することができた不具合として、 カーソルを移動後、事前にコピーしたフレーズをハッシュタグの前に貼り付けるためにタップするとカーソル位置が勝手に移動するという不具合が存在している。 このiOS 13だか、Twitterクライアントだかの仕様にイライラさせられる… せっかくカーソル移動して挿入位置の狙い定めたのに勝手にズレる! — Nobi Hayashi 林信行 nobi 上記はTwitterアプリで再現しているが、同じ動作が「メモ」アプリでも確認できていることから、TwitterアプリではなくiOS 13のカーソルに関する不具合である可能性が高い。 ショートカットが正常に動作しない不具合 コメント欄のユーザーによると、ショートカットが正常に動作しない不具合を報告している。 特に以下の動作不良を報告している。 共有シート、ウィジェット、AssistiveTouch等から起動したショートカットが、作動せずそのまま落ちる 恐らくショートカットの内容による• PDFをPNGに変換する際、サイズが大きいと落ちる 僕自身も「 」で動作していた一部ショートカットが正常に動作してくれない。 不具合といえば、私はショートカットが正常に動作しない不具合は確認してます。 私が遭遇したのは、 ・共有シート、ウィジェット、AssistiveTouch等から起動したショートカットが、作動せずそのまま落ちる 恐らくショートカットの内容による ・PDFをPNGに変換する際、サイズが大きいと落ちる コントロールセンターの電卓アプリを起動すると別アプリに遷移するバグ Twitterでのリプライをくれたユーザーによると、「iOS 13. 3」が動作する でコントロールセンターにある「電卓」アプリを起動しようとすると別のアプリに遷移してしまうバグが発生していると報告している。 iPhone 11 iOS13. 3で電卓をコントロールセンターで開くと高確率で開いた後すぐに別のアプリに画面遷移するのは完全に不具合だと思います —  hacca haccatech 僕の環境では再現できなかったが、実際に現象が起きている様子を撮影してもらった動画が下記。 確かに起動直後に別のアプリに遷移してしまっている……! こんな感じです —  hacca haccatech 再起動後にウィジェットのショートカットが使えない不具合【対処法あり】 コメント欄のユーザーによると、端末の再起動後にはウィジェットのショートカットが利用できない不具合が起きているとのこと。 これは一度ショートカットアプリから該当するショートカットを起動すれば、それ以降はウィジェットからでも利用できるようになるとのこと。 ウィジェットのショートカットは端末再起動後とか使えなくなりますが、その時はショートカットアプリから一度起動すれば以後ウィジェットから使えます メールアプリが開かない、スクロールできないなどの不具合 コメント欄のユーザーによると、「メール」アプリにおいてGmailでメールを受信しても開かず、スクロールできないとの不具合が発生していると報告している。 また、「写真」アプリもフリーズしているとのこと。 他にも「メール」アプリのプレーンテキストのメールの本文が表示されない不具合が報告されている。 「フォーマットの方法に問題があるため、このメッセージは表示できません。 別のフォーマットまたはメールプログラムを使ってメッセージを再送信するように送信者に依頼してください。 」というエラーメッセージが表示されているようだ。 21日は また、メール、写真共にフリーズしてます。 iphone xs13. 13 ソフトバンクです。 メールAppで受信以外のメールボックスでプレーンテキストのメールの本文が表示されません。 でISPのPOPのメールアカウントをひとつ設定して使用しています。 移動先のメールボックスではプ に本文が表示されているものの、メールを開くと 「フォーマットの方法に問題があるため、このメッセージは表示できません。 別のフォーマットまたはメールプログラムを使ってメッセージを再送信するように送信者に依頼してください。 受信メールボックスに戻して開くと正常に本文が表示されます。 POPサーバーにメールが残っているかどうかは関係しません。 GmailやYahooメールのPOPアカウントでも試してみましたが、同じ挙動でした。 メールやLINEなど様々なアプリの通知が鳴らない不具合 コメント欄のユーザーによると、「メール」アプリにおいてメールを受信しても通知音が鳴らない、不具合が報告されている。 VIPメールに追加しても通知音を変更しても効果がなかったという。 ios13. 3にアップデートしてもメールの通知音が鳴らない。 鳴る時もある、 気付きたいのでVIPメールに追加してもVIPのBOXにメールが来ない。 通知音を変更しても変わらない。 ゲームや動画再生中にメール通知が鳴らないのですが、同じような方いらっしゃいますかね? iPhone7使用中。 OSを3. 3にアップデートしてからBT機器の通知(通話、Gmail、Line、Messageなどの着信通知)が作動しなくなりました。 機器はSONY wena wrist proとRinglyの2種ですが、いずれも機器を操作するためのアプリ側ではBT使用の許可はしていて、iPhone側からのシステム通知も機器側に共有する設定になっています。 BTイヤフォンはアップデート前後を通じて問題なく動作していて、また、通知してくれなくなったデバイスも、接続時の機器側の確認バイブや、アプリで通知のバイブパターンを試すためのバイブなどは作動しますので、BTの接続機能自体には問題がなく、通知部分の問題のようです。 iPhone8 ライン通知がならないことがある。 ライン電話の呼び出し音がならない。 Siriでボイスショートカットで電話をかけられる設定にしてあったのが、しばらくお待ち下さい、今はできません。 で終わる ChromeアプリでYouTubeのスクロールがカタつく コメント欄のユーザーによると、「Chrome」アプリでYouTubeのコメントを見ていると途中で固まってしまったり、コメントを投稿しようとしてもできずに固まっていしまう不具合があると伝えている。 なお、「Safari」や「YouTube」アプリではそのような問題は確認できないことから、「Chrome」アプリ固有の問題ではないかと見られる。 Chromeで、ユーチューブのコメントを見ているのですが、途中で固まったり、投稿しようとしても、投稿出来ずに固まるようになりました。 Safariや、youtube appでは、問題なく出来ます。 メモアプリが落ちる不具合 コメント欄のユーザーによると、「iOS 13. 3」が動作する「 」で、「メモ」アプリが落ちてしまう不具合を報告している。 アプリや本体の再起動を行っても最終的には落ちてしまうことには変わりない、とのこと。 メモアプリが落ちるようになりました。 アップデート直後は10秒も開いていられませんでしたが、アプリや本体の再起動などをしたら落ちるまでの時間が長くなりました。 でも落ちることには変わりありません。 再度アプリを開いて表示されるのは、見ていたページではなく、入力していた内容も消えて最初からになります。 バッテリー残量が安定しない コメント欄のユーザーによると、 で電池残量が90%から突然10%になったり、アップデート後に強制シャットダウンが連発したりと、電源周りの動作が安定しないと報告している。 ios13. 3にしてから触ってもいないのに充電が異常に減ります。 圏外でもないのにインターネットにつながらなかったり。 完了ボタンが常に邪魔になるバグ コメント欄のユーザーによると、入力画面で「完了」ボタンが常時表示される不具合があると報告されている。 これは……めちゃくちゃ不便そうですね……。 入力する時、左にいつも完了というボタンがあり、入力した内容を隠されて修正出来ないし、何入れたか確認できない、邪魔ですけど、移動できない。 AppleIDの履歴が消える不具合 コメント欄のユーザーによると、「iOS 13. 3」にアップデート後、アカウントサインアウトし、再度サインインしたところAppleIDの履歴が全て消えたと報告している。 iPhone7使用 ios13. 3にアップデート後、 アカウントサインアウトし、再度サインインしたところAppleIDの履歴が全て消えました。 アプリのアップデートは出来るのに、ストアで使用されたことが無いと表記される。 サブスクの解約も出来ない。 スクリーンタイムが正常に動作しない不具合 コメント欄のユーザーによると、スクリーンタイムに関する様々な動作不良が起きていると報告されている。 とあるユーザーは、「iOS 13. 1」にしてから目の前で制限時間が変わったり、使用許可の設定が変わるなどトラブルが連発。 さらに、修正を期待して「ioS 13. 2」にしたところ、子供の本体のパスコードが勝手に変わってしまいiPhoneがロックされてしまったとのこと。 別のユーザーは、見ていないサイトの時間がSafariを見ている間勝手に増えると報告している。 子供とファミリー共有でスクリーンタイム使っていました。 1にしてから目の前で制限時間が変わったり、使用許可の設定が変わるなどトラブル続発。 修正を期待して13. 2にしたところ、子供の本体のパスコードが勝手に変わってしまいiphoneがロックされました。 もう何も受け付けない。 解決策は無いんでしょうか? スクリーンタイムにバグがあり、見ていないサイトの時間がサファリを見ている間勝手に増えます。 そのためSNSに90分の制限をかけても時間切れになってしまうことがあるのです。 トリガーがどうなっているかわからないのですが、一回再起動して該当するサイトを開くと再び勝手に計測されます。 iOS13. 2での症状です。 iPhone7使用中。 OSを3. 3にアップデートしてからBT機器の通知(通話、Gmail、Line、Messageなどの着信通知)が作動しなくなりました。 機器はSONY wena wrist proとRinglyの2種ですが、いずれも機器を操作するためのアプリ側ではBT使用の許可はしていて、iPhone側からのシステム通知も機器側に共有する設定になっています。 BTイヤフォンはアップデート前後を通じて問題なく動作していて、また、通知してくれなくなったデバイスも、接続時の機器側の確認バイブや、アプリで通知のバイブパターンを試すためのバイブなどは作動しますので、BTの接続機能自体には問題がなく、通知部分の問題のようです。 Webでも色々調べましたが解決に繋がる情報が見つからず書き込みました。 同様の事例をお持ちの方や解決策をご存知の方がいらしたら情報共有いただけるとうれしいです。 IphoneSE 13. 13 ワイモバイルですが、 フリーWi-Fiが使用できる空間に居るとモバイルデータの接続が不安定になる感じです。 自宅以外ではWi-Fiには繋がないのですが、自宅での接続忘れでやらかした事があるので、 いつもはIphoneのWi-Fiはonにしてあります。 その状態でコンビニ等、フリーWi-Fiが設置されている場所にはいると、 接続不良や不安定になっている感じです。 ネット閲覧不可になったり、pay系の決済が遅くなったりします。 Iphoneが同じ状態でもフリーではない鍵マーク付きのWi-Fiが飛んでいる 場所については特に問題はないと思います。 現在はIphoneのWi-Fiを外出時にオフにする様にしたら改善して、 今の所は安定していますが…どうなるか。 メールAppで受信以外のメールボックスでプレーンテキストのメールの本文が表示されません。 iPhone XRでISPのPOPのメールアカウントをひとつ設定して使用しています。 移動先のメールボックスではプレビューに本文が表示されているものの、メールを開くと 「フォーマットの方法に問題があるため、このメッセージは表示できません。 別のフォーマットまたはメールプログラムを使ってメッセージを再送信するように送信者に依頼してください。 受信メールボックスに戻して開くと正常に本文が表示されます。 POPサーバーにメールが残っているかどうかは関係しません。 GmailやYahooメールのPOPアカウントでも試してみましたが、同じ挙動でした。

次の

スクリーンタイムの強制解除法!?してやられました・・・

スクリーン タイム 反映 されない

iOS12から追加された機能「スクリーンタイム」に絡み、お子さんのスクリーンタイムを見ることができないという声が相次いでいるようです。 既に多くのユーザーから愛用されている機能なだけに、何らかの不具合が起きたのか、それとも自身の設定に問題があるのか、原因が気になりますね。 スクリーンタイムが正常に作動しない場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。 適切なスマホ利用に役立つ「スクリーンタイム」 まずは、スクリーンタイムとはそもそもどのような機能なのかについて確認しておきましょう。 スクリーンタイムは、iPad・iPhoneをどの程度の頻度で使用しているか、よく使うアプリは何か、持ち上げた回数、各アプリからの通知の数…等の統計を細かく集計することにより、 スマートフォンの使い過ぎを避けるのに役立つ情報を提供してくれる機能です。 スマホの利用状況を確認して多すぎると感じた場合は、カテゴリ・アプリ別に使用時間を制限することもできるので、大変便利なんですよね^^ さらに「ファミリー共有」を行えば、家族のスマートフォンの使い過ぎを制限することも可能なんです! よってこちらの機能は、親が子どものスマホ利用状況を把握し、不適切だと判断すれば制限を掛け管理することに役立っているというわけです。 スポンサーリンク? 以前は使えていた「スクリーンタイム」なのに… さて、今回話題となっている 「子どものスクリーンタイムを見ることができない」という現象ですが、どうやら個人の使い方に起因するものではないようです。 というのもSNSなどをチェックしてみると、「ある日突然、子どものスクリーンタイム(レポート)が表示されなくなってしまった」「最初は何の問題もなかったのに、急に使用状況の確認ができなくなった」との声が上がっており、これまでは通常どおりに機能していたものが、突然使用できなくなっているんですよ; 「子どもが何らかの裏技を編み出し、親の監視をすり抜けようとしているのでは?」と考える方もいたようですが、複数のユーザーに同じ状況が起きているため、そういうことでもないようです。 ということで、更に調べを進めたところ、どうやら今回の現象は 「スクリーンタイム機能自体の不具合」であると判明しました。 iOS12. 1になったあたりから起こっているバグのようなもので、現状として個人レベルで打てる対応策はないようですね…。 そんなわけで、現状ではApple側の対応やアップデートで不具合が修正されることを待つばかりなのですが、スクリーンタイム機能のキモは正確な情報がいち早く届けられる点だと思うので、一刻も早く問題が解決されるよう願うばかりです。 既に多くのユーザーがネット上でも声を上げているため、運営側も状況は把握していると思うんですけどね^^;.

次の