占い 仕事 2020。 [2020年の仕事占い]今の会社に留まるべき?転職すべき?

2020年のあなたの仕事運を占います|タロット占い | 無料占いmilimo [ミリモ]

占い 仕事 2020

0地点 全ての動きが止まり、運気は閉鎖します。 気分も消極的になり何かと悲観的になりがち。 初心に返り自分自身に力をつける時です。 精算 冬の時期も終わりを迎え、新しいスタートに向けての準備を始めるべき一年です。 情報を集め、計画を立てることに専念すると良い時です。 開拓 ようやく春を迎え、目覚めの時です。 失敗も経験のひとつと割り切って、何事にも恐れずチャレンジすることが必要となります。 生長 開拓期に見つけたチャンスを伸ばしていく時期です。 自分の能力を存分に発揮できる場を見つけ、物事を拡大させる年です。 決定 ものごとの筋道が定まり、進むべき道が明確になってきます。 別れや転職などを考えている場合は決断の時となります。 健康 好調に進んでいた運勢に疲れが出て、物事が少し停滞します。 季節に例えれば梅雨。 、運気が上昇中であっても注意が必要です。 人気 最高の運気を迎え、すべての物事が望むとおりになる願望成就の年です。 障害は消え、順調に計画を進められる時です。 浮気 前地点までの好調が油断を招き、浮き足立って失敗しやすい年です。 注意力が散漫になりつけ込む隙を与えてしまう時。 再開 浮気期の落ち着かない気分も収まり、第二の出発点となる年です。 過去を振り返り、経験を生かすことで運が大きく開けます。 経済 積み上げてきた経験や実績が実りとなって手に入ります。 特に金銭に関わる運勢に好機が訪れます。 充実 これまでの全ての努力が報われ、成果となって手に入ります。 仕事でもプライベートでも満たされ、最高に充足できる時期です。 背信 運気は冬の時期に入り、全ての面において停滞します。 気を引き締めておかないと大きなトラブルに見舞われます。

次の

[2020年の仕事占い]今の会社に留まるべき?転職すべき?

占い 仕事 2020

「2020年下半期の仕事はどうなる?」、「これからの家計をどうやりくりすれば良い?」、「恋人や友人との関係は大丈夫?」などど、2020年下半期の自分の運勢が不安になっていませんか? こちらは、 2020年の下半期の仕事運・対人運・財運が気になるか方へオススメです! こちらのページでは、四柱推命(生年月日)で占うあなたの2020年下半期(令和2年後半)の仕事運・対人運・財運を完全無料で鑑定いたします! またこちらのページの下のコラムでは、2020年の下半期こそ仕事運・対人運・財運をアップさせたい方には特にオススメで、2020年6月~12月で出来る各月の仕事運・対人運・財運アップのとっておきの方法をご紹介いたします! 世界的に動きがある状況だからこそ、つかめる運気があります。 2020年6〜12月の仕事運を劇的にアップする方法 仕事場やデスクの周りに「青」と「緑」を取り入れる 様々なカラーはそれぞれの運気に大きな影響をもたらします。 特に仕事運をアップさせたい場合は、デスク周りや仕事場の環境に「青(ブルー)」色のものを取り入れ、実際に触れるものや目に付くものに取り入れていくと良いでしょう。 また同様に「緑(グリーン)」色も2020年か半期にはとても重要な色になります。 あらゆる状況の中で不安定になりがちな時に前向きな気持ちにさせてくれたり、良い判断力を発揮でき、直観力も飛躍的に向上するところから、仕事運が向上します。 また仕事場環境に観葉植物や多肉植物などのインテリアグリーンを置くことで、漂っている邪気を吸収して、良い空気を循環させてくれるアイテムです。 「星」の画像をスマホの待ち受け画面にする 「星」は宇宙を輝かせる存在で、また前述した「青」の宇宙空間の中に荘厳な輝きを与えるものです。 「星」が意味するものは、揺らぐことのない「希望」で、前半期での厳しい状況を乗り越えるためにもわたしたちには「希望」が大切です。 わたしたちを支えるものは仕事であり、そこにコミットをしているからこそ社会を立て直すパーツとして私たち一人一人の力が欠かせません。 その中で何よりも「希望」を見上げて進んでいくことこそが仕事運そのものを向上させてくれるでしょう。 「星」を待ち受けにすることで、どのような時にも「希望」を忘れないことを教えてくれるでしょう。 机の上にホコリが付かないように就業前には掃除をする パソコンなどが置かれているデスクは掃除しにくく、小さなホコリなどが溜まりやすいところです。 またパソコンのキーボードも手垢などが付着していたり、場合によってはウィルスなども介在する可能性がありますので、就業前には必ずデスクを掃除し、消毒をしたり、パソコン自体を綺麗にして置くことが仕事運アップにもつながります。 他の運気にも言えることですが、ホコリは仕事運には大敵で、ホコリが溜まってしまうことで運気もダウンしてしまうので、デスクのホコリを掃除する習慣をつけると良いでしょう。 また終業時にも拭き掃除を心がけると良いでしょう。 2020年6〜12月の対人運を効果的にアップする方法 トイレにはモノを飾らない トイレはあらゆる気が溜まりやすいので綺麗にすることは大切ということはすでにご存知でしょう。 毎日こまめに掃除をしたり、換気などをして物理的、風水的に空気を綺麗に保つことのほか、なるべくモノをおいたり何かを飾らないようにしましょう。 あまりにもシンプルすぎる空間だからこそ、ちょっとインテリアグッズやカレンダーを飾りたくなりますが、あらゆる装飾品は取り払いましょう。 トイレは全てを水に流してしまうので開運グッズなどを置いてしまうと対人関係の運気を流してしまうことにつながります。 オレンジ色にこだわる 対人関係運をアップさせるにはピンクや黄色などの明るい色が良いと言われていますが、2020年後半期に特に効果があるのは「オレンジ色」です。 人間関係そのものを円滑にし、トラブルなどを回避する効果があります。 またあなた自身を明るく見せてくれるので、自分の性格がちょっと消極的に感じたり、周りの人間関係に馴染めないという空気を感じているときは、オレンジ色を身につけたり、持ち物などの取り入れると自然と周りとの協調性を育むことができるカラーです。 もし自分のキャラクターなどには合わずに浮いてしまうのではないかという場合には、下着などに身につけてみると良いでしょう。 特に胸元は気を吸収する部分ですので、身に付ける場合は胸元を意識することを心がけると良いでしょう。 何事も先に相手に与える 与えるといってもモノだけを意味するわけではありません。 このような時代状況にはギスギスとした空気感が漂い、人間関係もちょっとしたことで変化が生まれやすくなります。 それを逆に取ると、自分から笑顔で挨拶したり、飴などのちょっとしたものをあげたり、何かを先に相手に与えることそのもので人間関係運がアップします。 先に何かを与えるのは、もしかしたら相手は快く思わないのではないか、見返りがないのではないかと損得で考えやすいのですが、まずは損得勘定は抜きにして、先に与えることで何よりも自分の心には余裕が生まれます。 この余裕こそが実はとても大切なものですが、無理をせずに自然体でいながら損得を考えないことであなた自身の運気が自然とアップする素晴らしい方法です。 結果的にはちょっとしたことで大きな実りを得ることができます。 2020年6〜12月の財運を目に見える形でアップする方法 靴とバッグを新しいものにする 2020年前半期までに使っていた靴とバッグはひとまずクローゼットにしまいましょう。 2020年前半までに活躍したものですが、あらゆる気を溜め込んでしまっているのであなた自身の運気に影響を与えます。 特に靴もバッグもあなたに身近なものだからこそ、厄払いや滞った運気をリセットするためにも思い切って変えてしまいましょう。 特に高価なものである必要はありません。 自分が好きなカラーやデザインのものを選ぶと良いでしょう。 ゴールドカラーを身に付ける 金運といえば「ゴールド」というのは定説ですが、風水では金色がお金を引き寄せる色だと言われています。 特に2020年は金色そのものがラッキーカラーなので2倍の効果を引き寄せることができるでしょう。 色がゴールドのアクセサリーや小物を身につけることで、次第に金運を引き寄せやすくなるでしょう。 「金はちょっと・・」という人も小ぶりのネックレスなどは上品さもありますので、積極的にトライすると良いでしょう。 「西」の方角を意識する 2020年後半期の金運がアップするのは「西」の方角です。 もし旅行などを考えているなら「西」のつく地名や「西」の方角を意識すると、金運が飛躍的にアップするでしょう。 西はあらゆるコミュニケーションを円滑にする影響もあるので、人を通じてのチャンスも到来しやすくなります。 占い師 聖子のワンポイントアドバイス.

次の

生年月日占い・2020年の仕事運は?給料は上がる?未来で成功する事はできる?【無料で当たる!】

占い 仕事 2020

鑑定内容一覧• あなたの働きぶりに対する周囲の評価• あなたが生かすべき仕事の才能• やりがい? お金? 仕事において幸福感を得るには?• あなたの能力をさらに引き上げてくれる重要人物• あなたの能力をさらに引き上げてくれる仕事環境• ここには注意! あなたが陥りやすいこと• 今あなたを取り巻く仕事の運気• 今後仕事面において転機は訪れる?• 転機が訪れたら、あなたはどのように変わる?• 最終的にあなたが手にする成功と財について• ちょっと先ですが……どんな定年後の生活を送る?• 占いには下記の情報が必要です。

次の