豆腐 ヘルシー。 豆腐を使った餃子の人気レシピ!かさ増しでふわふわヘルシーに!

ヘルシースイーツの簡単レシピ21選|豆腐や豆乳、ヨーグルトなどダイエット中にもぴったり! (1/1)

豆腐 ヘルシー

【材料】• 茹でたキャベツ…100g• 人参…50g• 生しいたけ…2枚• 生姜…1片• にんにく…1片• ごま油…小さじ1• 塩…小さじ1強• 薄力粉…大さじ1• 餃子の皮…20枚• サラダ油…大さじ1 【手順】• 茹でたキャベツはみじん切りにして水分を絞ります。 にらは小口切りに、人参、長ねぎ、にんにく、生姜はそれぞれみじん切りにします。 フライパンにごま油を入れて熱し、にんにくと生姜を炒めます。 色がついたら豆腐をちぎって入れ、炒めます。 火が通ったら1と2を入れたボウルに加えて混ぜます。 薄力粉を入れて混ぜ、20等分に分けます。 餃子の皮に具を乗せ、縁に水をぬって包みます。 フライパンにサラダ油をひき、餃子を並べて焼きます。 焼き目がついたら蓋をして水気がなくなるまで蒸し焼きにします。 皿に裏返して盛り付け完成です。 【材料】• 木綿豆腐…200g• ツナ…1缶• 餃子の皮…20枚• ごま油…大さじ1杯• 醤油…小さじ2杯• マヨネーズ…大さじ1杯• 片栗粉…大さじ1杯• 塩胡椒…少々• サラダ油…大さじ1杯• 熱湯…100cc• ごま油…大さじ1杯 【手順】• キャベツ、ニラをみじん切りにし、キャベツは塩もみしておきます。 ツナ缶は油を切ります。 豆腐をキッチンペーパーで包んでレンジ500Wで2分加熱して水切りし、粗熱を取ります。 ボウルに豆腐、みじん切りにしたキャベツとニラ、油を切ったツナを入れます。 生姜、ごま油、醤油、マヨネーズ、片栗粉、塩、胡椒を入れてよく混ぜます。 餃子の皮の縁に水をつけ、具をスプーン1杯分乗せて包みます。 中火で熱したフライパンにサラダ油を引き、餃子を並べ入れます。 熱湯を注いで蓋をし、水分がほぼなくなるまで中火で5分ほど蒸し焼きにします。 蓋を取ってごま油を回し入れ、こんがりと焼き色がつくまで焼きます。 皿に盛り付けて完成です。 【材料】• 豆腐…160g• 餃子の皮…25枚• 醤油…小さじ1• ごま油…1小さじ <タレ>• おろしにんにく…小さじ1• 醤油…大さじ1• きび砂糖…大さじ1• 米酢…小さじ1• いりごま…小さじ1• ラー油…適量 【手順】• 豆腐をキッチンペーパーに包み、600Wの電子レンジ2分加熱して水切りします。 豆苗、玉ねぎはみじん切りします。 ボウルに水切りした豆腐を入れ、豆苗、玉ねぎ、醤油、ごま油を入れ混ぜ合わせます。 餃子の皮に具を乗せて皮の縁に水を指でつけて包み、閉じます。 両端をゆっくりと手前に引っ張り、両端に水をつけて重ねて合わせます。 鍋に湯を沸かして餃子を入れ、グラグラさせない程度に2分ほど茹でます。 ゆで汁と一緒に皿に盛り付け、タレの材料を混ぜ合わせ完成です。 【材料】• 餃子の皮…32枚• 豚ひき肉…150g• 木綿豆腐…100g• ごま油…大さじ1• ラー油…適量• <肉だね調味料>• 片栗粉…大さじ1 【手順】• 豆腐をキッチンペーパーで包み、600Wの電子レンジで1分加熱して粗熱をとり、水切りします。 ねぎはみじん切りにします。 ビニール袋に豆腐を入れて袋の上から揉んでつぶします。 豚ひき肉、ねぎ、肉だねの調味料を加えて粘りが出るまで袋の上から混ぜます。 袋の角を切り落とします。 餃子の皮に肉だねを等分にしぼり出して乗せ、皮の縁に水をぬり、半分に折り畳みます。 片端に水をぬり、両端をとめて成形します。 フライパンに半量のごま油を入れて熱し、餃子を並べ入れて中火で焼き色がつくまで焼きます。 水をまわし入れて蓋をし、具材に火が通るまで5分蒸し焼きにします。 蓋を取り、フライパンの縁から残りのごま油を回し入れ、焼き目がカリッとするまで強めの中火で焼きます。 器に盛ってラー油を添え、完成です。

次の

豆腐を使った餃子の人気レシピ!かさ増しでふわふわヘルシーに!

豆腐 ヘルシー

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

豆腐を使った餃子の人気レシピ!かさ増しでふわふわヘルシーに!

豆腐 ヘルシー

豆腐の持つ痩せ効果とは? 豆腐にはダイエットを実践するうえで有利に働く成分が盛りだくさん! 以下では、そんな痩せ成分を詳しくご紹介します。 また、血流促進効果もあるので、冷え性や肩こりの改善などにも効果があります。 また、中性脂肪を減少させる働きもあり、消化器官からの脂肪吸収も抑えるといわれています。 豆腐には豊富に含まれています。 また、植物性タンパク質が豊富な豆腐には、20種類あるアミノ酸が全て含まれているのも特徴。 肉や魚といった動物性のタンパク質とは違い、脂肪分が少なくヘルシーなのもダイエット中には嬉しい点です。 「ビタミンB群」が不足すると、食べ物としてとり込んだ脂肪をため込みやすくなり、炭水化物をうまくエネルギーにできなくなる傾向にあります。 理由は、脂肪分解に必要なのは大量の酸素であり、その酸素を運ぶのが赤血球の「鉄分」だから。 豆腐を摂ることで酸素の運搬もうまくいき、脂肪も燃えやすくなります。 豆腐を食べることで、腸にビフィズス菌のエサを届けることができるので、腸内環境を改善、便秘解消にも役立ちます。 また豆腐は水分が多いので、便量のかさ増し効果もあります。 その他、豆腐には女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような作用をする「大豆イソフラボン」が含まれているので、肌を潤わせ、髪のツヤやハリを保つのにも役立ちます。 ダイエットだけでなく、女性としての美しさや若々しさをキープするためにも豆腐を積極的に摂りましょう。 特に3食のなかで最も重くなりがちな夕食の炭水化物を豆腐に置き換えると効果的。 ご飯類よりも低カロリーなうえ、脂肪燃焼、代謝アップ、便秘解消効果の高い豆腐を、朝・昼・夜のうち1食だけ取り入れる方法なので、ストレスなくやせ体質に近づくことができるでしょう。 また、豆腐しか食べてはいけない! というわけではなく、おかずは食べてOK。 朝食や昼食は自由に食べられるのも嬉しいところです。 また、代謝を助けるビタミン類を補給するために、豆腐と一緒に野菜をたっぷり食べるのも痩せポイントで、脂肪分の多い肉や揚げ物は控えたほうがベターです。 ダイエットに役立つ豆腐レシピ そのままで食べるのに飽きてしまった時、ガイドおススメの豆腐レシピをご紹介します。 「中華やっこ」 長ネギ、ミニトマト、ニラを適当な大きさにカットし塩もみして水けを切ります。 これらを、おろし生姜、しょうゆ、ごま油、ラー油で混ぜ合わせ、豆腐に乗せて完成。 最後に再度ラー油を垂らしてもOK。 「豆腐しゅうまい」 木綿豆腐をキッチンペーパーにくるみ、電子レンジで2分加熱して水切りし冷ます。 これに、鶏ひき肉、長ネギ、生姜、生シイタケをみじん切りしたものを加え、片栗粉、ごま油、酒、醤油と一緒に粘り気が出るまで手で混ぜます。 以上の具をしゅうまいの皮で包み、蒸し器で10分ほど蒸し上げたら完成。 *しゅうまいの皮の変わりに白菜を使うと、よりヘルシーです。 「豆腐デザート」 ヨーグルト感覚できなこや黒蜜をかければ、ヘルシーなおやつとして役立ちます。 タンパク質、カルシウム、ビタミンEなど、絹より多く含まれています。 1日1丁程度の量がベストで、野菜や海藻などと合わせてカサ増ししましょう。 低カロリーで低価格、料理のアレンジもしやすい豆腐を上手に活用して、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。 【関連記事】•

次の