パセリ の 保存。 パセリは農薬がついている?正しい洗い方とおすすめの保存方法を紹介

【パセリの賞味期限・保存方法まとめ】冷凍保存はできる?

パセリ の 保存

パセリの特徴 パセリは、3月から6月の春から初夏にかけてが旬のセリ科の植物です。 カロテンやビタミン類、鉄などのミネラル類が豊富。 ドイツでは結石の治療に用いられているそうです。 学名 Petroselium crispum 分類 セリ科オランダゼリ属 原産地 地中海沿岸 和名 オランダゼリ 仏名 Persil おいしい時期 周年 パセリの品種 パセリには、お刺身のつまやランチ料理の飾りに使われる「カーリーパセリ」と、みつばのような形で葉が広がった「イタリアンパセリ」があります。 日本で多く出回っているのは、カーリーパセリになりますが、カーリーパセリは苦みが強いため、食べるというよりも料理の飾りや、調味料の一種として使われていることが多くあります。 カーリーパセリ カーリーパセリは、セリ科の植物ですが、元々は葉が縮れたものではありませんでした。 日本では、香草や薬味・飾りとして、品種改良によって葉が縮れたカーリーパセリがよく使われています。 カーリーパセリは、ブーケガルニとして、香りづけや、肉や魚の臭い消しとして利用されています。 新鮮なカーリーパセリには苦みだけでなく甘味もあります。 栄養価も高いため飾りと残さずにぜひ食べて下さい。 イタリアンパセリ イタリアンパセリは、葉が縮れていない「平葉種」の一つです。 セリ科の植物ですが、カーリーパセリとは種が異なります。 ハーブとして用いられますが、カーリーパセリよりも苦みも少なく爽やかな香りを楽しむことができます。 スープにみじん切りのイタリアンパセリを散らしたり、サラダに混ぜて食べることもあります。 カーリーパセリと比べて、あまりパセリらしく見えないため、普通のハーブ野菜として食べていることも良くあります。 パセリの栄養素と効能 パセリは、ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜です。 しかし、小松菜やほうれん草のように、多くの量をまとめて食べることはほとんどないため、栄養の豊富さに注目されることがあまりありません。 飾りで添えられているカーリーパセリは、2~5gです。 しかし、イタリアンパセリのように、サラダの食材として使われると、飾りとして使われるよりもたくさん摂ることができますね。 エネルギー 44kcal 水分 84. 7g 炭水化物 8. 2g カリウム 1000mg カルシウム 290mg マグネシウム 42mg 鉄 7. 12mg ビタミンB2 0. パセリに期待される健康効果 パセリは、ほうれん草や小松菜と比較しても、数倍のミネラルやビタミンを摂ることができます。 糖質やたんぱく質、脂質が少ないため、ダイエット中にたくさん食べても大丈夫です。 食物繊維も豊富で、野菜を摂ることで腸内環境を整えることもできます。 パセリは野菜と同じ、野菜以上の健康効果を期待することができます。 豊富なビタミン類が抗酸化作用を発揮 パセリには、ビタミンAをはじめ、ビタミンEとビタミンCが多く含まれています。 植物のビタミンAはカロテノイドの一種、ベータカロチンが体内に入ると、ビタミンAというプロビタミンに変わり、消化吸収されます。 目や皮膚の健康を保ち、免疫力をつかさどるビタミンAですが、過剰摂取により肝臓に負担がかかることもあります。 普通の食事では過剰に摂取することはありませんが、サプリメントなどで摂るのは危険です。 そのためにも、パセリなどの緑黄色野菜で摂ることが大切な栄養素です。 ビタミンEとビタミンCは高い抗酸化作用を持ちます。 細胞の老化を防ぎ、血行を良くする働きがあるのがビタミンEです。 不足すると血行が悪くなり、肩こりや冷え性の原因にもなります。 ビタミンCは免疫力を高めるとともに、毛細血管を丈夫にする働きがあります。 ビタミンCを十分に摂ることで風邪の予防や細胞の老化予防などをすることができます。 また、毛細血管を丈夫にする働きがあり、傷の治りを早める効果も期待できます。 口臭・体臭を防ぐクロロフィル パセリに含まれるクロロフィルは、生臭い臭いを防ぐ働きがあるため、香草として魚料理や肉料理によく使われています。 パセリのクロロフィルはカロテノイド系色素によるもので、小松菜やにんじんにも含まれています。 クロロフィルは口臭や体臭を消すだけでなく、殺菌作用・抗菌作用もあり口臭予防のガムや歯磨き粉などにもよく使われます。 口臭の元になる細菌の繁殖を防ぐことで、口臭予防効果が見られるのではないかと言われます。 また、血液を循環し、肺や皮膚にも浸透することで、肺や皮膚から排出される臭いを防ぐことで体臭予防効果があると言われています。 貧血予防・血中コレステロール値を下げる効果も パセリには、ほうれん草や小松菜、ニラの数倍の鉄が含まれています。 鉄は血液中の赤血球のヘモグロビンの原料となります。 ヘモグロビンは、血液中の酸素を運ぶ役割をしますので、不足すると血液が酸欠になり貧血を引き起こしてしまいます。 パセリには、ほうれん草の3倍もの鉄が含まれているので、緑黄色野菜の中でも特に高い貧血予防効果があります。 また、細胞の老化を防ぎ血行をよくするビタミンEや、毛細血管を丈夫にするビタミンCが不足しても血液は異常状態を引き起こします。 こういったビタミンも豊富なパセリには高い貧血予防効果があるといえますね。 さらにパセリは、緑黄色野菜の中でも群を抜く食物繊維が豊富な野菜です。 食物繊維は、大腸の動きを良くして、便通を促すほか、腸内環境を整えて、血中コレステロールの上昇を抑えます。 また、パセリに含まれる大量のカリウムはナトリウムとバランスを摂り、細胞膜の㏗を調整する働きがあります。 塩分濃度の高い食事が好きな人は、カリウムを摂ることで、ナトリウムの余分な吸収を抑えることができます。 ナトリウムの余分な量を抑えることは、血液のドロドロを予防し血中コレステロール値を下げる効果につながります。 ナトリウムの量を制限されている、栄養指導をされている人に、カリウムが豊富で栄養豊富なパセリはピッタリの野菜です。 パセリの選び方 新鮮なパセリは、葉の色がきれいな緑色でつやつやとした光沢があります。 店舗でパセリを選ぶときは次の点も見て下さい。 切り口がみずみずしい• 茎が固くしっかりとしている• 葉が密集していてふわふわと柔らかい• 縮れが細かい これらが新鮮なパセリの特徴です。 古くなると、葉が黄色っぽく変色して乾燥してきます。 乾燥し始めると鮮度が落ちて、苦味が強くなり食感もかためで美味しくなくなってしまいます。 パセリは苦くてマズイ、と感じるのはこういった古いパセリと食べたことによるものです。 新鮮で獲れたてのパセリは苦みが強く感じることもありません。 パセリの最も新鮮なものを使うには、自宅のベランダなどのプランターで育てて、そのまま使う時に摘むといいでしょう。 パセリは簡単に育つので、マンションやアパートの一室で育てることもできます。 そんなことまでしたくないという場合は、できるだけ新鮮なものを選んで購入しましょう。 パセリの保存方法 新鮮なものを購入したら、できるだけ早めに使いたいところです。 しかし、パセリを1束購入すると、意外とたくさんの量があり、使い切れないという人もいることでしょう。 パセリをおいしく保存する方法もご紹介しましょう。 冷凍保存 まずは半分をきれいに洗い刻んで、冷凍します。 冷凍した刻みパセリは、スープやパスタ、グラタンの上にちょっと乗せるだけで彩と栄養の両方を摂ることができます。 冷凍は数週間から数カ月保存が可能ですので、すぐに使わない時におすすめです。 生のまま保存する パセリを生のまま保存する時は、乾燥を防ぐために葉の部分をポリ袋に入れます。 茎は出したままにして、小さいグラスに水を入れてさしたまま冷蔵庫に入れます。 グラスの水はこまめに変えましょう。 また、ぬらしたキッチンペーパーで茎を覆ってラップやアルミホイルを巻くという方法もあります。 花束を作る時と同じです。 アルミホイルは抗菌作用もあるので、数日はこの方法で持ちます。 ただ、水は劣化するので、ぬらしたキッチンペーパーを利用する時もこまめに取りかえるようにしましょう。 レンジでドライパセリ きれいに洗って広げたパセリを、耐熱皿に乗せて3分間電子レンジでチンすると、ドライパセリも作れます。 きれいな器に入れておけば1カ月くらい持ちます。 パセリの食べ方 パセリの最も多い食べ方は、みじん切りにしてスープの上に浮かべたり、オムレツやハンバーグ・グラタン・パスタの上に散らす方法ですね。 パスタではペペロンチーノを作る時に、パセリは欠かせない食材になります。 パセリのおひたし ここではパセリが主役になるレシピをご紹介しましょう。 新鮮なパセリを使った、パセリのおひたしです。 パセリ:6束• いりごま :大さじ1~2くらい• 醤油:適量 作り方• 70度くらいのお湯に、パセリを1分くらい浸す• ざるに上げ水気を切る• 醤油、いりごまをふって出来上がり 簡単で栄養満点のパセリのおひたしは、夕飯のおかずにもお弁当のおかずにもピッタリです。 ぜひ、作ってみて下さい。 いつも脇役・裏方の存在になっているパセリですが、含まれる栄養素は主役級です。 毎日の食卓で忘れられて捨てられるだけのパセリではなく、色々な食材と一緒に楽しんでみてください。

次の

パセリの保存方法は? 冷蔵と冷凍、乾燥させる保存方法も紹介!

パセリ の 保存

イタリアンパセリの保存方法には冷凍や乾燥して保存する方法方がありますが、栄養面や利用方法にあった保存法、あまりおすすめではない保存方法について紹介します。 イタリアンパセリはセリ科のハーブです。 香りがよく特にイタリア料理には欠かせない素材ですが、洋風の料理全般の香りづけによく合うので人気があります。 ただ香りづけだけだと1回の使う量が少量のため、せっかくイタリアンパセリを買ってきても、使い切らずに残ってしまうこともあります。 イタリアンパセリはプランターで栽培しても簡単に育ってたくさん収穫できます。 一番葉の状態がいい適期に収穫したイタリアンパセリをどうやって保存したら長く使えるかな?と思ったことがある方もいらっしゃることと思います。 彩りもよく、ビタミンAやビタミンCなどの栄養素も豊富で少しあると便利だからこそいつも手元においておきたい、そんなイタリアンパセリの保存方法について見ていきましょう。 スポンサーリンク 目次• イタリアンパセリの保存、栄養素を失わないために:イタリアンパセリはどんな栄養素を含んでる? イタリアンパセリに多く含まれる栄養素は以下の様なものがあります。 カリウム 830mg、カルシウム 120mg、鉄分1.6mg、ベータカロテン6800mg、ビタミンC110mg。 上記は100gに含まれる栄養素です。 野菜としてたくさんの栄養素を含んでいるのがわかりますね。 鉄分に関していうと、実はもっとはるかに多く鉄分を含む野菜があるのをご存知でしょうか? 100gあたりの鉄分含有量でいうと葉が縮れている普通のパセリはなんと7.5mg、大根の葉は3.0mgの鉄分を含んでいます。 普通のパセリを100g食べるのは大変ですので、そういった食べ合わせを考えるとほうれん草は1回に食べられる量の中で鉄分を多く含む食品と言っていいのだと思います。 大根の葉は3mgも鉄分を含んているのでぜひ食べたいところですね。 ただし葉を専用に食べる葉大根は100g中に鉄分は1.4mgと普通の大根の半分以下になります。 できれば自分で大根の種をまいて育てて、大根の葉を食べられるとよいですね。 大根の育て方、こちらの記事にまとめていますので、やってみようと思う方は読んで見てください。 さて、話を元に戻して、イタリアンパセリの鉄分も他の野菜と比較すると1.6mgというのは鉄分を多く含む野菜の部類に入ります。 イタリアンパセリは葉が平たく、縮れ葉のパセリの様にモソモソと口に当たることもないので、一度にたくさんの量を料理で使いやすいハーブです。 イタリアンパセリはその他の栄養素として鉄分の吸収の効率をあげてくれるビタミンCも多く含んでいますので、柔らかい葉を利用して積極的に食べたいところです。 成人男女が1日に必要な所要量以上のビタミンCを含んでいますので、十分な量ですね。 ビタミンCは熱に弱いと言われていますが、実は加熱よりも茹でたりすることで水に溶けて流出する方がビタミンCの損失が大きくなります。 イタリアンパセリのビタミンCを効率よく取ろうと思ったら茹でるよりも蒸す、炒める、電子レンジでチンするのがよく、もちろん一番いいのは生の柔らかい葉を刻んでサラダや白身魚のマリネにたっぷり加えてあえるなどすることで、香りよく美味しくビタミンCを摂取することができます。 なんと 100 mg 中に6800 mgも含まれています。 ほうれん草や大根の葉に含まれるベータカロテンは4000mg前後ですから、このイタリアンパセリに含まれるベータカロテンの量は特筆に値します。 ベータカロテンは加熱しても失われることはなく、油分と一緒に摂取すると吸収率が高まります。 イタリアンパセリは炒めて調理することでそのベータカロテンを余すところなく摂取することができます。 イタリアンパセリをたっぷり加えたペペロンチーノや、お肉をコトコト煮込んだスープに仕上げにイタリアンパセリをたっぷり刻んでさっと火を通すと、肉の臭み消しにもなりスープが香りよくひと味もふた味も美味しくなります。 イタリアンパセリの保存、冷凍?乾燥?最適な保存方法は? イタリアンパセリの栄養素とそれぞれの特徴を踏まえて、生での冷蔵保存、冷凍して保存、乾燥させての保存、それぞれの方法について見ていきたいと思います。 ビタミンCは熱や水に弱いですし、ベータカロテンは油と取ることで摂取率が高まります。 料理や用途にあったイタリアンパセリの保存方法を選ぶことで、賢く栄養を摂取でき、料理する際の時短にもなります。 買ってきたイタリアンパセリは少しでも新鮮な状態を保てる様に鮮度保持袋に入っていると思います。 それでもお店に並んでいる間に水分不足になっていますので、1時間ほど水につけて十分に水分を含ませてから、軽く水を切ります。 少しまだ水滴がついている状態でキッチンペーパーに包んで鮮度保持袋に戻して冷蔵保存します。 キッチンペーパーがイタリアンパセリの水分調整を助けてくれます。 買ってきたイタリアンパセリは収穫してから時間が経っていますのでなるべく3〜4日で使い切りましょう。 たくさん取れたら多い分を保存します。 ボウルに水を張りイタリアンパセリをざばざばと洗って汚れを落とします。 水を替えて30分くらい水に浸し吸水させます。 イタリアンパセリがパリッとしたところで、たくさんあるなら新聞紙の上にキッチンペーパーを敷いたものを用意します。 洗ったイタリアンパセリを軽く水を切った状態で向きを揃えて用意したキッチンペーパーの上に乗せてそっと包みます。 イタリアンパセリを新聞紙に包んだ上からジッパー付きのビニール袋に入れて冷蔵保存します。 新聞紙は調湿性に優れているので丁寧に葉物野菜や根菜類を保存したいときに役にたちます。 それほど量がなければキッチンペーパーだけで包んで冷蔵保存します。 自分でプランター栽培して収穫したイタリアンパセリは鮮度がいいので、3〜4日に1回、さっと水をくぐらせて再度新聞紙に包んで保存するとバッチリ1週間以上、冬場なら2週間くらいパリッとした状態で保存できます。 サラダやマリネにフレッシュなところを使いたい時には冷蔵保存がおすすめです。 よく洗って吸水させてイタリアンパセリを元気にさせておくところまでは同じです。 その後よく水分を拭き取ってから、イタリアンパセリを長いまま、もしくは、使うときの大きさに合わせて刻んで、冷凍用のジッパー袋に平たく広げて入れて冷凍庫で保存します。 茎と葉を分けて葉だけを使う方法もありますが、イタリアンパセリは葉よりも茎の方が香りが強く、パリパリとした食感もよいので、茎の部分を少し細かめに刻んで葉の部分と一緒に冷凍保存することをオススメします。 イタリアンパセリを使う分だけ袋から取り出してパラパラと振りかけて使いましょう。 冷凍すると野菜は組織が壊れるので、サラダなどの場合はドレッシングに加えてミキサーにかけたり、加熱する料理に使います。 冷凍保存なら1ヶ月以上保存できます。 乾燥ハーブとしてもイタリアンパセリは売られていますよね。 生や冷凍と比べると少し香りの趣が変わり、乾燥イタリアンパセリは煮込みやスープの香りづけに向いています。 風通しのよい場所で陰干し、あるいはレンジでカリカリになるまでチンする方法がありますが乾燥するための加熱や時間の経過でビタミンCの損失は否めません。 できることなら栄養素をしっかりいただくためには乾燥ではなくフレッシュの状態のイタリアンパセリを利用したいところです。 イタリアンパセリは栽培も簡単ですしプランター栽培や、特に水耕栽培ならあまり季節を選ばないので、いつでも新鮮なものが手元にある様にしておけるといいですね! 乾燥方法ごとのやり方はこの後紹介します。 葉の部分をクッキングペーパーを敷いたお皿に広げて電子レンジで500wで2分程度、パリパリに乾燥するまでチンします。 茎の部分は葉よりも少し長く3分程度チンして同様にパリパリにします。 パリパリに乾燥したイタリアンパセリを手で粉にして空き瓶やジッパー付きのビニール袋に入れて冷暗所で保存します。 このとき乾燥したイタリアンパセリを冷蔵庫や冷凍庫に入れてはいけません。 取り出したときに温度差から結露して水分を吸収してしまうので、せっかくの乾燥保存の意味がなくなってしまいます。 乾燥剤などを入れてお部屋の中の冷暗所に保存しましょう。 徐々に退色しますが半年から1年は保存することができます。 湿度が高いとどうしても乾燥に時間がかかりカビが繁殖しやすいのです。 電子レンジで一気に乾燥させると、短時間でできますし、イタリアンパセリの鮮やかな緑色も綺麗な状態で保存できますので、どうしても乾燥保存したい場合は電子レンジでの乾燥保存がオススメです。 電子レンジで乾燥しての保存の場合でも、食品ですのでその後の保存状態については自己管理をしっかりする必要があります。 衛生面には十分気をつけて、早めに使い切りましょう。

次の

パセリの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!生のまま栄養摂取

パセリ の 保存

ビタミンK…出血した時に血液を凝固させたり、骨の形成を促す。 アピオール…口臭予防や食欲増進。 鉄分やビタミンC、ビタミンE、カリウム等。 動脈硬化を予防したり、美肌効果をもたらしてくれる、栄養が詰まった野菜なんですね! といいつつ、生のパセリは苦くて食べれません…。 我が家では、 スープや肉料理などにパセリの葉を振りかけて食べています。 また、葉だけ食べて茎を捨てる人もいるかもしれませんが… パセリの茎も栄養はあります! 煮込みスープに使用したりできるので、捨てないでください! 料理に使うことで、積極的にパセリを摂取していこうと思います! パセリの保存方法 乾燥パセリ<冷凍パセリ! 生のパセリは、スーパーで割引していたりするのでその時に買います。 以前は、乾燥パセリを買っていました。 しかし、市販の乾燥パセリって 少量しか入っていないのに高いんですよね。 しかし、流水でパッと洗うだけでは 小さな土や汚れは取れません。 すると、葉の中についていた汚れが落ちます。 最初に水で洗っていても、汚れはこれだけあるんですよね…。 ひと手間かかりますが、この汚れを見てしまうと…しないわけにはいきません。 水気がついていると、冷凍した時に水分も固まってしまいます…。 水切り方法 水分のついたパセリをザルに入れ、たまにザル・パセリを振ったりしながら30分以上放置します。 私の場合は、半日以上、放置したままになったりもします…。 葉の分け方 手で、葉の部分をちぎります。 茎の分け方 茎も、スープなど煮込み料理に使うので捨てずに取っておきます。 ここでポイントは、空気を少し入れたまま冷凍してあげることです! 茎も、別のフリーザーバッグに入れて冷凍ます。 茎に関しては、空気を残す必要はありません。 細かくバラバラになれば、完成です。 空気を入れて冷凍していましたが、パセリの葉をバラバラにした後は空気を抜いて冷凍保存します。。 パセリのアレンジレシピ パセリの葉 パセリの苦みが得意ではないので、基本的に苦味を感じない程度の量しか使いません。 スープの上にパラっとかけたり。 グラタンにパラっと乗せたり。 (グラタンの場合、焼いた後でパセリを散らす方が良いですね。 焼く前に乗せちゃうと見た目が悪いです。 ) <パセリの活用>• スープやロールキャベツ、肉料理などに振りかける• オムレツ、卵焼きに入れる• パン粉に混ぜる• ガーリックトーストの材料にする• ドレッシングの具にする パセリって、なくても失敗にはならない食材ですが、あると彩りが華やかになります! また、香りが良くなったり、栄養も取れちゃいます。 私は、冷凍保存しているパセリが好きなので、これからも冷凍保存し続けると思います! 茎の使用方法 スープを煮込む時、茎を入れて煮込みます。 料理人の方々は、パセリの茎など香草を束にしたブーケガルニを煮込み料理の時に使うようです。 風味付けになるんだそう。 私が使用しているのは、ローリエ+パセリの茎のみですが使わないよりは絶対に良いですよね、きっと! お茶パックに、パセリの茎とローリエを入れると、スープから取り出すのも楽です。 茎を入れるだけで、栄養が出るだけじゃなく風味も良くなります。 捨てるなんてもったいないので、ぜひ有効活用していきたいです! 感想 パセリを添えると彩りが良くなるだけではなく、栄養を摂取できます。 生のパセリを安い時に買い、冷凍保存することで必要な時に少量ずつ使うことができます! パセリの葉には、目に見えない小さな土や汚れがついているので、よく洗ってから保存し、茎は煮込み料理に使用します。 これからも生のパセリを有効活用していこうと思います! ありがとうございました。

次の