在宅勤務 日立。 日立、在宅勤務を標準に 手当の充実やリモート環境の整備図る 感染症や災害に強い体制へ

日立、在宅勤務を標準に 手当の充実やリモート環境の整備図る 感染症や災害に強い体制へ

在宅勤務 日立

関連記事• ロボットとRPAを活用して、契約書などへの押印を自動化するサービスが発表され、ネットで議論の的になっている。 このサービスを企画し、提供窓口を担う予定の日立キャピタルに、その意図を聞いた。 さまざまな事情でペーパーレス化に踏み切れない企業をサポートする狙いがあるという。 日立ソリューションズが、サイトへのアクセスがbotかどうかをAIで判定するクラウドサービス「PerimeterX bot Defender」を提供する。 開発元は米PerimeterX。 AIがbotだと判断すると、CAPTCHAを表示させて不正ログインを防ぐ。 AIを活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測する実証実験を、日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜が実施する。 予測結果はWebサイトなどで配信。 期間は12月6日〜2020年3月20日まで。 日立グループが、サイバーセキュリティの研究や人材育成を行う「日立サイバーセキュリティセンター」を開設する。 セキュリティ人材不足解消に向け、1万人規模の高度人材育成を行う。 日立製作所は、組み合わせ最適化問題を高速に計算できるアルゴリズム「モメンタム・アニーリング」を発表した。 NVIDIAのGPU4台で実装したところ、「10万変数・全結合」という大規模な問題の近似解を1秒未満で計算できたという。 関連リンク•

次の

伊藤忠、原則出社に、コロナ対応、日立は在宅勤務継続。|ますだ|note

在宅勤務 日立

関連記事• ロボットとRPAを活用して、契約書などへの押印を自動化するサービスが発表され、ネットで議論の的になっている。 このサービスを企画し、提供窓口を担う予定の日立キャピタルに、その意図を聞いた。 さまざまな事情でペーパーレス化に踏み切れない企業をサポートする狙いがあるという。 日立ソリューションズが、サイトへのアクセスがbotかどうかをAIで判定するクラウドサービス「PerimeterX bot Defender」を提供する。 開発元は米PerimeterX。 AIがbotだと判断すると、CAPTCHAを表示させて不正ログインを防ぐ。 AIを活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測する実証実験を、日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜が実施する。 予測結果はWebサイトなどで配信。 期間は12月6日〜2020年3月20日まで。 日立グループが、サイバーセキュリティの研究や人材育成を行う「日立サイバーセキュリティセンター」を開設する。 セキュリティ人材不足解消に向け、1万人規模の高度人材育成を行う。 日立製作所は、組み合わせ最適化問題を高速に計算できるアルゴリズム「モメンタム・アニーリング」を発表した。 NVIDIAのGPU4台で実装したところ、「10万変数・全結合」という大規模な問題の近似解を1秒未満で計算できたという。 関連リンク•

次の

日立製作所 在宅勤務を標準とする方針を発表

在宅勤務 日立

弊社、WAmazingは訪日外国人旅行者向けスタートアップのため、コロナの直撃を受けてしまいコスト削減のため4末をもって大家さんにオフィス退去通知を出しました。 (6か月前通知のため10月まではオフィスがあります) そのため、弊社も「デフォルトがリモートワーク」となり、緊急事態宣言解除後は「任意出社(好きな時に出社していいよ)」となります。 私自身、会社に行くことは好きですが、毎日、週5日じゃなくてもいいとは思います。 かといって、ずっとリモートワークなのも、つらい。 その日の予定や、仕事の計画次第で、最もパフォーマンスがあがる方法を、個人が選択できる、そんな働き方が理想だと思います。 ベースとなるのは、自律した働き方。 今まで「デフォルト出社、リモートワークも可」としてきた企業はすぐに、 「デフォルト、リモートワーク。 出社も可」に変更できるはずです。 私は、今は、いろいろ考えて、わくわくしており、 ・例えば弊社は、地方の観光資源とインバウンドをマッチングする会社なので、企業誘致に熱心な自治体の誘いに応じて、2か月ごとにリアル本社を旅させるのもいいかもしれない とか ・バーチャルオフィスで、雑談しながらリモートワークもいいかもしれない とか 楽しい計画がどんどん浮かんでくるんですよね。 「あって当然だと思っているもの」「べき論」などを手放すと、新しいものを手に入れられるなぁ!と、思っています。 できる会社はどんどんやれば、結果電車も混まなくなって、出社しなければいけない職種の人も楽に通勤できるようになるんじゃないでしょうか。 カルチャーを変えるってとっても大変なことだけれど、出来ない前提でやらないのと、とりあえずやってみるという動きをしたところとでは、大きな差が生まれてくるというのが、所感です。 経験した人の半分以上がリモート継続、もしくは出社とのハイブリッドを求めている、というのは、率直な労働者の意見なのだと感じます。 どうしても人と会わなきゃいけない仕事はもちろんありますし、完全には無くして欲しくないけど、それがあるからと毎日満員電車に乗るのはやっぱり自分も違うと思います。 弊社の場合は店舗での対面接客をしている社員は出勤が伴いますが、店舗ごとのオンラインサロンのようなものが作れれば、その空間の中で接客が出来るので、販売員も一部はリモートが可能になるのではないかと個人的には思います。 遠隔接客について、最近現場の販売スタッフとよく話し合っています。 もちろん、専門家ではない素人の妄想かも知れませんが、妄想って大事だと思うのです。 アパレル業界がITの力を本格的に必要としてくる時代が到来しました。

次の