格安スマホ line out。 LINEの無料通話とLINE Outの違いを徹底解説!注意点は?

格安SIMではLINEの年齢認証=ID検索ができない!理由と4つの解決方法

格安スマホ line out

おすすめ格安SIM5選!• mobile• キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス• UQモバイル• auのサブキャリア! Web限定で最高10,000円の高額キャッシュバックも実施中!• mineo• サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!• BIGLOBEモバイル• IIJmio• フルMVNOの筆頭!安定性・柔軟性が高評価• 通話料の割引サービスがあるMVNO ほとんどの格安スマホが通話したぶんだけ通話料を払う料金システムになっています。 その通話単価もほぼ一律20円/30秒で横並びです。 一方で完全な定額ではないものの、通話料を割引くサービスを提供しているMVNOも存在します。 ここでは3つの事業者についてピックアップして、 それぞれの割引内容について確認してみます。 mobile Y! mobileのスマホプラン S/M/L は 標準で通話無料サービスが組み込まれています。 同じY! mobile同士はもちろん、他社の携帯電話やIP電話を含む固定電話へかけても、1回あたり10分以内の国内通話は月300回まで0円になります。 またオプションの「スーパーだれとでも定額」を追加すると、月額1,000円で上記の制限を気にせずに完全定額で通話できるようになり、大手キャリアと同じようなかけ放題が低額で利用できます。 ただし、国際電話やナビダイヤルなど 一部の通話は定額サービスの対象外となるので注意が必要です。 IIJmio iijmioは専用アプリから発信すると自動的にプレフィックス番号をつけてくれるので非常に簡単です。 「みおふぉんダイアル」の割引適用範囲については、国内からの発信であれば指定の国と地域に限られますが国際電話も対象になります。 また フリーダイヤルやナビダイヤル、緊急電話番号へは発信できません。 プレフィックス番号をつけなければ発信はできますが、通常の通話料20円/30秒が発生します。 参考: NifMo NifMoは「国内かけ放題プラン」と「国内+海外かけ放題プラン」の2つが用意されており、それぞれ定額料金内で対象の通話が可能となります。 国内通話のみなら定額料は1,300円ですが、NifMo音声SIMの契約が必須なので最低でも月額1,600円が上乗せされて2,900円からということになります。 大手キャリアの通話定額、またはY! mobileやIIJmioのサービスと大きく異なるのは、やはり通常の回線交換方式ではなくIP電話を利用した通話という点です。 IP電話は回線交換方式に比べると 遅延が発生しやすいというデメリットがありその点で劣ります。 またIP電話はデータ通信が発生します。 公称では1. 5MB/3分のデータ通信量を消費するとされていますが、通話定額を必要とするほど長時間の通話をする人はこのことを頭に入れておいた方が良いでしょう。 「NifMoでんわ」はフリーダイヤルや緊急電話番など一部の番号へは発信できないので、そういった番号へは通常の音声回線で通話することになります。 無料通話アプリ/IP電話アプリ LINEを代表とするメッセンジャーアプリやIP電話アプリはたくさん存在しますが、例えばLINE同士なら無料で通話できることはご存知の方も多いでしょう。 このようなアプリの中には、 固定電話や携帯電話にも格安で発信できるものがあります。 ここではLINEの機能である「」と、IP電話アプリ「」について見てみましょう。 LINE/LINE Out 言わずと知れた有名なメッセンジャーアプリ「LINE」。 「LINE」同士であればテキストメッセージはもちろん、音声通話も無料で利用できます。 また有料のサービスとして、携帯電話や固定電話に格安料金で発信できる「LINE Out」というものもあります。 「LINE Out」は料金前払いのIP電話サービスです。 あらかじめコールクレジットか30日プランを購入しておくことで通話が可能になりますが、それぞれ電話をかける相手が固定電話か携帯電話かで通話料が異なってきます。 コールクレジットを購入した場合の通話単価は固定電話宛てが税込4円/分、携帯電話宛ては税込42円/分。 30日プランは固定電話のみのプランが税込120円(60分、2円/分相当)、固定電話と携帯電話両方へかけられるプランは税込390円(合計60分、6. 5円/分相当)と税込720円(合計120分、6円/分相当)の2つから選べます。 非常に安くて魅力的な「LINE Out」ですが、 ドコモ回線を利用して「LINE Out」から発信すると自分の電話番号が相手に表示されず、非通知になるというデメリットがあります。 格安スマホの多くがドコモ回線を使用しているので、 「LINE Out」を利用したいのであればau系MVNOと契約することをオススメします。 050 plus 数あるIP電話アプリの中でも音質に定評のある「」。 「NifMoでんわ」とは異なり、通常の090/080/070の電話番号とは別に050から始まる電話番号が付与されます。 月額基本料は300円。 「050 plus」同士の通話であれば無料ですが、 固定電話や携帯電話に発信すると別途通話料が発生します。 通話単価は固定電話宛てであれば8円/3分、携帯電話宛てであれば16円/分です。 IP電話ですので、やはり緊急電話番号などへは発信できません。 データ専用SIMでも利用できますが、緊急時のことを考えると音声SIMを契約しておくと安心です。 ちなみに OCNモバイルONEの音声契約SIMで050 plusを申込むと、050 plusの月額基本料が0円で利用できてお得です。 通話料シミュレーション ここまで挙げてきたサービスの料金を比較してみましょう。 なるべく同じような条件となるように、それぞれ下記の音声通話が可能な契約をした場合でシミュレーションしてみます。 mobileは毎回の通話を10分以内に済ませるという条件付きですが、それでも最も高くなってしまいます。 スマホベーシックプランMよりも安いスマホベーシックプランSもありますがそれでもまだ高いです。 最も安いのはLINE Out、次いでIIJmioという結果になりました。 LINE Outの30日プラン(固定+携帯)では税抜720円で2時間まで通話可能なので、 1か月あたりの通話時間が2時間以内であればLINE Outが最安ということになりそうです。 固定にしかかけないのであればさらに安く済みます。 ただしドコモ回線で利用する場合は番号の通知ができないこと、通話品質が回線交換方式に劣ることなどから、通話時間が短いならIIJmioも十分選択肢に入るでしょう。 固定電話宛ての発信が多ければIP電話であるLINE Outや050 plusの方が安くなりますが、携帯電話へ発信することが多いのであれば通話料が定額のY! mobileやNifMoに軍配が上がります。 LINE Outの30日プランを考慮すると、 通話時間が2時間を超えるとNifMoの方が安くなる可能性が高そうです。 これが1つの目安になりそうです。 データ通信量が少ないのであれば月額2,680円のスマホベーシックプランSという選択肢もありますし、通話品質を重視するのであればY! mobileが最有力候補になります。 このように格安スマホでも通話料を安くすることは可能です。 自分の利用スタイルに合う通話サービスを探してみてください。

次の

LINE電話(LINEOut)ってどうなの?実際に使ってみた感想と評価まとめ

格安スマホ line out

データ通信SIMでLINE無料電話を使って節約をしよう LINEアプリはデータ通信のSIMを契約するだけで使うことができる節約の味方です。 LINE無料通話を活用して、どんどん節約しましょう! LINEアプリ、使っていますか? 人気のSNSアプリ「LINE」。 今では若い人だけでなく、中年の人からお年寄りまで幅広く使われているみたいですね。 このLINEアプリにある無料通話機能、使っていますか?メールに代わってLINEアプリがたくさんの人に使われるようになって数年が経ちます。 高校生は写真SNSのインスタグラムに移行しつつあるという話もありますが、未だに多くの人はLINEでコミュニケーションを取っています。 LINEアプリにはトークメッセージの送受信に加え、電話機能やグループトーク機能もあります。 また、あまり重くないデータファイルなら送受信できますので、スマホで撮影した写真やビデオのやり取りもできます。 いろいろと便利なアプリですね。 LINEアプリの無料電話 LINEアプリには通話料金のかからない「LINE無料通話」があります。 スマホは電話回線とインターネット回線を使うようになっています。 本来電話をかけると電話回線を使い、基本的に30秒20円ほどの通話料金が必要になります。 しかし、LINEの無料通話の場合はインターネット回線を使うように作られています。 インターネット回線を使ったLINEの電話機能では通話料完全無料の通話が実現されているのです。 これは、今までにもあったIP電話という技術を生かした機能です。 ただ、通話料はかかりませんが、データ通信を使いますので、データ通信量は消費されます。 また、消費するデータ通信量は増えますが、ビデオ通話もできます。 遠く離れた人と顔を見て会話することもできます。 筆者の場合はパソコンの操作などを聞かれた時、すぐその場に行けない場合はLINEのビデオ通話で操作を指示しながら教えたり、買う物の確認など時間の節約や間違いの確認に役立てています。 グループ通話もできる LINEの無料通話はグループでの通話もできます。 最大200人を同時接続し会話できます。 なかなか200人で話をする機会というのはないと思いますが、集まる時間が取れない友人とグループ通話機能で旅行の計画を話したりといったこともできます。 さらに、4人までならビデオ通話もできます。 家族や友人で使うとコミュニケーションが広がりそうですね。 カウントフリーの格安SIMを使えば実質電話無制限!? LINE無料通話は、LINEが使い放題になる(通信量がカウントされない)格安SIMを使うことで通話可能な時間が無制限になります。 LINEモバイルならLINEが使い放題 格安SIM「」にはLINEアプリで利用するサービスの通信量がカウントされないカウントフリー機能が備わっています。 LINEアプリ内で使うデータ通信のほとんどが使い放題にできるのですが、その中にはLINE無料通話も含まれています。 カウントフリー機能を実装しているMVNOは他にもあり、契約する格安SIMによってどのアプリの通信量を消費しないのかが違いますが、LINEモバイルであれば間違いなくLINE無料通話を使い放題にすることができます。 LINEアプリを使い放題にするための月額料金は無料で、 とにかくLINEモバイルを契約さえすれば、LINEアプリを使い放題にできるということなのです。 実際にLINE無料通話を使うと、1時間で20MB近くのデータを消費します。 1GBや3GBを契約している場合は、かなりの時間を通話に使えることが分かりますが、もちろん他のことにもデータ通信を使いますよね。 データはどんどん消費され、LINE無料通話を使おうとしてもデータ量の残りが少なくて電話ができないということもあり得ます。 しかしLINEモバイルを使っていれば、どれだけデータ量が減っていても、例え0MBになっていても快適に電話を使うことができます。 他の格安SIMならデータ通信の残量が0MBだと高速通信は使えず、遅い通信速度になります。 そうなるとデータの送受信もLINE無料通話も遅くなってしまって、使い物にならない状態になってしまいます。 しかし、LINEモバイルはLINEアプリがカウントフリーの安心格安SIM。 例え データ通信の残りが0MBになってしまってもカウントフリーで使えるアプリの機能は高速通信で使い放題にできます。 データ通信量が0MBでも全然不自由しません。 おそらくSNS系サービスを使う上では一番便利な格安SIMなのではと思います。 ただしどのサービスも、外部リンクへの接続やライブストリーミング動画の再生は基本的にカウントフリーとならないので、そこだけ注意しておきましょう。 1GBのプランにはデータ通信契約と音声通信契約があります。 データ通信契約の場合はLINEモバイルの中でももっとも安い、500円です。 かなりおトクと言えますね。 また、本来LINEアプリは登録や引き継ぎにSMS認証が必要です。 SMSが使えないと利用者確認が取れないため使えません。 格安SIMにもよりますがSMS機能は120円から150円くらいの追加料金が必要になります。 これがなければ登録時に利用確認のショートメッセージを受け取ることができず、LINEアプリを使うことができません。 しかし、LINEモバイルは一番安い月額500円のデータ通信SIMで SMSが使えない場合でもLINEアプリの利用登録ができる仕組みを作っています。 これはLINEを運営しているLINEモバイルにしかできないことです。 LINEモバイルでLINEを使うことによって、その性能をフルに引き出すことができ、LINE無料通話を最大限に活用することができます。 LINEモバイルの月額料金• データSIM SMS付き• 音声通話SIM SIMタイプは、 「データSIM SMS付き 」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。 以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。 データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。 電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。 どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。 SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。 LINEデータフリー:0円• 「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。 LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。 「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。 「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。 SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。 そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。 公式サイト: DMM mobile DMMモバイル でも「SNSフリー」開始! 出典: でもLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagramでは高速データ通信量を消費せずに通信を行うことができる「SNSフリー」オプションが2017年9月14日より開始されました。 カウントフリー機能は魅力的なので、ユーザーとしても選択肢が増えてうれしいですね。 外部リンクへの接続やライブストリーミング動画の再生は対象外という点を含め、カウントフリー対象はLINEモバイルとほぼ同じですが、Facebook MessengerとLINE MUSICで両者に違いがあります。 LINE無料通話ももちろんしっかりカウントフリーとなっていますよ。 また、公式アプリ以外での利用は対象外となる場合がありますので注意しておきましょう。 SNSフリーはデータ容量3GBプラン以上より申し込みでき、月額250円のオプションとなります。 元々DMM mobileは、格安SIM業界でも最安クラスのMVNO。 LINEの友人以外に電話できない LINE無料通話はLINEアプリで友達に登録されている人としか電話できません。 携帯電話番号や固定電話番号のような電話番号をダイヤルすることはできないのです。 しかし、LINEアプリにはLINEの無料通話で話せない相手に電話をかける機能として「LINE Out」が備わっています。 LINE Outならダイヤル発信できるので、携帯や固定電話番号にも電話ができます。 LINE Outは無料ではなく、基本的に通話料がかかります。 また、最近では広告動画を視聴することで無料通話が可能な「LINE Out Free」も出ていますが、それが煩わしい場合は使う分だけ料金をチャージしておくプリペイド式の「コールクレジット」や30日プランの購入、LINEコインの消化が必要となります。 格安SIMでLINEを使う時、SMS機能は必要? 先ほど述べた通り、LINEモバイルではSMSが使えなくてもLINEの利用登録が可能です。 さて、その他の格安SIMの場合はどうなのでしょうか? LINEアプリを新規登録する場合にはSMS認証や電話接続、またはFacebook認証を利用します。 LINEモバイルを契約している時のみSMSなしでの新規登録も可能になりますが、他の格安SIMではSMS機能を付けておいた方がよいでしょう。 また、LINEアカウントの引き継ぎの場合はメールアドレス登録(+パスワード)かFacebook連携、2つの方法があります。 こちらも最終的には電話番号を入力し、SMSで受信した4桁の認証番号を入力する場面があるので、SMSはやはり必須と言えるでしょう。 050電話番号や仮想電話番号によるアカウントの作成および引き継ぎはできません.

次の

【簡単】格安スマホの通話料金を圧倒的に節約する方法。初期費用ゼロ円【LINE out】

格安スマホ line out

無料通話 LINEユーザー同士が 無料で通話できる機能• LINE Out LINEユーザー以外 固定電話・LINEを利用してない携帯電話 と 有料で通話できる機能• LINE Out Free 電話利用前に提携会社の 広告動画を最後まで見ると、 LINEユーザー以外と 無料で通話できる機能 LINEの 無料通話は、LINEユーザー同士であれば無料で通話ができることから、多くの方が利用しているおなじみの機能です。 また、WiFi環境さえあれば、海外でもLINEユーザー同士の無料通話が可能です。 しかし、LINEの無料通話は 双方がLINEユーザーである必要があり、例えば固定電話に電話をかける際、この機能を使うことができません。 昔は「LINE電話」という名称でした。 日本国内はもちろんのこと、WiFi環境さえあれば、 海外でも携帯・固定電話を問わず通話が可能です。 また、電話利用前にLINEの提携会社の 広告動画を最後まで視聴すると、その微々たる通話料ですら 無料になってしまう、LINE Out Free という機能もあります。 無料通話の 制限時間は通話先の国によって異なり、 1分~5分です。 例:南極 160円 念のため、下記公式サイトで訪れる国の通話料を 比較してみましょう。 IP電話は、電話回線ではなくインターネット回線を利用して通話をするため、海外においては WiFi環境さえあれば、いつでもどこでも通話可能です。 会話にタイムラグがあったり、途中で切断されたり…といったトラブルもほどんどありませんでした。 おそらく、通話の品質を左右するのは、LINE側の仕様というより、 現地で利用するWiFiの質が重要だとは思うのですが、何にせよコスパは最高です。 スマホを人並みに使いこなしている人ならば、5~10分程度で設定完了できると思います。 難しい操作はありません。 このWiFi環境を確固たるものにする為にも、 旅先にポケットWiFiをレンタルしていくことをオススメします。 もちろん、 現地のフリーWiFiでも通話は可能ですが、私の経験上、海外で電話をかけたくなる瞬間って、 緊急時であることが多いんです。 例えば、あなたが海外旅行中に財布をスラれてしまったとします。 その場合、 一刻も早く「クレジットカード会社」に電話して、カード利用を止めないといけません。 また、海外で事件・事故に巻き込まれた際は、 急いで「保険会社」や「大使館」等に電話をする必要があります。

次の