相続税 2割加算。 孫を養子縁組すると相続税は減るけど2割加算とかデメリットもあるよ

相続税の2割加算とは何かについて

相続税 2割加算

1 .兄弟姉妹の法定相続分 兄弟姉妹は法定相続人に該当しますが、法定相続分はどのくらいあるのでしょうか。 1-1 .法定相続人・法定相続分とは 民法に定められた相続人になれる人のことを「法定相続人」といい、法定相続人が相続できる遺産の取り分のことを「法定相続分」といいます。 法定相続人には次の順位が定められており、子と父母がいない場合に限って兄弟姉妹が法定相続人となります。 配偶者は常に法定相続人です。 第1順位 子(直系血族) 第2順位 父母(直系血族) 第3順位 兄弟姉妹 1-2 .配偶者がいない場合 被相続人に配偶者がおらず兄弟姉妹だけが法定相続人になる場合には、遺産すべてが法定相続分となります。 兄弟姉妹が1人ではなく複数いる場合には、遺産すべてを人数で割った割合が法定相続分となります。 1-3 .配偶者がいる場合 配偶者がいる場合の法定相続分は、法定相続人の順位が高いほど多くなっており、次のように定められています(民法900条)。 例えば、遺産が4,000万円あったとすると、3,000万円は配偶者、残りの1,000万円が兄弟姉妹ということになります。 兄弟姉妹が4人いるとすると、1,000万円を更に4人で分けるので各250万円となります。 1-4 .兄弟姉妹の代襲相続は 1 代のみ 代襲相続とは、相続人が既に死亡している場合には、代わりにその相続人の子が相続する仕組みのことをいいます。 父母が死亡している場合には、祖父母へ代襲相続されます。 子や父母の場合の代襲相続は、子の子も死亡している場合には子の子の子と、この世に存在している限りはどこまでも続くのですが、 兄弟姉妹の場合には1代限りとなっているので注意しましょう。 被相続人から見た場合の甥姪までしか代襲相続はありません。 おじさん 「ところで、おじいちゃんが亡くなったら、俺たち、いくらもらえるんだい。 」 おばあちゃん 「あ… 2 .兄弟姉妹の遺留分 次に遺留分についてです。 2-1 .遺留分とは 遺留分とは最低限の遺産の取り分のことで、 兄弟姉妹以外の法定相続人に認められています。 基本的には配偶者、子、親となり、これらの代襲相続人にも遺留分が認められます。 代襲相続人は、被代襲相続人の地位をそのまま引き継ぐことになるためです。 よって 兄弟姉妹の場合には、代襲相続人にも遺留分はないということになります。 特定の相続人が遺産のすべてを相続するなど、他の相続人の遺留分が侵害された場合には、侵害した相続人に対して遺留分侵害額請求を行うことで、侵害額分の遺産を取り戻すことができます。 2019年7月に改正民法の相続に関する法律が施行されました。 それに伴い、遺留分についても大きく変わった部分があります… 2-2 .配偶者がいない場合 法定相続人が兄弟姉妹のみである場合、 兄弟姉妹には遺留分がないため遺留分を請求できる人はいません。 例えば、被相続人の愛人が遺言により遺産のすべてを相続したとしても、泣き寝入りになってしまいます。 兄弟姉妹にはありません。 3 .兄弟姉妹の相続税計算は2割加算に注意 兄弟姉妹が相続する場合の相続税計算について、具体的に解説します。 3-1 .兄弟姉妹は 2 割加算の対象になる 相続税の計算には「相続税額の2割加算」という制度があり、 配偶者と1親等の血族(子または父母)以外の人の相続税については1. 2倍になります。 子であれば100万円の相続税が、単に兄弟姉妹が相続したというだけで120万円になるのです。 相続は親から子へと行われるのが通常の形であり、その子の相続が発生した時にまた子へ相続税が発生するというのが流れです。 そのため、配偶者と1親等の血族以外については、相続税の調整として2割加算されることになっています。 なお、2割加算について詳しくは、以下の関連記事を是非お読みください。 相続税の2割加算の対象となる人は、相続税が1. 2倍になります。 税額が大きい相続税なので、更に2割も増えるとなると納税… 3-2 .配偶者がいない場合の相続税の計算 次の条件における相続税を計算してみましょう。 法定相続人;兄、妹• 遺産総額;1憶円• 2 = 554. 2 = 369. 6万円 この相続で納める相続税は924万円になります。 3-3. 配偶者がいる場合の相続税の計算 配偶者の有無で大きく変わるのは、配偶者控除の有無です。 先ほどの兄弟姉妹のみの相続税の場合と、どれほど変わるのでしょうか。 見ていきましょう。 法定相続人:妻、兄、妹• 遺産総額:1憶円• 2 = 255. 2 = 170. 兄弟姉妹のみの場合には相続税の全額が2割加算の対象になりますが、配偶者がいる場合には配偶者控除の適用が受けられること、兄弟姉妹の相続分が減ることによって2割加算の対象となる相続税が減ることから、大きく相続税が軽減されることが分かります。 4 .兄弟姉妹でよくある相続トラブルと対処法 相続は大きなお金が絡む問題なので、どうしてもトラブルが起こりやすくなります。 相続を「争続」、「争族」などと表す造語ができているほど社会問題となっているのです。 特に兄弟姉妹の場合には、お互い幼い頃から気心知れている分、各々が言いたいことを言ってしまう傾向があります。 またある程度の年齢になっていると、それぞれに配偶者がおり、血のつながった兄弟姉妹だけであればまとまった話でも、元は他人である配偶者が口を出してかき回してしまうということもあります。 仲の良かった兄弟姉妹が相続を境に絶縁状態となってしまっては、被相続人は天国で何を思うでしょう。 相続トラブルの厄介な点は、多くの人が自分には関係ないと思っていることです。 相続トラブルを防ぐためには生前対策が重要です。 「うちは仲が良いから大丈夫。 」などと放置せずに、 あらゆる可能性に対処しておくと安心です。 4-1.兄弟姉妹でよくある相続トラブル• 兄が被相続人の介護をしてきたにもかかわらず、何も手伝わなかった弟と遺産の取り分が同じである。 遺産に不動産が多く、公平に分けることが難しい。 音信不通の兄弟姉妹がいる。 など 4-2.遺言書による対処法 被相続人が 遺言で誰にどの財産を渡すのか指定しておきましょう。 生前であれば被相続人を交えて話し合いを行うことができるので、冷静に決めることができます。 相続人が配偶者と兄弟姉妹で、兄弟姉妹に遺産を渡したくない場合には、すべてを配偶者に渡す旨の遺言書を残しておきましょう。 兄弟姉妹には遺留分がないので、配偶者が遺留侵害額請求を受ける心配はありません。 連絡が取れない兄弟姉妹がいる場合には、音信不通だからといって勝手に遺産分割をしてしまうと、ある日突然、遺産を渡すように要求があるかもしれません。 連絡を取る術を探しましょう。 まとめ 兄弟姉妹が相続人となる場合には、相続トラブルをいかに回避するかが重要です。 被相続人と将来の相続人とでしっかり話し合いを行い、遺言書を残すなどして遺産分割での争いが起きないようにしておきましょう。 生前対策から税理士を交え、更に確実なものにしておきましょう。

次の

相続税の「2割加算」制度の対象となる人とは?

相続税 2割加算

子供のいない方が亡くなった場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人となります。 まだ両親が健在であれば、両親が相続人ですが 兄弟姉妹が財産を相続した場合には、上記でお伝えした通り、相続税は2割加算となってしまいましたね。 ここで考えていただきたいのは、亡くなった方と、その兄弟姉妹の年齢です。 例えば、80歳の方が亡くなってしまった場合、その兄弟姉妹の年齢は何歳くらいだと思いますでしょうか? おそらく80歳前後の年齢に集中すると思います。 大きな年の差のある兄弟姉妹の方もたくさんいらっしゃいますが そうすると、高齢な兄弟姉妹の間で相続がおきた場合、財産を相続したあとに、すぐにその財産を取得した方に相続が発生する危険性があります。 せっかく一度、2割加算された相続税を払って相続した財産に、また相続税を支払わなければ、次の代に財産を相続させることはできないのです。 それであれば初めから遺言書に「甥と姪に財産を残す」と書いておけば、本来の相続人である兄弟姉妹を飛ばして、甥や姪に財産を残すことが可能です。 兄弟姉妹に財産を残す場合にも、甥や姪に財産を残す場合にも、どっちにしろ相続税は2割加算です。 それであれば、初めから甥や姪に残してあげた方が、税金のことだけ考えると有利になる可能性は高いと言えます。 図に表すとこのような感じです。 子供のいないご夫婦が、甥や姪を養子にとって相続対策をしたい、という相談をよく受けます。 甥や姪を養子にとった場合、その甥や姪は2割加算にはなりません。 お! だったらそれが一番お得じゃないか? と思いきや、そうとも言い切れません。 むしろ、 相続税が跳ね上がる可能性があるので注意が必要です!! その理由はというと、子供のいない方が養子縁組をすると、 相続人の人数が減ってしまう可能性が高いからです。 本来、子供のいない方の相続人は、配偶者と兄弟姉妹です。 その兄弟姉妹の中に、既に亡くなっている人がいれば、その甥や姪も相続人になります。 そのことから、相続人の人数は多くなる可能性が高いのです。 それが、養子縁組をすると、相続人は配偶者と養子になります。 その結果、養子縁組をする前にはたくさんいた相続人が、養子縁組をすると相続人の人数が減ってしまう。 相続税の計算は、相続人が多ければ多いほど税額が下がるという特性があります。 逆を言えば、相続人の人数が減ると、相続税は跳ね上がるという特性があるのです。

次の

相続税額の2割加算とは?具体例と計算方法

相続税 2割加算

子供のいない方が亡くなった場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人となります。 まだ両親が健在であれば、両親が相続人ですが 兄弟姉妹が財産を相続した場合には、上記でお伝えした通り、相続税は2割加算となってしまいましたね。 ここで考えていただきたいのは、亡くなった方と、その兄弟姉妹の年齢です。 例えば、80歳の方が亡くなってしまった場合、その兄弟姉妹の年齢は何歳くらいだと思いますでしょうか? おそらく80歳前後の年齢に集中すると思います。 大きな年の差のある兄弟姉妹の方もたくさんいらっしゃいますが そうすると、高齢な兄弟姉妹の間で相続がおきた場合、財産を相続したあとに、すぐにその財産を取得した方に相続が発生する危険性があります。 せっかく一度、2割加算された相続税を払って相続した財産に、また相続税を支払わなければ、次の代に財産を相続させることはできないのです。 それであれば初めから遺言書に「甥と姪に財産を残す」と書いておけば、本来の相続人である兄弟姉妹を飛ばして、甥や姪に財産を残すことが可能です。 兄弟姉妹に財産を残す場合にも、甥や姪に財産を残す場合にも、どっちにしろ相続税は2割加算です。 それであれば、初めから甥や姪に残してあげた方が、税金のことだけ考えると有利になる可能性は高いと言えます。 図に表すとこのような感じです。 子供のいないご夫婦が、甥や姪を養子にとって相続対策をしたい、という相談をよく受けます。 甥や姪を養子にとった場合、その甥や姪は2割加算にはなりません。 お! だったらそれが一番お得じゃないか? と思いきや、そうとも言い切れません。 むしろ、 相続税が跳ね上がる可能性があるので注意が必要です!! その理由はというと、子供のいない方が養子縁組をすると、 相続人の人数が減ってしまう可能性が高いからです。 本来、子供のいない方の相続人は、配偶者と兄弟姉妹です。 その兄弟姉妹の中に、既に亡くなっている人がいれば、その甥や姪も相続人になります。 そのことから、相続人の人数は多くなる可能性が高いのです。 それが、養子縁組をすると、相続人は配偶者と養子になります。 その結果、養子縁組をする前にはたくさんいた相続人が、養子縁組をすると相続人の人数が減ってしまう。 相続税の計算は、相続人が多ければ多いほど税額が下がるという特性があります。 逆を言えば、相続人の人数が減ると、相続税は跳ね上がるという特性があるのです。

次の